動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年09月10日

猫カフェから水族館まで――動物愛護意識の高まりで問われる、都市型施設の姿勢と役割とは

Yahoo! JAPAN



インバウンドにも大人気の動物カフェ
 動物を見たりふれあったりできるレジャー施設は、年齢・性別を問わず根強い人気があります。特に「動物カフェ」は、都市部で動物と直接ふれあえる施設として近年注目されています。

【アンケート調査】ペットフード購入時の重視ランキング。原材料、安全性……1位は?

 猫カフェから始まった動物カフェですが、現在はウサギやフクロウ、豆柴、コツメカワウソなど、種類が増加しています。これらは今人気の高い動物で、ペットで飼いたいと思っている人は少なくないでしょう。

 しかし、都心の単身世帯ではペットが飼えない、フクロウやコツメカワウソなどをペットとして飼うのはハードルが高いなど、中々実現できません。動物カフェはそのような人を含め、動物好きに人気の施設となっています。また、旅行口コミサイト「トリップアドバイザー」のランキング上位に入るなど、外国人観光客の利用も多く見られます。

猫カフェから水族館まで――動物愛護意識の高まりで問われる、都市型施設の姿勢と役割とは
動物虐待のイメージ(画像:写真AC)
動物を使った集客ビジネスに覚える、一抹の不安
 国内で動物とのふれあいを謳ったレジャー施設は、1990年代に登場した犬のテーマパークが筆者の記憶にあります。入場料金を払うと園内でさまざまな種類の犬とふれあえるほか、別料金で自分の好きな個体にエサをあげたり、散歩が一定時間できたりというシステムでした。

 当時はペットブームの拡大期であり、テーマパークということもあって幅広い層を集客しました。ビジネスモデルに関心が持たれ、大型施設も開業し、このまま全国に拡大する勢いでしたが、結果的にほとんどの施設が閉鎖しています。

 閉鎖には施設ごとの事情があるでしょうが、モラルのないブリーダーの動物虐待がペットブームに水をさし、犬のテーマパークも大型犬を小型の犬舎で飼うなど、劣悪な飼育環境が批判の対象になりました。これらの施設は、「生き物をレジャーにすること」の危うさを世に掲示したと言えます。

 過去の犬のテーマパークと比較すると、現在の動物カフェはおおむね室内で飼育できる小動物が対象です。テーマパークのような大規模施設ではなく、小規模な施設で飼育数が限られることなど、当時とは事情が異なるため、飼育に配慮が行き届きやすい状況と言えます。

 また元々動物の飼育・販売を手掛けていた専門業者が、一般人に理解を深めてもらうために運営している施設や、飼い主同士の交流・情報交換の場となっている施設など、すべての施設が集客目的と言う訳でもありません。

 しかし飼育環境や動物のストレスが問題となった施設もあり、集客ビジネスとして展開していくためには、やはり危うさを感じてしまいます。

動物の飼育環境を犠牲することは論外
 動物のレジャー施設はさまざまなものがありますが、代表的なものは動物園でしょう。他のレジャー施設と比べて早い時期から全国に整備され、ファミリーの定番レジャー施設として定着していますが、今は変革期にあります。

 現在はレジャーの選択肢が増加し、動物園の目的のひとつであるファミリーレジャーの受け皿といった役割はすでに充足しています。また、公共施設が多いため、昔とは異なり、幅広い地域住民への還元が求められます。特に都市型動物園は都市の中心部に広大な面積を占めており、土地の高度利用の観点からもさらなる活用が望まれています。

 動物園はエンリッチメント(動物の飼育環境を豊かで充実したものにする活動)が世界的に言われて久しく、日本においても動物の飼育環境を犠牲にしてまでのエンターテインメント性向上は考えられません。

猫カフェから水族館まで――動物愛護意識の高まりで問われる、都市型施設の姿勢と役割とは
自然公園で戯れるタンチョウヅル(画像:写真AC)
求められる都市型施設の役割
 現在、動物園では自然な生態を迫力溢れる展示手法や興味をそそられる展示手法で見せるようリニューアルを実施しており、大人でも驚きを持って楽しめる施設を目指しています。

 付帯施設を拡充し、都市公園としての価値を上げる施設も見られます。今後重要度が増すと考えられるのが、動物園の根源である保護と繁殖の役割です。気候変動や乱開発により、世界中で絶滅危惧種の増加が問題となる中、対応が急務となっています。このことを情報発信し、一般の人に幅広く理解してもらうことも必要です。

 動物の生態環境をそのまま保護し、その環境を邪魔せず人の方が見に行く施設もあります。国内では自然公園に設けられたタンチョウヅルや野鳥の観察センターなどがそうで、ダイナミックな環境の中で驚きや気付きがある、自然ならではの良さがあります。

 しかし、都市からは離れており気軽にいつでも行けるという施設ではありません。現実問題として、都市型施設がないと都市に住む小さい子どもが直接動物を見る機会が減少し、動物愛護や自然保護への関心が希薄になる懸念もあります。人口規模の多い都市で動物との接点を保つことは、都市型施設の役割と言えるでしょう。

子どもの情操教育に寄与する施設が登場
 動物の赤ちゃんや動物の可愛い仕草・面白い仕草に惹かれる人は多く、TVやSNSで頻繁に取り上げられ、その興味は拡大しやすい状況です。また、アニマルセラピーと言う分野があるほど、動物とのふれあいは人に多大な癒しをもたらします。

 動物による施設は、人気を呼びやすいでしょう。しかし動物による施設には、生き物を扱うがゆえのさまざまな課題があります。

 ペットでない動物は、新たに入手することは難しい状況です。事業効率が悪く、都市における大型開発の選択肢に上がることはありませんでした。

 そのような中、2010年代に入り動物愛護や自然保護の意識が高まり、子どもの情操教育の必要性が重視されるにつれ、新たな発想となる都市型の新業態がいくつか開発されました。そのひとつが迫力ある映像によって、動物の生態を展示した「オービィ横浜」(横浜市西区)です。セガとイギリスのBBCワールドワイドの共同プロジェクトからオープンしました。

 大型湾曲スクリーンに投影された空撮映像によって地球を1周するエキシビション「アースクルージング」や、BBCが撮影した絶滅危惧種の映像を立体で体験できるミニシアターなどがあります。映像のほか、動物と直接ふれあえるエキシビションも導入されました。

 子連れファミリーに人気が高く、各方面から注目されているのが「ニフレル」(大阪府吹田市)です。同施設は大阪・南港で水族館を運営する海遊館が開発した新業態です。

 名前の由来にもなっているコンセプトは「感性にふれる」ことで、展示のテーマは「多様性」。従来の動物園・水族館の地域や気候でわけるのではなく、色彩の多様や行動の多様さなど生き物が持つ個性を「いろにふれる」、「わざにふれる」、「すがたにふれる」、「かくれるにふれる」などといったテーマ別に展示しています。なお同施設では、動物に直接触れることはできません。

 それぞれの施設に考えがあり、取り組みがあります。ぜひお近くの施設を利用してみてはいかがでしょうか。

中村圭(文殊リサーチワークス・リサーチャー&プランナー)
posted by しっぽ@にゅうす at 07:43 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

にゃんぱく宣言「猫を外に出してはいけない」は実践できる? 猫飼育に特化した物件も

Yahoo! JAPAN



テレビで流れるACジャパン(旧・公共広告機構)のメッセージで増えているのが、「ペットを大事に育てましょう」というもの。飼っている犬や猫を身勝手に捨ててはいけない、というメッセージには、大きく頷くことができる。

「飼えない数を飼ってはいけない」も同様。近年、分譲マンションでは飼ってもよい数を制限してペット飼育可能になっているところが多い。適正数を超えるのは、ペットにとっても、近所にとっても問題ありになるだろう。

 メッセージのなかで、最近、あっそうなんだ、と驚いたのが、「猫は外に出してはいけない」というもの。

にゃんぱく宣言 (支援キャンペーン)

 猫を飼っている身として気になるメッセージだ。

猫は外に出さないほうが長生きする
 調べてみると、家のなかだけで飼った猫は、ときどき外に出す猫よりも長生きするというデータがあった。

平成30年(2018年)全国犬猫飼育実態調査 結果

 この調査によると、猫の場合、「家の外に出ない」猫の平均寿命は15.97歳、「家の外に出る」猫の平均寿命は13.63歳と寿命に大きな差があった、とされている。

 その理由についての説明はなく、データの取り方に関する詳しい説明もないので、詳細はわからない。が、外に出せば、交通事故にあう可能性があるだけでなく、他の猫に噛みつかれて病気に感染することもある。その結果、長生きしにくい、ということだろう。それに加えて、外に出した猫は帰ってこないことがある。帰ってこなければ、ペットにとっても飼い主にとっても悲しい。

 犬のように首輪とリードを付けにくい猫は、放し飼い状態になりやすい。以前の日本では、猫は気ままに家の中と外を行き来するのが当たり前だった。しかし、今は、不幸な出来事を減らして長生きさせるため、そしてむやみな繁殖を抑えるために、外に出さないほうがよい、ということになっている。

 実際、私も以前飼っていたアビシニアンを出入り自由にしたら、ある日帰ってこなくなった。事故にあったのか、他の猫に追いかけられて帰り道が分からなくなったのか、はたまた誰かに連れて行かれたのか……とにかく、外に出したために、ペットを失った経験が私にもある。

広まっている「ペットは家で飼うもの」
 「猫は外に出してはいけない」といわれるようになった背景には、「外に出ないでも済む猫」が増えたこともあるだろう。ペットショップで購入された猫、知り合いから生まれたばかりでもらわれてきた猫の多くは、外の世界を知らず、家の中で暮らし続けてもストレスを感じないのだろう。

 世の中も「ペットは家の中で飼う」のが当たり前と思うようになっている。

 一戸建てに住むある人が大型犬を庭で飼っていたら、ご近所から動物虐待だといわれたという。家の中に入れてあげないのはかわいそうとみえたのだろう。

 もちろん、大雨の日や寒い日、暑い日は室内に入れる。が、それ以外は、外のほうがよいだろうと、新築時に建築士と相談し、犬を飼いやすい床や日陰づくりを考えて外に出した。

 それでも「動物虐待」といわれてしまうので、泣く泣く大型犬を親類の家に移した。別荘地のような場所に住む親類で、広い庭でのびのび暮らせば「かわいそう」にはみえないだろう、と。

 大型犬でもそうなのだから、小さな猫を家に外に出すなど言語道断となりそうだ。

家で飼うための工夫を凝らした賃貸住宅も
 現在、「ペットを室内で飼える」家は確実に増えている。

 一戸建てはもちろん、マンションやアパートといった集合住宅でも「ペット可」となっているケースが増加。建物入り口に「ペットの足洗い場」と「ペット用トイレ」があり、散歩中に回収した汚物を流せるようにしているマンションもある。さらには、犬の運動場として「ドッグラン」を設ける都心マンションもある。

 分譲マンションだけでなく、賃貸マンション、アパートにも「ペット可」物件が増え、なかには、家で猫を飼いやすくする特別な工夫を凝らした集合住宅も生まれている。

 そのひとつとして、東京都北区に昨年完成したのが「ブランシエスタ王子」。「マンションのことなら」のCMで知られる長谷工コーポレーションがつくった賃貸マンションだ。

 全120戸には、「土間のある家」や「キッチンスタジオのある家」「サイクリストが暮らす家」など、これまでにない提案を盛り込んだコンセプトルームが12タイプ用意されており、そのなかに、「猫と暮らす家」と名付けられた住戸がある。

 「猫と暮らす家」には特殊な工夫が2つ盛り込まれていた。

 まず、玄関前とバルコニーに出る窓の前に、それぞれ格子状の室内ドアを設置。いずれも、猫が飛び出さないようにする工夫だ。室内ドアを閉めてから玄関ドアや窓を開けることができるので、飼い主は安心である。これ、地味な工夫だが、飛び出し防止のため、大いに役立つはずだ。

 2つ目の工夫は室内に猫の遊び場があること。まず、住戸室内の壁に階段状の木製棚を付けている。目で追って行くと、部屋中央には天井から下げられた幅15〜20センチほどの通路があり、猫がこの通路まで少し苦労しながら到達できるようになっている。

 一部がトンネルになっているこの通路は、キャットウォーク。キャットウォークには「足場」の意味もあるが、ここでは文字通り猫のための通り道だ。

ブランシエスタ王子につくられた「猫と暮らす家」。猫にとって楽しそうな室内になっている。このほか、爪で傷つきにくい内装にするといった工夫も凝らされている。筆者撮影
 猫を外に出さないためには、家の中を猫にとって楽しい空間にすることも推奨されている。その推奨通りの住まいになっているわけだ。

 なお、「猫と暮らす家」は入居済みで、現在、借りることはできない。このような住宅がもっと増えてゆけば、「猫は外に出してはいけない」という教えも守りやすいだろう。しかし、その数はまだまだ少ない。

ちなみに、我が家の猫は……
 アビシニアンを失った我が家では、しばらく猫を飼うことがなかった。が、結局は、猫のいる生活に戻ってしまった。今、我が家には4匹の猫がいる。一戸建てなので、数の制限はない。

 そのうち3匹は家の縁の下で生まれた兄弟。もう1匹、台風が近づく夜に私が拾ってきたランという名の猫がいるのだが、なかなか「外に出してはいけない」の教えを守ることができず、忸怩たる思いでいる。

 そのいきさつは、ブログに書かせていただいた。

愛猫ランは、目下のところ「庭だけ外出OK」

 猫好きな方に。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:34 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬を飼うのに「向いてない人」は違う飼うための心構えが違う!

Yahoo! JAPAN



「犬と暮らしたい」そう思ったとき、実際に犬を家族に迎え入れる前に、どんなことを考えるべきなのか。今一度知ってほしい「犬と暮らす心構え」についてご紹介します。

犬を飼うのに「向いてない人」は違う飼うための心構えが違う!
お兄ちゃんに抱っこされるの大好き♪
犬と暮らす心構えとは「犬の一生に責任を持つこと」
犬と暮らす心構えで最も大切なことは、命を持った家族が増えるという意識と、愛犬の一生に対して責任と覚悟を持っていることです。

ただ可愛いから、癒されたいからと、なんとなく犬を飼ってしまったら、飼い主さんは後で後悔し、犬も不幸になってしまいます。

厳しい言い方かもしれませんが、お散歩にも行かず、狭いケージやサークルにずっと入れておくような飼い方をするつもりであるならば、犬を迎え入れるべきではありません。

犬を飼うのに「向いてない人」は違う飼うための心構えが違う!
今日のお散歩も楽しいなぁ〜!
「犬と暮らす心構え」チェックリスト
これから犬と暮らそうと思っている方も、すでに愛犬と暮らしている方も、今一度、犬と暮らす心構えをチェックしてみてください。

□家族全員が協力し、犬を可愛がり、一生守る気持ちがある
□犬と生活できる住環境が整っている
□自分がお世話できる犬のサイズや犬種の特性を理解している
□犬のお散歩やお世話をきちんと行い、健康管理に気をつける
□犬の基本的なしつけを行う
□食費や獣医療費などお金がかかることを理解している
□今までの自分の時間を犬のために費やす決意がある
□愛犬がシニア犬や病気になったとき、介護が必要になる可能性があることを理解している
□犬を終生に渡って飼育する覚悟がある
□飼い主が病気になったり、亡くなった場合、犬を託せる人や場所がある

犬を飼うのに「向いてない人」は違う飼うための心構えが違う!
ニコニコだね♪
犬の幸せを思い、犬を飼わない決断が必要なときもある
犬を飼いたい気持ちがあっても、犬のお世話ができない可能性があるなら、条件が整うまで犬を飼わない決断も必要です。

犬と暮らすのに向いていない条件とは
経済的な余裕がない
一人暮らしで毎日帰りが遅く出張も多い
自分の時間を割いて、犬の散歩やしつけを行いたくない
犬種の特性を理解しようとしない
犬NGの賃貸物件に住んでいるなど、住環境が整っていない
家族に犬と暮らすことを反対している人がいる
一人暮らしで大きな持病があったり、ご自身が高齢で何かあった際に犬を託せる人がいない

最後に
犬と暮らすのは素敵なことで、たくさんの幸せをもらえます。しかし、安易な気持ちで犬を飼うことで、人間も犬も不幸になってしまうことがあります。

人間の身勝手な理由で、捨てられる犬や虐待されている犬もいるということを知ってください。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 07:33 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットと避難、何が必要?いなくなったら? 飼い主の備えとは

京都新聞



災害時のペットの同行避難に備える「『ペット』と『防災』セミナーin綾部」が7日、京都府綾部市青野町の市保健福祉センターで開かれた。ペット用の水や薬を常備しておくなど、日頃からできる取り組みが紹介され、約30人の参加者が熱心に耳を傾けていた。

 セミナーでは、多くの避難所にはペット用の備蓄品がなく、水や餌のほか、猫が逃げ出さないように洗濯ネットやリードを備蓄品に加える案を紹介。地域の避難所がペットの受け入れが可能か、決まった場所でトイレができるかどうかなどを確認しておくよう呼び掛けた。

 また、ペットの特徴や年齢などを書いたカードを入れておいたり、マイクロチップで居場所がわかるようにしたりするなど、いなくなった場合への備えについても取り上げた。

 京都市を中心にペットと防災の啓発活動などを行うNPO法人「アンビシャス」が主催した。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:31 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

スペイン北西部で「犬税」導入へ、ふんの清掃費用など捻出

Yahoo! JAPAN


[マドリード 6日 ロイター] - スペイン北西部の都市サモラは、来年から犬の飼い主から税を徴収する方針。「犬税」の導入により、通りに残された犬のふんを片付ける費用などを捻出したい考え。

徴収額は年間9ユーロ(約1060円)。市の税務担当者はロイターに対し、「犬の飼い主は(市の)費用をある程度負担すべきだ」と述べた上で、否定的な反応を示す市民もいると認めた。

市は犬税を課すことで年5万─9万ユーロの税収を見込んでおり、犬の散歩エリアの増設、清掃費用、ふん処理袋の配布に充てる計画。サモラでは、登録された犬の数が子どもの数を上回っている。

犬税を導入している都市は他にもあり、オランダのハーグでは1匹当たり120ユーロが課される。

一方、スペインの首都マドリードでは昨年、当時の市長が犬のふんを片付けない飼い主に罰金を科すため、犬のDNA鑑定の義務化を呼び掛けたが、市長の交代後に計画は中止となった。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:29 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする