動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年06月15日

札幌女児衰弱死 飼い猫13匹も飼育放棄

Yahoo! JAPAN



札幌市で女の子(2)が衰弱死した事件で、母親らは、自宅で飼っていた10匹以上の猫を飼育放棄していたことが新たに分かった。室内はフンや尿で汚れた状態で、母親が不在のときは、劣悪な環境の中に女の子が放置されていたとみられている。

逮捕された札幌市の池田莉菜容疑者と交際相手の藤原一弥容疑者は、池田容疑者の娘の詩梨ちゃん(2)に暴行を加え、けがをさせた疑いが持たれている。詩梨ちゃんの死因は衰弱死で、死亡する2週間ほど前から食事を与えられていなかったほか、長期間にわたり育児放棄の状態だったとみられている。

その後の関係者への取材で、2人は、池田容疑者の自宅で飼っていた猫13匹に対しても食事を与えないなど飼育放棄していたことが新たに分かった。

猫を保護した団体の代表「(猫に)ご飯とか水を与えなかったり、汚いところに置くのは虐待。猫でもこんなにひどい状態なのに、人間はどうしていたんだろう。特に小さい子なんて」

保護されたとき、多くの猫はあばらが見えるほどやせ細り、通常の半分ほどの体重だった。体には大量の寄生虫やダニがついていたという。

池田容疑者の自宅は猫のフンや尿で汚れた状態で、詩梨ちゃんは劣悪な環境下で激しい暴行を受け、母親が仕事などで不在のときも放置されていたとみられている。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:26 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界遺産・富岡製糸場付近の野良猫 捕獲し避妊や去勢 繁殖歯止めを 近隣住民「寿命を全う」


Yahoo! JAPAN




群馬県の世界文化遺産、富岡製糸場(富岡市)周辺の野良猫の増加に歯止めをかけようと、近くの城町区と第10区が捕獲作戦に乗りだした。50匹以上が生息しているとみられ、観光客や住民の生活への影響を食い止める必要があるためだ。捕獲後は殺処分することなく、避妊去勢手術を施した上で放す。住民らは12日、城町通りや銀座通りなどの路地裏や、製糸場の敷地内に捕獲器計30個を設置した。

◎街角や製糸場敷地に捕獲器設置
 住民によると、鳴き声やふん尿の悪臭、生ごみをあさるなどの被害があり、5年ほど前から苦情が上がり始めたという。両区の要望を受けた同市が、動物愛護団体のNPO法人群馬わんにゃんネットワーク(高崎市)に協力を依頼した。

 住民は同法人のメンバーから指導を受けながら、から揚げや魚肉ソーセージなどの餌を置いた捕獲器を、ネコの目撃情報が多い民家の裏や空き家、製糸場敷地内のかつての社宅そばに設置した。同日夜には20匹ほどが捕獲器に掛かっているのが確認された。13日に藤岡市内の動物病院で避妊去勢手術を行い、元の場所へ放す計画だ。

 城町区の本多孝之区長(72)は「住民からの苦情がだんだん増えており、観光地としても対策が必要だった」、第10区の小井戸彰区長(67)は「野良猫も同じ生き物。殺処分ではなく、寿命を全うさせてあげたい」と話した。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:25 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

他人の飼い猫盗んで虐待死「50匹殺した」…被害男性「家族のような存在。許せない」

Yahoo! JAPAN



 他人の飼い猫を盗んだとして、富山県警射水(いみず)署は13日、窃盗の疑いで富山市の無職・新村健治容疑者(52)を逮捕した。新村容疑者は盗んだ猫を虐待して死なせたと供述しており、同署は動物愛護法違反などの疑いでも調べている。

 逮捕容疑は5月19日午後1時半ごろ、射水市内の路上で、近くの男性が飼っていた猫1匹を盗んだ疑い。近所の住民が、新村容疑者が餌で猫をおびき寄せ、車に乗せて連れ去る様子を目撃していた。新村容疑者は「盗んで自分の車に乗せた」と、容疑を認めている。

 同署によると、新村容疑者は「猫は死んだので、自宅近所の用水路に捨てた」と供述。また、「1年以上前から十数匹盗んだ」とも話しており、他にも複数の猫を盗んで死なせたとみられる。逮捕前の家宅捜索では、猫や他の動物は見つからなかった。用水路でも猫の死骸は発見されていない。

 新村容疑者は盗んで自宅に連れて来た猫をケージに閉じ込めて、十分な餌をあげていなかった。また、園芸用の金属製の棒でつついたり叩くなどして虐待していたところ、「猫が死んでいた」と話しているという。

 被害に遭った猫の飼い主の男性は、猫が盗まれた当日に被害届を出したが、自らも飼い猫を探していた過程で新村容疑者と今月に入って面会。その際、新村容疑者は「50匹殺した」「お湯をかけた」などと話しており、猫への虐待を日常的に行っていた可能性もある。また、虐待の理由については、「一人暮らしで寂しく、ストレス発散のためにやってしまった」と説明したという。男性は「猫は家族のような存在だったので許せない。他の虐待被害も明らかにしてほしい」とした。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:18 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「保護ねこカフェ」開店5年、210匹送り出す 里親との幸せ第一に

Yahoo! JAPAN



捨てられた猫やホームレスの猫から産まれた子猫たちを保護して、新たな“里親”との出会いをプロデュースする三重県玉城町勝田の「保護ねこカフェ ねこ達のいえ」が先月末で開店5周年を迎えた。これまでに送り出した猫は約210匹。動物虐待の厳罰化を盛り込んだ改正動物愛護法が12日に成立する中、同店は6回目の夏を迎える。スタッフたちは早くも猫たちの猛暑向けの体調管理モードに入っている。

【写真特集】ネコと暮らすシェアハウス

 ログハウス調の店内には1〜5歳を中心に常に30匹前後の猫が在籍する。地元の動物保護ボランティアらを通して店に預けられ、動物病院で検査やワクチン接種を受け、避妊手術など事前にケアを済ませた猫ばかり。このため、一般からの猫の引き取りには対応していない。

 スタッフらによると、猫たちは夏の暑さには強いが、湿気と高温で繁殖しやすいカビやウイルスは苦手。だから暑さが続いた先月から、室内の除菌回数も増やし、免疫効果を高めるという乳酸菌入りのサプリを多めに与えるなど、健康管理を手厚くしている。

 来店者は入り口で靴を脱ぐ仕組みだが、猫たちのいるスペースの床に足の裏が直接触れて、水虫菌などが室内に持ちこまれることがないよう、靴下の着用は必須としている。

 入り口には本日の出勤メンバーの一覧。12日はオル(5歳、オス)の名札の横には「おやすみ中」と書かれていた。

 前日の午後5時、オルの動きがいつもより鈍く、体温も高いことにスタッフが気づき、すぐに解熱剤と抗生剤の入った風邪薬を服用させた。一夜明けると平熱に戻ったが、念のため、終日、オルの休養日にしたという。スタッフ5人は猫たちの食欲やトイレの始末などを通じて、すべての猫の体調や気質を熟知する。

 「自宅で飼えないから、ここで」という猫好きや、気に入った猫を自宅に迎え入れたいという里親希望者が訪れる。常連も多い。

 とはいえ、誰もが希望する猫を受け入れられるわけではない。それぞれの猫の個性を知るスタッフたちから「この人なら」と相性や住環境の条件を認めてもらうことが必要だ。

 里親希望者については、年齢や住環境、同居家族の有無などを総合的に判断して決める。「例えば子猫の寿命が飼い主より上回ってしまいそうな場合は、申し訳ないんですが、ご紹介できかねます」と店長の中野結衣さん(31)。「猫と人間が互いに幸せになれる出会いを提供したい。だからスタッフがご自宅を訪問もさせていただきます」という。

 猫の引き渡しの際、引き取り手は、店側が支出した医療費や餌代の一部として約3万円前後を店に支払う。店は、その額を地域の猫の保護活動に取り組むボランティア団体に活動費として全額渡している。

 同店の利用料金は、フリードリンク付きで、30分800円から。営業時間は午前11時〜午後7時。問い合わせは同店(0596・58・5622)。【尾崎稔裕】
posted by しっぽ@にゅうす at 08:17 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬と猫、どちらの専門誌がよく売れているのか…犬猫系雑誌の部数動向をさぐる(2019年1〜3月)

Yahoo! JAPAN



愛犬・愛猫の情報源として、雑誌は非常に有益。ではその犬猫系雑誌の部数動向はどのような状態なのか。犬猫そのものの需要、人気をも連想させる実情を、日本雑誌協会が四半期ベースで発表している印刷証明付き部数(※)から確認する。

犬や猫の定期刊行雑誌は少なからず存在するが、印刷証明付き部数が日本雑誌協会の公開データベースに収録されているものは、ベネッセ刊行のペット専門誌「いぬのきもち」と「ねこのきもち」のみ。書店での一般売りは無く、通販専用の雑誌。書店のレジでサンプルが配られていることが多く、その表紙に映し出される犬や猫たちの愛らしい表情に、惚れた人も多いはず。その印刷証明付き部数は次の通り。

↑ 印刷証明付き部数変化率(いぬのきもち・ねこのきもち、前年同期比)(2019年1〜3月)
↑ 印刷証明付き部数(いぬのきもち・ねこのきもち、万部)
発行元のベネッセにおける大規模情報漏えい問題に絡み、部数を大きく減らした2014年からはすでに数年が経過している。「ねこのきもち」はほぼその時の下げを回復するレベルにまで復調し、その後の下落も緩やかなスピードだが、「いぬのきもち」はリバウンド後に失速し、さらに減少度合いは加速気味。結果として犬猫で大きく異なる結果が出てしまっている。ただし最近では両誌とも下げ度合いは似たようなものになりつつあるが。

関連団体による試算ではあるが、日本国内のペット数動向では犬が減少し猫には大きな変化は無いとの結果が出ている(【平成30年 全国犬猫飼育実態調査(ペットフード協会)】)。両誌の動向もそれに連動するものと考えれば納得がいく。2016年7〜9月期で部数上の順位が入れ替わったあと、その差は開いたまま。

直近では「いぬのきもち」が約6.4万部、「ねこのきもち」が約8.0万部。ペットとしての犬猫の需要にも浅からぬ関係があるだけに、今後の動向には大いに注目したい。

■関連記事:

ペットを飼えないその理由、「別れがつらい」「禁止」以上に多いのは……

犬は16%、猫は9%…ペット飼育率現状

※印刷証明付き部数

該当四半期に発刊された雑誌の、1号あたりの平均印刷部数。「この部数だけ確かに刷りました」といった印刷証明付きのものであり、雑誌社側の公称部数や公表販売部数では無い。売れ残り、返本されたものも含む。

(注)本文中のグラフや図表は特記事項の無い限り、記述されている資料からの引用、または資料を基に筆者が作成したものです。

(注)本文中の写真は特記事項の無い限り、本文で記述されている資料を基に筆者が作成の上で撮影したもの、あるいは筆者が取材で撮影したものです。

(注)記事題名、本文、グラフ中などで使われている数字は、その場において最適と思われる表示となるよう、小数点以下任意の桁を四捨五入した上で表記している場合があります。そのため、表示上の数字の合計値が完全には一致しないことがあります。

(注)グラフの体裁を整える、数字の動きを見やすくするためにグラフの軸の端の値をゼロで無いプラスの値にした場合、注意をうながすためにその値を丸などで囲む場合があります。

(注)グラフ中では体裁を整えるために項目などの表記(送り仮名など)を一部省略、変更している場合があります。また「〜」を「-」と表現する場合があります。

(注)グラフ中の「ppt」とは%ポイントを意味します。

(注)「(大)震災」は特記や詳細表記の無い限り、東日本大震災を意味します。

(注)今記事は【ガベージニュース】に掲載した記事に一部加筆・変更をしたものです。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:15 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする