動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年09月01日

きょう「防災の日」 ペットと安全に避難するために、飼い主が心がけておくべきこと

Yahoo! JAPAN


きょう9月1日は「防災の日」。毎年、全国各地で防災訓練が実施されます。東日本大震災や西日本豪雨といった大規模な自然災害を踏まえ、防災意識が高まりつつありますが、災害時の「ペット」の扱いについては、衛生上の問題や避難者とのトラブルの懸念から避難所への入所を断られるケースもあるなど、対策が十分とはまだ言えないようです。

【画像】ケージとしても利用できるリュック型のキャリー

 災害に備えて、ペットの飼い主は普段から、どんなことを心がけるべきなのでしょうか。東京都獣医師会副会長の小林元郎さんに聞きました。

地域の自治会に参加し、積極的に議論を
Q.自然災害に備え、飼い主が意識すべきことは。

小林さん「普段から最寄りの避難所を確認したり、防災グッズを用意したりすることは、最低限のことです。実は災害時に一番大切なことは、まずは飼い主自身が無事で安全であるということです。当然、ペットは自分で身の回りのことができません。飼い主がいなければどうにもならないことを強く意識してください。まずはご自身の安全、これが最優先です」

Q.飼っている犬や猫に関して、どのような備えが必要ですか。

小林さん「基本的に、災害発生時から3日間は救助は来ないものと考えてください。つまり、その間は誰も助けてくれず、ペットの世話はすべて飼い主が自力で行うことになると想定してください。飲み水、ペットフードを備蓄しておくことはもちろんですが、ペットが持病を抱えている場合は、薬に加えて、その子のプロフィル、現在受けている医療に関連する情報を、スマホなどを活用してすぐに取り出せるようにしておきましょう。

猫は犬と違い、おにぎりやパンのような、避難所でよく配給される食べ物は食べません。猫用の缶詰など普段食べている食事は必ず用意してください。また、猫は環境の変化に弱く、慣れない避難所の環境ではトイレに排便・排尿ができなくなることも多々あります。普段から使い慣れている用具を備えてください。最近、ケージとしても使用可能なリュック型のキャリーが販売されています。避難所でも役立つと思いますので、使用を検討するのもよいかもしれません」

Q.ペットが避難所への出入りを断られることがあると聞きますが、なぜでしょうか。

小林さん「避難所にペットを連れて行く(同行避難)というコンセンサスが社会に浸透していないことが大きな原因ではないでしょうか。意外と知られていないことですが、避難所の運営責任者は、避難所となる小中学校の校長か地域の自治会長です。ただ、災害時に校長が学校の近くに住んでいるとは限りませんので、校長が責任者であっても、実質的な責任者は自治会長となります。そうなると、事前に自治会などで同行避難に対する取り決めがないと、いざというときに現場はかなり混乱します」

Q.ペットの飼い主は、何をすべきでしょうか。

小林さん「まず、自分のペットが、避難所のように大勢の人に開放された場所できちんと生活できるか自問してみてください。もちろん上手に適応できる子もたくさんいますが、どれほどの人が自信を持って手を挙げられるでしょうか。一方、ペットを飼っていない人は、避難所生活の中にペットが存在することをなかなかイメージできません。

そういう意味でも、避難所におけるペットの存在について、日頃から地域の中で話し合いの場を持ってもらいたいです。ペットを飼育している人とそうでない人の意識のギャップを埋める、この作業はペット自身ができることではなく、人間同士の作業になります。

そのためには、普段から自治会などの地元のミュニティーに参加し、ペットがどのように捉えられているか確認する必要があります。集まりがあったときに『うちの自治会では、災害時にペットはどう扱われるのですか』『避難所でペットを受け入れるのですか』と質問してみてください。そうすると、参加している人たちの間から、『そういえばペットもいたよな』『全然想定していなかった』『他の地域ではどうなっているんだろう』という会話がごく自然に始まり、そこがスタート地点になります」

Q.ゼロからのスタートなのですね。

小林さん「ペット飼育者としてはとても残念な話ですが、ほとんどの地方自治体の地域防災計画の中にペットの記述が盛り込まれていないことを考えると、これも厳しい現実として受け入れなければなりません。

ペットを守りたいのであれば、普段から、地域のコミュニティーの中で積極的にコミュニケーションを図り、いざというときに自分とペットのことを気にかけてくれるような人間関係をつくっておく必要があります。災害時に自分の力だけで生き残るのは至難の技です。本当に必要なのは、地域のコミュニティーとのつながりともいえます」

Q.人間関係をつくるにも、若い人を中心に、地域に自治会があるとは知らない人も多いかと思います。

小林さん「賃貸住宅に住んでいるのであれば、管理組合か、担当している不動産業者に聞いてみるのがいいと思います。ペットを飼っているのであれば、自治会にすぐに参加しましょう。災害時のペットの扱いについて、地域の中で合意を得ておくことは、本当に大切です」


狂犬病の予防接種は必ず受けて
Q.避難所に入った際に気を付けるべきことは。

小林さん「避難所は、泣いている子どもがいると、他の避難者から『うるさい』と苦情が出るような現場です。子どもでさえそうなるのですから、犬が夜間などに不用意にほえたりしたら、ひんしゅくを買うことになるでしょう。避難所でもうまく振る舞えるように、例えば外出先で勝手にほえたり、動き回ったりせずに、常にコントロールできるようなペットとの関係性を日頃から構築してほしいものです」

Q.衛生面で、普段から注意すべきことはありますか。

小林さん「狂犬病の予防接種は、平時に必ず受けておきましょう。大きく誤解されているようですが、狂犬病の予防注射は人の健康を守るためのものです。厚生労働省によると、2017年度末時点で、全国の狂犬病の予防接種率は71.4%です。ただ、これはあくまで行政に登録されている犬を対象とした数字で、登録されていない犬を含めると50%にも満たないという意見もあります。

この状況で犬が避難所に入った場合、大きなトラブルになることが懸念されます。ただでさえ災害時には、人がヒステリックな気持ちに陥っている中、避難所に予防接種を受けていない犬が来たら大きな恐怖を感じるかもしれません。こうなると、理屈ではなく感情の問題となり、なかなか修復できない環境が生まれます。そういうペットに対し、人は寛容にはなれませんから、結果的にペットを守ることができなくなってしまいます。

この他、人にも感染する可能性のあるノミやダニなどの外部寄生虫対策、他の動物への感染症対策のための各種ワクチン接種なども積極的に行ってください」

Q.避難所に動物アレルギーの人がいた場合、どうなるのでしょうか。

小林さん「避難所はさまざまな人々が集まります。そして、そこでは人の健康と安全が最優先となります。それ故、人と動物の生活スペースは原則として別にすべきでしょう。飼い主とペットは離れたスペースで生活せざるを得ません。ただ、そのような環境でも、動物福祉に対する考え方は忘れてはいけないと思います。

なお、災害がある程度落ち着いた段階で動物を退避させる場所、いわゆる『疎開先』を決めておくのもいいかもしれません。被災地から遠く離れた場所、例えば、家族のいる実家などへ一時的に預ける方法も有効だと思います」

Q.災害時、獣医師はどのように対応するのでしょうか。

小林さん「各都道府県によって異なります。私が所属する東京都獣医師会では、緊急災害時に都内の動物医療を守るための対応マニュアルを作成しています。災害時には、会に所属する獣医師がネットワークをつくり、東京都、関連各団体と連携を取り活動することになります。

マニュアルでは、獣医師の身体生命、生活の安全を第一に考えています。地域の動物医療を維持するには、獣医師自身が無事でなければいけないという獣医師会の基本方針があります。その方針が、地域の復興やペットの健康を守ることに寄与すると思っています」

オトナンサー編集部
posted by しっぽ@にゅうす at 09:46 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットと入る墓が人気 家族同然「供養も一緒に」

中日新聞



ペットと一緒にお墓に入りたい−。そんな飼い主の要望に応える霊園や寺が、人気を集めている。ペットを家族同然に大事にする人が増える中、墓石にペットの写真を刻むなど、墓のあり方も多様に。都市部を中心に、供養への考え方も変わってきているようだ。

 墓石に、2匹の愛くるしい犬の写真が焼き付けられたセラミック板が光る。花を生ける部分には犬の足跡の形も彫り込まれ、正面には「感謝して忘れない」という意味の「感佩(かんぱい)」の文字が刻まれている。

 8月下旬、東京都八王子市の八王子メモリアルパークの芝生墓地の一角で、自営業の吉川順子さん(47)=東京都三鷹市=が花と水、ドッグフードを供えて線香を上げ、手を合わせた。

 2匹は、メスのシェパードの「メリー」と、オスのブルドッグの「ダッシュ」。ともに13年前に飼い始め、それぞれ5年前と2年前に死んだ愛犬だ。墓には2匹の遺骨が眠る。

 自宅から車で1時間半ほど。夫やすでに独立した2人の子どもたちと連れ立ち、3カ月に一度ほど墓参りに来る。将来は夫婦2人で、この墓に入るつもりだ。

 「子どもと同じくらい愛情をかけ、長い時間を一緒に過ごしてきた。家族同然で、ペット霊園に埋葬するより、同じ墓にと思った」と吉川さん。ダッシュの病死後に建て、自宅に安置していたメリーの遺骨とともに納めた。

 2・5平方メートルの区画で、費用は約230万円。最初は自宅近くの霊園を探したが、ペットと一緒に入れる墓はなく、インターネットで見つけた。

 墓は仏事関連総合サービス「メモリアルアートの大野屋」(東京都新宿区)が販売。「ウィズペット」と銘打ち、園内の9区域のうち1区域で動物の焼骨を受け入れている。

 2003年、東京都町田市の民間霊園で販売を始めると、希望が相次ぎ、今年8月に11カ所目のウィズペットの販売を開始。これまでは民間業者の霊園だけだったが、今回は都内の寺が所有する檀家(だんか)用の墓地の一角で、檀家でなくても購入できる。

 大野屋は11カ所合わせてこれまでに計1000区画を売り出し、約半数が売れた。他社も参入し、同様のサービスが増えているという。

 ペットの死骸は廃棄物処理法上「一般ごみ」として扱われ、人間のような埋葬許可は不要。仏教では動物を「畜生」とし、人間と動物を同じように供養できないとする考え方もあり、自宅の庭に埋葬したり、専用霊園で供養したりしていた。

 大野屋によると、ブームや少子化の影響などでペットへの愛着が強まり、室内で飼い、家族の一員として接する人が増加。「死後の供養も一緒に」という人が増えている。葬儀関連サイトを運営する「鎌倉新書」(東京都中央区)が毎年実施している意識調査でも3年ほど前から自由記述で、希望する声が増えてきたという。

 ペット供養を行うお寺や業者でつくる日本動物霊園連合(名古屋市)理事長の久喜清外(せいがい)さん(73)によると、自身が住職を務める名古屋市南区の長楽寺の霊園でも要望が増え、7年前から受け入れを開始。寺が親族に代わって管理し、将来合祀(ごうし)する永代供養墓に人間と同時に埋葬することが条件で、これまでに10件の予約があった。実際に埋葬された人はまだいないが、問い合わせも多く、ホームページでも紹介している。

 久喜さんは「動物も人間と同じ命ある生き物。希望があれば、一緒に埋葬して手厚く供養する」と話す。

 (河野紀子)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:45 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シニア犬になったと感じたら見直したい4つのこと

Yahoo! JAPAN



愛犬がシニア犬になってきたと感じたとき、家族はさみしい気持ちになってしまうものです。

年齢を重ねたシニア犬には、食事や散歩の見直し、トイレの介護、住環境の整備などでサポートしてあげましょう。犬の性格や状態に合わせたサポート(介護)が大切です。

シニア犬へのサポート1:食事を見直そう
食事のケアは、消化能力が衰えてきたシニア犬にとって大切なことです。

シニア犬は基礎代謝が落ちてくるので、低カロリーのものを心がけるなど、犬のライフステージに合わせたフードへの変更や消化しやすいものを与えましょう。

1回の食事の量を減らして回数を増やす方法は、胃腸への負担が少なく食事量も確保できます。

自力でごはんを食べられない場合は体を支えたり、食器台の位置調整、食事の介助も必要になります。

シニア犬になったと感じたら見直したい4つのこと
おひさまは気持ちがいいなぁ〜
シニア犬へのサポート2:お散歩で刺激を与えよう
シニア犬は、関節や足腰が弱ってくると散歩の量を少なくしがちですが、運動をしないと筋力低下が進んで骨や関節に負担をかけることもあります。

外の光やニオイの刺激は、ストレス解消にも効果的です。無理のない範囲でお散歩を行い、もし寝たきりの場合は抱っこやカートを使用してお散歩コースを歩いたり、足をマッサージしながら日光浴をさせてあげるとよいでしょう。

シニア犬へのサポート3:トイレの介護をしよう
老犬になるとおしっこやウンチが我慢できなくなって、トイレを失敗することがあります。

支えても自力で排泄できなくなったり、寝たきりになると、体や床、マットを汚してしまうなど、トイレの介護は大変ですが、皮膚病や膀胱炎、便秘を防ぐために排泄のサポートからお掃除までの作業はとても大切です。

オムツを使用する場合は、長時間だと蒸れてオムツかぶれの原因になるので、こまめに取り替えたり、防水シートなどを使用して、オムツを外す時間を作ってあげるのもよいでしょう。

お尻周りも不衛生になりやすので短くカットしておくとお世話がしやすいです。

シニア犬になったと感じたら見直したい4つのこと
100均の滑り止めマットを使用している17歳のヨーキーちゃん
シニア犬へのサポート4:住環境を整えよう
シニア犬になると階段や段差、フローリングで転んで思わぬケガをしてしまうこともあります。

危ないかも!と感じたら愛犬の過ごす空間ができるだけ安全なものとなるように、ゲートの設置、段差の解消、滑り止めの使用、寝床の位置の見直しなどを行いましょう。愛犬にどんなサポートや介護をしたらよいのかは、その犬の状態によって異なります。シニア犬の介護は大変ですが、愛犬の性格や状態を把握している飼い主さんの責任と愛情があるからこそできることですし、犬にもその気持ちがちゃんと通じているはずですよ。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:42 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護猫カフェが子ども食堂に変身 月に1回「猫と遊べて、ご飯もおいしい」

Yahoo! JAPAN



猫の保護や里親探しに取り組む保護猫カフェ「まーぶるかふぇ」(兵庫県高砂市神爪1)が月に1回、子ども食堂を開いている。地域の小中学生らが集まり、猫と触れ合いながら思い思いに過ごす。店長の村田サヤカさん(30)は「猫がいると、子どもは心を開きやすくなる。学校でも家でもない、第三の居場所でありたい」と話す。

【写真】猫と触れ合う子どもたち

 同店は加古川市の不動産会社「ジャムホームエステート」が2017年に開設した。地域住民らの依頼を受け、捨て猫などを引き取って新たな飼い主につないでいる。現在は20匹がおり、利用者は30分400円で猫と触れ合えるほか、猫がいる部屋とガラスで区切られた飲食スペースで、軽食もできる。希望者は、猫を引き取るための手続きをする。

 子どもの孤食を防ごうと昨年1月から毎月、定休日を利用して子ども食堂を始めた。「保護された猫と接することで、命の大切さも感じてもらえるのでは」と村田さん。

 子ども食堂の利用は無料。毎月、小中学生を中心に20人ほどが訪れる。料理の準備をしている間、子どもたちは猫にえさをやったり遊んだりして過ごす。

 運営には近隣の飲食店が協力し、食材の一部も提供する。加古川市で日本料理店を経営する迫田美樹男さん(49)が調理を手伝い、手巻きずしやそうめんを作る。近くの食パン専門店に規格外品のパンを提供してもらい、サンドイッチを並べたことも。荒井小4年の女児(9)は「大好きな猫と遊べて、ご飯もおいしい。来るのが楽しみ」とにっこり。

 食堂は9月3日で19回目を迎える。当初は不登校だったが、食堂に通いながら心を開き、学校に行くようになった中学生も。村田さんは「悩みを抱える子に、寄り添ってあげられる場所にしたい」と話す。

 子ども食堂は第1火曜午後4〜6時。同カフェTEL080・4020・8835

(小森有喜)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:33 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛護センター開設で猫の殺処分増えた 大分で想定外の事態に

Yahoo! JAPAN



保健所が保護した犬と猫の譲渡を進め、殺処分を減らそうと大分県と大分市が同市で2月に開設した「おおいた動物愛護センター」は、県内の猫の保護頭数が開設から半年間で昨年1年間に迫る1688匹に上ったことを明らかにした。センターへの直接の持ち込みが増えたのが原因で、結果的に殺処分が増える悪循環に陥っている。想定外の事態にセンターは「野良猫を減らす抜本的な対策を進めるしかない」と危機感を強める。【河慧琳】

【2匹の保護猫がひたすらいちゃいちゃする動画】

 センターは、県内の保健所に持ち込まれた犬や猫を集め、健康状態をチェックして収容する。猫100匹と犬56匹を収容できる飼育室があり、見学会や譲渡会を開いている。希望者には事前に審査と講習を受けてもらった上で引き渡している。

 飼い方の指導や命の大切さを学ぶ教育にも力を入れ、殺処分数を削減するのが狙いだったが、センターが動物を保護する施設と考えた市民から直接の持ち込みが相次いでいる。しかし、保護された犬や猫は引き取り手がいれば譲渡されるが、その割合は極めて低いのが現状で、結果として殺処分が増えている。

 ◇センターへの直接の持ち込み増えた

 センターによると、開設した2月17日〜8月16日に県内で保護された犬は290匹、猫は1688匹。昨年1年間で犬は633匹、猫は1820匹だったため、猫の保護が大幅に増えたことが分かる。特にセンターへの直接の持ち込みが増えており、犬39匹、猫1439匹だった。持ち込みの理由は「野良猫が近くにいると困る」「自分たちでは飼えない」などだった。

 半年間に保護された犬猫のうち、殺処分されたのは犬82匹、猫1356匹で、残りは譲渡されたり飼い主に返還されたりした。猫は犬に比べ野生化すると人に慣れにくく、風邪に集団感染しやすいことなどから殺処分される割合が高いという。

 背景には、犬がペットとして小型化して飼育しやすくなったことや、飼育可能なマンションの増加で野良犬が減っていることと対照的に、猫は無責任な餌付けや未不妊・未去勢のままでの放し飼いなどで繁殖し、野良猫が減らないことがある。

 県と市町村は、野良猫の不妊・去勢手術を支援する地域住民に助成金を出し、野良猫の増加を抑制する「地域猫活動」に取り組んでいる。センターの佐伯久所長は「殺処分の増加で職員も疲弊している。現状について情報発信し、動物愛護教育を進めて殺処分を減らしたい」と意気込む。問い合わせはセンター(097・588・1122)。
posted by しっぽ@にゅうす at 01:40 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする