動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年06月12日

「不幸な動物をゼロに」目標 女優・杉本彩さん

日本経済新聞



動物虐待の増加や無責任な飼い主による多頭飼育の崩壊、生後8週齢にも満たない幼犬販売の加速――。ペットをめぐる社会的な問題が深刻さを増している。公益財団法人、動物環境・福祉協会Eva(東京・目黒)の代表理事としてペットを取り巻く環境改善に取り組んでいる女優の杉本彩さんに聞いた。

【関連記事】増える動物虐待、対応急ぐ自治体 警察と連携も


――動物愛護に取り組むきっかけは何だったのでしょうか。

「20代のころから身近な猫たちの保護活動をずっと個人でやっていた。今から13年前に広島で犬の虐待事件があり、そのときにどうしてこんな虐待が起こるのか、初めて日本の動物を取り巻く法律やルールが整備されていないことを知り、何とかしなければならないと思ったのが啓発の活動に取り組む一番のきっかけだ」

「日本の動物を取り巻く法律、様々な仕組み、ペット業者への規制などは本当に先進国のなかで100年くらい大きく後れをとっている。日本は決して動物に優しいとは言えない国だ」

――動物虐待は増加傾向にあります。

「猟奇的で異常な動物虐待が増えていると感じる。行き場のないストレスや不満を虐待で憂さ晴らしする悪質なものが増えた感覚はある。SNS(交流サイト)が広く使われるようになり、虐待を犯人が自らアップして発覚している。虐待に厳しい目を持つ人たちからの通報が増え、検挙の多さにつながった」


画像の拡大
――動物虐待を動画で発信していた人が、多数の猫を殺害しても微罪で済んでいたケースもあります。

「納得いかなかった。裁判を傍聴したが、心底から反省があるとは思えなかった。それなのに執行猶予がつくなんて日本の法律は動物虐待を軽視している。法律の専門家に聞くと動物を殺傷しても2年以下、200万円以下の罰金という法定刑なら初犯で実刑をつけることは難しいと。法定刑の大幅な引き上げが必要だと強く実感した」

――国会に厳罰化を求めて活動していました。

「最初は請願署名で運動して、提出したが不採択ということで、ものすごいショックだった。ここで諦めるわけにはいかないと、すぐに署名を再開して今回、真筆で約25万筆と一筆一筆に思いの強さを感じた。国会の議員会館にも足しげく通った。SNSでアップされていた動画を持参して、これが2年以下、200万円以下の罰金でいいのか、本当に実刑をつけなくていいのか。一人の人間として見ていただきたいと話した」

「楽な活動ではなかったが、殺されて痛めつけられた何の罪もない命を絶対に無駄にしちゃいけない。これで法改正できなかったら猫たちの死は報われない。どんなことがあろうと諦めたら終わりだと思った」

――厳罰化も含んだ動物愛護法改正案が今国会で審議中です。


画像の拡大
「厳罰化という観点では私たちが求めていた5年以下、500万円以下という改正案が成立する見通しだ。今回の厳罰化については満足しているが、これだけでいいわけではない。本来ならもっともっと厳しくてもいいのではないかというのが私の本音だ」

――東京都をはじめ、殺処分ゼロを目指す自治体が増えました。

「殺処分ゼロの実現は非常に簡単で、行政が引き取らなかったらいい。引き取ってもすぐに愛護団体に譲渡すればゼロになる。過密な状況、過酷な状態であろうとただ生かしておけば殺処分はゼロだ。だから自治体が達成したと誇るのを聞くと、果たしてこれが正しいやり方ですかと問いたくなる。目指すべきは不幸な動物をゼロに、無責任な飼育放棄をゼロにすることであって、殺処分ゼロを目指す危うさを知ってもらいたい」

(聞き手は桜井佑介)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:44 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

《茨城・古河》2か月で19匹が死亡、ネグレクト動物保護施設で見た「地獄絵図」

週刊女性プライム



「犬や猫にとって、あそこの施設は地獄です!」

 茨城県古河市の動物愛護NPO法人に対し、内情を知る関係者は大激怒。

 60代の男性A氏が代表を務める同法人は、非営利で動物を保護・譲渡する「第2種動物取扱業者」にあたる。運営する保護施設の出入り口には「動物愛護」「殺処分ゼロ」ののぼり旗を掲げているが、施設内は犬や猫の排泄物が堆積する劣悪な環境にあり、ネグレクト(飼育放棄)疑惑が持ち上がっている。

 同法人は2009年に設立された。関東近県を転々とし、約5年前に現在の場所に居を移している。元工務店だった築46年の古い木造住宅を利用し、最大で犬・猫計100匹以上を飼育していた。

排泄物のにおいがひどい
 女優の杉本彩さんが理事長を務める公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」(東京都)は約2年半前から同団体を問題視。県などに現況を訴え、改善を求めてきた。

「必要な世話や健康管理を怠っているため動物の健康状態は悪く、施設内は不衛生。病気になってもなかなか治療させないので結果、死なせてしまう最悪の団体です」(杉本さん)


公益財団法人「動物環境・福祉協会Eva」の代表・杉本彩さん
 行政がようやく重い腰を上げたのは昨年10月。県の調査で不衛生な飼育状況が確認され、同12月の再調査でも改善はみられず、県は動物愛護法に基づき行政指導の改善勧告を出した。

 しかし、今年2月までの期限内に状況が変わらなかったため、動物愛護団体に対しては異例の改善命令を発動。ようやく同法人は清掃や頭数管理などに本腰を入れるようになったという。

 県は今年度、2週間に1度のペースで抜き打ち調査を続けているが、施設の近隣住民はほとほと困り果てている。

「とにかく排泄物のにおいがすごい。施設のそばを通るときは息を止めて、できるだけ息を吸わないようにして歩いています」(60代女性)

「夏場や雨上がりは特にひどい。施設の敷地から排泄物が混ざった汚水が道路まで流れ出ることもあり、衛生面が心配です。どこかに引っ越してほしい」(80代男性)


施設から犬が脱走し、近くの畑の作物を踏み荒らしたり、救急車のサイレンなどに反応する犬の鳴き声で睡眠不足になった住民もいるという。

 こうした現状に、前出のEvaなど複数の動物愛護団体が同法人を動物愛護法違反の疑いで刑事告発し、茨城県警古河署の捜査が始まった。

 告発に踏み切った非営利一般社団法人「日本動物虐待防止協会」(神奈川県)の藤村晃子代表理事は、

「3月にA氏の施設に入り、現場の撮影に成功したので、これを証拠として動物虐待を告発しました」

 と経緯を説明する。

布団と糞のミルフィーユ
 藤村さんが撮影した動画には、足の踏み場もないほど垂れ流された糞尿のなかで生活する犬や猫の姿が……。

「ケアも全くされていなかった。毛にはうんちがついたまま、体も洗ってもらえずブラッシングもされてない。爪も伸びていて肉球に刺さり、歩くのも困難な子、不衛生な環境で失明した子もいました。避妊・去勢せず雄雌一緒にケージ(檻)に入れていたので子犬もたくさん生まれていました」


保護された犬。視界を遮るほど毛は伸び、糞などがこびりついていた(読者提供)
▶▶すべての写真を見る
 特にキツかったのはにおいだという。

「マスクを3枚重ねても吐きそうなほど臭気がこもっていました」(前出・藤村さん)

 さらに、冒頭の関係者が信じられない内情を激白する。

「施設に常駐しているのはAさんだけですが、Aさんは絶対に掃除をしない。掃除はほかのスタッフ頼みなので、スタッフが来ないと糞だらけ。Aさんは床に糞がたまると布団をかぶせて隠します。その上に犬や猫がまた糞をして、たまったらまた布団をかぶせるという繰り返しでミルフィーユ状態になっていました」

 当然、虫も大量発生する。

「夏場は糞や腐ったエサにウジ虫がわいて、どこもウジ虫だらけ。黒い壁と思っていたら、全部ハエだったこともありました」

 ウジ虫は犬や猫にとって脅威という。

「ある日、すごい勢いで犬が鳴くからおかしいとスタッフが病院に連れていったそうですが原因がわからない。獣医がお尻についた糞の塊に気づいて取り除くと、中からウジ虫が何匹も出てきたそうです」

 ウジ虫が犬の尻の肉を食べ、体内に侵入しようとしていたことが痛みの原因だった。

暴力以外は虐待ではないと思っている
 水飲み用のボウルの底にたまったヘドロから、小さな謎の赤い虫がうじゃうじゃ出てきたこともあったという。

 エサは腐り、飲み水は乾いているか、濁ってドブのようなにおいがするかのどちらか。熱中症や脱水症状で衰弱して死んでいく犬・猫もいた。

「ほとんどの動物はカビが原因の皮膚病や感染症にかかっていました。Aさんは自分のお気に入りの子はすぐに病院に連れていくのに、それ以外は放置する。2か月で19匹が死んだこともあったそうです。死んだ猫がタンスの引き出しから出てきたり、真っ黒な塊があったので“うんちかな”と思ったら猫の死体だったことも……」

 命を救うための愛護団体なのに、むしろ命を軽視しているようにしか思えない。

「ただ、Aさんは動物を本当にかわいいと思っているようでした。自分のことを“パパさん”と呼んで、お気に入りの子はいつも車でどこかに連れていっていました。施設がこんな状態なのに“ここにいる子は本当に幸せだよね”と本気で言っていました」

 動物を叩いたり、蹴ったり、直接的な暴力をふるうことはなかった。

「暴力以外は虐待に当たらないと思っているようです」

 警察に相談したこともあったが、「不衛生というだけでは罪にならない」と取り合ってもらえなかったという。

「施設は廃業させ、Aさんには今後一切、動物と関わってほしくありません!」

 関係者は取材中、何度も目に涙を浮かべてかわいそうな犬や猫の救出を訴えた。

 A氏は告発をどのように受け止めているのか。

 施設で本人を直撃すると、

「今日は忙しい。手が離せない。来る前に電話ください」


疑惑の動物保護施設を運営するA氏(※写真は一部加工)
▶▶すべての写真を見る
 翌5月23日、再び施設を訪ねると、県警が捜査に入っていた。施設の中からケージに入れられた犬や猫が次々に運び出され、A氏は警察車両に先導されて施設を後にした。

 前出・杉本さんは、

「自分が引き受けた命は、最後まで責任を持ってほしい。今回の動物愛護法改正で動物虐待の罰則が引き上げられたら今後は厳正に処罰されるでしょう。動物は声をあげることができません。気づいた人が声をあげなかったらそこにいる動物は助けられません。勇気を出してみんなで声をあげ、動物を救える社会にしたい」

 A氏が歪んだ愛情に気づく日はくるだろうか。




posted by しっぽ@にゅうす at 09:42 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

捨て猫保護し「地域猫」に 徳島市の主婦ら団体結成 運営費確保へCF活用


Yahoo! JAPAN



徳島市の主婦井上智美さん(44)らが、捨て猫を保護するボランティアグループを結成し、不妊・去勢手術をした上で地域住民にお世話をしてもらう「地域猫活動」に取り組んでいる。運営費の確保が課題となっており、「不幸な死に方をする猫を増やさないために協力をお願いしたい」と呼び掛けている。

 グループは、井上さんが猫の里親探しの際に知り合った西内由佳さん(36)=徳島市、主婦=らと設立した。「あわねこ保育園」との名称で、インターネットで募ったメンバーを含め現在10人で活動している。

 グループのメンバーが、捨て猫の多い地域や県動物愛護管理センター(神山町)を訪れて、これまでに約170匹を保護した。うち約60匹を地域猫として飼い、40匹余りは譲渡会などを通して里親に渡った。現在は、メンバーの自宅などで約60匹ほどを保護しているという。

 運営費は個人の寄付や募金で賄い、里親になった人には手術などの実費を負担してもらっている。ただ、井上さんらが立て替えることも多く、資金繰りが課題となっている。

 このためクラウドファンディング(CF)を活用することにし、5月22日から寄付を募っている。最低60匹の手術費と、命の危機にある病気やケガをしている猫の医療費などに充てる。6月29日午後11時まで、CF仲介サイト「レディーフォー」で受け付けている。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:40 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【気づきにくい怖い病気】原因不明の犬の脳腫瘍 飼い主さんが知っておくべき7つのこと

Yahoo! JAPAN


犬の脳腫瘍は発見が難しく治りにくいですが、初期症状のうちに動物病院を受診することが大切です。

【関連記事】特に発見が遅れがちな犬の「腫瘍」は? 早期発見のためにできること

あれ? もしかして? と犬の異変に気がつくための脳腫瘍の7つの基礎知識をご紹介します。

その1:原因が解明されていない
犬の脳腫瘍には、髄膜腫などの原発性脳腫瘍と、脳周辺の腫瘍が脳に障害をもたらす続発性脳腫瘍があり、原因は詳しく解明されていません。

【気づきにくい怖い病気】原因不明の犬の脳腫瘍 飼い主さんが知っておくべき7つのこと
くつろぐゴールデンレトリーバー
その2:症状がわかりにくい
脳腫瘍は早期発見が難しく、気がついたときには症状が進んでいることが多い病気です。

犬の脳腫瘍の症状
元気・食欲がない/ぶつかる・ふらつく/眼振・視覚聴覚の異常/性格の変化/大量のよだれ/認知症に似た症状/寝続ける/興奮中に突然脱力する/けいれん発作やてんかん発作を繰り返す/麻痺/意識障害など

脳腫瘍はできるだけ早期発見することが大切ですが、症状が似た他の病気の可能性もあるので、あれ? と異変を感じたら動物病院を受診しましょう。

その3:初期症状はけいれん発作が多い
脳腫瘍で多い症状はけいれん発作ですが、元気がないだけの場合もあります。飼い主さんは、ガタガタと震え出すけいれん発作や、愛犬のおかしな行動で症状に気がつくことが多いです。

その4:診断はMRIやCTなどで行われる
症状や病状の経過で、脳腫瘍の可能性を診断されることもありますが、多くは全身麻酔下でのMRI、CT、脳脊髄液検査から診断されます。

脳腫瘍は治療を行わないと進行し、けいれん発作の重症化、視力喪失、性格や行動の変化、徘徊、旋回など神経障害が悪化するため、検査から確定診断をすることが大切です。

【気づきにくい怖い病気】原因不明の犬の脳腫瘍 飼い主さんが知っておくべき7つのこと
カメラ目線の可愛いフレブルちゃん
その5:発作時のケガや事故に注意する
@緊急時の対応
脳腫瘍と診断されたら、けいれん発作が起きた際の対処法や緊急連絡先を獣医師に確認しておきましょう。

A事故の予防
けいれん発作が起きたときに、室内で物にぶつかったり、階段から転落しないように、屋外では、階段や段差で転ばないお散歩ルートで歩くようにしましょう。

プールや川でのけいれん発作は、溺れて命に関わる可能性もあるので注意が必要です。

その6:治療方針を家族で話し合うことが大切
脳腫瘍の治療は、投薬、外科手術、抗ガン剤の投与、放射線治療などの積極的な治療と投薬で症状を抑えながらお家で介護をする保存療法(緩和ケア)があります。

外科的に腫瘍を切除できれば完治となりますが、犬の脳腫瘍は治りにくい病気なので、家族で治療方法を話し合うことが大切です。

その7:進行すると介護が必要となる
脳腫瘍は進行するとけいれん発作の頻発、認知症に似た症状、排泄困難、寝たきり、床ずれなどのケアが必要で、闘病は非常に辛いものとなります。

愛犬の脳腫瘍の症状や異変に気がついたら、できるだけ早い段階で獣医師に相談しましょう。


監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:37 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬が『生活習慣病』になっている時の症状4つ!対処法から予防法まで

ネタりか



犬が『生活習慣病』になっているときの症状4つ!対処法から予防法まで
病院で聴診器を当てられている犬

生活習慣病は、日頃の生活習慣が原因となって発症する病気となります。少しずつ体に悪影響を及ぼしていくので初期症状に気づきにくく、気づいたときには病気が悪化していた!という場合が多いようです。ですので、日頃から愛犬の生活スタイルを定期的に見直してあげることが大切といえるでしょう。

今回は、たくさんある生活習慣病の中で特に身近な病気といえるものを4つご紹介します。

1.肥満症
芝生に座る太り気味な犬

肥満症の症状
生活習慣病で最も多いのが、通常よりも太ってしまって全身に脂肪がたくさんついている状態になってしまう『肥満症』です。愛犬が可愛くてついついオヤツをたくさんあげたり、人間の食べ物を与えたりしている人は、愛犬を肥満症にさせてしまう可能性がとても高いので気をつけましょう。そんな肥満症の症状は、主に以下のものがあります。

✔脂肪で腸が圧迫され便秘になりやすくなる
✔関節を痛めやすくなる
✔呼吸がしにくくなる
✔いろいろな病気を発症しやすくなる
✔全身麻酔をするのが難しくなる

肥満になると体の様々な部分に脂肪がついてしまいます。その結果、内臓や器官を圧迫することで体のあちこちに悪影響を与えてしまいます。また、全身に負担をかけてしまうことで、『心臓疾患』『糖尿病』『呼吸器の病気』『椎間板ヘルニア』など、たくさんの病気を発症する可能性が高くなってしまう怖い病気となります。

対処法
肥満症になる主な原因は、『食べ過ぎ』と『運動不足』といえるでしょう。中には遺伝が原因となることもあるそうですが、ほとんどの場合、食生活を見直すことで改善することができます。例えば、愛犬に上げるオヤツの量を減らす。人間の食べ物は与えないようにする。そういったことをするだけでも改善できる場合が多いです。

また、無理に食べ物を減らして愛犬の体重や脂肪を減らそうとする方法は、健康を悪化しやすくなってしまいます。ですので、必要な量のご飯を食べさせてあげながら、いつもよりも運動をさせてあげるようにすることをおススメします。そうすることで、健康を維持しつつ肥満を改善することができますし、運動をすることで、気分転換になったりストレスを解消させてあげたりすることができますよ。

予防法
肥満症の予防法は、何といっても日頃の食生活と運動量をきちんと管理してあげることが大切となります。愛犬に合った食事の量を守る。オヤツはあげ過ぎない。毎日散歩に行ったり遊んだりして運動をさせる。それらを守るだけで十分予防することができます。

食べ物をおねだりする愛犬を見ると、つい甘やかしてしまいそうになると思いますが、愛犬の体のために心を鬼にして肥満症を予防してあげてください。

2.糖尿病
獣医師に聴診器を当てられている犬

糖尿病の症状
糖尿病は名前のとおり、オシッコから糖が排出される病気です。インスリンと呼ばれるホルモンが減少することで血糖値(血液の中にある糖)が通常よりも増えてしまい、本来体に吸収されるはずの必要な栄養がオシッコから出てしまう病気となります。そんな糖尿病の症状は、主に以下のものがあります。

✔下痢や嘔吐
✔水をたくさん飲む
✔おしっこの量が増える
✔元気がなくなる
✔様々な病気を発症しやすくなる

など

糖尿病になると『白内障』や『緑内障』、『肝臓の病気』や『膀胱炎』など、様々な病気を引き起こしてしまう可能性があります。また、糖尿病は一度発症してしまうと完治が難しいそうです。ですので、糖尿病にならないように日頃から予防しておくことが大切といえるでしょう。

対処法
糖尿病の対処法は、主に食事療法となるそうです。食生活を改善したり、血糖値を抑えるフードに切り替えたりして治療する方法が一般的なようです。また、症状が重い場合は定期的なインスリンの投与が必要となり、飼い主が愛犬にインスリン注射をしてあげないといけなくなるケースが多いそうです。

予防法
糖尿病は食べ過ぎや早食い、免疫力低下やストレスが原因となる場合が多いので、肥満症と同様に食生活や毎日の適度な運動が予防法といえるでしょう。また、ホルモンの減少によっても糖尿病になることがあるので、免疫力やホルモンが低下しやすいシニア犬は、ふだんから定期的に病院で体の状態を診てもらうことをおススメします。

3.歯周病
病院で口の中を診察されている犬

歯周病の症状
歯周病を危険に感じる人は少ないと思いますが、実はとても怖い病気の1つといえます。歯周病は歯と歯ぐきの間に細菌が繁殖したり、歯石や歯垢が溜まることで炎症をしたりしてしまう病気となります。犬は歯磨きを嫌がりやすいので口の中に歯石が溜まりやすく、また、歯磨きをしても全部の汚れを取るのは難しいので、結果的に歯周病になってしまう可能性のある犬は少なからずいることと思います。

歯周病が悪化して歯の付け根まで炎症をしてしまうと、その周りの骨が溶けてしまうそうです。中には下あごの骨を溶かしたり、目や鼻の近くの骨を溶かしたりして皮膚に穴をあけることもあるのだとか。また、近年では歯周病が心臓病や肝臓病などの病気と関わりがあることが分かっているそうです。そんな歯周病の主な症状は、以下のものとなります。

✔炎症
✔腫れ
✔痛み
✔口臭が酷くなる
✔歯が抜ける
✔周辺の骨が溶ける
✔様々な病気を引き起こす可能性がある

対処法
歯周病は全身麻酔をして原因となるものを取り除くという治療法が一般的です。例えば、歯垢や歯石を取り除く。歯周ポケットを綺麗にする。といったことをするみたいですね。また、状態が酷いときは歯を抜いたり歯ぐきを切除したりすることもあるそうです。

予防法
日頃から愛犬の口の中を清潔に保ってあげることが歯周病の予防法となります。毎日歯磨きをしたり、歯磨き効果のあるオモチャやオヤツを使ったりして、口の中を健康に保つようにしてあげることが大切といえるでしょう。

4.関節の病気
ベッドで横になっているダックスフンド

関節の病気の症状
運動することが大好きな犬にとって、身近な病気となる『関節の病気』。例えば、テンションが高くなって思いっきりはしゃいだり、ソファなどの段差となるものに上ったりしたときに、足に負担がかかることで脱臼をしたり、関節が炎症をしたりしてしまうことがあります。
特に小型犬は関節が弱いので、関節を痛めやすいそうです。私の愛犬の場合は、散歩をしていたときに他の犬が急に飛び出してきてビックリしてしまい、足を脱臼したことがあります。また、太り過ぎていると関節に負担をかけてしまい、関節が炎症をしたり病気になってしまったりする場合が多いので、注意が必要といえるでしょう。
関節を痛めてしまったときは主に以下の症状があります。

✔足を浮かせる
✔足をかばうよう歩く
✔動くのを嫌がる
✔痛みがある
✔痛めている部分を舐める
✔触られるのを嫌がる
✔歩けなくなる

など

対処法
関節を痛めたり病気になってしまったりしたときは、痛み止めや炎症を抑える薬を処方してもらって服用する。それぞれの症状にあった手術や治療をする。食生活や環境を改善して体に負担をかけないようにする。といった方法で病気を治していくそうです。
しかし、関節の病気が悪化してしまった場合は、完治するのが難しいとようです。ですので、関節を痛めないように、ふだんから対策をしておくことが大切といえますよ。

予防法
関節の病気は、肥満になって体や関節に負担をかけないように食生活をきちんと管理することが効果的となります。愛犬の体重にあったご飯とオヤツの量をちゃんと守ることで、肥満になりにくくすることができます。

また、愛犬が生活するスペースの床を滑りにくくしておくと、関節を痛めにくくすることができるのでおススメです。愛犬がジャンプして上る可能性のある高い家具(椅子やソファ、テーブルなど)があるときは、それらを取り除くか、上らせないように改善する。もしくは、手前に小さな段差をつくって上り下りしやすいようにしてあげましょう。

まとめ
自然の中で嬉しそうな表情の子犬

日頃の生活習慣が原因となって発症する生活習慣病の多くは、愛犬の生活を毎日厳しく管理したり改善したりすることで予防することができます。特に愛犬が肥満になるかどうかは飼い主次第といえるでしょう。愛犬が可愛いあまりつい甘やかしてしまいがちになってしまうことと思いますが、愛犬の健康のためにときには厳しく接することをおススメします。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:35 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする