動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年08月19日

飼い主の価値観で左右されるペットの看取り

livedoor



ペットの飼い主に、最後の最後まで「1秒でも長く生かしてください!」と言われれば、獣医師も「動物を入院させて酸素室で24時間点滴しましょう」と言わざるを得ないのかもしれない。しかし、飼い主はその選択をした後、「あの子は住み慣れた家で死にたかったのでは?」と自問することがあり、今までそういう飼い主にたくさん出会ってきた。今回は、ペットのエンド・オブ・ライフケアについて考えたい。

いい人生の終え方って何だろう
 つい先日、小さな出版社で社長の片腕として働いてきた知人の女性が亡くなったと知った。

 がんが全身に転移して、本人も「原発がどこかわからないくらい、とにかく全身が、がんなんですよ」と笑って話していたくらいの状態だった。しかし、彼女は亡くなる数カ月前、私たちのペットロスの悲しみを語りあうミーティングに参加していたし、最後の最後までできる範囲で仕事を続け、ひょうひょうと生きて亡くなった。

 彼女はある時点で、積極的治療をやめる決断をして、あとは緩和ケアだけを受けていた。私には、とてもいい人生の終え方に見えた。だが、がんになって自分でこういう判断をするのは、簡単なことではないだろう。

 私の母は数年前、すい臓がんで積極的治療の中止を主治医から勧められた。その時点では十分元気だったが、母は「主治医には見捨てられた」と思ったのか、高額な放射線治療を受け、全身状態が急速に悪化し、すぐに他界してしまった。あの治療を受けなければ、普通の日常がもっと長く続けられたに違いない、と私は思っている。

 また50代の知人の男性は、腎盂尿管がんのステージ4で転移がかなり広範囲にある状態だった。「5年後の生存率はほぼゼロ」と医師から告げられたあと、「人参ジュースのみを摂取して、がんに栄養を与えないようにする」という怪しげな療法を信じて、急速に体力を落として亡くなった。(一般的に腎盂尿管がんの5年後の生存率がほぼゼロということではない)

 医療というのは、あくまで患者の病気を「治す」ことを前提として発展してきた。しかし、現実には人間には必ず命の終わりがある。「治る」だけではなく、「どうやって死ぬ」か、もしくは「人生の最後の日々をどう生きたいか」を患者自身が考えて選択する必要があると思う。



最期まで自分らしく生きることを支援
 人が人生の最後まで最善の生を生きることができるようにする支援は「エンド・オブ・ライフケア」と言われている。エンド・オブ・ライフケアは、最期までその人らしく生きることができるように支援するケアのことだ。

 人の終末期にかかわったり、勉強したりしている時に、どうしてもペットの命の終わりに、過度な治療を望む飼い主たちのことを思わずにはいられなかった。

 寿命があるのは、人間だけではない。当然動物にも、エンド・オブ・ライフケアという考え方は当てはまるのではないだろうか?

 野生動物はほぼ医療を受けることはないから除外するとしても、ペットの場合は命の最後に動物医療のお世話になることが多いことだろう。しかも、ペット自身が、その選択を出来ないという根本的な問題がある。

飼い主は自分の価値観と動物の利益を同一視していないか
 「飼い主は、いつもペットのことを第一に考えている」とよく言われるが、現実はそれほど単純ではない。飼い主は、本来ペットの代弁者のはずだが、自分の価値観と動物の利益を、無意識に同一視する傾向があるとは言えないだろうか?

 例えば、欧米の場合は、病状がそこまで進行していないのに、不必要と思われる安楽死を求められ、獣医師が倫理的なジレンマに苦しむケースが多い。

 北米の獣医師889人に対するオンライン調査("Ethical conflict and moral distress in veterinary practice: A survey of North American veterinarians" [獣医診療における倫理的葛藤と道徳的苦痛:北米の獣医の調査] )では、29.3%が時々または頻繁に不適切な安楽死の依頼を受けると答えている。回答者の大部分の獣医師は少なくとも1回はそのような申し出を受けている。約19%が、この要求に時々またはしばしば同意したと答えた。44.6%が、そのような依頼が獣医師自身またはスタッフに中程度の苦痛を引き起こしたと述べ、18.7%が獣医師またはスタッフに深刻な苦痛を引き起こしたと報告した。

 日本では、これとは逆のケースも多い。

 動物の痛みや苦しみを考えると安楽死も考えたほうがいいと獣医師が提案しても、「この子はまだ生きたがっている」と飼い主が言い張り、返って動物の苦しみを長引かせたという話をよく聞く。

 治療しても効果がほとんどないと伝えても、少しでも可能性があるならばと考え、動物には負荷の高い治療を続けたがる飼い主も多い。これは欧米でも共通なのか、上記の調査で79%の獣医師は、役に立たないと考えられる治療の提供の要求を時々または頻繁に受けていると答えた。

 日本では、私の知るケースで「ペットが高齢で食べなくなったので胃ろうをしたい」と飼い主から相談された獣医師さえいた。

 このような問題は、海外では獣医学、倫理学、哲学の分野で検討され始めている。



日本では研究途上
 「臨床医として、獣医の主要な義務は、動物の最善の利益にある」とは、世界で最も高名な獣医倫理学者、バーナード・ローリン氏(Bernard Rollin)の言葉である。

 知人の獣医師で哲学者のサイモン・コグラン氏(Simon Coghlan)は、この言葉を引用した最新の論文で、"Strong Patient Advocacy"という小児科医などで用いられる概念を用い「クライアントである飼い主ではなく、獣医師は、動物の強力な代弁者として行動するべき」だと主張している。結局のところコンパニオン・アニマルを扱う獣医師は、倫理的には小児科医に近いという("Strong Patient Advocacy and the Fundamental Ethical Role of Veterinarians" [強い患者擁護と獣医師の根源的な倫理役割] )。

 日本では、コンパニオン・アニマルを扱う獣医倫理については、まだまだ研究は進んでいない。

 先日も、ペットの死を受け入れられずに、(動物には非常に負担がかかるにも関わらず)最後まで通院して治療続けたいと飼い主が望むケースについて、獣医大のある教授と話した。今のところ、動物が飼い主の「所有物」である以上、飼い主が満足するようにするしかない。獣医大でもこの問題を取り扱うプログラムがないのが現状だと、その教授は教えてくれた。



ペットは自分のそばに永遠に居ることはできない自覚から
 ただし、動物医療の側がいくら進化しても、この問題は解決しないだろう。根本的には、飼い主がどこまで客観的に動物を代弁できるにかかっているからだ。ペットの飼い主が、動物医療に対する知識と理解を深める必要があることはもちろんだが、それだけではなくペットの命には限りがあり、「エンド」がやってくることを自覚することがスタートだ。

 もちろん愛するペットは永遠に自分のそばにいてほしいというのが本音だろうが、「エンド」があることを受け入れるなら最後の判断は違ってくるのではないだろうか?

 これからは、動物にも「エンド・オブ・ライフケア」の考え方が必要だと思う。



※商品、娯楽の対象の意味合いが強い「ペット」という言葉に対しての抵抗感を持つ人も多く、現在「コンパニオン・アニマル」、「伴侶動物」などに呼び換えられることも多いが、本稿では、分かりやすさを優先し「ペット」を使用した。また支配的な「飼い主」という言葉も「保護者」や「家族」などに呼び変えるかどうかの議論があるが、便宜的に「飼い主」使用した。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:51 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫を「完全室内飼い」にする理由 『猫エイズ』の話に考えさせられる

grape(グレイプ)


「猫だって元々は野生だったんだから!外を自由に歩けないとかわいそうでしょ?」

「家に閉じ込めたら、運動不足でストレスが溜まると思う」

「猫もお散歩して、たくさん友達ができたほうがいいはず!」

猫を飼っている人の一部は、そんな思いから放し飼いにしていることがあります。

一方で、家から猫を出さない『完全室内飼い』をしている人も。『完全室内飼い』のメリットは、猫が交通事故に遭わない、他人から危害を加えられないなど数多くあります。

猫の健康を保つことができるのも、『完全室内飼い』のメリットの1つ。

保護猫や保護犬たちと一緒に暮らしているtamtam(tamasisters)さんは、猫を放し飼いにしてはいけない理由がよく分かる漫画をInstagramに公開しています。

風邪をひいた猫との出会い
ある日、手に余るほどペットを飼育している『多頭飼育崩壊』の現場に向かった、tamtamさん。

ペットの救助をしていると、ある猫たちに出会います。


『猫エイズ』のキャリアだという診断に固まるtamtamさん。なぜなら、『猫エイズ』のキャリアである猫には、里親が現れにくいのです。

多くの人が知らない『猫エイズ』について、tamtamさんは次のように詳しく説明しています。



放し飼いだと感染する可能性があり、また発症もしやすい『猫エイズ』。保護活動をしている人たちが『完全室内飼い』にこだわる理由は、猫の健康のためでもあったのです。

もし『猫エイズ』のキャリアになっても、発症しなければ普通の猫と変わりありません。

ですが、『猫エイズ』のキャリアであることを理由に断る人が多いのです。


子猫たちが『猫エイズ』の陰性であることを知って、tamtamさんは安心しました。これで心配することなく、子猫たちを譲渡会に出すことができます。

悲しい目に遭った動物たちを救い、幸せになれるように頑張るtamtamさんのことを応援したくなりますね。

ペットの健康に気を配れなくなる多頭飼育崩壊はもってのほか。不幸な境遇のペットたちが、少しでも減ることを祈ります。

[文・構成/grape編集部]
posted by しっぽ@にゅうす at 08:48 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の飼い始めにありがちな5つの勘違い

Yahoo! JAPAN



「突然何もないところを見つめる」「飼い主のトイレについてくる」など猫と暮らしているとよく見られる行動の本当の意味、あなたは理解できていますか?  じつは勘違いしているかもしれませんよ。今回は飼い始めの飼い主さんが間違って読み取りやすい、猫の行動の本当の意味をご紹介します!

【画像を見る】日々の飼い主さんと猫との暮らしぶりを見てみる

猫の飼い始めにありがちな5つの勘違い
撮影/栗林 愛
通りすがりに家具や柱にスリスリするのは…かゆいから?
「あ〜ほっぺがかゆくてたまらん!!」 

■実は…自分のニオイを擦り付けて、テリトリーを主張しているから!
室内飼いの猫にとって、家の中は自分のテリトリー。通りすがりに決まった場所にスリスリするのは、分泌腺から出る自分のニオイを擦り付けて、テリトリーを主張しているのです。

猫の飼い始めにありがちな5つの勘違い
撮影/栗林 愛
部屋に入ってきて、一周して出ていくのは…何かを探してるから?
「え〜っと…あのおもちゃはどこだっけ?」

■実は…テリトリー内を1日に数回パトロールしているから!
猫は、テリトリー内を1日に2〜3回はパトロールしないと気がすみません。部屋を一周して出て行くのは、テリトリー内に変わったことがないかをチェックしているのです。

猫の飼い始めにありがちな5つの勘違い
撮影/栗林 愛
何もない一点をじっと見つめるのは…見えてはいけない何かが見えてるから?
「あっ! あれは…幽霊!?」

■実は…人の耳には聞こえないわずかな音に集中しているから!
猫の耳は、人の耳には聞こえない音量・音域の音を聞き取ることができます。一点を見つめているのは、その方向からわずかな虫の羽音などが聞こえ、集中しているからでしょう。

猫の飼い始めにありがちな5つの勘違い
撮影/栗林 愛
ボールペンや鉛筆に噛み付くのは…食べものだと思っているから?
「これおいしいのかな?」

■実は…獲物のような動きに刺激され反射的に噛み付くから!
人が文字を書くときのボールペンや鉛筆の小刻みな動きが獲物のように見え、狩猟本能が刺激されるのでしょう。食べ物と思っているわけではなく、反射的に噛み付くのです。

猫の飼い始めにありがちな5つの勘違い
撮影/栗林 愛
人のトイレの中までついてくるのは…一緒にいたいから?
「一緒に行こうよ♥」

■実は…ドアが開いた隙に中に入ってパトロールをしたいから!
人のトイレはドアが閉まっていることが多いので、猫は好きなときに中に入ることができません。人が入ろうとしているときは、猫がパトロールをする絶好のチャンスなのです。

あなたが勘違いしていた行動はありましたか?  飼い猫となった現代でも猫の中には野生的な本能は残っています。そんな野生的な一面など人との違いを知ったうえで猫の行動を見ると、その本当の意味がわかって楽しいかもしれませんね。

参考/「ねこのきもち」2016年6月号『愛猫の行動、こんなふうに思っていませんか?  嗚呼、ありがちカンチガイ23』(監修:哺乳類学者 今泉忠明先生)
文/浪坂一
撮影/栗林 愛
※この記事で使用している画像は2016年6月号『愛猫の行動、こんなふうに思っていませんか?  嗚呼、ありがちカンチガイ23』に掲載されているものです

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 08:44 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

誰かに話したくなる「猫の意外な生態ネタ」


Yahoo! JAPAN



猫を飼う上で、習性や生態を知っておくことは大切です。しかし、猫の生態には未だ謎が多く、知れば知るほど不思議な魅力でいっぱいなのです! そこで今回は、ぜひみなさんに知ってほしい「びっくり&つい誰かに話したくなる」猫の意外な生態豆知識を5つご紹介します。

誰かに話したくなる「猫の意外な生態ネタ」
じっと見つめるくるみちゃん
猫は空気が読めるのです!
飼い猫は野生猫より鈍感と思われがちですが、人よりも鋭い感覚を持っているので、人では見過ごしてしまうような些細な変化にも気がつきます。たとえば、飼い主さんの声がいつもより低いと感じたときは、「近づかないようにしよう」と判断しているかもしれません。

誰かに話したくなる「猫の意外な生態ネタ」
キャットウォークにのるチャイちゃん
猫は駆け落ちする?
恋の季節になると、発情したメスに複数のオスたちが求愛してきます。しかし、メスのお気に入りのオスがほかのエリアで生活するよそ者だった場合、メスは自分の包囲網を抜け出して、そのよそ者のオスと交尾することがあるのです。この駆け落ちのような行動は、近親交配のリスクを避けるためとも考えられています。

誰かに話したくなる「猫の意外な生態ネタ」
テーブルでご飯を待つMIX黒×白らん丸くん
「ねこまんま」は体にいいの?
ご飯に味噌汁をかけた「ねこまんま」。一昔前は猫のご飯として一般的でした。しかし、猫は米や麦に含まれているデンプン質を消化・吸収しにくいといわれています。また、ねこまんまには味噌汁の塩分も含まれているので、猫にとってあまりよい食事とはいえません。

誰かに話したくなる「猫の意外な生態ネタ」
テレビにじゃれるはなちゃん
猫は映画を楽しめる?
人と猫では映像の見え方に違いがあります。映画などの映像は、パラパラ漫画のように静止画像を連続させて作られています。人はそれを滑らかな映像として認識しますが、猫は動体視力が大変優れているため、コマ送りに見えてしまうのです。どうやら猫と一緒に映画観賞を楽しむのは難しいようですね(泣)。

誰かに話したくなる「猫の意外な生態ネタ」
抱っこされているMIX茶トラのナミヘイくん
飼い猫はマザコンです!
本来、猫は成長すると、母猫に住んでいるエリアから追い出されるものです。しかし、飼い主さんに追い出されることのない飼い猫は、いつまでも子猫気分のまま。

それに、母親代わりでもある飼い主さんが子離れしないこともあり、飼い猫は甘えん坊に成長してしまうのです。猫は、空気が読めたり駆け落ちしたり……。でも、甘えん坊のマザコンだったりと、やはり謎めいていますね(笑)。今回ご紹介した5つの生態ネタを、ぜひどこかで披露して盛り上がっていただけると幸いです!

参考/「ねこのきもち」2017年4月号『知られざる生態が今、明らかに 猫への思い込みを“校閲”(チェック)します!』(監修:理学博士 西南学院大学人間科学部准教授 山根明弘先生)
文/ishikawa_A
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 08:43 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

緊急時にも使える 猫が見つからないときの呼び寄せ方

Yahoo! JAPAN


室内でも! 猫が見つからないときの呼び寄せ方
脱走時はもちろん、室内でも愛猫の姿が見えないとドキドキしますよね。「コレで絶対出てきてくれる」という合図があると便利です。どんな方法が有効か、考えてみました!

緊急時にも使える 猫が見つからないときの呼び寄せ方
パッカン!を聞いて駆け寄ったものの、猫缶だと思ったらトマト缶だった時の衝撃の顔
缶を開ける
筆者の猫はこれで一発で出てきます。
開けるのは、キャットフードの缶ではなくても大丈夫。布団の中、押入れの中など、缶を開ける音が聞こえなさそうな場所にいたとしても、猫の耳はよいので「ウエットフードがもらえるのかな?」と、「にゃ〜」と嬉しそうに鳴きながらやってきます。
キャットフードの缶でなくてもいいと書きましたが、猫が「缶の音を聞く→飼い主のそばにいく→おいしいフードがもらえる」と覚えたほうがいいので、缶を開けて出てきたら、必ずフードをあげたほうがよさそうです。

しかし! これで覚えてしまうと、ツナ缶だろうがコーン缶だろうが、缶が空いたら猫が来るようになってしまいます。しかしそれは仕方がないこと。以前、人の缶詰ばかりを開けていたら、猫が来なくなったことがあったので、猫が来る合図にしたいなら、そばに来たときは必ずフードを与えたほうがよさそうです。

緊急時にも使える 猫が見つからないときの呼び寄せ方
名前を呼ぶ
名前を呼ぶ
ふだんからお返事をする猫なら、名前を呼んだら「ここにいるよ」と返事をしてくれるかもしれません。緊急時のためにも、ふだんから名前を呼んで返事をしてくれたらほめてあげたり、撫でてあげたり、フードをあげたりして、「返事をするといいことがある」と覚えさせるとよさそうですね。

緊急時にも使える 猫が見つからないときの呼び寄せ方
もし脱走してしまったら…やはりフードでおびき寄せる
もし脱走してしまったら…やはりフードでおびき寄せる
脱走した猫を保護の仕方として有効だとされているのは、やはりフードを使って気を引く方法です。その方法をご紹介します

緊急時にも使える 猫が見つからないときの呼び寄せ方
1,キャリーケース、フードなどを用意する
1. キャリーケース、フードなどを用意する
猫を安全に保護して連れ帰るために、必要なものを持参しましょう。飼い主さんは興奮した猫に引っかかれる恐れがあるので、長袖を着用したほうが○。

[用意するもの]
・キャリーケース
・愛猫が好きなフード
・懐中電灯(暗がりにいるかもしれないので)
・バスタオル(猫を捕まえるときに使用)

緊急時にも使える 猫が見つからないときの呼び寄せ方
2,猫が潜みがちな場所を探す
2. 猫が潜みがちな場所を探す
外(敷地)を出たことのない猫なら、たいてい暗くて狭い場所に潜んでジッとしているもの。猫がふだん食事をする時間帯や、人通りが減る夕方以降に出て来やすい傾向があるようです。

[ここを捜して]
・車の下
・茂み
・物置の下

3. 猫を見つけたら安全に保護する
脱走した猫は精神的に不安定なので、たとえ飼い主さんでも大声を出すのはNG。急いで駆け寄ると恐怖心から逃げてしまうこともあるようです。追いかけたりせず、思わず反応してしまう「フード」を使っておびき寄せましょう。

4. 帰宅後は全身をチェック
ケガをしていなさそうでも、外でノラ猫と接触し、ウイルスや寄生虫をうつされている可能性も。保護したらそのまま動物病院へ行ったほうがいいでしょう。

いかがでしたか?  緊急時に備えて、猫が来てくれる「合図」にぜひトライしてみてください。

出典/「ねこのきもち」2017年4月号『愛猫の緊急時対策マニュアル』
※写真はスマホアプリ「まいにちのいぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/マリー=クリスティーヌ=ベロン

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 08:41 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする