動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年07月10日

【調査】毎月の「犬関連の出費」で一番多いのは?

Yahoo! JAPAN


かわいい愛犬に、日々癒してもらっているという飼い主さんは多いでしょう。しかし、犬を飼うとお金がかかるというのも事実です。

そこで、いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、飼い主さん605名に「犬を飼っていて、毎月『もっとも出費が多い』と感じるのはなにか」について、アンケート調査を実施することに。

【調査】毎月の「犬関連の出費」で一番多いのは?
お散歩するシー・ズー
フード、医療費、トリミングサロン…どの出費が多い?
今回は、「医療費」「トリミングサロン」「フードやおやつ」「トイレシート」「おもちゃ」「洋服やリードなどのグッズ」「歯磨きアイテムなどのお手入れ用品」の中から、月の出費が多いものを飼い主さんに1つ選んでもらいました。

飼い主さんたちは、何に対してもっとも出費が多いと感じているのか、トップ5の結果をランキング形式で見ていきます。

また、気になる金額についても、飼い主さんたちが明かしてくれたので紹介します!

【調査】毎月の「犬関連の出費」で一番多いのは?
お散歩するトイ・プードル
第5位:洋服やリードなどのグッズ
第5位は、飼い主さんの2.8%が選んだ「洋服やリードなどのグッズ」でした。愛犬に合う洋服やリードなどを探して、いろいろと買ってしまう飼い主さんが多いようです。

飼い主さんの声
「2万円ちょい。ついつい買ってしまう」
「毎月、お洋服代金が12,000円」
「10万円くらい」
「2,000円」
「ついつい、ワンコグッズを見て1万円前後は使ってしまいます」

【調査】毎月の「犬関連の出費」で一番多いのは?
トイレをするミニチュア・ダックスフンド
第4位:トイレシート
第4位は、飼い主さんの3.0%が選んだ「トイレシート」!

室内飼いのワンコにとって、なくてはならないものなので買う頻度が多いようです。体の大きさや多頭飼いの有無などによって使う量が変わってくるので、金額もさまざまでした。

飼い主さんの声
「2万円」
「4,000円」
「トイレシートとオムツで、5,000円弱くらいですね」
「2,000円ぐらい」
「15,000円」

【調査】毎月の「犬関連の出費」で一番多いのは?
おやつを食べるチワワ
第3位:医療費
第3位は、飼い主さんの24.1%が選んだ「医療費」でした!

愛犬の健康のために、予防接種や健康診断、病気の治療などで動物病院に行くことがありますよね。医療費に関しても、愛犬の健康状態や年齢、多頭飼いの有無などによって金額に大きくバラつきがありました。


飼い主さんの声
「関節の薬2種類で1万円くらい」
「薬代、検査代で約3万円」
「3,000円くらい。多いときは4万円」
「保険を使って6,000円前後」
「毎月ではないけど、病院にかかるときに多頭飼いのため一気にとんでいく。ワクチンで2万円弱、ノミダニフィラリア1年分で6万円弱」
「老犬のため、点滴や検査のための病院通いで高くなっていますが、5万円以上」

【調査】毎月の「犬関連の出費」で一番多いのは?
トリミングをしたミニチュア・シュナウザー
第2位:トリミングサロン
第2位は、飼い主さんの29.9%が選んだ「トリミングサロン」!

おうちでシャンプーをするワンコもいますが、トリミングサロンできれいにケアしてもらっているワンコも多いよう。

なかには、トリミングサロンをこだわって選んでいる飼い主さんもいるようです。

飼い主さんの声
「7,000円」
「薬用シャンプーコース、黒柴2頭で14,000円です」
「35,000円」
「月2回のシャンプーで計4,360円」
「4匹飼育。シャンプー・カット・爪切り・肛門絞り・耳掃除・デンタルケア・足裏クリームで24,000円前後」
「サロン代6,000円のほか、待ち時間に買い物やお茶、駐車場代で1日10,000円程使ってしまう」

【調査】毎月の「犬関連の出費」で一番多いのは?
おやつを食べる柴犬
第1位:フードやおやつ
そして第1位は、飼い主さんの38.3%が選んだ「フードやおやつ」でした!

やはりフードは毎日食べるものなので、消耗も早いよう。おやつも、愛犬へのご褒美として与えることが多いですよね。

毎日必要なものだからこそ、飼い主さんは出費が多いと感じているのかもしれません。

飼い主さんの声
「1万円くらい」
「大型犬なので2匹で75,000円」
「アレルギー用のドッグフードなので3kg8,700円ぐらい。1カ月くらいもつかな」
「手作りドッグフードなので月に1万円くらいは出費してます」
「定期便でお取り寄せのフード2,500円」
「医療用のごはんを2種類食べているので、合算し約1カ月5,400円かかります」

【調査】毎月の「犬関連の出費」で一番多いのは?
仲良しな犬
犬を飼うということは、それなりにお金がかかることを忘れずに!
犬を飼うと何かと出費が付きものですが、「愛犬のためなら当然の出費」という飼い主さんの声も見られました。

もしこれから犬を飼いたいと思っている人は、こうした出費が毎月かかるということをぜひ知っておいてくださいね!


『いぬのきもちWEB MAGAZINEアンケート vol.102』
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/雨宮カイ

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:19 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

本当は「一緒にいても楽しくない」と愛犬は思ってるかも…今すぐチェックする方法

Yahoo! JAPAN



あなたはワンちゃんに好かれていますか?  今回は、ワンちゃんが飼い主さんを好きになる気持ち、嫌いになる気持ちを解説します。

本当は「一緒にいても楽しくない」と愛犬は思ってるかも…今すぐチェックする方法
ワンちゃんは“いいコミュニケーション”をしてくれる飼い主さんが大好き
ワンちゃんは“いいコミュニケーション”をしてくれる飼い主さんが大好き♡
ワンちゃんは「楽しい」「うれしい」「安心する」などの気分を味わわせてくれる飼い主さんに好感をもち、だんだんと信頼するようになります。ワンちゃんに好かれ、信頼されるようになるには、下記のような犬にとって“いいコミュニケーション”が必須です。

<いいコミュニケーション>
・自発的にオスワリするなど、ワンちゃんがいい行動をしたらすぐにほめる
・爪切りなど、ワンちゃんの嫌がることを無理にしない
・ワンちゃんとスキンシップをたくさんする
・ワンちゃんといっしょにたくさん遊ぶ など
 
このようないいコミュニケーションを続けていると、ワンちゃんは
「飼い主さんのそばにいると安心するな♡」
「飼い主さんといっしょにいると楽しいな!」
「次はどんな楽しいことをしてくれるだろう♪」
などという気持ちになり、飼い主さんのそばにいることが幸せに♡ その結果、飼い主さんをよく見る、近くに来るなどのしぐさがよくみられるようになります。もし愛犬がそばに寄ってきてくれたり、目を合わせてくれるなら、それはきっと飼い主さんのことが大好きなサインですよ!

本当は「一緒にいても楽しくない」と愛犬は思ってるかも…今すぐチェックする方法
ワンちゃんが飼い主さんを嫌いになる理由は?
ワンちゃんが飼い主さんを嫌いになる理由は?
“いいコミュニケーション”とは逆に、飼い主さんを嫌いになりやすい“悪いコミュニケーション”というのもあります。

<悪いコミュニケーション>
・ワンちゃんがイイコにできないとすぐに叱る
・ワンちゃんが嫌がることを無理にしようとする
・スキンシップをあまりとらない
・ワンちゃんと一緒に遊ぶ時間をつくらない など

このようなコミュニケーションを続けていると、ワンちゃんは
「飼い主さんといっしょにいても楽しくないな…」
「飼い主さんが怖いから関わらないようにしよう」
「近くにいると嫌なことばかりされるから離れたいよ…」
などの気持ちになり、飼い主さんといっしょにいることが嫌になります。もし、飼い主さんとあまり目を合わせない、飼い主さんから離れようとする などの行動が愛犬に見られたら、それは知らずに“悪いコミュニケーション”をしているからかも。


飼い主さんのことを好きかどうか、「かくれんぼ」でチェックしてみよう!
愛犬と部屋でくつろいでいるときに、愛犬の前で突然ソファなどの物陰に隠れてみましょう。飼い主さんのことが大好きなら、「どこかな?」と探しに来るはず。探しに来るのが早ければ早いほど大好きな証拠ですよ。

上にあげたような“いいコミュニケーション”をたくさん取り入れて、ぜひ、愛犬に好かれる素敵な飼い主さんを目指してくださいね!

参考/「いぬのきもち」18年6月号『いつものしぐさ、心理面からのぞいてみよう! 愛犬の心理学』(監修:帝京科学大学生命環境学部 アニマルサイエンス学科准教授 加隈良枝先生/しつけスクール「Can! Do! Pet Dog School」代表 西川文二先生)
文/melanie

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:14 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の生活環境が変わるときの「慣れさせアイデア」


Yahoo! JAPAN



人と暮らしている以上「変化」を猫も避けられませんが、飼い主さんの工夫ひとつで、猫を新しい生活に早く慣れさせることができます。ねこのきもち読者が実際に行った、猫の”新生活”への慣れさせ方を紹介します。

【画像を見る】日々の飼い主さんと猫との暮らしぶりを見てみる

猫の生活環境が変わるときの「慣れさせアイデア」
画像/2018年4月号「猫の新生活わが家の場合。」
新生活の「留守番」編:猫が落ち着けるよう、リラックスアイテムを追加しました
旦那さんが転職し、帰宅時間が遅くなったことで猫の留守番の時間が増えたSさん宅。「夫婦共働きなので、留守番には慣れていたものの心配でした。猫たちが大好きなクッションなどを大量追加したところ、安心して留守番ができているようです」。

猫の生活環境が変わるときの「慣れさせアイデア」
画像/2018年4月号「猫の新生活わが家の場合。」
泊まりで出かけるときも、ふだんと同様、さりげなく出かけるようにしました
愛猫グリくんが1才になるのを待って1泊旅行するようになったというSさん。「毎朝、テレビのオフタイマーを設定して愛猫の好きな番組を流したまま、さり気なく会社へ出かけているのですが、泊まりのときもあえて同じに。猫が動揺しないので、その方法を続けています」。

猫の生活環境が変わるときの「慣れさせアイデア」
画像/栗林 愛
加隈先生のおすすめ慣れさせアイデア
【猫と別室で過ごせるように練習する】
つねに飼い主さんが家にいる場合、ふだんから故意に猫と離れる時間をつくって、徐々に慣れさせ、別々に過ごせるようにしましょう。

【外出着に着替え、出かけないようにする】
猫は「いつもと違う」ことに、不安になります。外出着に着替えても出かけないようにして、外出着に慣れさせ、不安感を払拭してあげて。

【ペットシッターに頼みたい場合は、来客に慣れさせる】
留守中、ペットシッターにお世話になりたい場合は、人に慣れることも必要。まずは来客に慣れさせてみることから始めるといいでしょう。

猫の生活環境が変わるときの「慣れさせアイデア」
画像/2018年4月号「猫の新生活わが家の場合。」
新生活で「引っ越し」編:「猫タワーの位置を以前と同じようにソファの隣にしました」
数年前に引っ越しをしたSさん。「以前は3階で現在は高層マンションの20数階。部屋の雰囲気は大きく変わってしまいましたが、猫タワーのレイアウトは以前と同じようにソファの隣にしました。これだけでも慣れるのが早かったように思います」。

猫の生活環境が変わるときの「慣れさせアイデア」
画像/2018年4月号「猫の新生活わが家の場合。」
新居には、最初に猫グッズを設置するようにしました
3回も引っ越しをしたYさん宅。初の引っ越し時は、愛猫のケンタくんが3日もごはんを食べないほど警戒して、慣れさせるのに苦労したそう。「それからは、人よりも猫を優先! 最初にグッズを設置するようにしました。猫が早く安心できるのでおすすめです」。


加隈先生おすすめの慣れさせアイデア
【日頃からキャリーケースに慣れさせる】
引っ越し時、猫はキャリーケースに入ることになります。事前に慣れていれば、落ち着いた状態で新居に着き、新居にも慣れやすくなります。

【猫が新居を探索したいようなら自由にさせて】
猫が探索したがるようなら、気がすむまでさせて。ニオイを嗅いだり、自分のニオイを付けることで、次第に新居に慣れるでしょう。

【猫が落ち着けるニオイのフェロモン剤を使用する】
猫がリラックスするフェロモンに似た成分を、引っ越し前に新居に拡散させて。新居に安心しやすくなり、早く慣れることも。

人と暮らしている以上「変化」を猫も避けられませんが、飼い主さんの工夫ひとつで、猫を新しい生活に早く慣れさせることができます。ねこのきもち読者が実際に行った、猫の”新生活”への慣れさせ方を紹介します。

参考/「ねこのきもち」2018年4月号『猫の新生活わが家の場合』(監修:帝京科学大学生命環境学部アニマルサイエンス学科准教授 加隈良枝先生)
文/マサル
※この記事で使用している画像は2018年4月号「猫の新生活わが家の場合」に掲載されているものです。
※記事と一部写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:09 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飼い猫に威嚇され、腹立てたたく…ネットに動画

Yahoo! JAPAN



岐阜県警は8日、岐阜市の派遣会社員の男(41)を動物愛護法違反の疑いで岐阜地検に書類送検した。発表では、男は昨年4月28日頃〜同年5月16日頃、自宅で飼い猫に対し殴るなどの虐待を行った疑い。

 今年4月、「猫を虐待している動画がインターネット上に出回っている」と県警に通報が相次ぎ、捜査を進めていた。調べに、男は「飼い猫と戯れている様子を動画配信中、威嚇するような鳴き声を出してきたことに腹を立て、たたいてしまった」と容疑を認めているという。

 虐待された猫を含め、男が飼っていた猫5匹は、県警が自宅を捜索した際に保護されている。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:07 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岡山の犬猫保護シェルターでネコ受け入れ開始へ 譲渡会の定期開催も /岡山

Yahoo! JAPAN


 旧大和中学校(岡山県吉備中央町)の校舎を活用した犬猫保護シェルター「ティアハイム小学校」が7月中旬から、ネコの受け入れをスタートする。(岡山経済新聞)

教室を改装したネコの部屋

 吉備中央町南西部の大和支所隣にある、2014(平成26)年3月末に廃校となった校舎を使う同施設。敷地面積は約4000坪、鉄筋コンクリート3階建てで、敷地内には体育館とプールも現存している。

 2013(平成25)年に改正された動物愛護法に伴い、動物の飼い主の責任強化を図ろうと、正当な理由のない受け入れを拒否する取り組みを行っている。2012(平成24)年の岡山県内のネコ処分数は1000頭を超えていたが、2018(平成30)年は19頭と減少している。

 同小学校では現在、2階の教室2部屋を「ネコ部屋」として改装している。教室内はスペースを半分に区切り、柱と梁(はり)をめぐらせ木製の箱を約10個設置。ネコが入れるスペースとしている。ネコが逃げ出さないよう中廊下も作った。1階は元保健室を活用し、ワクチン接種、レントゲン、避妊や去勢手術ができる医療設備を設置。週1回、獣医師が訪問する。

 1階・多目的ホールはミーティングや展示スペースとして活用する。今後は校庭をドッグラン、1階は犬専用フロアに変更する計画もあるという。音楽室や図書室の大きな部屋の活用も検討している。「ネコ部」部長の小川弘司さんは「廃校を使ったシェルターは全国初の試み。助かる命が増え、楽しい雰囲気の場所にしていきたい。動物愛護団体の多頭飼育などの軽減にもつながれば」と話す。

 同施設では現在、自治体からの引き取りを主としているが、今後はケースにより一般からの受け入れも検討している。毎月1回をめどに譲渡会も開く予定。トライアル期間を設け、動物も飼い主も共生できる環境を提供するほか、老猫の保護などの課題解決にも取り組む方針という。

 同施設では現在、改装資金支援をクラウドファンディングで呼び掛けている。7月19日まで。

みんなの経済新聞ネットワーク
posted by しっぽ@にゅうす at 09:03 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする