動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年06月17日

犬殺処分ゼロならず 高知県内18年度25匹、14年ぶり増

高知新聞



2018年度に高知県内で殺処分された犬猫の数は犬が25匹(殺処分率9・8%)、猫が617匹(同88・5%)であることが県食品・衛生課のまとめで分かった。前年度比で猫は81匹減ったものの殺処分率は依然、全国ワースト級。犬は6匹増えて04年度以来、14年ぶりの増加となった。

 犬の殺処分数増の理由は、県中央小動物管理センター(高知市孕東町)が収容した「乳飲み犬」を即日処分していたため。

 同課によると、成犬を殺処分する場合は事前告知するので愛護活動家が救出できるが、世話が大変な乳飲み犬については告知せず即処分のため、世に知られてなかったという。


 県内でセンターの犬を救出しているのは宿毛市の譲渡ボランティア、吉村義文さん(52)と、それを支援する高知市のアリスペットクリニックグループだけ。15年秋から犬主体に救い始め、18年度は犬119匹、猫30匹。センターが「譲渡」とした犬猫計239匹の62%を引き受け、本県の殺処分減に大貢献している。

 吉村さんらは昨年1月以降、殺処分宣告犬をすべて助けていたことから、「18年度は殺処分ゼロが達成できる」と張り切っていた。ところが昨年11月、アリスが同課に問い合わせると、既に25匹殺していることが判明。がくぜんとしたという。それを機にアリスは乳飲み犬の受け皿も開始。以来、犬の殺処分は止まっている。

 1年前、17年度の殺処分数公表の際には県健康政策部長が、吉村さんとアリスに対し「感謝してもしきれない」とコメントしていただけに、その裏で安易に子犬を殺していた姿勢は何とも無神経。アリスの久保田裕子副院長は「信じられません。これほど一生懸命助けているのに」とがっかりする一方、「19年度は殺処分ゼロを実現したい」と気を取り直している。

 一方、同課は猫の殺処分率が異常に高いことについて、「自分たちの社会への啓発が不十分」ととらえ、乳飲み猫の一時預かりをするミルクボランティアの掘り起こしに「力を入れたい」としている。ただ、ミルボラは県が昨年度から制度化したが、登録者はまだ1人。希望者が多いとみられる高知市が実施してないことも、広がりを欠く一因のようだ。(掛水雅彦)
posted by しっぽ@にゅうす at 08:24 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の熱中症について(原因、症状、応急処置、治療法、予防法)

Yahoo! JAPAN



猫は比較的暑さに強いと言われていますが、飼い主のちょっとした不注意で熱中症にかかることもあります。猫が熱中症にかかりやすい状況と予防を知って気を付けましょう。また、熱中症は短時間で命に係わることもありますので、応急処置も覚えていたいですね。

【関連記事】愛猫の夏バテ対策にぴったり!自宅で簡単「猫オアシス」で快適に

猫の熱中症について(原因、症状、応急処置、治療法、予防法)
猫の熱中症について
猫の熱中症について
本来哺乳動物は、体温を一定に保つための機能があり、ある程度の気温の変化に対応して体温を調節することができます。しかし、急激に気温が上昇したり、からだの外へ熱を逃がすことが出来ない環境にいると、体温を調節することが出来なくなり、体温がどんどん高くなってしまいます。この状態が熱中症です。短時間で様々な体の異変が起こり、数分で重症化して、命にかかわる状況になることもあります。

猫の熱中症は、飼い主さんのちょっとした不注意から起こることもあります。熱中症を予防するには何が必要か、重症化させないためにはどうしたらいいのか、愛猫を熱中症から守るために飼い主さんが注意すべきことを確認しましょう。

熱中症の症状
熱中症は、症状だけでは他の病気との区別がつかないこともあるため注意が必要です。「猫の居た場所の気温が高くなっている」、「体表がいつもより熱くなっている」以外に、以下の症状が出たら、熱中症になっている危険性があります。

・元気がない、食欲がない、あまり動かないなど。
このような軽症と思われる症状でも、放置せずに部屋を涼しくして様子をみましょう。

・口を開けて呼吸する、ヨダレを出す、吐く、ぐったりする、フラつくなど。
さらに症状が進んでいたら、部屋を涼しくして体を冷やすなどの処置をし、病院に連絡しましょう。

・意識がなくなる、けいれんなどの神経症状、血尿・血便が出るなど。
重症化していたら適切な応急処置をし、すぐに病院へ連れていく必要があります。

猫の熱中症について(原因、症状、応急処置、治療法、予防法)
猫の熱中症の原因
熱中症の原因や要因
熱中症とは、「体温が上がりすぎて体温調節がうまく出来なくなっている状態」のことです。では、猫が体温を調節しにくくなる原因や要因にはどんなことがあるのでしょうか? 


気温、湿度が高い
猫は比較的暑さに強いと思われがちですが、高温多湿の日本の夏は猫にとって体温調節が厳しい環境ともいえるでしょう。人は全身から汗をかいて、その汗を蒸発させることによって体温を下げることが出来ます。しかし、猫は肉球からしか汗をかけません。また、犬のようにパンティング(口を開けてハァハァと激しくする呼吸)で、唾液を蒸発させて体温を調節するのも苦手です。このようにもともと蒸発による体温調節が苦手な上に、湿度が高いと蒸発が制限されるので、益々体温が下がりにくくなってしまいます。

また、猫は暑さを軽減するために春から夏にかけて毛が抜け変りますが、それでも全身毛で覆われていると体温が下がりにくく、場合によっては人があまり暑さを感じていない状況でも体温が上がってしまっていることがあります。体調や個体差もありますが、一般的には予想気温が30度を超える日は注意が必要でしょう。

涼しい場所がない、移動できない
猫は暑さを感じると風通りの良い場所やひんやりした床を探して移動します。さらに、お腹を上に向けたり、毛づくろいをして体温を下げようとします。ですから、普段過ごしている部屋の風の通りが悪かったり、動ける範囲にひんやりした場所がなかったり、体調が悪かったり、高齢のため動きが鈍くなって涼しい場所に移動できなかったり、何らかの理由で押し入れなどの狭い場所に閉じ込められてしまったなどの状況が熱中症を起こしやすくします。

水が自由に飲めない
日常的に水分補給が十分に出来ないと、脱水を起こしやすく体温が下がりにくい体になってしまっています。また、暑さを感じた時に水が飲めないと、脱水を起こしてしまうことがあります。このように水が自由に飲めないことが症状を悪化させることになります。

どんな猫が熱中症になりやすいでしょうか?
体温の調節機能は、年齢、体型、健康状態などによって差があります。体温調節が苦手な猫は要注意です。

・シニア猫
シニア猫は体温調節の機能が衰えてくるうえに、脱水気味になっている場合が多く、体温を下げにくくなっています。

・子猫
子猫は体温調節機能が未熟です。また、運動量が多いので体温が上がりやすいでしょう。

・肥満の猫
脂肪は、高くなった体温を逃がしにくくしてしまいます。少し運動をしただけでも体温が上がりやすいです。

・鼻が低い猫
気道が狭く、呼吸による体温調節が効果的に行えません。

・長毛の猫
長い被毛が高くなった体温を逃がしにくくしてしまいます。また、ロシアやノルウェーなど寒冷地出身だと暑さに耐性が低い猫もいます。

・持病のある猫
とくに腎臓病、糖尿病、呼吸器病、心臓病などの猫は、体温調節の機能が衰えていたり、思うように行動できないことが熱中症になりやすくしてしまいます。

その他、日常生活で暑さに慣れているかどうかも関係すると思われます。しかし、「いつも大丈夫だから、今日も大丈夫」と決めつけずに、早めに充分な熱中症予防をしましょう。


応急処置と治療
熱中症は短時間で命にかかわる状態になることもあります。ですから適切な応急処置と、病院での迅速な治療がとても大切です。最初に意識があるか、無いかを確認しましょう。

意識がある場合
飼い主さんの呼びかけに反応するか、または自分で動くことが出来るようなら、すぐに部屋を冷やします。窓を開けたり冷房をつけて、いつもより室温を低めにしましょう。日光が当たらないようにカーテンを閉めたり、風通しの良い場所へ猫を移動させるなどして、短時間で涼しくする工夫もしましょう。

体温がなかなか下がらなかったり症状が落ち着かないようなら、濡らしたタオルを背中にかけたり、タオルで巻いた保冷剤を脇の下などに当てて冷やします。自力で水が飲めるようなら水を飲ませてあげましょう。水飲みボウルを少し傾けてあげると猫が飲みやすくなります。無理には飲ませないようにしてください。無理に飲ませると、誤嚥(ごえん)などの事故を起こす可能性があります。

猫に回復の様子が見られても、動物病院に電話をかけて、発見から現在の状況、猫の様子などを伝えて、受診のタイミングや連れていく方法を相談しましょう。

意識がない場合
飼い主さんの呼びかけに無反応、または自分の力では動けない状態なら、直ぐに体を冷やしましょう。浴槽に残り水があれば、猫の全身をひたし、毛の間に水が入るように毛を逆立てるように指でさすりましょう。シャワーは、お尻側から毛を逆立てるように浴びせましょう。どちらの場合も、しっかり呼吸ができるように顔は水につけないように注意します。

動物病院に電話をして、「緊急性が高く、すぐに受け入れて欲しい」旨を伝えます。その際、病院から何らかの指示があればしたがって行動しましょう。とくに指示がなければ、移動中も氷や保冷剤を使って、体全体を冷やし続けましょう。濡らしたタオルを体にかけ、保冷剤や氷は体の周りにおくようにします。

冷やし過ぎに注意!
体温が一時的にでも高温になってしまうと、体温調節機能が壊れてしまうことがあります。体温調節機能が壊れてしまう体温は、体力などによって個体差はありますが、一般的には42℃以上になると危険です。体温調節機能が壊れている体を冷やし過ぎて、低体温状態にしてしまうと、元に戻らなくなってしまうことがあります。また、冷やし過ぎにより血行が悪くなってしまうと、かえって体にこもった熱を逃がしにくくします。

からだを冷やす時は氷水など冷たすぎる水を直接かけないようにし、保冷剤や氷はタオルに包んで直接皮膚に当たらないようにします。体温を測れるなら、直腸温で39℃台になったら冷却を止めましょう。

冷やし過ぎずに、しかも短時間で体温を下げるためには、冷却と同時にゆっくりと四肢のマッサージをするとよいでしょう。末端の血行がよくなると熱が逃げやすくなります。

熱中症の治療方法
応急処置によって体温が下がり、安定したからといって安心は出来ません。一時的でも高体温になると肝臓や腎臓などがダメージを受けていることもあります。必ず受診するようにしましょう。緊急を要する場合は、来院前に必ず動物病院に連絡をしておきましょう。いかに早く治療が始められるかが、回復を左右します。

病院での治療は個々の状態によって異なりますが、一般的には次のような流れになります。病院に運ばれた時点で、直腸温を確認し、必要に応じて体温を下げる処置や四肢のマッサージを続けます。意識、呼吸状態、脱水状態などの確認、痙攣や出血の有無、血液検査や尿検査により肝臓や腎臓のダメージを把握して、点滴をしたり、症状に応じた治療を施します。

猫の熱中症について(原因、症状、応急処置、治療法、予防法)
予防方法・グッズ
熱中症の予防方法
熱中症の予防は猫が高体温にならないように過ごさせてあげることです。実際に猫が熱中症になりやすい状況や場所を確認しながら、どのような工夫をすれば安全に過ごせるのか、予防のための対策を考えてみましょう。

留守の間に熱中症に!
飼い主さんが留守の間は、窓を大きく開けたり、カーテンを閉めたり、冷房を付けたりと、こまめな室内温度の管理が出来ないため、予想以上に高温になることがあります。

予防するには、予想気温が30度を超える日は、冷房を28〜29度ぐらいに設定して外出しましょう。極端に気温が高くなるのを防ぐのが目的ですので、弱運転にして冷やし過ぎないように注意しましょう。さらにドアを開けて、猫が他の部屋にも移動きるようにしておくと安心です。寒さを感じたときに避難したり、涼しい場所に自由に行けるようにしておいてあげましょう。また、気温が高くなりそうな部屋へは猫が入れないようにドアを閉めておきます。
飲み水は複数個所に用意して、どこに居てもすぐに水が飲めるようにしてあげましょう。

閉じ込められて熱中症に!
押入れやクローゼットは猫が大好きな狭い場所です。普段から自由に出入りさせてあげている飼い主さんもいらっしゃるでしょう。しかし、扉が閉まってしまうと空気が動かずこもってしまうので、一度高くなった気温は下がりにくくなってしまいます。またこのような状況では、体感温度が気温より高くなる場合も多いようです。水を飲むことが出来ないので、さらに状況を悪化させてしまうことが考えられます。

予防するには、外出前には必ず、狭い場所に閉じ込めてしまっていないか猫の姿を確認しましょう。家にいるときも、押入れなどの扉やドアを閉めるときは内側に猫がいないかよく確認するようにしましょう。

車の中で熱中症に!
夏場、冷房を切った車内はあっという間に高温になります。数分だからと思って、車内に猫を残したまま車を離れると、たとえ数分でも熱中症になってしまうこともあります。冷房がついていても、風通しが悪いとキャリーケースの中は熱がこもってしまうことがあります。また、移動中の緊張により猫の体に負担がかかっているとさらに状況を悪化させます。出来る限り快適な環境を整えてあげましょう。

予防するには、短い時間でも絶対に猫を残して車を離れないようにしましょう。走行中は出来るだけこまめに猫の様子を確認しましょう。キャリーケースはなるべく日が当たらない場所に置くようにし、中にはタオルで巻いた保冷剤など冷却グッズを用意しておくと良いでしょう。

ベランダで熱中症!
直射日光を遮るものがなかったり、床がコンクリート作りのベランダは、高温になる傾向があります。エアコンの室外機から熱気が出ていると、さらに温度は上がり、想像以上の高温になっていることがあります。
予防するには、猫をベランダに出す時は、涼しい時間帯を選び、人がそばで見ていられる間だけにしましょう。

毎日の生活でも予防を!
熱中症を予防するには、暑さに負けないように体力を維持することも大切です。暑さで食欲が低下している猫には、消化が良く風味も良いフードやウエットフードを利用して必要な栄養がとれるように工夫してあげると良いでしょう。水分も充分に取れるように注意しましょう。水飲み場を増やしたり、こまめに入れ替えてあげましょう。毛のもつれや毛玉をそのままにしておくと、通気性が悪くなり熱がこもりやすくなります。ブラッシングなどで、できるだけ手入れをしてあげましょう。

猫の熱中症について(原因、症状、応急処置、治療法、予防法)
熱中症になりやすい時期
熱中症になりやすい時期
熱中症になりやすいのは「真夏の暑い時期」と考えがちですが、それだけではありません。動物病院でも、熱中症の来院数が、夏真っ盛りの7月8月に増えるのは確かです。しかし、夏前の5月6月や夏の終わりの9月10月にも熱中症で来院する猫がいます。

夏前は、猫が暑さに慣れていないことや、飼い主さんの準備が出来ていないことが状況悪化につながるようです。夏が終わる頃は、猫達が夏バテで体調が戻っていないことや、飼い主さんの暑さに対する警戒心が緩むことが、熱中症を起こしやすくしているようです。

どちらの時期も、朝や夜は涼しくても、昼間は急に気温が上がり30度以上になることもあります。熱中症になりやすい時期は5月〜10月と考えて、しっかり予防していきましょう。

※この記事は、ねこのきもち相談室の獣医師が執筆しています。

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 08:22 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ローラ、新たに“保護犬”を引き取る 人間におびえる姿も「きっと元気いっぱいの明るい子になる」

Yahoo! JAPAN



モデルのローラさんが6月16日、新たに保護犬を引き取ったことをInstagramで報告。新しい家族“あきちゃん”は人間におびえていたそうですが、ローラさんと交流する中で少しずつ穏やかな表情も見せてくれているようです。愛情をたくさんもらって育ってね……。

【画像】おびえた様子のあきちゃん(2枚)

 現在は米・ロサンゼルスに生活拠点を置きながら、保護犬、保護猫の支援活動も行っているローラさん。新たに引き取った保護犬・あきちゃんとは、2018年6月に立ち上げた「うにプロジェクト」の保護施設で出会ったそうで、「なんとさみしい顔でつぶらな瞳のあきちゃんに、心を奪われて、、」(原文ママ)と一目ぼれした様子でコメント。「すごく人間が怖いみたいだけど 少しずつお散歩もなれてきて、きっと元気いっぱいの明るい子になるきがする」とあきちゃんとの明るい未来を描いています。

 これまでに数匹の保護犬、保護猫を引き取ってきたローラさんは、「うにプロジェクト」の立ち上げ以外にも、日々のSNS投稿などで動物愛護の活動に尽力。2019年5月にはフジテレビ系「坂上どうぶつ王国」に出演し、動物保護の最先端をいくというロサンゼルスの情報を発信していました。

 新たな家族を迎えたローラさんにファンから、「あなたの活動にとても感動してます」「ローラ本当にえらいな」「ローラちゃんの実行力に脱帽です」など称賛の声が続々。ローラさんの活動は着実に実を結んでいるようで、「私も次に迎える犬は保護犬と決めています」「ローラの行動、本当に尊敬します! わたしも出来ることやりたい!」「ペットを飼うとなったら 保護施設から引き取って少しでも力になれるような人になりたい!」などポジティブな影響がうかがえるコメントが多く寄せられています。

ねとらぼ
posted by しっぽ@にゅうす at 08:20 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬の飼い主は知っておきたい!犬に関する法律5つ

ネタりか



飼い主さんが知っておきたい5つの法律
書類

1.動物愛護法
動物愛護法とは動物の命を尊重し愛護すること、また動物による人の命や体、財産への侵害を防止する目的があります。動物への虐待や遺棄は犯罪とされ、殺傷した者には1年以下の懲役または100万円以下の罰金になります。飼い主さんが犬を管理する義務や、動物取扱業者の責任や義務が定められています。

また動物を殺す際はできるかぎり動物に苦痛を与えない方法をとならければならない、獣医師は殺されたと思われる動物の死体や虐待を受けたと思われる動物を発見したときは通報に務めなければならない、など動物に関する様々な事柄が書かれています。一度目を通してみると良いでしょう。

2.狂犬病予防法
日本には狂犬病予防法という法律があり、犬は年に1回狂犬病予防注射を打つことが義務付けられています。子犬の場合は生後91日以降となります。自治体で行う集合注射は4月〜5月、動物病院では1年を通して行われている場合が多いです。

狂犬病はすべての哺乳類に感染する病気で、発症したら100%死亡するという病気です。日本では1956年を最後に発生していませんが、海外では多くの発生例があります。日本もいつ狂犬病がまた発生するかわからないので、きちんと予防注射を打ちましょう。予防注射さえ打てば予防できる病気です。

狂犬病予防法では登録についても定めています。新しく犬の飼い主になる場合、飼い主は犬が家に来た日から30日以内に市町村に犬の登録をしなくてはなりません。そして犬鑑札をもらい、犬につけておくことが義務付けられています。もしこういったことを守らなければ30万以下の罰金や20万以下の罰金などが発生します。

3.廃棄物処理法
例えば愛犬が亡くなったときに庭に埋めたいとします。その際にはどのような規則が関係するかというと、廃棄物処理法です。一般的にペットの遺体は廃棄物の処理及び清掃に関する法律により一般廃棄物となります。そのため自治体はゴミとして処理することがあります。自治体の中にはペット専用の焼却炉を設けている場所もありますが、合同で火葬されるところが多いです。個別で火葬する場合は民間のペット葬儀社などにお願いしなくてはなりません。

そして愛犬を河川や公園などの公用地や他人の土地に埋めた場合は軽犯罪法違反により処罰されます。河川や山林に受けた場合でも廃棄物の不法投棄となり罰せられます。海も同じです。遺体を家に庭などに土葬する場合は問題はありませんが、公衆衛生上の問題から深い穴を掘って埋めるなどをして近隣住民への配慮が必要となります。そのため大型犬などの体が大きい犬の場合は現実的には難しいでしょう。

4.器物損壊罪
もし愛犬が車に引かれたり、暴力を受けた場合どうなるのでしょうか?実は犬に適用されるのは器物損壊罪です。犬は法律上では飼い主の所有物として扱われるため、他人の所有物を壊したという扱いになるのです。そして動物愛護法も適用されます。

一方で野良犬などを傷つけた場合に適用される法律は動物愛護法のみです。法律では対象を人と物にわけて考えます。区別は命の有無ではなく、責任が取れるかどうかと言う点です。野良犬の場合は責任をとることができません。しかしペットの犬の場合は飼い主という責任を取る人がいます。人の存在があるため、ペットである犬は器物損壊罪と動物愛護法が適用されるのです。

5.傷害罪
では今度は逆に愛犬が人を傷つけた場合どうなるかです。この場合は飼い主に対して傷害罪が適用されます。民法では動物の占有者(飼い主など)がそ動物が他人に与えた損害を賠償する責任を負うことが書かれています。ペットを相当注意して管理していたことが証明できない限り責任から逃れることはできません。もし被害者側に原因がある場合でも過失割合が考慮されて損害賠償額が軽減されるにとどまるでしょう。

例えば犬が犬を傷つけた場合は法律上は物損事故扱いとなります。器物損壊罪で説明したように犬は物として扱われるためです。

法律的なトラブルの解決方法
握手

犬をめぐるトラブルが民法に関わるものであった場合は、話し合いで解決する民事調停やあっせん・仲裁といった方法があります。一方刑法に関わるものである場合には警察に操作をしてもらう必要があります。

どの方法が良いのかわからない場合は、国が設立した法的トラブルの解決のための総合案内所である法テラスに相談してみるのも良いでしょう。

まとめ
犬と本

犬は動物愛護法が適用されるため、様々な決まりごとがあります。飼い主さんにはそれを守る義務があります。そして狂犬病予防法という狂犬病を発症させないために大事な法律も必ず守らなければなりません。

しかし大事な家族だとしても法律上では基本的に犬は飼い主さんの所有物、つもり物として扱われるということも頭にいれておかなければなりません。傷つけられた場合は器物損壊罪、犬が誰かを傷つけた場合は飼い主さんが傷害罪を適用されます。一度犬に関する法律に目を通してみるのも良いかもしれませんね。最低でも動物愛護法と狂犬病予防法は知っておいてほしいと思います。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:19 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山猫50匹殺し 52歳男宅に猫捕獲器とセーラー服「趣味だ」

Yahoo! JAPAN



愛猫の連れ去り被害が相次いでいた富山市で「50匹の猫を殺した」などと語っていた男が逮捕された。隣接する射水市の路上で飼い猫1匹を盗んだとして富山県警射水署が6月13日、窃盗容疑で逮捕したのは、富山市の新村健治容疑者(52)。盗まれた猫の飼い主(58)が語る。

【写真】飼い主の直撃に答える新村容疑者

「5月19日に愛猫が自宅前の路上で赤い軽自動車に乗った白い軍手の男に抱えられて連れ去られるのを近所の人が目撃し、車のナンバーを覚えていたので射水警察署に通報しました」

 26日には飼い主の家族がその車を市内で見かけたため追跡して男の住所を特定し、猫を返せと問い詰めたという。

「『猫はかつぎあげたが、逃げられた』とはぐらかされました。6月4日に警察から連絡が入り、立件は難しいといったことを言われたために納得がいかず男の自宅に向かい、そこにボランティア団体『しっぽのこころ』代表も合流して男の“自供”をとったんです」

 その際に記録した動画には、猫を殺したことを認めた新村容疑者が猫に水だけしか与えずに閉じ込め、「せっかく苦労して捕まえたのにすぐ死んでしまったら面白くないから、ただニャンニャン鳴いてるのを聞いて楽しんどった」として、その理由について「一人暮らしで誰も相手してくれんかったから」などと語る姿が映っていた。

 そうして新村容疑者が「(死骸を)捨てた」と語っていた漁港近くで6日、前出の飼い主の愛猫とみられる死骸が発見された。飼い主はこの男性宅で、“不審なもの”を目撃している。

「男の自宅に入ると、猫の捕獲器があり、さらに仏間には仏壇と向かい合うようになぜか女子学生のセーラー服が掛けてありました。男は『趣味だ』と言ってましたがよくわかりません。付近には児童公園もありますし、この気味の悪い事件を早く解決してほしい」

 新村容疑者は容疑を認めており、同署は器物損壊や動物愛護法違反の疑いもあるとみて捜査している。

 県内では他にも猫がいなくなったとの情報が相次いでいるが、いまだ行方はわかっていない。

※週刊ポスト2019年6月19日号
posted by しっぽ@にゅうす at 08:18 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする