動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年09月07日

「地域猫」と共存共栄を図るには? 人とペットの赤い糸

Yahoo! JAPAN



【人とペットの赤い糸】

 好き嫌いを含め、猫に対してさまざまな考えを持っている人たちがいると思う。しかし、命ある猫がすぐに殺処分されても良いと思っている人はほとんどいないはずである。

 地域猫とは、飼い主がいない猫を地域住民が共同でケア、管理することで、人と猫が共生できるようにした猫のことである。地域猫活動は、地域住民やボランティアの方々が、不幸な猫をなくすことを目標にした活動だ。

 公益財団法人日本動物愛護協会の計算によると、1組のオスとメスの野良猫を放置すると、3年後には約2000頭に増えることになる。

 主な地域猫活動の一つが、野良猫の繁殖を防ぐために行うTNRである。Trap(捕獲・保護)、Neuter(不妊去勢手術)、Return/Release(元の場所に返還)の略である。自治体によっては手術のために助成金の援助や捕獲器を貸し出すところもある。

 TNRよりもさらに進んだ活動がTNTA活動だ。最後のTAは、Tame(人に慣らす)、Adopt(譲渡する)ところまでフォローすることであるが、こちらは明確に効果があるとされている。

 不妊去勢手術を受けた猫は、野良猫で手術されていない猫と区別がつくように、耳先に小さくV字の切り込みを入れて手術済みであることを示す。桜の花びらにも似ているので、「さくら猫」とも呼ばれている。殺処分の対象になることを防ぐ印にもなる。

 他にもさまざまな活動がある。公衆衛生と健康管理の面から、フードは時間を決めて与え、後片付けをしっかりと行う。フードを置いたままにすると、他の地域から猫が侵入してくる。

 トイレはフードを与える場所の近くに確保し、猫の糞(ふん)尿処理をきちんと行うことも大切だ。人畜共通感染症への対策も必要となる。猫が民家の庭に入り、排泄(はいせつ)などの行動により、盆栽や花などに被害を与えないように、また、飼い猫に危害を加えないように、生活圏を守る活動も大切だ。

 地域猫の活動によって、殺処分や苦情が減り、地域住民の結びつきが深まったとの報告もある。しかしながら、活動の賛成派と反対派の意見統一ができないまま活動を開始し対立したケースもある。事前に十分な話し合いをして、地域猫と共存共栄する方法を見つけ出し、合意することが大切だ。

 人は昔からさまざまな種類の動物と共存共栄を図ってきた。地域猫は、近隣住民とのコミュニケーションの潤滑油ともなり、高齢者の生活のハリに繋がり、子供たちの情操教育にも役立つ。

 筆者もこれまでの経験から、野良猫をできるだけ家に迎え入れることを薦めたい。そうすることで、感染症や交通事故から猫を守ってあげることができる。

 ペットフード協会の調査データでは、外猫を内猫にすることにより、寿命も2・34歳延びる。有効な地域猫活動から、地域猫と共存共栄を図り、人とペットの赤い糸につながることを期待したい。

 ■越村義雄(こしむら・よしお) 一般社団法人「人とペットの幸せ創造協会」会長。同ペットフード協会名誉会長。一般財団法人日本ヘルスケア協会理事、「ペットとの共生によるヘルスケア普及推進部会」部会長など。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

野良ネコが増え続けるオーストラリアで「1世帯2匹まで」のネコ規制条例

Yahoo! JAPAN



<2020年から施行される条例ではネコの夜間外出禁止令も制度化される>
全国的に野良ネコが増加し、野生動物への悪影響が問題となっているオーストラリアで、飼いネコの数を「1世帯あたり2匹」に制限する条例を導入する町があらわれた。

【ニュース動画】豪政府、野良ネコ200万匹殺処分へ

オーストラリア南部アデレード近郊の町マウントバーカーでは、2020年以降、夜8時から朝7時までの夜間にネコを屋外で放し飼いにしておくことが禁止される。この夜間外出禁止令を破ったネコは、飼い主のもとに返されるか、施設に収容されるか、または新しい飼い主のところに引き取られる。

一方で飼い主はネコの登録を義務付けられ、迷子になったネコを飼い主に戻すことができるようになる。

「条例で重要なのは、ネコの迷惑行動に対処することだ」と、町議会は声明で述べている。

声明では、「攻撃的な行動や不愉快な騒音、悪臭によって、住民の平穏、安らぎ、利便性を侵害した」場合、ネコは「迷惑」と定義されている。さらに、環境を破壊したり個人の所有物を損壊した場合、また土地の所有者の同意なしに立ち入ったり、排便、排尿した場合にも「迷惑」と見なされる可能性もある。

<去勢措置や近隣住民の許可が必要>

町議会ではまずネコの飼い主と話し、それでも迷惑行動が収まらない場合には「法的措置を講じる」としているが、この文言が何を意味するかは不明だ。

マウントバーカー町議会は、一般住民の調査メンバーを含む審議会の開催を経て、条例の草案を作成。条例には試行期間が設けられ、最終的には適用除外や罰金、法的措置などの詳細が決められる。

すでに2匹以上のネコを飼っている住民はこの条例の適用外となる。しかしその場合でも飼い主は、議会に申請して許可を得る必要がある。また去勢措置を施したり、ネコを飼うことへの近隣住民の許可も直ちに取得しなければならない。

2匹以上のネコを飼う世帯主は、当局が定義する「不衛生、迷惑な状態」を生じさせないよう注意しなければならない。議会は、ネコに関する苦情を受けたり、ネコが夜間に外出しているのが認められたりしたら、飼うネコを増やすのを認めないケースもあると忠告している。


<夜間外出禁止令はネコにも有益?>
町議会は、この条例がネコの安全を確保し、環境への負荷を軽減するために定められた、と説明している。飼えるネコの数を規制することで、望まれない子ネコが生まれて別の飼い主に引き取られる必要が生じることを防ぐ効果が期待されている。

「増えすぎたネコが住民の健康や福祉上の問題、生活の迷惑などにならないよう、行政側の問題対処能力を構築することにもなる」と、町議会は声明で述べている。

「夜間外出禁止令は、住民の大切なネコにとって有益だ。ネコにとって最も安全な場所は屋内で、迷子になったり、車にはねられたり、他のネコと喧嘩になったりするリスクもない」

アン・ファーガソン町長は、英ガーディアン紙の取材に対して、自分は「ネコ愛好家」だが、条例は地元住民からの抗議を受けて策定されたと語っている。

「住民にはネコを愛し、寛容な人の方が多い。ネコ嫌いの人たちも存在するがきわめてまれだ」と、ファーガソンは言う。

オーストラリア政府は、他の野生動物を保護する目的で、2020年までに200万匹の野良ネコを殺処分する計画を明らかにしている。

カシュミラ・ガンダー
posted by しっぽ@にゅうす at 07:58 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫ちゃんの耐用年数は8年…みーんな大好き猫カフェ・会計面から見ると…


Yahoo! JAPAN



猫カフェでお客さんを楽しませてくれる「従業員」の猫ちゃんたち。一匹一匹がかけがえのない存在ですが、税務帳簿上は単なる「資産」として扱われています。耐用年数が決められ、減価償却されていく対象なんです。ちなみに、動物園、水族館など、見て楽しむ生き物がいるところは同じ扱いだそうですよ。ちょっと夢のないお話ですが、生き物の会計での扱いについて、大阪市にある佐田会計事務所の税理士・佐田哲司さんに聞きました。

【図】魚類、鳥類、そのほかの動物…生物の「耐用年数」一覧はこちら

■猫ちゃんは「器具・備品」
猫カフェの猫は生き物ですが、会計・税務の世界では「器具及び備品」の扱いです。購入時の価格が10万円未満であれば、消耗品として、購入した年の経費となります。一方、10万円以上だった場合には「資産」となり、耐用年数に応じて「減価償却」を行う必要があります。

減価償却とは、長期にわたって使用する資産の取得に要した支出を、資産を使用できる期間にわたって配分して経費計上することです。たとえば20万円の猫を買えば、その猫による収入は何年かにわたって生まれますね。長期的に使うつもりで購入したのであれば、費用も使う年数に応じて少しずつ計算したほうがよいのではないか…という考え方から行われています。

■実際の寿命と異なる「耐用年数」
気になる耐用年数ですが、猫カフェにいるような「観賞用、興行用その他これらに準ずる用に供する生物」の場合、魚類2年、鳥類4年、そのほかの動物は8年と決められています。つまり、猫カフェの猫の耐用年数は8年となります。

この期間は猫カフェに限らず、そのほかの動物園や水族館でも適用されます。フクロウカフェにいるフクロウであれば4年、動物園のゾウやトラであれば8年になります。動物によっては、実際の寿命とは異なるかもしれませんが、会計的には収益を上げることができる生き物の寿命として決められています。

「うちの猫はもっと長く生きられるはず…」と思う気持ちもあるとは思いますが、耐用年数が短いほど早く経費化できるので、納税者には有利になります。なお、耐用年数を全うせず途中で亡くなってしまった場合は、未償却分の金額はすぐ経費にできます。

■成熟するまでは経費化できない生き物も
なお、生き物の用途によって耐用年数は異なり、牧場にいる牛や馬など畜産に使われるものなどは「生産に使用される生物」として、別途耐用年数が決められています。

繁殖用、種付け用…特に馬であれば、競馬のレースに出場する競争馬など、細かい用途にあわせて細かく決められています。これらの生き物は成長して大きくなってからしか経済的な価値は生まれませんので、子どもの間…つまり「成熟するまで」は経費化することができない決まりがあります。

りんごやぶどう、柿やナシといった果樹も、生産に使用される生物として扱われていますが、こちらも木が大きくなって実をつけるまで時間がかかるため、同じく成熟するまでの期間が定められています。

  ◇   ◇

かわいい猫のいる猫カフェや、動物園・水族館ですが、お金のことを考える視点からだと、生き物たちもひと味違った存在に見えてきませんか…!?

(まいどなニュース・川上 隆宏)

まいどなニュース
posted by しっぽ@にゅうす at 03:13 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

譲渡ニャンと100匹超 里親とつなぐ猫カフェ盛況、平塚

Yahoo! JAPAN


飼い主がおらず地域で保護された猫と触れ合いながら里親を探す猫カフェ「にじのはし」(平塚市明石町)が、開店から1年足らずで里親への譲渡数が100匹を超えるなど盛況だ。県内各地の動物愛護団体から預かった猫と里親希望者との懸け橋になり、県の殺処分ゼロにも貢献。地域猫の活動に長年取り組み、カフェを立ち上げた男性は「不幸となる猫を1匹でも減らしていきたい」と意気込んでいる。

【写真で見る】譲渡ニャンと100匹超

 カフェはペット専用葬儀社「ウェイビー」(同市)が運営。同社を2011年に起業した井上充社長(39)は以前、二宮町内で野良猫を保護し、不妊手術などを施した上で地域猫として育てる活動を続けた。しかし、自宅で猫を一時保護するボランティアへの負担は大きく、「里親を探す仕組みをしっかりつくらなければ」と昨年11月、「にじのはし」をオープンした。

 同市内で譲渡会を行っているNPO法人「平塚のら猫を減らす会」と協力し、横浜や湘南、西湘地域で保護された猫をカフェの“店員”として預かる。来店客は猫と触れ合いながら気に入れば、店を通じて所有権のある愛護団体などに里親として名乗りを上げる仕組みだ。

 当初、年間目標としていた100匹の里親譲渡は開店8カ月の7月末で達成、9月現在では約120匹を超えた。「愛護団体の譲渡会では触るときにおり越しになることも多いが、猫カフェなら直接触れ合える」と井上社長は手応えを口にする。

 現在はウェイビーの店舗に隣接するカフェで白猫や三毛猫など18匹が新しい家族を待っている。保護した猫をカフェに預けた女性は「早ければ3日で里親が見つかる。子猫も訓練されて人間慣れするので譲渡先でもうまくやっていける」と説明する。同法人の平田昇理事長も「これまで会員が自宅で猫を保護してきたのでシェルターの役割としても助かっている。譲渡数も昨年の99匹から今年は1・5倍ペースで増えている」と感謝する。

 現在は2号店のほか、高齢犬のホスピスの役割を兼ねた「犬カフェ」の構想も。井上社長は「ペットではなく家族の一員。カフェの事業は黒字ではないが、企業としても地域の信頼を得るための社会貢献活動を続けたい」と話している。

 猫カフェは火・金曜日が定休日。午前11時から午後8時までで、JR平塚駅から徒歩3分。問い合わせは、にじのはし電話0463(25)5007。

神奈川新聞社
posted by しっぽ@にゅうす at 02:28 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国企業、飼い猫のクローン化に初成功 次はパンダ?


Yahoo! JAPAN


【AFP=時事】中国の企業が、ペットの猫のクローン化に初めて成功した。7月21日に誕生したブリティッシュショートヘアのクローン子猫は、その7か月前に飼い猫をなくした顧客の依頼で作製されたという。

【写真 10枚】代理母にじゃれるクローン子猫「大蒜」

 クローンペット作製会社、北京希諾谷生物科技(Sinogene、希諾谷)は、これまで飼い犬40匹以上のクローン作製に成功している。犬のクローン化の費用は38万元(約570万円)と高額だが、猫のクローン化は25万元(約370万円)でできるという。

 希諾谷の米継東(Mi Jidong)最高経営責任者(CEO)は、高額の費用がかかるからといって、全ての顧客が高所得者層なわけではないとAFPに語った。「実際のところ、顧客の大多数は大学を卒業して間もない若者たちだ」

「飼い主は、ペットの生まれに関係なく家族の一員とみなすだろう。ペットのクローン化は、若い世代の感情面のニーズを満たすものだ」と米氏。

 飼い猫「大蒜」と7か月前に死別した黄雨(Huang Yu)さん(23)は、生まれ変わった愛猫の姿に感激。ニンニクを意味する同じ名前を付け、「2匹は90%以上似ている」と話した。外見と同様に性格も似ていることを願っているという。

 中国の科学者らは、さらなるクローン化への挑戦に大きな野望を抱いており、猫のクローン化が可能ならば、パンダにも応用できるとして研究に取り組んでいる。【翻訳編集】 AFPBB News
posted by しっぽ@にゅうす at 01:26 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする