動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年06月02日

県動物愛護センター、開所 殺処分ゼロ継続目指す

Yahoo! JAPAN



老朽化に伴う建て替え工事が完了した県動物愛護センター(平塚市)が1日、オープンした。保護された犬や猫を「生かすための施設」をコンセプトに、ガス室をなくして譲渡に向けたふれあい空間などを整備。ペットの命を守る新拠点として、殺処分ゼロの継続を目指す。

 地上2階建ての新施設(総面積2743平方メートル)は、犬や猫との相性を確かめられる「ふれあい譲渡室」や飼い方を学べるモデルルームなどを設けたのが特徴。冷暖房完備で、犬は個室も含め75匹、猫は90匹まで収容できる。譲渡イベントなどに活用できるホールも整備した。

 建設費は総額約18億円で、うち約2億9千万円を県民らの寄付で賄った。建設業者のトラブルで工事が一時中断し、オープンは当初予定の4月から2カ月ずれ込んだ。

 この日は開所式が開かれ、県関係者をはじめ譲渡などに携わるボランティアら約100人が出席。黒岩祐治知事は、犬は6年、猫は5年にわたり殺処分ゼロを継続していることを強調し、「動物愛護の精神をみんなで共有し、ペットの命も輝く神奈川をつくりあげていきたい」と語った。

神奈川新聞社
posted by しっぽ@にゅうす at 07:42 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

助けて!わんにゃん 高知の動物愛護を追う(62)「法改正」+「新たな動き」=おわり

高知新聞



第5部 どうなる新センター(10)
機運を生かせるか
 「猫の日」の2月22日、高知市中心部に誕生した本県初の保護猫カフェ「moco moco(モコモコ)」は大型連休中、にぎわった。店をのぞくと、店主の尾崎圭美(よしみ)さん(36)は意外にも「あーあ」とため息だった。
 
 この連載登場がきっかけで支援者が現れ、開店の夢がかなった。順調なのに、なぜ。聞くと、「また子猫が増えた」と言う。
 
 4月末、店に男性から電話が。「子供が段ボール箱に入っていた子猫を2匹、拾ってきた。何とかなりませんか」
 
 取りあえず病院での受診を勧め、「お家で育てて、大きくなったら店に置き、もらい手探しを手伝うこともできますよ」と言うと、「無理です。お金はない。家でも飼えない」。断りたかったが、聞こえる子猫の鳴き声がたまらず、引き取ったのだという。
 
 実は尾崎さんはある事情で、3月末から4月にかけて野良猫16匹を不妊去勢手術し、保護することになったばかり。世話も大変だし、病院代もすごい。そこへさらに2匹。「あーあ」となったのだ。.

この連載登場がきっかけで支援者が現れ、開店の夢がかなった。順調なのに、なぜ。聞くと、「また子猫が増えた」と言う。
 
 4月末、店に男性から電話が。「子供が段ボール箱に入っていた子猫を2匹、拾ってきた。何とかなりませんか」
 
 取りあえず病院での受診を勧め、「お家で育てて、大きくなったら店に置き、もらい手探しを手伝うこともできますよ」と言うと、「無理です。お金はない。家でも飼えない」。断りたかったが、聞こえる子猫の鳴き声がたまらず、引き取ったのだという。
 
 実は尾崎さんはある事情で、3月末から4月にかけて野良猫16匹を不妊去勢手術し、保護することになったばかり。世話も大変だし、病院代もすごい。そこへさらに2匹。「あーあ」となったのだ。
 
 「どうしてそんなに、人がいいの?」とあきれてしまうのだが、それだから11年間も保護猫活動が続いているのだろう。店まで届けて安堵(あんど)の表情で帰っていく男性の後ろ姿を見ながら尾崎さんは、「私に押し付けた分、いずれ何かの形でこの代償を払わされることになる」と思うことで納得するしかなかったという。
 
 幸いにもボランティア仲間が世話を分担してくれることになったのが救いだが、「放っておけない症候群」は、高知にゃんわんの家の松岡理香さん級だ。
 
 その松岡さんもバタバタだ。3月末、香南市で独居老人が孤独死し、「猫がいっぱい残されている」と近隣住民からSOS。探してみると14匹も。親族が不妊去勢手術代を一部出すことになり、松岡さんが捕獲して、病院へ運び、その後の面倒を見ることになった。
 
 かと思ったら南国市の物部川沿いで子猫3匹の置き去りが発生。目撃した主婦から電話が入り2匹を保護した。さらに高知市内では、捕獲器で捕まえた野良猫を、そのまま放置して餓死させようとしていた老人を説得して救出し、やはり自分が保護。「ただでさえ大変なのに」とあきれたが、スイッチが入ってしまうようだ。

   ◇   ◇   

 取材開始から1年半。見えてきたのは、保護犬猫問題の奥深さ。世間の中途半端な関心と、行政の長期にわたる怠慢。そして、自分の生活をなげうって奔走する活動家の存在だった。犬猫は今や家族同然といわれるが、その陰でこれほど簡単に多くの命が、「愛護・管理センター」という行政施設で葬られていたとは。
 
 そうした中、追い風が吹き始めたことには救われる。国会では動物愛護法改正の動きが大詰めに。罰則強化やペット販売の際のマイクロチップ装着義務化が本会議で審議される方向だ。
 
 県内では昨年、女性有志が愛護活動団体「わんにゃん高知家」を立ち上げ、俳優の浅田美代子さんを招いて保護犬講演会を開くとともに、合同譲渡会を開始。これまで10回で犬猫約130匹を新しい家族につないだ。年明けには無料月刊情報誌「ニャンとかなるワン通信」が創刊。2月には保護猫カフェがオープン。そして4月、不妊去勢手術特化病院も誕生した。
 
 合同譲渡会でもらわれた中には、両目の見えない猫、下半身不随の犬もいた。世の中、捨てたものじゃないと思ったし、出会いの場があれば、まだまだ命が救われることも知った。
 
 新たにできる愛護センターの成否は、この機運を生かせるかにかかっている。そうでなければ、つまらない施設になるだろう。この連載がまさか60回を超すとは想像もしなかった。それほど、難しい問題でもある。行政も腰を据えて取り組んでほしい。(編集委員・掛水雅彦)=シリーズおわり
posted by しっぽ@にゅうす at 07:38 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2匹の子猫を保護 母猫は大捕り物の末、避妊手術して地域猫へ

Yahoo! JAPAN



次々と子猫を産む野良猫のお母さん。人間から子猫たちを守ろうと必死に生きているのだが、それゆえに、捕獲や保護をする時は慎重にならなければならない。

【写真】ハンモックの上で寄り添って眠る2匹の子猫。のんびりごろごろできるね

■必死に子猫を守る母猫

 長崎県に住む佐藤さん(仮名)は、ある猫のことが気になっていた。野良猫なのだが、子猫を出産後、気が付けばまたすぐに出産したからだ。

 佐藤さんは、数匹の保護猫と暮らしているが、野良猫を捕獲をしたこともなく、方法も知らなかった。しかし、「なんとかしなければ、子猫がどんどん増えていく」と案じていた。

 小さな子猫たちは母猫とあちらこちら転々と移動しているようで、姿を見かけることがあった。

 「親子を見つけても、母猫と目が合うと、その日の夜に子猫を連れて移動してしまいました。ずっと追っていたのですが途中で見失って、心配したのですが、また近所で見かけました。母猫は一生懸命、子猫を守っているのですね」

■小雨降る中、まずは子猫たちを捕獲

 2018年5月、しとしとと春の小雨が降り続く中、佐藤さんは、マンションの非常階段の下の草むらで子猫たちを発見、抱き上げて無事に保護することができたという。

 生後約1カ月で保護された子猫たちは、ジュエルとステラと名付けられた。2匹ともコクシジウムという腸に巣食う寄生虫にやられて下痢が続いていたが回復した。

 1歳になった2匹。ステラくんは元気いっぱいで活発な子だが、恐がりだ。病院に行く時も怖がって、キャリーの中でハタハタと落着きなく動き回る。ジュエルくんは、猫に対しては少し控えめな感じだが度胸がある。来客があると、「誰、誰なの?」と、率先してお出迎えするという。

■大変だった母猫のTNR

 佐藤さんは、子猫たちを保護した後も、ずっと母猫のことが気がかりだった。動物病院の先生や動物愛護団体にも相談したが、結局は自分一人で捕獲しないとどうしようもなかった。初めての野良猫の捕獲。佐藤さんは不安だったという。

 猫つながりで知り合った人にも相談したところ、知り合いに野良猫のボランティアさんとつながることができ、佐藤さんは初めてのTNR(trap=捕獲、neuter=不妊去勢、release=解放の頭文字)を決行した。

 2018年10月、佐藤さんは、母猫がどこでご飯を食べているのかよく分からなかったが、よく見かける場所にボランティアとともに捕獲器を設置した。やっとの思いで、母猫を捕獲することができた。

 TNRのため不妊手術は、子宮が奥のほうにあったため思わぬ大手術になってしまった。

 「すぐには元いた場所に戻すことができなかったので、捕獲器に入れて5日間ほどうちで世話をしました。でも、生粋の野良猫だったので、激しく威嚇してきたんです」

 シャーッと威嚇してきた猫は、引っ掻こうとするだけでなく、噛みつかんばかりの勢い。エサや水も捕獲器の入り口付近に調理用のトングを使って押し入れた。排泄も捕獲器の中で済ませなければならず、捕獲器の掃除も大変だった。

 捕獲から術後まで数多くの苦労をしたが、TNRは無事に完了、母猫は、いまも元気に地域猫として暮らしている。その姿を時々見かけると、佐藤さんは嬉しくなるという。

(まいどなニュース特約・渡辺陽)
posted by しっぽ@にゅうす at 07:31 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の社会性を高めるための方法3選!コツや注意点まで

ネタりか


犬の社会性とは?
走る3匹の犬

犬は集団の中で生きていく動物です。そんな犬の成長過程に「社会化期」と呼ばれる、他者や外の世界に適応して社会性を身につけていく時期があります。

犬の社会化期
犬の「社会化期」は生後4週〜13週頃、つまり生後4ヶ月までの子犬の頃にあると言われています。この「社会化期」の期間に犬は自分以外の存在と上手に関わっていく方法、つまり社会性について勉強します。

ペットショップでは社会化期を逃してしまうことも
通常であれば、犬は産まれてから親や兄弟たちの中で過ごします。お互いにじゃれ合う中で力加減を覚えたり、やってはいけないことや群れのルールなどを学んでいきます。そして、車の音や人間の存在など、人間の社会についても知っていく大事な時期でもあります。

しかし、生まれてすぐに他の犬と離されてしまうと、この大切な「社会化期」をひとりで過ごすことになってしまいます。特にペットショップではひとりでガラスケースやゲージに入っている時間が長いため、社会性を十分に学ぶことができない子も多くいます。

社会性を身に付けないとどうなる?
歯を剥いてる犬

犬が社会性を身に付けないままで育ってしまうと問題行動を起こしやすい子になってしまいます。

✔車の音や突然の物音などに敏感に反応してしまう
✔知らない人や犬を拒絶したり威嚇してしまう
✔飼い主さんがいないお留守番中に心を取り乱してしまう
✔じゃれ合う時の力加減が分からず、相手を傷付けてしまう

社会性を身に付けずに育ってしまうと、このように他者とのコミュニケーションが難しくなったり、周りの人に迷惑をかけてしまう問題行動に繋がります。

社会性を高めるための方法3つ
遊んでいる女性と犬

社会性を高めるには、生後4ヶ月までの期間が最も効果的です。この期間に外の世界に慣れさせる必要があります。

@積極的に外へ行く
飼い主に抱っこされている柴犬

免疫力がまだ備わっていない子犬の頃は、全3回のワクチンが済むまで犬自身で歩いてのお散歩はできません。

しかし、社会性を身に付けるのに最も適した社会化期の時期でもありますので、ぜひ飼い主さんが抱っこした状態で一緒にお外を体験させてあげましょう。

積極的に外の世界に触れることで、行きかう車の音や電車の音、工事現場の音などの人間の生活音に慣れておくトレーニングになります。人間の生活音に慣れておくことで、音に敏感に反応して無駄吠えしてしまうのを予防することができます。

Aいろんな人に触ってもらう
顎をなでられている犬

子犬の頃にたくさんの人に触れ合う機会があると、見知らぬ人にも社交的にコミュニケーションが取れるトレーニングになります。人間には飼い主さんだけではなく、子供もお年寄りもいろんな人がいて、怖い存在ではないということを知ってもらうことが重要です。

B他の犬とも触れ合う
アゾンでいる2匹の犬

「人間に対しては社交的なのに、犬に対しては拒絶してしまう」という、犬見知りをするワンちゃんがたまにいます。人間だけではなく、他の犬と触れ合うことも同じく大切です。他の犬にもなれておけば、ドッグランに行った時やペットホテルを利用した時にも安心です。

赤ちゃんの公園デビューのイメージで、仲良くしてくれそうな他の飼い主さんやワンちゃんがいれば積極的に触れ合いましょう。

また、お近くに「犬の幼稚園」のような施設があれば参加してみることもおすすめです。他の子犬と遊んだり接する機会があると、じゃれ合う時の力加減や犬社会のルールを学ぶことができます。

コツは、子犬が自主的であること
ハテナを浮かべる犬

知らない人や物に出会った時、最初は子犬が恐怖を感じてしまうことも多くあります。この時に飼い主さんが無理矢理近付けたり、逆に遠ざけてしまうのは社会性のお勉強に効果的ではありません。

知らない物や人に出会った時「どうすれば良いのだろう?」「近付いてみようかな?」と子犬自身が考え、解決することが重要です。「これは危険ではない」と子犬自身が自主的に判断することを繰り返していくことで、新しいものと出会った時にも物怖じしない子に育ちます。

そして、そのふれあいの中でしつけを入れていくことも大切です。人に対して甘噛みをしたら「いけない」と指示をいれて遊びを止めたり、興奮して暴れていたら「オスワリ」などの指示を与えて感情をコントロールさせたり、現行犯でしつけを行うことが重要です。

成犬から社会性を高めるには
噛みついている犬

子犬の頃に十分な社会性を身に付けられなかった子でも、成犬から改善していくことはできます。

しかし、子犬の頃のように「慣れさせること」だけでは修正していくことは難しく、飼い主さんと1つずつ「学習していくこと」が大切です。

子犬の頃より時間はかかってしまいますが、根気強く「これは危険ではない」「知らない人や犬に吠えたり噛みついてはいけない」ということを覚えていってもらうことが重要です。

まとめ
女の子と子犬

犬の社会性は、犬自身と飼い主さん以外の世界と上手に関わっていくためにとても重要なものです。生後4ヶ月までの間の「社会化期」に外の世界に積極的に関わって慣れさせることで、知らない人や突然の音などに敏感になり過ぎない子に育ちます。

社会性を身に付けることで、噛み癖や無駄吠えなどの問題行動の予防にもなります。成犬になってからは時間がかかるものの社会性を高めて問題行動を改善していくことは可能ですので、犬に「危険ではない」「これはやってはいけない」と分かってもらうようにトレーニングをしていきましょう。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:29 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬のフン害にイエローチョーク 名古屋市が新作戦

中日新聞



路上に犬のフンが放置される被害を減らそうと、名古屋市は三日から新たな奇策に打って出る。「警告」の意味を込めた黄色のチョークでフンを囲んで目立たせる「イエローチョーク作戦」。放置した飼い主の羞恥心を呼び起こし、次回からは家に持ち帰るように心掛けてもらうのが狙いだ。

 作戦は個人でも団体でも実行できる。最寄りの区保健センターに届け出ると、チョークとともに黄地に黒字で「犬のフン害防止対策パトロール中」と書かれた腕章を貸してくれる。フンを見つけたらチョークで囲み、その横に発見日時を記入。日を置いて現場を再訪し、まだフンがあればその日時を、なくなっていれば「なし」と書き込む動作を繰り返していく。

 サッカーのイエローカードなどで警告としての意味合いが定着した黄色をふんだんに使い、フンを放置する飼い主にプレッシャーをかけていくこの作戦は、京都府宇治市を元祖に全国に広まり始めている。

 宇治市職員から講習を受けた名古屋市は昨秋、市内十三地区で実証実験をした。チョークで囲んだフンが持ち帰られる数は少なかったが、各地区でパトロールをした日に新たに放置されていたフンの数の平均は、初回の十七個から七回目には二個まで減少。効果が確認されたため、全市的な導入を決めたという。

写真
 従来はフン害を訴える市民に「フンの始末を忘れずに」などと書かれた看板を貸し出していたが、効果は限定的だった。市が昨年八月に二千人を対象に行った市民アンケートで、犬や猫によって迷惑を感じる理由の最多49・8%を「フン尿の放置」が占めた。

 市の動物愛護条例では「公共の場所や他人の土地および物件を不潔にし、または損傷させないこと」が飼い主の責務として明記され、再三の指導に従わない場合は三十万円以下の罰金が課せられるが、適用例はゼロ。市の担当者は「現実に罰金を払ってもらうことは難しく、努力義務になっていた。作戦の導入を機に、飼い主のモラルの向上につながれば」と期待する。

 作戦実行の申し出先は「名古屋市16区保健センター 動物愛護」で検索。(問)市食品衛生課=052(972)2649

 (谷悠己)
posted by しっぽ@にゅうす at 07:24 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする