動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年09月06日

保健所はパンク寸前・・・緊急譲渡会 相次ぐ“多頭飼育崩壊”で 長野

Yahoo! JAPAN



ペットの数が増えすぎて飼いきれなくなる「多頭飼育崩壊」が長野市で相次ぎ、保健所がパンク寸前の状態です。「1匹でも多く譲渡したい」と、4日夜、緊急の譲渡会が開かれました。

譲渡会が始まったのは通常の業務が終わった午後5時。ネコを収容する部屋には、仕事や学校から帰宅した人たちが次々に訪れました。きのう4日現在、長野市の保健所が保護するネコは41匹。収容の目安とする40匹を超えていました。
(長野市動物愛護センター・笠原美絵さん)「今後引き取りの依頼があったら、対応できるかが心配。1匹でも譲渡できればと緊急の譲渡会を開催した」
この状況を引き起こしたのが「多頭飼育崩壊」です。飼い主が不妊の処置をせず、飼いネコの間で繁殖が繰り返されて数が増えすぎ、飼いきれなくなるというものです。長野市内では4月に一度に16匹を保護。その後も別の飼い主からそれぞれ24匹と15匹を保護しました。
(担当者)「背中の下のほう、尻尾の付け根の辺を触ると喜ぶ」
保護している半数の20匹は、子ネコに比べて引き取り手が見つかりにくい大人のネコですが、抱かれたり触れられてうれしそうな様子も見せます。
(訪れた人)「(多頭飼育された)割りには落ち着いていて、元気そうな子たちだと思いました。うちは成ネコでもかまわないので、ゆっくり環境にならしていけたら」
4日は午後5時から8時の3時間に9組15人が訪れ、そのうち3組が4匹の譲渡を希望したということです。譲渡会は通常、平日の日中と月1回休日に開いていて、今月は21日に予定しています。保健所は「1匹でも多く飼い主を見つけたい」と話しています。

長野放送

最終更新:9/5(木) 21:27
NBS長野放送
posted by しっぽ@にゅうす at 05:25 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「飼い主の自己満足」と批判も 犬のおしっこ後、電柱に水をかける行為に意味はある?

Yahoo! JAPAN


住宅街で犬を散歩させている人の中で、片手でリードを持ち、もう一方の手にペットボトルを握っている人がいます。500ミリリットル入りサイズのペットボトルに水を入れ、犬が電柱などにおしっこをした後、その水をかけているようなのですが、これについてネット上では「ちょろっと水をかけて、掃除したつもり?」「飼い主の自己満足」といった批判の声も見られます。犬の尿については、「道路標識が倒れた原因とみられる」という報道もあります。

 犬がおしっこをした後、電柱に水をかける行為に意味はあるのでしょうか。獣医師の増田国充さんに聞きました。

アンモニアは金属を腐敗させる
Q.そもそも、犬がおしっこをかける行為の意味は何でしょうか。「縄張りの主張」と聞いたことがありますが、違うという意見もあるようです。

増田さん「主に、オス犬がおしっこをかける行為をしていますが、この行為を『マーキング』といいます。マーキングとは、一種の縄張りのアピールとして行っているものといわれています。確かにこれが主な目的なのですが、それ以外の理由として、犬社会のコミュニケーションの一部、あいさつのような意味合いがあるともいわれます。

一方、未去勢のオスの場合、尿中に男性ホルモンが含まれることがあり、メス犬に対するアピールをしているという説や、犬自身の精神を落ち着かせる意味合いがあるという説など複数の要因があると考えられています」

Q.犬の尿の成分はオスとメスで違いますか。また、散歩中の回数に違いはあるのでしょうか。

増田さん「性別によって、尿そのものの成分が大きく変化することはあまりないと考えられます。差が出るとすると、未去勢あるいは未避妊の場合、オスでは男性ホルモンの混入、メスでは発情時に出血が混じることがあります。排尿回数に性別差はありませんが、膀胱(ぼうこう)炎をはじめとした泌尿器のトラブルが原因で、排尿の回数や尿の臭いに変化が出る場合があります」

Q.犬を散歩させている人が水を入れたペットボトルを持っている場合、何に使うのでしょうか。

増田さん「確かに、犬の散歩の際に水を持ち歩いている人は多いです。犬がおしっこをしたところに、水をかけることに使用しているようです」

Q.電柱や道路標識など、おしっこをしたところに水をかけることで、消臭などの効果はあるのでしょうか。「水をかけても広がるだけでは」との声もあります。

増田さん「飼い主としては、マナーやエチケットとして配慮して水をかけていると思われます。犬を飼っていない人からは、『尿を拡散しているだけなのでは?』と思われてしまっているようですが、尿の臭いは、人間の感じるレベルではかなり軽減できていると思います」

Q.道路標識の根元が腐食して倒れ、その原因が犬の尿とみられている事例があります。犬の尿の成分がどのように作用して、標識が倒れるのでしょうか。

増田さん「犬の尿には、アンモニアをはじめ、金属を腐食させる成分が含まれています。犬の習性として、同じ箇所に何度もおしっこをかけることがあり、標識の根元に尿の成分が集中して金属の腐食を招いたものと考えられます。複数の犬の尿に常時さらされたり、さらに尿の水分が蒸発し濃縮されたりした可能性もあります。

一方で、尿の酸とアルカリのバランスも関係しているといわれます。犬の尿はやや酸性傾向にあり、短期間では金属に大きな影響を与えなくとも、長期にわたる刺激で徐々に劣化していった可能性もあります。飼い主が水をかける意味として、先ほど述べた臭い消しなどに加え、尿の濃縮を防ぐ意味もあると思います」

Q.犬の散歩について、飼い主が注意すべきこと、心掛けるべきことを教えてください。

増田さん「世の中には犬が好きな人、そうでない人がいるということを双方がよく理解していくことが大事ではないかと思います。互いを思いやる心が一番重要ということをまず念頭におきましょう。

その上で、飼い主は必ずしも『散歩=トイレ』ではないことを踏まえて行動しましょう。普段生活している場で排せつがしっかり行える所を確保すること、屋外でやみくもにマーキングをさせないよう配慮をすること、マーキングをしたところはできるだけ臭いを防ぎ、尿が濃縮しないよう水で流すことを心掛けましょう」

オトナンサー編集部
posted by しっぽ@にゅうす at 04:22 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

“猫島”の猫が大量死、疑惑の一家に話を聞いた

Yahoo! JAPAN



「ここ、本当に“猫の島”なの…?」。遠路はるばる観光に来た子供がそう肩を落としたほど、その島から猫の姿は見られなくなった。

【写真】最初の不審死を遂げた猫「アニ丸」

 福岡県北九州市の小倉港から約10km離れた小さな離島・馬島。約30人の島民よりもはるかに多い猫が暮らしていたことから、猫ファンの間では「隠れた猫の名所」として知られてきた。

「2014年、猫が島民の3倍ほどの数に増えた頃、福岡市の市民団体『大切な猫たちプロジェクト』がほとんどの猫に去勢手術や不妊手術を施しました。その様子がテレビで報じられ、“猫島”として広く知られるように。猫好きの観光客もいらっしゃるようになりました」(地元住民)

 ところがここ最近、猫が急に激減したという。

「今年8月に調べたところ、90匹近くいた猫が30匹ほどに減ってしまったようで…。こんなに見かけないのはあまりにも異常。どうも虐待や毒殺が疑われているんです」

 そう話すのは、島猫の保護に努めてきた島民のAさんだ。

「観光客にも親しまれていた有名な『アニ丸』は、2017年9月に変死しました。口から泡を吹きながら私の家にたどり着き、4〜5時間悶え苦しんだ末に絶命したんです。定期船の最終便が出た後だったため救急搬送もできず、とても悔しかったのを覚えています」(Aさん)

「大切な猫たちプロジェクト」によれば、同日に猫の不審死が5件確認されたという。

「去年と今年、私の自宅周辺からは、青い薬品のようなものが付着した魚の切り身が見つかりました。死んだ猫たちはそれを食べたのだと思います」(Aさん)

 複数の島民に話を聞くと、ある島民が偶然そのエサを見つけた時、その場で高齢男性の島民Bさんが不審な行動を取っているのを見かけたという。さらに、Bさんの「おれが殺した」という旨の発言を聞いた島民もいたそうだ。

 ほかの島民はBさんからの報復を恐れて、通報できないのではないかともいわれている。

 これらを受けて、動物虐待に取り組むNPO法人「SCAT」は、動物愛護法違反での刑事告訴を視野に、犯人特定に向け動いているという。

Bさんの自宅を訪ねると、「父は高齢で耳も聞こえないので、私たちが話します」と、息子夫婦が取材に応じた。

「もともと、島全体として『地域猫』を認めているわけではありません。Aさんが小さい頃に猫を飼い始めて、それがどんどん増えたのでは。なかには野良猫化した猫もいて、畑が荒らされるなど、迷惑を被ってきた島民もいるんです。

 テレビでは『急激に減った』と言うけれど、そもそも去勢・不妊手術を施したのは、数を減らすためのはず。それに小さな島内で近親交配を繰り返した結果、体が弱く寿命の短い猫も多かったから、猫の数が減るのは当たり前のことでしょう。『SCAT』には“島外で猫を保護しなくては”と言われましたが、われわれとしてはむしろ“お願いします”と言いたいですよ」

 島民たちは疑心暗鬼になっている。いちばんかわいそうなのは、人間の板挟みになって翻弄される猫たちだ。

※女性セブン2019年9月19日号
posted by しっぽ@にゅうす at 03:03 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イヌは品種によって脳の構造も違う、改良のお役目と関連、研究

Yahoo! JAPAN



品種改良で「脳の進化が急激に進んだ」と研究者
 小さなチワワからどっしりとしたセントバーナードまで、世界には数百にのぼるイヌの品種が存在する。これは何世紀にもわたって人間が行ってきた選択的交配の成果だ。イヌの体格や気性がこれほどまでに多様化してきたことを考えれば、彼らの体だけでなく、脳にも違いがあっても意外ではないだろう。

ギャラリー:愛すべき犬たちとの幸せな瞬間 写真28点

 33品種を対象に、MRIによるスキャンを行った新たな研究によると、どのような品種改良が加えられたかに応じて、イヌの脳の構造が異なることが明らかになった。この論文は9月2日付けの学術誌「Journal of Neuroscience」に発表された。

 たとえば、ラサアプソなど小さくなるように改良が加えられたイヌは頭部が丸く、頭骨内に丸い脳がぴったりと収まっている。一方、ゴールデン・レトリバーのような大型犬の頭部は細長く、脳も長く伸びた形状をしており、頭骨内部の空間にはやや余裕がある。

「スキャン画像を見ただけでとても驚きました」と、米ハーバード大学の進化神経科学者で、研究を主導したエリン・E・ヘクト氏は言う。「科学の分野で、複雑な統計などを一切取らずに、何か重要なことが起こっているとわかるのは、本当にすごいことなのです」

 イヌの脳についての新たな知見は、品種というものがどれほどイヌと分かちがたく結びついているかをよく示している。引いてはこれからイヌを飼おうと考えている人たちに、自分の家にふさわしい品種を選ぶうえで参考にしてもらえるだろうと、ヘクト氏は述べている。

行動特性と関連する6つのネットワーク
 今回の研究のために、ヘクト氏のチームは、米国の家庭で飼われているイヌを62匹集めた。品種としてはたとえば、ビーグル、ヨークシャ・テリア、ドーベルマン、ボクサーなどが含まれていた。

 品種によって脳の大きさと形状に違いがあることに気づいたチームは、その後さらに、特定の行動特性を持つさまざまな品種において、脳がどのように異なっているかを詳しく調べた。

 たとえば、ブルドッグはもともと雄牛と戦わせるために開発された後、家庭のペットにふさわしいよう改良された品種だ。そのため、「競技用の戦闘」と「明確な友愛意識」の両方の行動特性グループに分類される。

 調査の結果、匂いの追跡や友愛さといったイヌの行動特性から識別できる6つの脳内ネットワークを特定した。

 たとえば、脳内の前頭前皮質という部位にある、群れの大きさや仲間との交流と関連するエリアには、家畜を集める、警察・軍隊・戦場で働く、害敵を管理する、鳥を追い立てたり取ってきたりする、競技用の戦闘を行うといった作業に向くよう改良された品種で、同じ変化が起こっていた。

 これは理にかなっていると、ヘクト氏は言う。そうした品種は「認知的に複雑で要求レベルの高い厳しい役割をこなすため、前頭前皮質からの強力なサポートを必要としている」と考えられるからだ。

かつては「偽の動物」とさげすまれたイエイヌ
 過去には、イエイヌは科学者から「偽の動物」とさげすまれ、科学的な研究をする価値がないと言われた時期もあった。だが、最近では研究対象になることも増えている。特に盛んなのは感情や認知に関する分野だ。たとえば、2万年にわたる共生により、イヌは人間の感情を、おそらくはほかのどの動物よりも正確に解釈できる能力を獲得した。

 今回の論文を書いたヘクト氏らは、統計的な分析も行っている。おかげで、品種ごとのイヌの脳の変化が遠い過去ではなく、最近起こった現象であることがわかった。これは「イヌの脳の進化が急激に進んだ」ことを示していると、ヘクト氏は言う。

「この結果を見ると、人間が自分たちを取り巻く世界をどのように変えてきたのかを実感します。わたしたちの脳が地球上の他の動物の脳に変化を及ぼしているということには、重大な意味があります」

文=LIZ LANGLEY/訳=北村京子
posted by しっぽ@にゅうす at 02:04 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あなたの「飼いたい」が動物を絶滅させる とある動物園に掲示されたメッセージが深い

ネタりか


埼玉・東松山にある「埼玉県こども動物自然公園」のマヌルネコ舎前に設置された看板がツイッターで話題になった。


可愛らしい文字が目を引くダイヤ貼り封筒風のこちら。実は蓋になっているようで、開けてみると、そこには熱いメッセージが込められていた。

まにゃもう(@manyamou)さんのツイートよりまにゃもう(

@manyamou
)さんのツイートより

こちらはツイッターユーザーのまにゃもう(@manyamou)さんが投稿した写真。世界最古の猫とされ、アフガニスタンやイランに分布するマヌルネコ。その展示舎前に設置された看板に書かれているのは「飼いたい」と考えている人へのメッセージだ。

確かに可愛らしいマヌルネコの姿や仕草を見ると、飼いたくなってしまう気持ちはわからなくない。

しかし、看板では飼いたいと思うことが密猟、そして彼らが絶滅してしまうと訴えている。生息数が地球上で1万5000頭ほどしかいない――大好きなマヌルネコたちが飼いたいと願うことによっていなくなってしまうかもしれない。

そんな厳しくも熱く優しいメッセージが書かれているのだ。なぜ、こうしたメッセージを掲示しているのか。Jタウンネットが、動物園の担当者に取材した。

飼育スタッフの思いを聞いた
メッセージの全文は以下の通りだ。

「ふわふわの毛や丸い瞳、太いしっぽなど、とてもかわいらしい姿や動きにマヌルネコを飼ってみたいと思った人も多いと思いますが、マヌルネコは『アメリカンショートヘア』や『マンチカン』といったイエネコの品種とは違います。野生のネコのなかまの一つの種です。
彼らは現在、地球上に15000頭ほどしかいないと考えられています。すみかも開発や環境破壊などにより分断されて生息数が減ってきているといわれています。
私たちが飼いたいと希望すれば、それに答えるために密猟により多くの野生のマヌルネコがとらえられることでしょう。そして彼らの絶滅への道が近づくことが容易に想像できます。
飼いたいほど大好きなマヌルネコが地球からいなくなってしまわないように、本物ではなく、写真や動画、記憶で皆さんのうちまで連れて帰ってあげてください。そして彼らを守るために何をしたらいいか、一緒に考えていきましょう」

こうした熱い思いにツイッターでは、

「マヌルネコちゃん、可愛いからなぁ。。でもその通り!!」
「これ書いた人の気持ちよくわかる。マヌルネコに限ったことじゃないよね。テレビや動物園で見て、かわいいだけで飼いたいに直結するのはあさはかすぎる。そんなあさはかなヒトの行為がどれだけ生き物達に迷惑かけてきたかな」
「なんか辛いというか、心が揺れるというか...こんなの分かってたけど、改めて地球のピンチを実感した」

などのコメントが寄せられている。

マヌルネコマヌルネコ

2019年8月29日、Jタウンネット編集部は埼玉県こども動物自然公園に質問状を送付。9月3日に担当の飼育スタッフの回答が書面で届いた。

17年ごろから設置しているというこの看板。まず設置の経緯について聞いた。生息地や絶滅の原因などに言及するのは珍しくないといい、こうした現状を伝えるのも動物園の役目。その上で、

「キーパーガイド(編注:飼育係が旬な動物の話をするイベント)などではしばしば話していますが、ガイドに参加できない来園者のみなさんにも伝えられないかと思い考えました」

また、ネコと付く名前などからイエネコと同様に考えてか「飼ってみたい」という声が多いように感じられたそうで、

「ここでは飼いたいと思った人に向けてのメッセージというかたちで看板を作成してみました」

と担当者。可愛らしい姿からは中々結びつかない厳しい現実。より多くの人に見てもらうのが大事だ。

動物園を学びの場に
見てくれている人はそれなりにいるというマヌルネコの看板。しかし、中々メッセージが伝わらないようで、

「タイトルのインパクトと開けた時の文字数の多さからか、内容をよく読まずに『飼えるんだってー』と勘違いしていく方も中に入るので、もう少し改良するべきか悩んでいます」

子どもからすると、長いのかもしれない。そこはしっかり親御さんが説明してあげてほしいものだ。

せっかくなので、看板に書ききれなかったことがあるかと尋ねたところ、「動物たちが減っている現状にもっと関心を持ってもらいたいです」とした上で、

「遠く離れた場所にすむ動物たちですが、減っている理由は私たちが生活するために使うものを作るために山を切り開いて畑にするためだったり、ペットや毛皮にするための密猟だったりします。動物園でそういったことを知ったり考えたりするきっかけをつくってもらえたら嬉しいです」

とコメントした。

今回はたまたまマヌルネコについての看板だったが、ほかの動物にも通ずる内容。担当者によると、

「園内にはこの看板以外にも似たような内容の看板が設置されています。ぜひ探してみてもらいたいです」

とのこと。遊びとして楽しむのも大事であるが、こうした学習をするのも動物園の魅力のひとつではないだろうか。
posted by しっぽ@にゅうす at 01:25 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする