動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年07月08日

猫「1軒で80匹」引き取りも…動物管理センター悲鳴

Yahoo! JAPAN



札幌市動物管理センター(西区八軒)で、収容能力を大幅に上回る猫を受け入れる異常事態が起き、同センターは6日、新たな飼い主を探す緊急譲渡会を開いた。同センターで猫を収容できるのは24匹だが、4日現在の収容数は113匹。市内の複数の民家で6月下旬、数十匹単位の猫の多頭飼育崩壊があったのが原因だ。中には1軒で80匹ほどを引き取るケースもあったという。

 猫の収容数が一度に100匹を超えるのは2017年以来、2年ぶり。譲渡会では、市内の愛護団体で保護中の猫を含めて20匹ほどを展示した。市は16年を最後に猫の殺処分をやめている。管理センターは「平日も随時譲渡しており、ふだん仕事で来られない人にも期待したい」と、ツイッターなどで情報を発信している。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:09 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

改正動物愛護法 かけがえのない命を大切に

読売新聞


ペットは飼い主にとって、かけがえのない存在だ。命を大切にする責任を改めて確認したい。


 犬や猫などの遺棄や虐待を防ぐことを目的とした改正動物愛護法が、先の国会で成立した。

 ペットを殺傷した場合の懲役刑が「2年以下」から「5年以下」に厳罰化される。遺棄や虐待は、従来の100万円以下の罰金だけでなく、1年以下の懲役も科せられることになる。

 近年、動物虐待の検挙件数が増えている。ネット上では、虐待の様子を映した動画の投稿が相次ぐ。繁殖業者が犬を劣悪な環境で飼育したり、大量に遺棄したりといった問題も起きている。

 厳罰化で虐待に歯止めを掛けようという方向性は理解できる。

 改正法は、犬や猫へのマイクロチップ装着を義務化した。

 繁殖業者などは識別番号を記した長さ1センチ程度の電子器具を犬や猫の皮下に埋め込む。飼い主は氏名を所定の機関に登録する。動物の識別番号から飼い主を特定できる仕組みである。

 はぐれた犬や猫を探し出すことに役立つほか、飼い主が無責任にペットを捨てるのを防止する効果も期待されよう。

 ペットショップが子犬や子猫を販売できる時期は、生後49日超から56日超に変更される。幼いほど衝動買いを誘い、結果的に飼い主の飼育放棄につながるという指摘を受けた改正である。

 犬や猫を共に生きるパートナーとして、家族同然に考える人は多い。ペットと一緒に過ごせるカフェなどの施設も増えている。

 一方で、飼育放棄などによって自治体に引き取られ、殺処分される犬や猫がいる。その数は2017年度で4万匹余りだ。

 殺処分数は減少傾向にあり、過去10年間で約7分の1になった。自治体や愛護団体が、引き取った犬や猫を新しい飼い主に譲渡する取り組みが実を結んだと言える。こうした努力を重ねたい。

 ペットの長寿化に伴い、老いた犬や猫を手厚く世話する必要性も高まっている。ペットを飼う際には、最期まで責任を持って面倒を見る覚悟が求められよう。

 現在は飼い主の高齢化も進む。飼い続けたいと希望しても、自身の病気などが原因でペットを手放さざるを得ない人は少なくない。親の死亡後、そのペットを子が飼い続けられないケースもある。

 譲渡のネットワークや、ペットの飼育を引き継ぐ施設の拡充を進めることが有効ではないか。

無断転載禁止
posted by しっぽ@にゅうす at 08:03 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬と猫の熱中症対策|屋外よりも室内が要注意!飼い主が犯す5つの大間違い

Yahoo! JAPAN


取材・文/柿川鮎子 撮影/木村圭司


夏本番を前に、ペットの熱中症対策に関して、飼い主さんが犯しがちな5つの間違いを、ひびき動物病院院長岡田響さんに教えていただきました。犬や猫を大切に飼育し、可愛がっている人であっても、意外と誤解されているケースの多いものばかりです。

■間違いその1 犬や猫は暑さに強い動物だと思っている
ほとんどの生き物は、寒さよりも暑さに弱い身体の仕組みをもっています。特に犬や猫は全身を毛皮で覆われており、さらに人間とは違って大量に汗をかいて放熱することができないため、熱が体内に蓄積されやすくなります。

人間ならば、夏でも毛皮を着ている感覚です。ただでさえ体温上昇しやすい一方、下げるのも大変です。体温を下げるためには、呼吸で熱い息を外に出したり、冷たい場所への熱伝導など、汗以外の方法で放熱する必要があります。

さらに、人間よりも生活する場所が低く、より地面に近い位置にいます。真夏の直射日光を浴びて、熱い地面からの反射熱にさらされ、人間より熱の影響をより強く受けます。岡田先生は「飼い主さんは何となく『犬や猫は人より暑さに強い動物だ』と思っていらっしゃるようですが、そんなことはありません。ペットは人より暑さに弱いものだ、という認識をもっていただきたい」と言います。

■間違いその2 熱中症は屋外にいる時だけ注意する
熱中症は保険請求の件数も多い事例なのでしょう。ペット保険会社各社のホームページには、熱中症についての調査報告が掲載されています。興味深いのは、熱中症が発生した場所について。アニコムの調査では、リビング:ドッグラン:その他=44:48:8、という割合でした。アイペットやアクサダイレクトの調査では、熱中症の発生が、1位)家の中で普通に過ごしている時、2位)家の中で留守番中、3位)お散歩中、です。熱中症が自宅の室内で発生している事例は想像以上に多いのです。

調査している年で多少の増減はありますが、だいたい6割近くが室内で熱中症を発症させています。さらにそのうちの6割は、家族も家にいた時に発症してしまうのです。間違いその1でも説明しましたが、人が平気な暑さであっても、ペットにとっては危険な場合もある、ということなのです。

岡田先生は「暑い日の屋外での運動は、緊急性が高い熱中症の危険因子となります。家でも外でも、厳しい暑さの日は、ペットの熱中症に気を付けるべきです」と教えてくれました。


■間違いその3 ペットだけの場合、留守中や就寝中はエアコンを切る
飼い主さんが昼間、仕事や用事で留守にする時は、室内のエアコンを消すことも多いはず。
また、夜間もエアコンなしで就寝する人は多いのですが、スイッチを切れば室内の温度は上昇します。とはいえ、エアコンの冷気が直接ペットの体に当たる場所に長時間いるのも、問題です。冷え過ぎにも注意しましょう。

「真夏日など30度を超える日は、ペットがいる部屋はエアコンをつけてください。風通しの良い室内が理想ですが、防犯上、窓を開けっぱなしにしておくこともできません。

今年もすでに5月の運動会で子供たちが熱中症で病院搬送されたという報道が多く、高齢者の熱中症による救急搬送も今月に入って増えてきています。家族がいない時でも、夜でも、猛暑日はエアコンを24時間つけっぱなしにしておく方が安心ですよ」(岡田先生)。

特に高温に注意したいのは、身体の体温調整機能が衰えている高齢の犬や猫。また、フレンチブルやパグなど鼻の短い種類は暑さの苦手な犬種です。脂肪に覆われて熱のこもりやすくなっている肥満のペットや、慢性的な病気をかかえている子も、熱中症の危険が高まります。

犬と猫の熱中症対策|屋外よりも室内が要注意!飼い主が犯す5つの大間違い
下痢と嘔吐が熱中症の初期症状の場合も
■間違いその4 熱中症の初期症状は口を開けてハァハァ苦しい息をするだけ
個体にもよりますが、一番多い初期症状は、さまざまな消化器の異常です。岡田先生によると、「暑い日に吐いたり下痢をする。いつもに比べて調子が悪そうな場合は、軽度であっても熱中症を疑う必要があります」と言います。最初は『ほんの少し調子が悪い』ぐらいの夏バテ状態でも、その後、真夏日が続くと、最終的には熱中症となってしまいます。

「熱中症というと、舌を出して息をハァハァさせるという印象が強いようですが、そういう状態になった時はすでに症状が進行して、深刻な事態となっているケースが多いのです。

高齢なペットほど、熱中症に罹りやすくなってしまいます。人間でも一人暮らしの高齢者は、暑さを感じないでエアコンを切ってしまい、熱中症にかかるケースがあります。ペットも若い頃に比べると、体力面などで様々な許容範囲が狭くなるのではないか、と思います」と岡田先生。



■間違いその3 ペットだけの場合、留守中や就寝中はエアコンを切る
飼い主さんが昼間、仕事や用事で留守にする時は、室内のエアコンを消すことも多いはず。
また、夜間もエアコンなしで就寝する人は多いのですが、スイッチを切れば室内の温度は上昇します。とはいえ、エアコンの冷気が直接ペットの体に当たる場所に長時間いるのも、問題です。冷え過ぎにも注意しましょう。

「真夏日など30度を超える日は、ペットがいる部屋はエアコンをつけてください。風通しの良い室内が理想ですが、防犯上、窓を開けっぱなしにしておくこともできません。

今年もすでに5月の運動会で子供たちが熱中症で病院搬送されたという報道が多く、高齢者の熱中症による救急搬送も今月に入って増えてきています。家族がいない時でも、夜でも、猛暑日はエアコンを24時間つけっぱなしにしておく方が安心ですよ」(岡田先生)。

特に高温に注意したいのは、身体の体温調整機能が衰えている高齢の犬や猫。また、フレンチブルやパグなど鼻の短い種類は暑さの苦手な犬種です。脂肪に覆われて熱のこもりやすくなっている肥満のペットや、慢性的な病気をかかえている子も、熱中症の危険が高まります。

犬と猫の熱中症対策|屋外よりも室内が要注意!飼い主が犯す5つの大間違い
下痢と嘔吐が熱中症の初期症状の場合も
■間違いその4 熱中症の初期症状は口を開けてハァハァ苦しい息をするだけ
個体にもよりますが、一番多い初期症状は、さまざまな消化器の異常です。岡田先生によると、「暑い日に吐いたり下痢をする。いつもに比べて調子が悪そうな場合は、軽度であっても熱中症を疑う必要があります」と言います。最初は『ほんの少し調子が悪い』ぐらいの夏バテ状態でも、その後、真夏日が続くと、最終的には熱中症となってしまいます。

「熱中症というと、舌を出して息をハァハァさせるという印象が強いようですが、そういう状態になった時はすでに症状が進行して、深刻な事態となっているケースが多いのです。

高齢なペットほど、熱中症に罹りやすくなってしまいます。人間でも一人暮らしの高齢者は、暑さを感じないでエアコンを切ってしまい、熱中症にかかるケースがあります。ペットも若い頃に比べると、体力面などで様々な許容範囲が狭くなるのではないか、と思います」と岡田先生。


岡田先生の病院でも、12歳の猫が、なんとなく元気がない状態が続いた後、下痢と嘔吐で来院されたそうです。飼い主さんは、「ここまで元気がないのはとても珍しい」と心配して、数日入院点滴して、元気になって退院されました。その直後に、入れ替わりのようなタイミングで、同居していた別のもう一頭の高齢猫が同じような下痢と嘔吐で来院されたそうです。

「飼い主さんは、下痢と嘔吐に心配されて、何か悪いものでも食べたかと悩んでいらっしゃいましたが、原因は熱中症が考えられました。そこで詳しくお話しを聞きなおすと、エアコンなしの室内で、長時間、留守番していたことがわかったのです」。

熱中症の初期症状は、『ハアハアあえぐような息をするだけ』と思っている人は、認識を改める必要がありそうです。特に、猫は普段、ほとんどハァハァしません。猫の荒い呼吸は、別の病気のサインであることの方が多いようです。

犬と猫の熱中症対策|屋外よりも室内が要注意!飼い主が犯す5つの大間違い
カットで個性を引き出し、より魅力的になる子も
■間違いその5 すべての猫にサマーカットが適している
極寒の中でも屋外で過ごせるように作出された犬種は、上毛と下毛が二重のダブルコート構造で、身体を保温するような機能をもっています。夏になると下毛は抜けますが、それでも日本の夏の暑さに耐えるのは大変です。

こうした犬の飼い主さんの中にはサマーカットをして、快適に過ごせるようにしている人が多く、体表温度が下がって快適に過ごせるようになっています。カットは犬の可愛らしさを表現できるファッションであると同時に、夏を快適に過ごす効果もあります。

ちょっと注意した方がいいのは、犬のサマーカットに関しては、短くすると毛質や色が変わったり、毛が生えにくくなる子がいるそうなので、動物病院やトリマーさんにも相談すると良いと、岡田先生は教えてくれました。

犬と猫の熱中症対策|屋外よりも室内が要注意!飼い主が犯す5つの大間違い
すべての猫がサマーカットで快適になるわけではない
一方で猫のサマーカットですが、米国の調査で、カットが猫に強いストレスを与えているという内容のレポートが出ました。岡田先生は犬と猫ではサマーカットに対して、根本的に異なる考え方でアプローチするべきだと、飼い主さんにアドバイスしています。

「猫の場合、基本的に嫌がると攻撃的になってしまうため、おとなしくトリミングさせてくれる子は、ほとんどいません。多くの場合は短時間の鎮静麻酔が必要です。鎮静麻酔をするには、健康状態が良くなければ危険です。事前に健康診断や検査が必要になるケースもあるでしょう。

その猫がサマーカットできる身体と心(ストレス耐性)をもっているかが大切で、個体によって、事前の検査など、やるべきことにかなり幅が出てしまいます。犬に比べると猫のカットに費用がかかるのはそのためです。

当院では、毛玉症の腸閉塞で手術経験がある子など、病気予防的な観点から、1年に数回程度、毛を刈っている子がいます。熱中症対策としてカットを選択する前に、ホームドクターと相談して、納得した上で行う方が良いでしょう。もちろん、カットして問題が無い子もたくさんいます」(岡田先生)。

「熱中症は命の危険を伴います。体が熱くなって脱水し、血液がドロドロになり、短時間で多臓器不全へまっしぐら、という大変危険で怖いものなのです。死に至る怖い病気のひとつと考え、暑さ対策をしてください。今年の夏も厳しい暑さが予想されていますが、暑い日中のお散歩は避けて、日差しの弱い早朝や夕方、夜間のお散歩で、熱中症を防ぎましょう。そしてエアコンを効果的に使って、元気に乗り切ってほしいですね」とアドバイスしてくれました。

取材協力/岡田響さん(ひびき動物病院院長)
神奈川県横浜市磯子区洋光台6丁目2−17 南洋光ビル1F
電話:045-832-0390

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

撮影/木村圭司
posted by しっぽ@にゅうす at 07:57 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

共働きや一人暮らしで犬は飼う!? 留守番・不在時に飼い主さんができること

Yahoo! JAPAN



犬好きな人には、共働きや一人暮らしの人もたくさんいます。家族で犬を飼っている人に比べると「寂しい思いをさせるのでは?」などと不安になり、犬を飼うことに踏み出せない人も多いでしょう。そこで今回は、犬の留守番や不在時に関するQ&Aをご紹介します。

車のおもちゃで遊ぶワンコが見せた「まさかの行動」がスゴすぎ!

共働きや一人暮らしで犬は飼う!? 留守番・不在時に飼い主さんができること
Q1:帰りが遅いので、ゴハンが不安です
Q1:帰りが遅いので、ゴハンが不安です
A:与えられない場合は「自動給餌器」など活用するのも手
子犬だと、ある程度体が成長するまでは1日3回、成犬なら1日2回のゴハンが必要です。食事が不足すると病気になりやすくなるのはもちろん、ストレスで吠えたり、噛んだりするなどの問題行動につながります。そのため、それぞれの年齢や体質に合った食事を与える必要があります。

お仕事などの関係上、どうしても与えられない日がある場合は、自動給餌器やペットシッターを用いる、もしくはデイケア(保育園)に預けるなどの方法もあります。犬の食事はある程度決まった時間に与えることが望ましいですが、毎日同じ時間に与えていると、その時間になると要求するようになることも。食事の時間は多少ズレても大丈夫です。
(一般社団法人優良家庭犬普及協会)

共働きや一人暮らしで犬は飼う!? 留守番・不在時に飼い主さんができること
Q2:出張で不在のことがあるのですが…
Q2:出張で不在のことがあるのですが…
A:ペットシッターやペットホテルという手もあります
出張などで不在の時は知り合いに愛犬を預けるという人もいますが、それが難しい場合などは、ペットホテルやペットシッターを利用する方法があります。ペットシッターは、自宅にペットのお世話をしに来てくれるプロです。ペットシッターが登録されているインターネットサイトで、条件の合う人を探すのが一般的な方法です。

一方でペットホテルは、ペットを一時的に預ける施設。動物病院やトリミングサロンがホテルを併設しているケースも多いので、調べておくといいでしょう。

共働きや一人暮らしで犬は飼う!? 留守番・不在時に飼い主さんができること
Q3:ちゃんとお留守番できるか心配です
Q3:ちゃんとお留守番できるか心配です
A:外出先でチェックする方法もあります
共働きや一人暮らしなど、日中は留守にする人にとって心配なのが、犬のお留守番でしょう。まずはしつけをするのが重要ではありますが、ティッシュを引っ張り出したり、家具をボロボロにしたり…。そんな様子をSNSの投稿などで見てしまうと不安になりますよね。

ハウスに入れておけば、少なくとも犬が暴れまわる心配はありませんが、最近では、スマホで遠隔操作できるカメラも人気です。複数台設置可能な機種もあり、操作も簡単ですよ!


共働き・一人暮らしでも犬は飼えますが…
このように、プロや最新機器の手を借りれば、共働きや一人暮らしでも「犬を飼う」ことは自体は可能です。しかし、ほぼ毎日仕事で帰宅が遅い場合や、出張などで不在が続くことが多い人は、愛犬に寂しい思いをさせてしまうことがあります。飼い主さんとのコミュニケーション不足は犬にとって大きなストレスとなるため、病気や問題行動の原因になるケースも考えられます。
共働きや一人暮らしでも、充分に愛犬のお世話ができるのか、考える必要がありますね。

参考/「いぬのきもち」特別編集「犬との暮らし大事典」
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 07:54 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<北海道>動物福祉の目線で…飼育動物の管理をチェック

Yahoo! JAPAN



動物園などで飼育されている動物たちが苦痛なく適切な環境で暮らしているか動物園などの担当者が飼育管理を自ら評価するワークショップが札幌の円山動物園で行われています。
 動物福祉評価に関するワークショップは日本動物園水族館協会がおととしから開催しているもので4回目となる今回は全国の動物園や水族館から担当者らが参加しました。動物福祉の先進国=イギリスからも2人の専門家が招かれ動物がそれぞれの飼育環境になじみ苦痛なく健康に生活できるよう飼育管理のアドバイスを行っていました。会場となっている円山動物園では4年前にマレーグマやキリンなど、飼育中の動物が死ぬ事故が相次ぎましたが、職員の研修強化や飼育環境改善などの対策がとられています。

HTB北海道テレビ
posted by しっぽ@にゅうす at 07:04 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする