動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年08月15日

ペットの熱中症、最多は家の中? 警視庁も注意喚起「犬や猫は体温を調整する力が弱い」

Yahoo! JAPAN



「人間だけでなく、ペットも熱中症になります」と警視庁警備部災害対策課がTwitterで注意喚起している。投稿は「犬や猫は体温を調整する力が弱く、暑さや高い湿度が苦手です。高温になる自動車内などは特に注意して下さい。また、室内飼いでも(1)エアコンで室温を調整する(2)扇風機で空気を循環させる(3)飲み水を多めに置くなど、熱中症対策を忘れずに」と続く。ペットの熱中症はどんな時に起こるのか? どのように処置をすれば良いのか?【BuzzFeed Japan / 嘉島唯】

【画像】ペットの応急処置。どうすれば? 詳細

ペットの熱中症、最多は家の中? 警視庁も注意喚起「犬や猫は体温を調整する力が弱い」
警視庁警備課災害対策課のツイート
ペットの熱中症、その症状は?
警視庁警備部災害対策課(@MPD_bousai)は、主な症状と応急処置の方法をTwitter上で公開。またたく間に拡散された。

------------------------------
■犬や猫の熱中症の症状
1)初期〜中期の症状
・いつもより呼吸が荒く、よだれを沢山垂らしている
・ふらついて歩けなくなり、ぐったりしている
・心拍数があがっている
・体温が高い(40度を超えると異常である)
・目が赤く充血し、歯口が真っ赤(どす黒く)になる

2)さらに進んだ症状
・下痢や嘔吐を繰り返す
・意識がもうろうとしていたり、消失している
・けいれん発作を起こしている

■対処方法(応急処置について
・日陰で休ませる
・水を飲ませる
・体をゆっくり冷やす
・応急処置を過信せず、早めに獣医に相談する
------------------------------

ペットの熱中症、最多は家の中? 警視庁も注意喚起「犬や猫は体温を調整する力が弱い」
アイペット損害保険株式会社が2019年6月に発表した「ペットの熱中症を疑ったとき、どのような症状が見られたか?」というアンケート結果。調査対象は1052名
また、アイペット損害保険株式会社はペットの熱中症に関する調査を実施。飼い主がペットの熱中症を疑ったサインとしては「ぐったりしていた」が最多の結果となった。その他には「息苦しそう」、「ふらふらしている」、「食欲の低下」、「水を飲まない」なども挙げられている。

ペットの熱中症、最多は家の中? 警視庁も注意喚起「犬や猫は体温を調整する力が弱い」
「ペットの熱中症を疑ったとき、どのような状況だったか」
実は多い「家の中」での熱中症
同社のアンケートでは「ペットの熱中症を疑ったとき、どのような状況だったか」という質問もあった。回答を見ると、最多は「家の中でお留守番中」。ついで「お散歩中」、「家で一緒にいるとき」と続く。気温が上がりやすい車中よりも、家の中が圧倒的に多い結果となった。

冒頭の警視庁災害対策課のTwitterにも記載されているが、室内飼いでも

1)エアコンで室温を調整する
2)扇風機で空気を循環させる
3)飲み水を多めに置く

といった対策が必要だろう。

環境省の「令和元年度熱中症対策シンポジウム」での資料によると、ペット類は体を毛で覆われているだけでなく、汗腺が人間よりも少ないため体温調節が難しいという。汗をかかない動物たちは主に対流や呼吸によって放熱するが、気温が体温と同程度に上昇すると呼吸での体温調節も困難になるそうだ。

ペットの熱中症、最多は家の中? 警視庁も注意喚起「犬や猫は体温を調整する力が弱い」
環境省が公開しているイラスト。水色の部分を冷やす。
応急処置の方法は?
1)日陰で涼しく風通しが良い場所に寝かし、水を飲ませる
2)身体に濡れタオルを巻く(常温の水を使う)
3)保冷剤をタオルで巻いたものにゃ濡れタオルを、首筋の前側、前足の付け根内側、後足の内股に当て、ゆっくりと冷やす
4)激しい呼吸が落ち着くまで休ませる

警視庁だけでなく、環境省も同じく熱中症の応急処置について公開している。熱中症の症状が見られたら、

1)速やかに涼しい場所に移動し
2)体に水をかけ
3)後頭部、足先、首、脇、後ろ足の付け根を重点的に冷やす

としている。

体温が下がったとしても脳や内臓に障害が残る可能性があるため、速やかに動物病院に運ぶよう呼びかけている。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:55 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋人からプレゼントされた犬、2人が別れた後に飼育放棄されて…飼い主が握るペットの命運

Yahoo! JAPAN


誕生日やクリスマスのプレゼントとして犬や猫、ウサギなどの小動物が贈られ、箱の中から飛び出してきた新しい家族に狂喜乱舞!といった動画は世界中にあふれています。でも、家族になったはずのその動物が、あっという間に捨てられる…という悲しい現実もまた、世界中にあるのです。9月で12歳になるピコ君も、最初はそんな“ギフト”でした。

【写真】救出されて良かった…今ではこんなにおしゃれ好きな子に

 ピコ君は2007年9月4日生まれの男の子。トイプードルとシーズーのMIX犬です。今のようなMIX犬ブームはまだなかったと思いますから、ペットショップでは目を引いたかもしれません。購入したのは若い男性。当時、付き合っていた女性への誕生日プレゼントにと、ローンを組んで買い求めたそうです。犬が好きで、いつか飼いたいと話していたであろう彼女は、ピコ君を見て喜んだに違いありません。ところが…。

 2人はほどなく別れてしまいます。ピコ君は女性が引き取りましたが、ケージに入れっぱなしでほとんど世話をしなかったとか。別れた男性を思い出すのがイヤだったのかもしれませんが、ピコ君に罪はありません。引き取った女性には“命”を大切に育む責任がありました。でも、そうはしなかったのです。

 そんなピコ君の姿に胸を痛めていたのは、女性の母親。ある日、犬を散歩させていた見知らぬ女性に、思わず声を掛けました。「娘のところにも犬がいるのですが、ケージに入れたままほったらかしで…」。犬を連れた女性が「もし、誰かが引き取ってくれると言ったら、どうしますか?」と尋ねると、母親は「喜んで!」と答えたそうです。

 犬の散歩中だった女性は、ピコ君を救出するのに時間的余裕はないと判断したのでしょう。自身の家ではもう飼うことはできませんでしたが、実家の両親を頼るつもりで話を進めました。頼られたのが、ピコ君の現在の飼い主、兵庫・西宮市に住む寺井晴江さんです。

 「私も働いていましたし、犬を飼うなんて無理だと思っていました。翌年、定年を迎えたら、いろいろしたいこともありましたし…。でも、私がOKする前に、娘が引き取ってきてしまったんです。シャンプーとカットをして家に連れて来たときは、『えーっ』でしたけどね(苦笑)」

 寺井さんは犬を飼うのが初めてだったので、どんなフードをあげればいいのか、しつけはどうすればいいのか、すべて手探りでした。でも、「一度飼うと決めたからには、途中で投げ出すわけにいきません」ときっぱり。この言葉、最初の飼い主に聞かせたいものです。

寺井家に来なければ、ピコ君の“犬生”はまったく違うものになっていました。ケージの中の狭い世界しか知らず、栄養不足や運動不足で、長くは生きられなかったかもしれません。ペットの命運は飼い主が握っているのです。

寺井家の壁の一部は、下半分にタイルが貼られています。ピコ君がオシッコをしたり、かじったりしてしまうので、その対策として貼ったものです。ほかにも“ピコ君仕様”の個所がいくつかありました。寺井家の大切な家族である証拠です。一緒に生活するようになって11年。寺井さんは「もう、いない生活は考えられませんね」と、ピコ君を抱き上げながら話してくれました。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:52 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

多頭飼いで「いじめ」!? 犬の多頭飼いで起こりうる心身への影響


Yahoo! JAPAN




人のコミュニティでは「いじめ」が問題になることがありますが、犬の世界にもいじめはあるのでしょうか? 

とくに多頭飼いをしていると、飼い犬同士でいじめが起こることもあるのか、気になる飼い主さんもいるはず。

今回、いぬのきもち獣医師相談室の先生に「犬のいじめ」の実態について、くわしく解説してもらいました!

多頭飼いで「いじめ」!? 犬の多頭飼いで起こりうる心身への影響
あくびをするミニチュア・プードル
犬の世界で「いじめ」は起こる?
犬同士でも弱い個体を攻撃することはありますが、それは「自分が優位である」という順位づけを示す意思があってのことで、本能によるものです。

※「いじめ」は、ヒト社会の言葉なので適切かは疑問ですが、今回はわかりやすく「いじめ」という言葉で解説していきます。

多頭飼いで「いじめ」!? 犬の多頭飼いで起こりうる心身への影響
見つめるシェットランド・シープドッグ
犬同士でいじめが起こる原因
犬同士でい「いじめ」が起こるのには、以下の5つのことがあると考えられます。

多頭飼いで「いじめ」!? 犬の多頭飼いで起こりうる心身への影響
見上げるチワワ
@飼い主さんが先住犬を優先していない
大前提として、「多頭飼い」を選択したのは、犬ではなく飼い主さんです。

新入りが来ると、先住犬にとっては飼い主さんの愛情が分散し、取られてしまったような寂しい感情に。それは自然なことなので、まずは飼い主さんがそのことを理解しましょう。

多頭飼いの基本は、先住犬を最優先にすること。食事、散歩、遊ぶ、声かけ、なでるなど、すべてにおいて先住犬から始めます。

さらには「意識して大げさに先住犬をかまう」「声をかけるように心がける」ことで、先住犬に「自分のほうが上なんだ」と安心させ、新入りにも「先住犬の次の立場」であることを理解させます。



新入りのコは家のルールに慣れていません。飼い主さんが目で追って、注意して声をかけているだけでも、先住犬からすると「新入りがかまってもらっている」という気持ちを抱きます。

大好きな飼い主さんの気持ちが自分から離れているような気持ちにさせてしまうと、自分が優位であることを示したい、さらにヤキモチも絡んだ感情から新入りに攻撃をすることがあるのです。

新入りがかわいくて無意識にかまってしまう飼い主さんも見られます。また、家族の中で「先住犬派」「新入り派」と分かれることもよくありません。

「先住犬が優先」を家族全員で意思統一することで、今後の生活の安定につながっていきます。


A新入りの犬が積極的
先住犬がおとなしい、もしくはシニアでのんびりした生活を送っていた家に、陽気、元気、積極的な新入りの犬が来た場合、先住犬にちょっかいを出していじめているように見えることがあります。

「ダメなことはダメ」と新入りに教育的指導のできる先住犬ならいいのですが、そうでない場合には、新入りが先住犬を「いじめ」ているような構図になることもあるでしょう。

多頭飼いで「いじめ」!? 犬の多頭飼いで起こりうる心身への影響
寝そべるシベリアン・ハスキー
B先住犬の縄張り意識が強い
先住犬が「犬見知り」「神経質」などの場合、自分と飼い主さんだけの生活に新入りが加わることを好まないことがあります。

たとえ新入りがいいコだろうと気に入らず、縄張りを主張して「ここには入らせない!」「そこどいて!」などと吠えたり唸ったりすることも。

ときにはケンカが始まることから、新入りが「いじめ」られているように見えます。

C先住犬がシニアになり衰えた頃に、新入り犬が優位に立ちたがる
先住犬がシニアになって衰えてきた頃から、新入りによる「いじめ」が始まるケースも。年齢差がある新入りを迎えてから数年はうまくいっていたのに、先住犬がシニアになってから下のコが攻撃的になることがあります。

その理由は、今まで先住犬に勝てなかった生活を送っていたため、今度は「自分が優位に立とう」としているのです。

D下の犬たちが結束する
自分の力だけでは優位に立てない場合、下の2頭(つまり2番目、3番目の犬)が結束して、先住犬を攻撃することがあります。

これも、やはり先住犬がシニアになって衰えた頃に見られるようです。

多頭飼いで「いじめ」!? 犬の多頭飼いで起こりうる心身への影響
眠るゴールデン・レトリーバー
いじめを受けたときの犬の心身の影響
上記のような原因で「いじめ」のようなことを受けた場合、犬も心に傷を負い、委縮してしまいす。

また、元気がなくなり食欲も減り、自分の部屋に引きこもるコもいます。

多頭飼いで「いじめ」!? 犬の多頭飼いで起こりうる心身への影響
見つめるイングリッシュ・スプリンガー・スパニエル
飼い犬同士の「いじめ」を目撃した場合の、飼い主さんの対応
犬同士のいじめ(ケンカ)を止めようと手を出すと、飼い主さんが大ケガをする危険があります。

いきなり止めに入るのではなく、大きな音を出す、 あるいは水を入れたスプレーを吹きかけるなどして注意を引き、その間に犬たちを引き離しましょう。

多頭飼いで「いじめ」!? 犬の多頭飼いで起こりうる心身への影響
見つめるポメラニアン
「先住犬が優位」という姿勢を忘れないで!
飼い主さんの毅然とした態度が大切で、先住犬が優位であることを明確に示してください。

先住犬をかばって守り、新入りには理由は何であれ「先住犬へのいじめは絶対に許さない」という姿勢を見せます。

新入りに一言「いけない!」とだけ言い、先住犬にはおとがめなく優しく接すればいいです。このとき、両成敗にする必要はありません。


先住犬が新入り犬をいじめていた場合は?
たとえば、おもちゃの取り合いなどいじめの原因が先住犬にあり、新入りだけを叱ることは理不尽なこともあるでしょう。

そのときは、新入りにもおもちゃを与えるなどフォローしてあげてください。

前へ 1 / 2 次へ
多頭飼いで「いじめ」!? 犬の多頭飼いで起こりうる心身への影響
遊ぶ犬
先住犬にも新入り犬にも同じ愛情を でも順位はしっかり
□新入りが元気がよすぎて、先住犬にちょっかいを出しすぎる

□どうしても相性が合わず、先住犬が新入りをいじめてしまう


どちらの場合も、先住犬を優先することは基本です。

お互いに顔を合わせずにすむ空間を用意する、新入りの動ける範囲を制限する(サークルに入れる、部屋を決める、リードでつないでおくなど)ことで距離を取らせましょう。

先住犬を優先すると新入りを冷遇しているように感じるかもしれませんが、犬は賢いです。

飼い主さんから「先住犬の次」と決められれば理解できますし、信じることも大切です。



先住犬にも新入り犬にも、もちろん同じだけの愛情を注いでかまいません。順位はきっちりと決めて接することが大事だということを、飼い主さんは忘れないでくださいね。

そうすることで、結果的に犬同士でいじめが起こらないことにもつながっていくでしょう。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
※写真はアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」にご投稿いただいたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:51 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ふん放置、放し飼い… モラル持って犬の散歩を 観光客から苦情も【岩手】

Yahoo! JAPAN


世界遺産「平泉の文化遺産」の構成資産で、史跡公園として整備されている平泉町の観自在王院跡で、犬のふんを後始末せずに放置するなどマナーの悪い飼い主による行動が問題となっている。同公園を管理する平泉文化遺産センターでは景観保全の観点から注意を促す看板の設置が難しいこともあり、観光地としてのイメージダウンにもなりかねない事態に頭を抱えている。

 毛越寺東側に隣接する観自在王院跡は、奥州藤原氏の2代基衡の妻が建立したと伝えられる寺院跡で、敷地は南北約250メートル、東西約160メートル。舞鶴が池を中心とした遺構は1973年から76年にかけて行われた公有化と発掘調査で極楽浄土を表した浄土庭園がほぼ完全な姿で復元され、町民や観光客が自由に訪れることができる史跡公園として整備されている。

 問題となっているのは、浄土庭園を挟み南北に設けられた芝を張った広場で、朝夕を中心に犬の散歩に訪れる飼い主がふんを後始末せずにそのまま放置。中にはリードを外してドッグランのように自由に犬を放している飼い主もおり、町から芝刈りなどの管理を委託された作業員が利用者や観光客からクレームを受けることもあるという。

 園内には町が以前から飼い主に注意を促す看板を2カ所設けているが、景観保全の観点から目立たない場所にあり、世界遺産の構成資産となって以降は新規設置も難しい状況。同センターでは「町民や観光客が憩いの場として利用する公園でもあり、犬の散歩は他の利用者の迷惑にならないようマナーを守って行ってほしい」としている。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:46 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「なぜベランダにペットの糞を放置するの?最低限のマナー守れない迷惑隣人、挨拶する価値もありません」

ネタりか



先日、ご近所トラブルのコーナーでペットが原因で起きたトラブルを紹介したところ、神奈川県に住むSさん(50代女性)からも同様の体験談が編集部に寄せられた。

猫1匹と犬2匹を飼っている隣人。ペットの排泄物のことや吠え声について思うところがあったSさんは、意を決して苦情を伝えることに。しかし、聞き分けが悪い隣人と泥沼のご近所トラブルに発展してしまって...。

画像はイメージ画像はイメージ

「こんな人が動物を飼っているのが信じられません」
我が家も犬を飼っていますが、隣人は猫1匹、フレンチブルドッグとチワワ・トイプードルをミックスした犬を2匹飼っています。

隣人はベランダに犬と猫の排泄物をそのままにしており、ニオイがきつく、大変迷惑しております。また、隣人宅の前にはうちの塀があるのですが、堂々とペットにおしっこをさせており、本当にこんな人がいるんだと感心してしまうほどです。防犯カメラをつけていたため、発覚しました。

さらに、毎日朝5時過ぎごろから散歩に行くのですが、犬をガレージのところにしばらく放置するため道路を猫や人が通るとワンワンと吠え、その度に起こされてしまいます。

一度、朝早くから吠えるのは困りますので配慮してくださいとお願いに行ったら、

「犬は鳴くもの」

と言われ、本当に呆れかえってしまいました。

挙句の果てには、「むかつく」「腹立つ」と捨てゼリフを吐くのです。こんな人には何を言ってもダメなんだなとつくづく思いました。

以前にも隣が留守にしていた際、犬が遠吠えしていたことがありました。外出するときは、窓を閉めていただけないかと話にいったら、そこから何かあるごとに嫌がらせのように我が家のポストに手紙を入れられます。

警察には届けましたが、実害がないので動いていただけません。知り合いからは、

「同じ土俵に上がらなくていいよ。放っておきなさい」

と言われました。いまでは外で顔を合わせても、挨拶もしておりません。

こんな人が動物を飼っているのが信じられません。私自身、犬は好きですが、隣人が飼っている犬種は大嫌いです。

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。メール(toko@j-town.net)もしくは公式ツイッターのダイレクトメッセージで、具体的なエピソード(500文字〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:34 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする