動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年05月21日

猫を拾って連れ帰り飼育 法的には「物」になるので窃盗扱いに?

livedoornews



公園で飼い猫とみられる猫を拾って飼った場合、法的に問題があるのだろうか
猫は法的には「物」のため、この場合は「遺失物」という扱いになる
そのまま飼ってしまうと所有権侵害や窃盗罪などにあたる可能性もあるという
拾った猫をそのまま飼ったらどうなる?|『ねこの法律とお金』
2019年5月18日 21時0分 サライ.jp
文/鈴木拓也


いまや一千万匹に届くかという、日本の飼い猫。犬よりも飼いやすいということで、シニアにも人気の高いペットであることは周知のとおり。

飼育が楽というイメージがある猫だが、近隣家庭や獣医師とのトラブルリスクなど、「法律的にどうなのだろう?」と考える機会が意外と多い。そして、飼い猫が関係してくる法律は実は結構ある。
そうした、猫がかかわる法律を解説した書籍が『ねこの法律とお金』だ。

本書には、飼い始めから最期の看取りまで、猫の一生を想定して起こりうる様々な問題に対し、法的な観点でどう解決をはかるかを、弁護士の著者がわかりやすく説明している。具体的には、どういった内容が盛り込まれているのだろうか。いくつかをピックアップして紹介しよう。

■猫を拾ったらどこに届ける?
公園にいた猫を拾ったが、人慣れしていてどうも飼い猫のようだ。この場合、法的にはどう対処すべきか。

本書では、(いくら家族同様に思っていても)猫は法的には「物」だという。つまり、誰かの飼い猫を拾った場合、猫は「遺失物」という扱いになる。そして、拾った人は「拾得者」、元の飼い主は「遺失者」となる。

遺失物を取り扱う遺失物法では、「拾得者は速やかに遺失者に返還するか、警察署長に届けなければならない」と、著者の渋谷寛弁護士は説く。もしも、可愛いからとそのまま飼ってしまうとどうなるか。

飼い主がいる猫を飼うことは所有権の侵害にあたるものとされ、民法上は所有権侵害に基づく返還要求が可能となり、損害賠償を求められる可能性もあります。また飼い主がいると知りながら飼育しようとする行為は、刑法の窃盗罪や占有離脱物横領罪に問われるおそれもあります。(本書32pより)

拾得者への渋谷弁護士のアドバイスは、もちろん「飼い主を探して返すのが最良の方法です」。では、どうやって探すのかといえば、これも遺失物法にしたがい、警察署に猫を届けるのが原則。ただ、警察には猫を保管する施設がないため、動物愛護センターに引き渡す仕組みになっている。拾得者が直接、動物愛護センターに持っていってもよいという。

そして、結局遺失者が現れないまま3か月経ったら、拾得者はその猫の所有権を得ることが可能となる。つまり、新たな飼い主になれるわけだ。

■野良を地域猫にするには?
近所の空き地に数匹の痩せた野良がいて、見かねてエサをやることがある。他の住民もエサをやっているようで、地域猫にできないかとひらめくが、どうすればいいか。

このケースについては、まず、「地域猫」には法律上の定義はないと、渋谷弁護士は言う。ただし、環境省が「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」において、「地域の理解と協力を得て、地域住民の認知と合意が得られている、特定の飼い主のいない猫」と規定していると指摘。同ガイドラインでは、地域猫に関わる「活動」についても規定があり、それについて渋谷弁護士は以下のように解説している。

活動は、地域住民のボランティアを中心にグループや組織をつくり、趣旨に賛同する住民と活動のノウハウをもつボランティア団体などとともに行われます。さらに各自治体が協力して普及啓発に努め、活動資金の助成やガイドラインの普及などに努めます。(中略)具体的な活動は、決められた場所での給餌・給水や排泄物の処理と周辺の掃除、さらに、猫の繁殖制限措置をとり、ワクチン接種や健康管理、飼い主探しまでと広範囲に及びます。(本書69pより)

そして、地域猫活動に興味を持った際の最初の一歩は、最寄りの市町村やボランティア団体に問い合わせることだとしている。個人で勝手に始めるのはご法度だ。

■猫が手術中に死亡して医療ミスの疑いが
健康だった猫に避妊手術を受けさせたところ、手術中に死亡してしまった。医療ミスではないかと疑うが、法律的にどのような対応が可能だろうか。

この場合、「協力してくれる別の獣医師や弁護士などの存在が欠かせない」と、渋谷弁護士は述べる。手術を担当した獣医師に「注意義務違反」があったかどうかを検討する必要があるからだ。

もしも原因が獣医師の診療や手術によるものだと説明できる場合、それが一般的な獣医師の医療行為のレベルに比べて、劣っているかどうかを考えます。これが「注意義務違反があったかどうかを問う」ことになります。(本書90pより)

過去の判例では、獣医師の過失を認めた例と否定した例の両方があるそうで、医療過誤であることを認めさせるには、相当の因果関係があることを立証する必要がある。認めた場合は、損害賠償請求となり、慰謝料が支払われる。

*  *  *

本書ではこのほか、災害時は猫を避難所に連れて行けるか、離婚したら猫の養育費はもらえるかなど、痒い所に手が届く情報が多数盛り込まれている。愛猫家なら、もしもの場合に備えて書棚に加えておきたい1冊だ。

【今日の猫との暮らしを良くする1冊】
『ねこの法律とお金』

https://www.kosaido-pub.co.jp/book/post_2543.html

(渋谷寛著、本体1,500円+税、廣済堂出版)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:07 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

情操教育としてのペット飼育 子供は何を感じるのか


ZUU online編集部



ペットを飼うことが子供の情操教育になるという話があります。内閣府の世論調査によると、ペットの飼育がよい理由として、「子どもたちが心豊かに育つ」と回答した人の割合は約50%に上っており、実際にそのように感じている人が少なからずいるようです。ペットと過ごし、最後を看取ることによって、実際にどのような効果があるのでしょうか。

ペットが子どもに与える影響
dog
(画像=Yuliya Evstratenko/Shutterstock.com)
アイペット損害保険株式会社の調査によると、ペットが子どもに与えた影響として、「思いやりの心を持つようになった」という回答が51.3%となっています。さらに、「動物が好きになった」(43.6%)、「命の大切さを理解できるようになった」(43.5%)との回答が続きます。

同社はこの調査から、子どもがペットの世話や遊びを通じて思いやりの心を育むことが分かったとしています。また、ペットの存在を、「友達」や「兄弟姉妹」などの身近な存在だととらえている子どもが少なくないことがうかがえると説明しています。

思いやりの心を育む
ペットと生活する上で最も苦労することの一つは、言語によるコミュニケーションが取れないことです。ペットが鳴き止まなければ、原因が分からずに困り果てたり、エサを食べる量が少なければ、体調が悪いのだろうかと考えたりすることがあるでしょう。また、犬が尻尾を振っていれば、嬉しいのだろうと判断して、さらに喜ばせるためにはどうすればいいだろうかと考えるかもしれません。

そのような場合、ペットの動きや表情などの非言語による情報を読み取ることになります。そうした動物との非言語コミュニケーションによって、ペットの気持ちや状況を察することが、子どもの感性を豊かにし、思いやりの心を育てることにつながるとの見方があります。

また、この「非言語コミュニケーション」は、人同士のコミュニケーションでも重要になります。相手に与える情報量の多くを非言語的コミュニケーションが占めるとされているためです。子どもの頃にペットとの触れ合いの中でこのようなコミュニケーションの能力を身に付けることは、相手の立場に立って考え、良好な人間関係を築く上で役に立ち、社会生活の中で生きてくることがあるかもしれません。

命の大切さを理解する
たいていの場合、犬や猫などのペットとして飼う動物の寿命は10〜20年前後であり、人よりも短いものです。つまり、いずれ看取ることになる覚悟が必要な場合がほとんどです。現代の日本社会では、子どもの頃から日常生活の中で「死」に直面する機会はそれほど多くはなく、子どもはペットとの別れを通じて、初めて身近な死を経験することになるかもしれません。

その場合、ペットの死に際して、経験したことのないような悲しみや喪失感に襲われることになると考えられます。そのようなショックに直面するのは非常に辛い体験かもしれませんが、それを受け止めることで命の大切さを実感できるようになるでしょう。

「あの時にあのようにしておけばもっと長く幸せな時間を一緒に過ごせたかもしれない」などと振り返って後悔することもあるかもしれません。しかしその経験から、後で悔やむことのないよう、身近にいる大切な人の存在を感じながら日々を過ごしたり、取り戻せない時間を大事にしなければならないと意識したりするようになる大きなきっかけが得られると考えられます。

情操教育に生かすために
子どもの情操教育に効果的であるというのは、ペット飼育の大きなメリットの一つではありますが、それ自体を目的としてただ飼うのではなく、ペットを家族の一員として家庭で大切にしていく意識を持つことが重要です。

命ある生き物と長く暮らしていくには、それに伴う費用や負担が日常生活の中に常についてくることになり、飼い主として最期まで責任を持つことに相応の覚悟が必要になります。その上で、まずは親がペットに対して愛情を持ち、世話をするための適切な知識を身につけ、子どもがペットと関わる中で健全な学びを得られるようにしていく必要があります。(提供:JPRIME)

文・J PRIME編集部
posted by しっぽ@にゅうす at 09:05 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬連れ登山がネット上で賛否両論。現場任せの行政に問題意識はあるか。

Yahoo! JAPAN


今年3月、ひとつのニュースがネット上で話題になった。ヒマラヤのバルンツェという標高7129mの山を目指していた登山隊に、現地でなついた野良犬がくっついて歩いていた。

 登山活動に入ってからも必死に後を追ってくるその犬に情が移った登山隊は、隊の一員として受け入れることを決意。最終的にいっしょに山頂まで達したという。標高7000mというと動物はほぼ生息していない環境であり、犬の到達標高としてはおそらく世界最高記録と思われる。

 これはハートウォーミングな「ほっこりニュース」として世界中でシェアされた。ニュースを聞いた人のなかには、自分も愛犬と山に登ってみたいと思った人もいるかもしれない。

 たとえば、この夏、いっしょに富士山に登って、日本最高峰登頂犬にしてやりたいなど……。

 しかし、ちょっと待った。それを実行したら、あなたは山中で非難の視線(そして声にも)にさらされる可能性がある。

 えっ!?  ……ということは、犬を連れて登山にいくのは禁止されているの? 

 いや、そういうわけではない。

 じゃあ、何が問題なの? 

 いや、それは……。

 じつは日本での「犬連れ登山」の是非に関しては、複雑な様相を呈しているのだ。

「犬連れ登山」と検索してみると。
 試しにインターネットで「犬連れ登山」と検索してみてほしい。表示されるページをいくつか見てみれば、すぐに気づくはずだ。犬連れ「賛成論者」と「反対論者」が対立していることに。それはまるで収拾のつかない政治論争のようで、一部ではかなり口汚い言葉が飛び交う感情対立のようにもなってしまっている。

 犬連れ登山者に向けられる微妙な空気は、実際に犬を連れて山を登ってみればすぐにわかるだろう。このあたりの事情を薄っすらとしか知らなかったこのコラムの担当編集者も災難にあっている。

 近郊の山に愛犬といっしょに登っていたとき、行き合った多くの登山者は友好的に接してくれたのだが、ひとりの登山者からいきなり罵声を浴びせられたというのだ。

 いったいなぜこんなことになっているのか。

賛否入り乱れる日本の登山の現状。
 犬連れ登山をOKあるいはNGとする理由はそれぞれ多岐にわたるが、おおむね以下のようなものに整理される。

 【OK派の言い分】
・犬連れ登山を禁止する法律はない
・犬が山に入ることが環境破壊というなら人間のほうがよっぽど破壊している
・狩猟等で山に入る犬は多くいるがそれはどうなのか

 【NG派の言い分】
・犬が持っている感染症などが野生動物に有害である
・犬が苦手な人に脅威となる
・登山は犬に過剰な負担となる

OK、NG派それぞれの言い分は。
 少し詳しく説明しよう。

 まずはOK派について。彼らの言うとおり、犬連れ登山を禁止する法律は存在しない。ローカルルールとして禁止している山はあるものの、法的根拠がないためか運用の責任主体は不明確な場合が多い。「人間のほうがよっぽど破壊している」というのも、そのとおり。山に入る人間の数と犬の数を比べれば、それは自明なことだろう。

 人間が山に入ることを禁止はしていないのに、はるかに影響の少ない犬だけを禁止するのはナンセンスである。さらに、狩猟では古くから犬を連れて山に入るということが行なわれている。犬連れが禁止となれば、それも禁止しなくてはいけないのか。もっといえば、山小屋で犬を飼っているところもある。それはどうなのか。

 そしてNG派について。こちらは、犬が山の自然環境に害を与えるため、連れてきてはならないというのが主張の核心だ。

 犬はさまざまな雑菌や感染症などを持っている。山の自然は平地に比べて脆弱なもので、そこに犬が入り込むことによって大きなダメージを受ける可能性がある。犬に吠えかけられることによって、小動物や鳥類などに無用なストレスがかかることも考えられる。飼い主から離れて保護動物を襲ったりする事態にでもなれば、それこそ大きな問題だ。

問題は野放し、現場任せなこと。
 犬が脅威となるのは動物だけではない。

 登山者のなかには犬に恐怖を感じる人もおり、しかも登山道はたいてい幅が狭い。そういう人にとっては、すれ違うだけで緊張を覚える。

 さらに犬にとっても登山はストレスになる。人間に比べて体が小さい犬は子どもと同じ。登山というハードな環境下におくと、思いのほか疲労したり、いつの間にか脱水症状を起こしたりもする。

 ……というところが、両者の主張である。

 どちらにも一理あるように聞こえ、このどちらの主張に分があるのか、正直なところ私には判断できない。

 おそらく問題の核心は、「犬が入り込むことが山の自然破壊になるのかどうか」であり、さらには「自然破壊になるのだとすれば、その程度は許容できる範囲なのか否か」というところにあるのだと思われるが、この判断には学者レベルの高度な検証が必要で、一介のライターや登山者の手に負えるものではないのだ。

 この問題について、たとえば環境省などの行政、そして日本山岳・スポーツクライミング協会や山岳メディアなど登山界の指導的立場にある組織いずれもが、明確な指針や意見を表明していない。問題は「野放し」「現場任せ」にされ、結果、個人の意見のみが飛び交うカオスとなってしまっている。

不明瞭な日本の行政にも問題が?
 ところで、海外の事情はどうなのか。

 アメリカやヨーロッパ、そしてオーストラリアやニュージーランドなど、登山やハイキングがポピュラーな国では、国立公園内への犬の連れ込みを明確に禁止しているケースが多い。禁止の理由は、日本で犬連れ登山に反対する人の意見とほぼ同じ。犬が入り込むことによって、山岳地域の貴重な自然環境がダメージを受けるおそれがあるということだ。

 では、やはり日本でも犬連れ登山は禁止したほうがいいのか。

 だが、話はそう単純でもない。海外の国で犬連れを禁止しているのは「国立公園内」に限られる。逆に言えば、国立公園外では犬を連れて歩いてもかまわないわけで、そのことを明確にルールとして記しているところもある。OKとNGの範囲が誰にでもわかりやすく設定されているのだ。

 一方、日本の現状はどうかというと、富士山や北アルプスなどの3000m峰から標高1000m前後の低山まで、そして国立公園内だろうが外だろうが、どれも一緒くたに議論されてしまっている。また「狩猟犬はどうなるのだ」というような意見も出てきてしまう。

 貴重な自然が残されている場所に犬を連れていくのはあまりよくないんじゃないかということは多くの人がイメージできるかと思うのだが、では、標高2000mならどうか、1000mの山ならどうかというと、判断は難しい。難しいがゆえに解釈は人それぞれになり、それぞれの考える正義にしたがって対立も起こる。

自然公園法第21条を見てみると。
 唯一の明確なルールといえるものは、自然公園法第21条。ここでは、国立公園特別保護地区内において「動物を放つこと」が禁じている。特別保護地区というのは、国立公園のなかでも特に自然環境が貴重な地域。ただし、「放つ」ことは禁じているが、「連れ込む」ことは禁じていない。

 ならばリードを付けて連れていくのは問題ないと解釈でき、環境省も公式ウェブサイトでそれを認めている。ところがここでも、環境省の回答にはいくつかの留保が付き、最終的には「地域のマナー」を尊重してくださいと、判断を投げてしまっている。要するによくわからないのだ。

「山の不文律」は通用しない?
 私も犬を飼っており、山に連れていきたいなと思うことはある。が、今まで実行したことはない。「怒られそうだから」というのが理由である。

 もちろん、富士山や北アルプスなど標高の高い山に連れていくのは、現地の環境にも犬の体調にも問題がありそうだから、もともとやるつもりはない。明確なルールがあるのならば、それを破ってまで犬を連れていきたいという強い気持ちを持っているわけでもない。

 だが、「空気」のようなもので行動が制限されることには強い違和感を覚える。科学者ではないので断言はできないが、標高1000m程度の山に犬を連れていっても、おそらく大きな問題はないはずだ。そこでいきなり罵声を浴びせられる現状は、やはり不健全であると思うのだ。

 このあたり、きちんと問題を区別して議論を重ね、明確なルールとまではいかなくても、ガイドライン程度のものを、登山者や登山団体、環境省などが一体となって作ることはできないものだろうか。それを基準にして、意見の異なる人たちも歩み寄ることができるし、よくわからない空気におびえる必要も少しはなくなると思うのだが。

(「クライマーズ・アングル」森山憲一 = 文)
posted by しっぽ@にゅうす at 03:53 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

餓死寸前、多頭飼育崩壊の家から救われた子猫…人間のことを信じられるようになるまで

Yahoo! JAPAN



毎月2回、保護猫の譲渡会を続けている神戸のボランティア団体「猫のミーナ」は、さまざまな事情を背負った猫を飼育しています。代表の松井美枝さんの自宅には今、多頭飼育崩壊の家から救い出された生後2カ月ほどの雌の子猫がいます。引き取った当初は衰弱して立つこともままならなかった子猫ですが、松井さんの献身的な世話のおかげで、すっかり元気に回復。人懐こい一面を見せるようになりました。

【写真】立つこともままならなかった子猫。まだ痩せているが、すっかり元気な姿に

 「もう面倒を見られない。助けてほしい」

 独り暮らしの高齢男性からのSOSで、駆けつけた松井さんが目撃したのは、ガリガリに痩せた猫たちの姿。成猫20〜30匹の中に、生後間もない子猫が12匹いました。

 残念ながら2匹は既に餓死しており、残り10匹も背骨が浮き出て見えるほど痩せて衰弱。どの子も全身から糞尿のきつい臭いを放ち、横になったまま起き上がることもできないような状態でした。目は目やにで塞がれていたといいます。「成猫たちもみんな痩せこけていたので、お乳をやろうにも出なかったのかもしれません」と松井さんは想像します。

 松井さんはひとまずその10匹を2〜3匹ずつ仲間に引き取ってもらいましたが、1匹だけ、非常に警戒心の強い子が残りました。人に慣れるまで相当な手間と時間がかかることが予想されたため、松井さんが責任を持って引き取ることに。辛抱強い世話が始まりました。

 連れ帰った自宅で「シャー、シャー」と警戒心をむき出しにする子猫に、松井さんは一対一で向き合います。家には他にも何匹か保護猫がいますが、松井さんはその子を胸に抱いてごはんをやり、「人間は怖くない」ということを少しずつ理解してもらいました。何日か経つと子猫にも体力が戻り、大人の猫について歩いたりもできるように。警戒心も少しずつ薄れ、松井さんや家族にも懐くようになりました。お気に入りの場所はキャットハウスの中ですが、おもちゃの猫じゃらしで遊んでもらうのも大好き。まだ少し痩せてはいるものの、毎日愛くるしい姿を見せてくれています。

 「多頭飼育崩壊は今、すごく深刻な問題です」と松井さんは言います。特に多頭飼育しているのが高齢者だと、飼い主が病気で入院したり、あるいは死亡したりすると、問題が一気に表面化してしまいます。

 松井さんは「このような活動をしていると、今は野良猫の保護よりも、多頭飼育崩壊した高齢者からの依頼がすごく増えていると感じます」として、「飼い主がどう考えているかはともかく、飼い猫が20匹を超えるのは明らかに異常です。猫のためにも、不妊去勢手術を施すなど、適切な飼育をお願いします」と訴えています。(まいどなニュース・黒川裕生)
posted by しっぽ@にゅうす at 02:07 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

捨て犬救い障害者に癒やし与える 保護犬と暮らすグループホーム誕生


Yahoo! JAPAN



殺処分される前に引き取られた保護犬と障害のある人が一緒に暮らせるグループホームが先月、関西で初めて、兵庫県尼崎市に誕生した。看護師の近藤繭さん(32)=同県西宮市=が立ち上げた「ホームわんこ」。勤めていた病院を退職しての新たな挑戦に、近藤さんは「捨てられた犬を救えて、入居者の生活に癒やしと彩りを与えられる」と熱い思いを抱く。(小谷千穂)

【写真】民家を改修してオープンした「ホームわんこ」

 幼い頃から犬が大好きだった近藤さん。多くの動物が殺処分される現状に「許せなくて、救えなくて悔しい」と感じていた。大学時代は犬の里親を探すNPO法人でボランティア活動をし、看護師になってからも、先進的な動物保護施設がある独ベルリンを訪れるなど勉強を重ねた。

 昨年10月、関東に保護犬と暮らすグループホームがあると知り、「看護師の経験も生かせる」と一念発起。会社を立ち上げて民家を改修し、それぞれ4人が住める女性棟(同市南武庫之荘7)と男性棟(同市食満3)を用意した。各棟には個室と共有のリビングがあり、保護犬はリビングで飼う。

 女性棟にいるのは5歳のトイプードル「ハナ」、男性棟は8歳の同じくトイプードル「春」。2匹とも元は子どもを産むためのブリーダー犬で、弱って飼育放棄されたため、近藤さんが引き取ったという。

 グループホームの入居者は精神疾患や知的障害がある19歳以上の男女。犬と遊び、世話や散歩を手伝いながら生活する。「犬と住みたい」という希望者は多く、部屋はすでにほぼ満室。近藤さんや介護職の資格がある近藤さんの母、泉さん(62)らが世話人として常駐し、就労支援も担う。

 暮らし始めた入居者は、犬との触れ合いで笑顔が多く見られ、散歩中には地域の人とあいさつを交わす。「将来保護犬を飼いたい」と話す人もいるという。近藤さんは「保護犬と暮らすことで命の大切さを知り、社会とつながるきっかけにもなれば」と話している。

 近藤繭さんが経営する「ヘルスプロダクト」TEL06・7183・0022
posted by しっぽ@にゅうす at 01:06 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする