動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年08月24日

増えるネコ 冬になる前に小さな命を寒さから守れ 北海道小樽市(北海道)

Yahoo! JAPAN



小樽市の倉庫に30匹以上の野良ネコが住みついています。ネコは繁殖力が高い一方、子ネコは冬を越せずに凍死してしまうことも多く、負の連鎖を断ち切るために官民一体となって、ある取り組みが行われました。

小樽市の海岸近くにある倉庫です。なんと30匹以上の野良ネコが住みついています。取材に来たカメラマンや記者にも一切、怖がることなく近づいてきます。人になれている様子の野良ネコたち。その理由は、
(長南記者リポート)
「こちら進んでいった先には、えさ箱のようなものがあります」
観光客や釣り客などにエサをもらい、繁殖を続けたネコ。しかし、小樽市などによりますと、冬には厳しい寒さのため多くの子ネコが凍死してしまっているといいます。繁殖を繰り返しては、冬に死んでいく。この、負の連鎖を断ち切るため、ボランティアと市や道が一体となって立ち上がりました。
(ニャン友ねっとわーく北海道 勝田珠美代表)
「(毎年)何十匹ものネコが、ここで凍死している。誰かがここで避妊去勢しなきゃいけない」
倉庫にいるネコたちを、すべて捕獲し、獣医師によって避妊手術を施すのです。健康状態が心配される子ネコなどは団体に保護され、14匹は倉庫へと戻されました。
(ニャン友ねっとわーく北海道 勝田珠美代表)
「全部本当はつれて行ってあげたいけど、かわいそうだけど半分が限界。まずはこの子たちをケアして、譲渡して、また空きがでたら迎えに来ようと思っています」
これ以上、死んでしまうネコを増やさないために。ボランティア団体では、今後も定期的にネコの保護を進めていく方針です。

最終更新:8/23(金) 20:08
STVニュース北海道
posted by しっぽ@にゅうす at 08:55 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「殺処分ゼロに」 対象の犬引き取り里親へ 愛護団体、2年間で245頭引き渡す


Yahoo! JAPAN



沖縄県動物愛護管理センターから殺処分対象の犬を引き取り、里親につなげようと、沖縄市登川の一般社団法人「沖縄ハッピーテイルズ」が活動を続けている。代表の平野しえさん(54)=八重瀬町=と娘のなゆたさん(27)=うるま市=が中心となり、2年間でセンターから保護犬265頭を引き取り、うち245頭を里親に譲渡してきた。平野さんは「保護犬を引き取る文化を沖縄に根付かせ、センターの収容ゼロを実現したい」と意気込んでいる。(中部報道部・豊島鉄博)

 平野さんは2012年、保健所に収容される寸前だった犬を引き取った際、多くの犬がセンターに収容されていることに衝撃を受けた。1頭でも多くの犬を救いたいと、県内の動物愛護団体でアルバイトして保護犬の世話などを学んだ。17年に独立し、18年に同法人を設立した。

 広大な土地にプレハブを設置し、犬のシェルターとして使用。常時約20頭の犬を保護している。今年1月には八重瀬町にもシェルターを設置した。犬は里親への譲渡前に獣医師の検診を受け、混合ワクチン接種やダニの駆除、シャンプーなども施す。

 娘のなゆたさんは主にフェイスブックやインスタグラムで、里親探しに取り組む。「定期的に開かれる譲渡会もいいが、譲渡会などで大勢の知らない人に見られるのは犬にとっても負担。犬たちのありのままの姿をネットで掲載し、本当に飼いたい人に届くようにしている」と語る。

 県のセンターに収容される犬は07年度5818頭で、うち殺処分された犬は5557頭だったが、県も譲渡推進を図り17年度の収容犬は1007頭で、うち殺処分は153頭まで減少している。

 平野さんは「ひと月にあと100頭助けられれば殺処分しないで済む」と力を込める。現在、保護犬たちの譲渡は県外在住の里親が6〜7割を占めると言い、「県民にも保護犬の存在を広く知ってもらい、犬たちの大切な命を救ってほしい」と呼び掛けた。問い合わせは「沖縄ハッピーテイルズ」のホームページかSNSまで。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:47 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大切なペットがストレスをためないために 食事・運動に加えて飼い主がやってあげたいこと

Yahoo! JAPAN


家族の一員であるペット。ペットを伴侶と位置づけて一緒に暮らす人もおり、生活環境や健康面に細かな気を配る人も多いだろう。飼い主たちはどんなことを心配し、どんな対策を取っているのか、ペット医療費用保険を取り扱うau損保が、全国の犬・猫の飼い主1,000人(犬の飼い主500人、猫の飼い主500人)を対象に、ペットの健康に関する意識調査を6月に行った。

 まず、ペットの健康やしつけの悩みの内容を聞いたところ(複数回答可、以下同)、トップは犬・猫ともに「抜け毛の掃除が大変」(犬26.4%、猫38.0%)だった。以下、犬は「医療費がかさむ」(25.4%)、「鳴いたり吠えたりする」(22.8%)。猫は「家具がボロボロになる」(21.2%)、「医療費がかさむ」(17.2%)の順。一方、「特に悩みはない」という回答も犬・猫ともに30%を超えた。

 ペットとの生活で今後心配なことは、犬猫ともに、「ペットが病気にならないか」との回答がトップ(犬65.0%、猫63.6%)。続いて「ペットが高齢になったときにケアができるか」(犬47.4%、猫43.6%)「医療費が増えること」(犬36.0%、猫31.6%)の順だった。

 ペットのストレス対策については、犬の飼い主は「定期的な散歩」が最も多く71.8%。以下「適度な食事」(57.0%)、「一緒に遊ぶ時間を作る」(52.4%)。一方猫の飼い主は「トイレをこまめに掃除する」が59.4%、「一緒に遊ぶ時間を作る」(51.4%)、「適度な食事」(50.0%)、「爪とぎを用意しておく」(47.0%)の順だった。

 ペットの熱中症も気になる暑い時期だが、ペットのいる部屋の室温を何度にしているか質問したところ、尋ねたところ、犬は25℃(17.9%)、猫は28℃(15.2%)との回答が多く集まった。特に気にしていないと答えた飼い主一定数いて、犬で23.2%、猫で37.0%だった。

 アンケート結果を受けて、獣医師で電話どうぶつ病院 Anicli24院長の三宅亜希氏は、まず、ペットの健康状態チェックでは、食事なら量・食べ方、排泄では量・回数・におい、そして毛づやなどの変化に気をつけることをアドバイスしている。猫では、体調が悪いときに、上下運動をしなくなったり、暗くて狭いところに入って出てこなくなるなどの行動も見られることがあるという。健康のための生活習慣として三宅氏は、外に出たときに車や他の犬への恐怖感を大きくさせないよう、家の中で家族と犬だけの生活を送るのではなく、型犬でも外を歩くこと、子犬のころからいろいろな場所に連れ出し家族以外の他人と触れ合うことなどを挙げている。

 ペットにもストレスはあるが、「あって当たり前でもあるので、飼育方法など細かいことを気にしすぎ、飼い主のストレスがペットに伝わるのもよくありません」と同氏。適切な食事・運動・休息を基本に、運動不足には散歩、元気がないときは休息など、原因に応じたストレス解消方を取ることや、トイレのこまめな掃除など清潔な環境、大きな生活環境の変化を避けることなどをアドバイスしている。そして、犬も猫も飼い主と遊ぶのが好きなので、一緒に遊んであげるのがとてもよいそうだ。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:42 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ペット火葬場 継続を」

タウンニュース



横須賀市は9月6日に行われる市議会の生活環境常任委員会で、公郷町にある小動物焼却炉の廃止を検討している旨を報告する。施設の老朽化などが主な理由。これに対して、市内の動物愛護団体は炉の更新や運転の延長を訴える要請活動を進める考えだ。

 横須賀市は小動物死体処理事業として1962年に焼却炉を公郷町に設置。犬や猫などの愛玩動物やへい死獣(飼い主のいない動物)、有害鳥獣(アライグマやハクビシンなど)を火葬している。昨年度は年間約9200体で、そのうち愛玩動物は近年3000体前後で推移しているという。

 市では焼却炉の老朽化が進んでいることや、業務委託している事業担当者の高齢化なども廃止検討の理由としている。今後の対応や時期については、現状では庁内で調整・検討を進めている段階だという。

「心のケアも考えて」

 市の動向を受けて、NPO法人横須賀動物愛護協会(濱田千入理事長)は、稼働停止の撤回や炉の更新・新たな施設の建設などを市に要請する活動を始めている。

 「現施設には焼香台や慰霊堂もあり、献花が絶えない。家族の一員ともいえる動物たちを見送り・弔うという”別れ”について、もっと深く考えてほしい。動物と暮らす高齢者も増えており、ペットを失った人の心のケアも大切」と話すのは、同協会の佐久間則夫さん。「先に廃止ありきではなく、動物の生きる権利と死の尊厳、”看取り”について福祉の観点から、所管部局で横断的に議論を深め、関係団体とも意見交換をすべきではないか」と語る。同会では、上地克明市長に宛てて稼働停止の撤回と炉の更新を求める要望書を今月19日に提出。近々署名活動も開始し、10月末までに少なくとも3000筆を集めたいとしている。

ペット火葬 現状は

 ペットが亡くなったらどうするか。自治体または民間事業者に火葬を依頼をするのが一般的とされている。環境や公衆衛生等の問題もある中で、県や市によって扱いが異なっているのが現状だ。県内で専用炉を持っているのは横須賀市を含めて6市。持ち込み・収集の費用や返骨などの対応はさまざまだ。市では収集や作業の経費などを考慮して、2015年に手数料を改定。実質値上げとなったが、1体にかかる経費は6000円超で徴収する手数料はこれを下回っている。市議会では「民間事業者では数万円と言われており、民業圧迫になりかねない」「公で行う必要がある事業なのかを論ずる時期に来ているのでは」との意見も出ている。
posted by しっぽ@にゅうす at 02:46 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

快適に過ごせる住まいづくりへ「ペット共生住宅管理士検定」

ZAKZAK



最近では、ペットと共に暮らすことを前提としたマンションやアパート、戸建て住宅が増えている。

 一方で、人にとって飼いやすい工夫がされた住宅が、ペットにとって快適とは限らない。たとえば、人が掃除しやすいツルツルした床は、イヌやネコには滑りやすい。キズがつきにくい頑丈な壁は、ネコは爪とぎできずストレスになる。ペットも人間もストレスなく暮らすには、ペットの習性を理解した住宅が必要になる。

 そんななか、2019年6月に日本愛玩動物協会(東京都新宿区)が「ペット共生住宅管理士検定」を開始した。

 ペットも飼い主も快適に過ごせる住まいをつくるための専門的な知識を問うもの。7月時点で100人近くの受講申し込みがあり、合格者も誕生している。

 対象は、建設会社や不動産会社、マンション管理会社、設計事務所といった住宅関連企業に勤務する人に加え、ペット共生マンションを作りたいと考えているオーナーなど。受験者も、こういった業務に携わる人が多かったとみられるが、もちろん、ペットを飼っている人がさらに住まいについて学ぶためにも役立つ内容だ。


問われるのは、ペットの習性を理解したペット共生マンションの作り方をはじめ、ペットクラブと管理組合の運営方法、ペット賃貸住宅の運営上のポイントなど。公式テキストを使って自分で学び、6カ月以内にオンラインで検定試験を受ける仕組み。

 受験には同協会が行っているペットの飼育に関する必要な知識や技能などを問う「二級愛玩動物飼養管理士」を所持している必要がある。同管理士資格の保持者は約18万人に上る。

 同協会の東海林克彦会長は「ペットにも人にも優しい住宅とは何かを知るために、身に着けておくと役立つ知識と技術を問う内容になっています」と話している。(不動産・住生活ライター 高田七穂)
posted by しっぽ@にゅうす at 01:45 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする