動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年08月27日

猫飼ってます!猫飼いにうれしい「猫」シール 売り上げ1枚で保護猫1回分のご飯に!

ネタりか



犬を飼っている家の玄関に貼ってある「犬」のシール。正式には「門票」もしくは「犬の標識」といって、法律にもとづき玄関の見えるところに掲示するものです。そんな玄関先に貼られた犬の標識に嫉妬して作られたという「猫」シールのツイートが話題を呼んでいます。

 犬の場合、狂犬病予防法により、犬(生後91日以上)を飼い始めた日から30日以内に、住んでいる自治体に犬の登録申請をすることが義務付けられています。その際に交付されるのが「鑑札」と、登録された犬がいることを示す「門票」もしくは「犬の標識」というシール。鑑札は犬の首輪やハーネスに着け、シールは玄関外側の見える場所に貼っておくことが義務付けられています。

 さて、猫はというとどうでしょう。猫が玄関から出てきても、玄関に「猫」シールが貼られているのを見たという方はいないのでは?一部の猫飼いさんにとっては「犬だけ『飼ってます!』って自己主張できてうらやましい」と嫉妬してしまうグッズのようです。

 ないなら作ればいいじゃない!と、その「猫シール」を制作してしまったのが、もず串さん。昼間はロボットを作る会社に勤務しながら、制作活動や保護猫活動をしているとのこと。

 この猫シールは1枚250円(税抜)で販売されており、そのうち50円は保護猫活動支援として、猫の保護施設に寄付をしているそうです。これは保護猫にとって1回分のエサ代に相当するとか。



 この「猫シール」をツイートしたのが、私小説「夫のちんぽが入らない」で知られるこだまさん。「猫好きの方にフォローされることが多いのでお知らせ」として、もず串さんの作品を紹介したところ、多くの人から反響がありました。


こだま
@eshi_ko
猫好きの方にフォローされることが多いのでお知らせ。玄関先の「犬」に嫉妬して作られた猫シール。通販サイトには黄色の令和元年度版も。1枚250円で、そのうち50円が保護猫活動支援として「ネスタ猫の里親会」(活動エリア:東京都練馬区、杉並区、世田谷区)に寄付されます。https://kushi.booth.pm/items/1228038

Twitterで画像を見る
2,242
12:18 - 2019年8月18日
Twitter広告の情報とプライバシー
1,989人がこの話題について話しています
 このシール、はじめは、もず串さん自身が「犬」シールのようなものが欲しいと思い制作したそうなのですが、販売したwebメディアで思った以上の反響があり「これは寄付できる仕組みを考えよう」と思い立ったのがきっかけになったとか。思い立ったが吉日といわんばかりに、印刷も業者に頼み、アルミシールっぽくしたり、ちょっとしつこいデザインにしたりとこだわりも加速していった様です。



 もず串さんは「寄付を目的に作ったわけではないのですが、結果猫イベントにもお声がけ頂けるようになり、色々な保護団体さんを通じて猫の役に立ててうれしいです」と語っています。



 猫シールの制作を始めたのは2018年のこと。今では青(平成30年度)、赤(平成31年度)、黄(令和元年度)と3種類を販売しています。さらに、素材がフィルム素材のため水分・湿気に強いうえ、経年劣化もしにくく、色々貼って楽しめるとのこと。



 ちなみに、犬シールは玄関先の見える位置につけなければいけませんが、猫シールはどこに付けるのが正しい使い方なんでしょうか。もず串さんに伺うと、正しい使い方はないそうですが、もず串さんの知人の方には「玄関に貼ったら飛び出し防止にもなっていいですね」と言われたとのこと。宅配便の配達で玄関を開けたら猫が飛び出した、という事例は猫飼いあるあるなので、やはり犬の標識と同じく、玄関先に貼るのが一番良い使い道なのかもしれません。




 今後も、保護猫活動に取り組んでいくというもず串さん。毎月第1、第3日曜日の14:00〜17:00には、杉並区西荻窪のレンタルスタジオMAREで、ネスタ猫の会による「ネスタ猫の里親会」という保護猫の里親会が開催されており、こちらが主な寄付先になるそうです。「ネスタ」とは、会の活動エリアである東京都練馬区(ネりま)・杉並区(スぎなみ)・世田谷区(せタがや)の意味だとか。

 もず串さんはその他にも、2019年11月2日〜3日には渋谷novore miniで、イラストレーターの宮島亜希さんと猫イベントを開催するそうなので、ご興味のある方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

<記事化協力>
もず串さん(@mtstmk)
こだまさん(@eshi_ko)

(黒田芽以)
posted by しっぽ@にゅうす at 07:44 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

〈室外犬の熱中症対策6つ〉残暑も油断大敵です!

tenki.jp



全国高校野球選手権大会が終わると、気分的にも暦の上でも秋モードへと移行していきますが……皆さん、夏バテの症状は出ていませんか? ワンちゃんと暮らしている飼い主さんは、ワンちゃんの熱中症対策に苦心した夏だった思います。室内犬の場合は目が行き届きますが、室外犬の場合は屋外にいることが多いので、「熱中症になっていないかな?」「暑がっていないかな?」と心配は尽きませんよね。
秋モードへの移行途中とはいえ、残暑厳しい折、今回は「どうする?〈室外犬の熱中症対策〉」をご紹介したいと思います。
ポイント解説へ
まだまだ油断大敵!室外犬の熱中症対策


新鮮な水を常に飲めるように心配りを

夏の暑い日でも、外にいる室外犬。室外犬が熱中症にならないためには、どうすればよいのでしょうか? 具体的にみていきましょう。

●熱中症対策1/飲み水を複数に分けて用意しておく●
熱中症対策に水分補給は必須です。ワンちゃんが好きなときに水が飲めるよう、複数の水を用意してあげましょう。飼い主さんが外出する場合は、水のほかに大きめの氷を用意しておくのがベストです。大きめの氷は、2リットル用のペットボトルに水を入れて、冷蔵庫で凍らせて作ると簡単にできちゃいますよ♪ また、暑さで水の温度も上がってしまうので、朝晩とこまめに水を交換してあげてください。

●熱中症対策2/打ち水や水浴びをしてあげる●
朝と夕方の気温が低めの時間帯に、土や芝生に打ち水をしてあげてください。打ち水により、気化熱を使って気温が下がります。効果的な時間帯に行えば、最大で気温1.6度も下がるようですよ。また、水浴びが好きなワンちゃんなら、プールを用意してあげたり、ホースでの水浴びを定期的に行ってあげましょう。
水浴び気持ちいいな〜♪

●熱中症対策3/犬小屋専用のエアコンや冷却マットを用意する●
犬小屋専用のエアコンや犬用の扇風機あるので完備するのも、ひとつの方法です。もし、電気代が気になる場合は、室外犬用の冷却マットやウェットタイルがおススメです。2〜3時間ほど水に浸した冷却マット(ウェットタイル) を用意してから、犬小屋のなかに敷き詰めます。すると、冷却マット(ウェットタイル) の冷たさが長時間持続します(効果は気温や場所によって異なります)。サイズは犬の体格に合わせて用意してくださいね。

●熱中症対策4/涼しい日陰に小屋を置く●
犬小屋が直射日光のあたる場所にあるなら、涼しい日陰に移してあげましょう。日中など日陰がない場合は、すだれや遮光ネットで日陰を作ってあげましょう。また、夏場の地面は高温になるので、スノコを地面に置いて、犬の肌が直接地面に触れないよう配慮してあげてくださいね。
犬小屋に日陰をつくってあげましょう!

●熱中症対策5/室内に入れてあげる●
暑さでつらそうにしていたら、いっそのこと冷房のきいた涼しい室内に入れてあげてもよいでしょう。なかには、ずっと外で暮らしているため、室内に入るのを嫌がるワンちゃんもいますが、そんな場合は玄関に入れてあげてはいかがでしょうか? 玄関の場合、ひんやりして気持ちのいい大理石ボードなどを、用意してあげると喜んでくれるはずです。

●熱中症対策6/ブラッシングをしてあげる●
毛が長い室外犬の場合、毛脚の長さによって熱気がこもりがち。そこで、ブラッシングをしましょう。実は、ブラッシングをすると毛脚が整うので通気性がよくなる効果があるんです。通気性がよくなれば、涼しく過ごせるので、ワンちゃんたちもうれしいはず! 皮膚に異常がないかなどのチェックにもなるので、定期的に行ってあげてくださいね。
暑さが厳しい時期は、室内に入れてあげましょう!


── 今年も過酷な暑さが印象に残った夏になりましたが、私たち人間だけでなく、室外犬にとってはとても過酷な環境になっているのは確実でしょう。
飼い主さんもワンちゃんも熱中症にならないよう、十分に水分補給をして、元気に残り少ない夏をお過ごしくださいね!
posted by しっぽ@にゅうす at 03:48 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護犬には新しい名前をつける方がいい?どんな名前がいいの?

ネタりか



保護犬を家族に!さて名前はどうしよう?
男性の手で顔を撫でられる犬

動物保護団体や愛護センターから保護犬を引き取って家族に迎えようと決めたら、ワクワクドキドキしながらいろんな準備をして行きますよね。中でも犬の名前を決めるのは最もエキサイティングな部分ではないでしょうか。

けれども保護団体のシェルターや預かりボランティアさんの所にいる犬はたいていの場合すでに名前を持っています。保護される前の名前をそのまま使っている場合もあれば、シェルター生活や預かりが始まった時点で名前をつけられた場合もあります。そんな時には、犬の名前はそのままにしておいた方がいいのでしょうか?変更しても良いのでしょうか?

保護犬の名前を新しくつける理由
名札付きのバンダナを着ける犬

保護犬を引き取った時にすでに名前がついていたとしても、新しい名前に変更しても構いません。また、新しい名前をつけることのメリットもあります。

保護された後につけられた名前を持っている場合
団体のシェルターに入ったり預かりボランティアさんの所に託された時につけられた名前なら、犬のアイデンティティにとってその名前はまだ歴史の浅いものです。この場合、新しい名前をつけるには好都合です。

保護される前からの名前を持っている場合
保護団体や愛護センターに来る前からの名前がわかっている場合も稀にあります。しかし保護犬になったということは、その名前がついていた時に犬には何らかの形で飼い主との別れという悲しい経験があったということです。それだけでなく、虐待やネグレクトなどがあった場合には、犬にとってその名前はネガティブな印象があり、名前の音を聞くことでストレスや不安を感じる可能性もあります。

名前をつけることで家族としての絆が強くなる
名前をつけるというのはアイデンティティの一部を作るということですから、名前をつけた人にとっては犬への思いが深くなるきっかけになります。そのことが犬と人の絆を強くすることにもつながります。

新しい名前とポジティブなイメージを結びつける
カップルに撫でられる犬

犬が自分の名前を呼ばれた時に注意を払ったりそっちに行ったりすると楽しいことや良いことがあったら、犬はその名前にポジティブなイメージを持つようになります。以前の名前で辛い思いをしたことがある犬なら、特に大切なことです。

ハッピーで高めの声で犬の名前を呼びます。手にはおやつやお気に入りのおもちゃを持って誘います。犬がこちらに注意を払ったら、即座におやつをあげます。これを定期的に繰り返しましょう。

犬に名前をつける時、できれば短くて一音節、はっきりと聞き取りやすい名前が理想的です。例えば、ソラ、モモ、はな、マロン、レオなどです。ただ、あまりにも人気がある名前で公園などの犬が集まる場所で名前がかぶっている場合、知らない人が自分の名前を呼んだり他の犬が反応することで混乱することもあり得るので、繊細だったり怖がりだったりする犬の場合はちょっと一捻りした名前が良いかもしれませんね。

まとめ
犬を囲む家族

保護犬を家族に迎えた時の、新しい名前についてのちょっとしたヒントをご紹介しました。保護犬だからと言って、特別に構える必要はないのですが、知っておくことでスムーズに事が運ぶ場合もあるので「ヒント」くらいに捉えていただけると幸いです。

保護犬を迎えられた方と犬たちに、素敵な新しい生活が始まりますように!
posted by しっぽ@にゅうす at 02:07 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬に舐められた。感染症にかかる可能性はある?


Yahoo! JAPAN



犬の素晴らしさの1つは、とても愛情深いことです。私たちが傷ついたり、落ち込んだりしていると、寄り添ったり、キスをして慰めようとしてくれます。

しかし、たとえそれが愛情表現なのだとしても、犬にキスをされたり、舐められることが、健康にまったく問題がないかというと、そうではありません。

オハイオ州の女性が、飼い犬に傷口を舐められたあと、珍しい感染症にかかったのは、その不運な一例だといえます。

犬の口にある細菌が、開いた傷口を通って、体中に広がったことが原因です。誰でも、犬や猫に噛まれたり、引っかかれたりすれば、これと同じことが起きる可能性があります。

では、ペットの犬とキスをしてはいけないのでしょうか? 絶対やめるべき? それとも運が悪かっただけ? 犬に顔を舐められたり、腕を引っかかれたら、どのぐらい危険なの?

今回は、こうした疑問に関して解説します。

犬のキスが要注意なケースとは?
犬がどんなものを舐めたり口に入れたりするかを思い浮かべてみれば(路上のゴミ・トイレの水・自分のウンチ)、犬の舌を顔に押しつけられたいとは思わなくなることでしょう。

とはいえ、メイヨークリニックの感染症専門医であるPritish Tosh医師によると、犬にキスをされても、ほとんどの場合は問題がないそうです。

「犬に顔を舐められると害があるでしょうか? おそらくありません」と、同氏は、同クリニックが提供する動画の中で話しています。

ただし、開いた傷口を舐められるのは避けるべきです。人間と同じく、犬の口内は細菌でいっぱいです。

疾病対策センターによると、犬の74%がカプノサイトファーガ(オハイオ州の女性が感染した細菌)を口内に持っているのだそうです。

理由は簡単で、この細菌は犬にとっては自然なマイクロバイオームの一部なのです。もっとも、この細菌はほとんどの人にとっては問題ではなく、犬に舐められて感染するケースはごく稀です。

この細菌が危険となるのは、高齢者・妊婦・がん患者・アルコールを過剰に飲む人・脾臓を摘出した人・ステロイドなど特定の薬を服用している人など、普段から免疫力が低下している人たちである、とアメリカ疾病管理予防センター(CDC)は言っています。


感染症の兆候・症状は?
犬からカプノサイトファーガが感染した場合、兆候・症状が現れるのは、通常舐められてから3〜5日後となりますが、CDCによると、早ければ1日、遅いと14日後になることもあるそうです。

猫についてはあまり情報がありませんが、猫に開いた傷口を舐められたり、噛まれたりしても、カプノサイトファーガに感染する可能性はあります。

CDCによると、カプノサイトファーガに感染すると、次のような兆候や症状があるそうです。

噛まれてから数時間以内に、噛まれた傷口の周囲に水疱ができる

発赤、腫れ、膿、噛まれた傷口の痛み

発熱

下痢や胃痛

筋肉や関節の痛み

こうした症状のうち、どれかが見られた場合はすぐに医師の診察を受けてください。

カプノサイトファーガに感染すると、心臓発作、腎不全などの深刻な合併症や、オハイオ州の女性のように手足の切断につながる壊疽を引き起こす恐れがあります。

繰り返しますが、犬に舐められて、こうした症状が発生することは非常に稀です。

しかし、病状が進行すると、10人のうち3人が死亡します。ですが、カプノサイトファーガに感染しても、ほとんどの場合は、速やかに対処すれば、抗生物質の処置を受けて快復へと至ります。

傷口を犬に舐められてしまったら
私たちは子どものころから、犬に噛まれると、最悪のケースである狂犬病を含め、良くないことが起こりうると教えられてきましたが、犬に舐められることのリスクについては教えられてきませんでした。

ですので、新たに「犬や猫に、開いた傷口や、皮膚が傷ついてる場所を舐めさせてはいけない」を付け加えてください。

いくら強い免疫システムを持っている人でも、開いた傷口をペットに舐められた場合は、すぐに石鹸で洗い流し、感染の兆候が現れないか注意してください。何らかの異常を感じたらすぐに医師に相談しましょう。

とはいえ、ほとんどの人にとってほとんどの場合は、犬とキスをしてもまったく問題はありません。

Image: Kayla Farmer (Unsplash)

Source: CNN, Mayo Clinic, CDC, Journal Sentinel

Elizabeth Yuko - Lifehacker US[原文]

伊藤貴之
posted by しっぽ@にゅうす at 01:06 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月26日

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える

Yahoo! JAPAN



9月20日〜26日は動物愛護週間。ペットブームが続く中、今ペットの健康や介護にも関心が高まっています。

国内1,300社超が利用する日用品流通の情報基盤を運営する株式会社プラネット(https://www.planet-van.co.jp/)がペットとして一般的な犬と猫に的を絞り、「ペットと高齢化」について行ったアンケートから、飼っている犬・猫の年齢や健康のために気をつけていること、ペットへのマイクロチップ装着に関する意見などのまとめをご紹介します。

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える
自宅で犬か猫を飼っているか、または飼ったことがあるか
飼い主が高齢になると、犬より猫を飼いやすい?
まずは、自宅で犬か猫を飼っているか、または飼ったことがあるかを聞きました。すると、【犬】も【猫】も1割強の人が「現在、飼っている」と回答。2018年の調査結果と比べ、【犬】も【猫】も増加していました。また、【犬】のほうが【猫】より少し高く、これも2018年と変わりません。「現在は飼っていないが、以前飼っていた」も【犬】のほうが高く、今も昔も“犬派”が優勢のようです。ただし、【犬】では“以前は飼っていたが、今は飼っていない”が多いということでもあります。犬を飼うのを辞めた人も多いと言えます。

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える
現在、猫を飼っているか
性年代別で「現在、飼っている」に注目すると、やはりほとんどの性年代で【犬】が【猫】を上回っています。しかし、男性では50代、女性では60代以上のみ、【犬】より【猫】が高くなっていました。また、男性の60代以上では、【犬】の「現在は飼っていないが、以前飼っていた」が目立って高いのです。年代が高くなると、【犬】より【猫】を飼う人のほうが増えるようです。【猫】のほうが長寿で長く飼い続けているとも考えられますが、加齢に伴い、飼育に手間や体力が必要な【犬】よりも、手のかからない【猫】を飼いやすくなるのでしょう。

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える
飼っている犬・猫の年齢は
飼っている犬・猫の最多年齢層は人間でいえば50〜80代!
次に、飼っている犬・猫(以前飼っていた人は、最も長寿だった犬・猫)の年齢を聞きました。【犬】も【猫】も、最も高いのは「10〜15歳くらい」。

以前飼っていた犬・猫の最長年齢では、【犬】では「7〜10歳くらい」が次いで高いのですが、【猫】では「15〜20歳くらい」が続き、「20歳以上」も8%。猫のほうが長生きしているようです。とはいえ【犬】も【猫】も「15〜20歳くらい」が2割近くを占めています。犬・猫の10歳は50代、15歳は70〜80代、20歳は100歳くらいに当たると言われます。飼い主がペットの健康を気遣ったり介護の心配をしたりするのも無理はありませんね。


飼い主の愛情のあかし! ペットグッズをそろえているのは圧倒的に女性
飼っている犬・猫のため、どのようなペットグッズを使っているかを聞きました。上位のアイテムほど、ペットを飼う上で欠かせないグッズだと言えるでしょう。【犬】では「首輪」が1位、【猫】では「ペット用トイレ」が1位。ただし、「ペット用トイレ」は【犬】でも2位に入っています。「ペット用トイレ」が上位なのは室内飼いの犬・猫が多いことを反映していると思われます。一方、【猫】では、【犬】で1位の「首輪」よりも、「猫つめとぎ」や「キャットタワー」が上位。「キャットタワー」も室内飼いの猫には欠かせないアイテムですね。

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える
どのようなペットグッズを使っているか 猫の場合
犬で6位の「ハーネス」(胴輪)にはなじみのない人もいるかもしれません。首輪より安定感があって引っ張られても体に負担がかかりにくい「ハーネス」を、散歩のとき利用する人が増えているようです。

男女差に注目すると、【犬】も【猫】も、トップ10についてはすべて女性が上回りました。女性のほうが、嬉々としてペットグッズをそろえている様子が目に浮かびます。“うちの子”専用のグッズは飼い主の愛情のあかしですね。

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える
どのようなことに気をつけているか
至れり尽くせり…オーガニック素材やシニア向けのペットフードも
ペットの年齢を聞いた調査の結果(表2)から、犬・猫が想像以上に長生きをすることがわかりました。今度は、飼っている犬・猫の健康のため、どのようなことに気をつけているかを聞きました(表4)。1位は「食事・おやつに気をつける」、次いで「適度な運動・遊びをさせる」「清潔を保つ」。4位の「定期的に健診を受けさせる」も3割に達しています。

“犬と猫のマイクロチップ装着の義務化”どう思う? |「改正動物愛護法」とペットの健康を考える
健康に配慮したペットフードの利用状況
最近は市販のペットフードも、年齢別や犬種別、シニア向けのものなど、びっくりするほど種類が豊富です。そこでさらに、健康に配慮したペットフードの利用状況について調べました(表5)。すると、利用している、または利用したことがある1位「国産、無添加、オーガニックなど安心素材のもの」に続いて、2位に「シニア(高齢犬・猫)向けフード」がランクイン。ペットのいない人にはそんなペットフードがあることすら初耳でしょうが、3割近い飼い主に利用されていました。3位の「健康サポート効果のあるもの」、4位の「ヘルシー素材のもの」も、ほぼ4人に1人が回答。まるで人間の中高年の食事を話題にしているかのようですが、表2でわかった犬・猫の年齢を思うと納得です。


“マイクロチップ装着”に賛成? 反対?…「改正動物愛護法」をどう思うか
6月に成立した「改正動物愛護法」では、販売用の犬や猫にマイクロチップ装着を義務付けることなどが定められました。ペットの遺棄や虐待を防いだり、迷い犬・猫の飼い主の特定に役立つと考えられています。ここでは、このマイクロチップの装着についてどう思うかを聞きました。

すると、“賛成”計が6割以上。犬・猫の飼育経験で分類したいずれの属性でも“賛成”の声が多数派でした。“賛成”が最も高かったのは、猫を飼ったことがある人。自由に家を出入りできるようにしていた飼い猫が、家から出たまま見つからなくなった経験のある人が少なくなさそうです。

ただし、個別の項目で比べると、いずれの属性でも最も高いのは「どちらかと言えば賛成」。装着によるメリットを好意的に受け止めながらも、“条件付き賛成”という人が多いようです。

“迷子のとき安心” “人間の勝手すぎる”…マイクロチップ装着にさまざまな声
マイクロチップ装着に関する質問(表6)で、賛成・反対と答えた理由、またマイクロチップ装着に対する意見を自由回答で教えてもらいました。賛成の人、反対の人、それぞれの経験や立場からの声が集まりました。代表的なものを中心にできるかぎり紹介します。ペットのいる人もいない人も、あらためて考えるきっかけになったらいいですね。

『マイクロチップ装着に対する“賛成派”“反対派”の意見】
【賛成・どちらかと言えば賛成】
● 犬や猫が災害などでいなくなったときやはぐれたときに役立つから。またマイクロチップはそこそこ高価なので義務付けによって安易な気持ちでペットを飼う人が減ると思うから。(女性・20代/飼ったことはない)
● 初めに飼育した犬(かなり弱っていた)が亡くなる前に突然いなくなり、チラシを配布したりして捜したが、結局見つけてあげることができなかったから。(女性・40代/犬を飼っていた)
● 迷子だけでなく犯罪に巻き込まれる可能性もあるので、マイクロチップが入っているほうが安心できると思う。(女性・20代/現在、犬を飼っている)
● ペットを飼っている人のマナーの悪さが目立つ。また、避妊手術をせず、生まれた子に責任を持たない人も多い。飼育する人や企業に責任感を持ってもらうためやむを得ない。(男性・60代以上/飼ったことはない)
● マイクロチップで管理すれば、むだにされるペットの命が減るから。(女性・20代/犬・猫を飼っていた)


【反対・どちらかと言えば反対】
● 猫の体に害はないのか。害が少しでもあるならいやだ。費用の面も不安。(女性・20代/猫を飼っている)
● 飼い主が責任を持って管理すれば、やらなくてもよいことだと思うから。(男性・40代/犬を飼っていた)
● 不測の事態にはしかたないが、無責任な飼い主についてはもっと別の方法がないか考えたほうがよい。自分に着けられたらどう思うのか考えてみたほうがいいと思う。(女性・60代以上/現在、犬・猫を飼っている)
● 人間の勝手すぎると思うから。(女性・20代/飼ったことはない)

【こんな意見も…】
● 生き物にマイクロチップって。動物はよいとなったら、人間にもいつか…とか思ってしまいそう。また、倫理的にモヤっとするため。(女性・20代/どちらかと言えば反対/飼ったことはない)
● 個人情報が歩き回っているようなもの。万が一情報がもれた場合、責任の所在はどこにあるのか。(男性・30代/反対/飼ったことはない)
● 災害時に身元がわかるなどメリットもあるが、今のわが家の猫はもう高齢で病気なので、うちの猫には装着はさせない。(女性・40代/どちらかと言えば賛成/犬を飼っていた・現在、猫を飼っている)
● 着けるか着けないか、ペットに選ばせたい。選べないのなら、着けるべきではないと思う。(女性・30代/どちらかと言えば反対/現在、猫を飼っている)

調査機関:インターワイヤード株式会社による、「ペットと高齢化」に関する意識調査。
期間:2019年7月12日〜7月16日、インターネットで1,101人から回答を得ています。

※2018年の調査は、2018年8月8日〜24日に実施し、3,640人が回答したものです。
posted by しっぽ@にゅうす at 10:07 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大阪ミナミに置き去りにされた犬…「噛み癖」を許容し、寄り添い続けてくれる家族と幸せに

Yahoo! JAPAN



チワワMIXのロッティちゃんはキャリーバックに入れられ、大阪・心斎橋に置き去りにされていました。今から3年前のことです。幸い、行政機関に保護され、捨て犬や捨て猫の保護・譲渡活動を行う団体「LOVE&PEACE NOA」に引き取られましたが、それまでの飼い主の飼育方法に問題があったのか、悲しい体験が原因か、ロッティちゃんには“噛み癖”が出てしまいます。NOAの関係者も、預かりボランティアさんも、その家族も、みんなひと通り噛まれました。

【写真】歯をむき出して威嚇中!かわいいお顔をして実は噛み癖が…

 噛み癖や吠え癖など問題行動のある犬は、里親が見つかりにくいものです。もしかすると、病気を抱えた子よりもハードルが高いかもしれません。でも、ロッティちゃんには優しい里親さんが現れました。

 「それまで飼っていたチワワを16歳で亡くして、使わなくなったオムツやトイレシーツを保護団体に寄付したんです。そこで保護犬を見て、次に飼うなら保護犬にしようと。でも、なかなか決心がつかなくて…。そんなとき、NOAさんのサイトに、1年近く引き取り手のいないワンコがいて、緊急で預かりボランティアを募集するとあったんです」

 そう話してくれたのは、ロッティちゃんの里親になった石橋敦子さん。先代犬を介護の末に看取り、まだ新しい子を迎える気持ちになれなかったとき、一時預かりならと手を挙げました。

 石橋家に初めてやって来た日。送り届けてくれたNOAの担当者が帰ると、ロッティちゃんはしばらく玄関で鳴いていたそうです。また置いていかれたと思ったのでしょうか。ただ、敦子さんはその日のうちに、噛まれることなく抱っこすることができました。ご主人の秀哲さんには歯をむき出して威嚇し、馴れるのに1週間以上、掛かったそうですが…。

 「ロッちゃんは男の人、特に体格のいい男性が苦手みたいで、私の弟が家に来たときは、1時間に3回噛みました。夫の友人で、犬の扱いには慣れていると自信を持っていた男性にも、腕に噛みついてしまって…。動物病院の先生からは、警察官に保護された犬にそういう傾向が見られると聞きました」(敦子さん)

 元の飼い主が体格のいい男性で、厳しくしつけられていた、ということも考えられます。敦子さんによれば、家に来た当初、髪をかき上げようとしただけで、ロッティちゃんはビクッとして体をすくめていたそうですから。

 犬同伴で行けるカフェの店員にも歯を立てるなど、さまざまな“事件”を起こしてしまったロッティちゃん。途中で預かりボランティアを辞退されても不思議ではありませんでしたが、結果は違いました。

 「それまでずっと老犬の介護をしていたので、久しぶりに若い子のお世話をしたら、こんなに楽なのかと(笑)。自分で歩くし、食べるし、オシッコするし」(敦子さん)

 普通に思えるそんなことが、敦子さんにとっては喜びでした。そこで、預かって3カ月後に正式譲渡を申し出。改めて1カ月のトライアルを経て、今度は“家族”としてロッティちゃんを迎えたのです。

 「最初から里親希望でトライアルに入っていたら、1カ月で無理だと判断していたかもしれません。でも“預かり”という立場で長く一緒にいたから、ロッちゃんのいろいろな面…前の子より賢いとか(笑)、そういうことも分かったんです」(敦子さん)

 ロッティちゃんにとっては、いろいろなことが“追い風”でした。

 預かり期間を含めて約2年。まだ噛み癖は直っていません。他の問題行動が出た時期もあり、敦子さんは涙したこともあったそうです。それでも、ロッティちゃんへの思いは変わらず、優しく寄り添い続けました。

 最近は、自宅を訪ねて来た人に対して威嚇する傾向が強くなっています。そのため、取材は特別に許可してくれたカフェで行ったのですが、ロッティちゃんはイヤな思い出があるはずのキャリーバックに入って、おとなしく待っていてくれました。そして、スプーンにのせたオヤツをあげるなど、少しずつ距離を詰めていくと、帰る頃には、大好きなキュウリを私の手から食べてくれるまでに!(スティック状で口と手は触れない)石橋夫妻が動物病院で行動学に基づいたカウンセリングを受け、しつけ教室にも通い、ロッティちゃんができるだけストレスなく暮らせるよう努めてきた成果でしょう。

 自宅への訪問者に敵意を見せてしまうのは、「私の大切なおうちに入って来た、あなたは誰?」と警戒し、楽しそうに話す姿を見て、「私のパパやママを取らないで!」と訴えているのかもしれません。もちろん、噛んでいいわけではありませんが、それだけ家が居心地のいい場所に、パパとママが大好きな存在になったとも考えられます。

 ロッティちゃんを保護していたNOAが目指しているのは「命に優しい社会づくり」。一つの命が、優しい社会に救われました。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:57 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飼い主見つけた猫写す 金沢・鞍月のペットショップで写真展

Yahoo! JAPAN



野良猫を減らす活動に取り組む「猫の避妊と去勢の会」(金沢市鞍月3丁目)の「ウィズ幸せつかんだよ!写真展」(本社後援)は25日、戸板西1丁目のペットショップ「with金沢示野店」で始まり、保護の後に育て親が見つかった猫たちの姿を写した作品が並んだ。

 同会は2017年から県内で保護された猫の譲渡会を開いている。展示会には、新たな飼い主となった家庭47世帯が写真とメッセージを寄せた。

 この日は譲渡会も開かれ、5匹の里親が新たに決まった。次回は9月15日で、写真展は同25日まで。

北國新聞社

最終更新:8/26(月) 1:43
北國新聞社
posted by しっぽ@にゅうす at 09:55 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする