動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年09月12日

動物愛護週間 「五つの自由」心得忘れず

北海道新聞



毎年9月20〜26日は「動物愛護週間」です。1915年(大正4年)にアメリカ動物愛護協会が制定しました。当初は5月の第1日曜日から7日間でした。日本では27年(昭和2年)に定められ、9月の1週間になったのは74年からです。77年から各地で啓発の行事が行われています。

 今回は愛護週間に合わせて、あらためて人間とペットが一緒に、心豊かに生活していくために必要なことは何かについて考えてみたいと思います。飼い主の責務としてペットが亡くなる日まで、愛情を込めて適切に養ってあげることは言うまでもありません。

 飼い主が絶対に守るべき「五つの自由」という心得があります。英国で65年、家畜の飼育管理を改善させるための基本として定められました。五つの自由の内容を紹介しましょう。

 まず最初は「飢えや渇きからの自由」です。当然ですが、動物にとって餌はとても大事で、年齢や健康状態などにあった餌を与えましょう。そして、新鮮な水をいつでも飲めるようにしてあげてください。続いて、二つ目は「不快からの自由」。飼い主は清潔で安全、快適な飼育場所を整え、ペットが快適に過ごせるようにしてください。

 次に「恐怖・抑圧からの自由」です。動物が恐怖や抑圧を受けないようにしてあげるということです。ペットが精神的な苦痛や不安、ストレスを受けている兆候を示していないでしょうか。もし、何らかの兆候があれば、的確な対応をしてあげてください。

 四つ目は「本来の行動がとれる自由」。狭いケージに押し込めたり散歩に連れていかなかったりなど、本能や習性にあった動物本来の行動ができるようにすべきで、その工夫をしなければなりません。

 最後に「痛み・負傷・病気からの自由」です。ケガや病気の場合は治療を受け、病気の予防を心掛けて健康状態をチェックしましょう。自宅でできる、犬や猫の健康チェックの方法をお伝えします。

 以下の項目のようなしぐさや症状はありませんか? 確認してみてください。《1》耳をよく後足でかいている《2》よだれがよく出ている《3》口を開けると痛がり、歯茎が汚れている《4》口臭がある《5》肛門の周り、陰部の周りの毛の色が周りと違って、よくなめている《6》お尻を床につけて前足でこすって歩く《7》ソファぐらいの高さから降りた時、ギャーと痛がることがある―。該当する症状があれば、動物病院の受診をお勧めします。

 今年も動物愛護週間に合わせた行事が道内各地で行われます。詳しくは各地の獣医師会にお問い合わせください。(高橋徹=高橋動物病院名誉院長、北海道獣医師会会長)
posted by しっぽ@にゅうす at 08:36 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

災害公住でペット飼わせて 厚真の有志、町に許可求め署名活動

北海道新聞



 【厚真】胆振管内厚真町で12月に着工予定の災害公営住宅で入居者がペットを飼えるよう町に求めるため、町内で「ペットホテルHAYA」を営む早川律子さん(48)ら有志が町内や札幌市などで署名を集める活動を行っている。

 早川さんらは「北海道胆振東部地震被災地のペットを守る会」という団体を今月立ち上げて署名集めを始めた。19日までに千人分を集める目標という。

 早川さんらが今月調査したところ、町内の仮設住宅でペットと暮らす38世帯中、13世帯が災害公住への入居を希望している。町内にペット可のアパートはほとんど無く、災害公住で飼えなければペットを手放す人が多いとみられる。

 国土交通省によると、公営住宅法には災害公住のペット飼育に関する規定はなく対応は自治体に委ねられている。全国では飼育を認める自治体がある一方、居室の汚れや騒音などを理由に禁止する場合もあり、厚真町も対応について現在、検討中という。

 早川さんは「やっと仮設から出られても、家族同然のペットと生活できなければ本当の復興とは言えないのでは」と訴える。

 署名用紙はペットホテルHAYAや賛同する札幌のペットサロンなどに用意するほか、FAXやメールでも送る。問い合わせはメールinfo@lvijp.comまたは(電)0145・29・7207へ。(中本翔)
posted by しっぽ@にゅうす at 08:35 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

無責任な餌やり行為、大阪市が条例制定へ

関西を遊ぶニュースサイト・Lmaga.jp


大阪市の松井一郎市長は11日、「大阪市役所」(大阪市北区)で会見し、10日に同市住吉区の住民たちが「餌やり行為に罰金を科す条例の制定」を求めて陳述書を提出したことに対し、「早急に条例を制定するよう指示した」と進捗を述べた。

問題化している「餌やり行為」について言及した大阪市・松井一郎市長(11日・大阪市役所)画像一覧
深刻化しているのは、大阪市住吉区内で野性のハトや猫に餌を与え、残飯やゴミとなっている問題。数年前から住吉区以外でも同様の苦情が寄せられているものの、条例がないため統制できていないのが現状だ。また、腐敗した残飯の処理や糞尿の清掃は、周辺住民に押しつけられている。

夏頃から、この状況を問題視していた松井市長は、「本人は動物愛護と思ってるが、動物たちは周辺住民から有害鳥獣扱いされる。行政としては市民の生活環境を悪化させるため、駆除を考えなければならない。動物愛護であれば、地域のみなさんの理解のもとで、大切に育てていくのが一番の動物愛護精神」と批判。

今秋には議会で条例案を提案し、早期に条例を制定する予定。松井市長は、「動物に餌をやる場合、やったらやりっぱなしは絶対にダメ。最後まで面倒をみてもらいたい。きちっとしたルールとマナーを作り、周辺の生活環境を守りながら、動物愛護が実現できる体制をつくっていきたい」と語った。

取材・写真/岡田由佳子

posted by しっぽ@にゅうす at 08:34 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青木さやか、動物保護を広めたい…16日に都内でトークライブ開催

Yahoo! JAPAN


タレントの青木さやか(46)が発起人になり、動物の保護を呼びかける初のトークライブ「犬と猫とわたし達(たち)の人生の楽しみ方」を、16日に東京・Cafe&Dining ballo ballo渋谷店で行う。数年前からNPO法人「TWFの会」(動物愛護団体)の手伝いを始め、現在は2匹の保護猫の飼い主。「動物が人をつなげてくれる」と青木。2021年に動物と音楽を融合した野外フェスを開催する構想を明かした。

 「私が背負っていい。やるからにはちゃんとやりたいんです」。動物愛護活動に対する強い思いが、青木の全身からあふれ出る。

 数年前に友人に誘われ、NPO法人「TWFの会」の存在を知った。「最初はゴミ拾いから。野良犬、野良猫がゴミを食べて病気になってしまうので、それが始まり」。同法人では数年前から今年3月までに動物の譲渡135匹、飼育106匹(犬16匹、猫90匹)の保護実績がある。1週間に1回程度、足を運ぶように努めている。

 「虐待や飼い主の病気、多頭飼い崩壊で捨てられたりした多くの保護犬、保護猫が来る。その子たちの面倒を見たり、元気にして飼い主を探したりするのが主な仕事」。何の気なしに参加したつもりが、誰よりも熱中。人生が変わった。

 人間と同じように動物にも個性があり、性格が異なることを知った。「施設に来る子たちは、つらい目に遭ったからか、人間を信用しないし、触れさせてもくれない。それが愛情をかけて根気よく接すると、顔つきが変わってくる。時間はかかるけど、人間に心を許すようになっていく」

 ひとり娘(9)の希望もあって、昨年の初夏頃から2匹の雄の保護猫シティ、クティの飼い主になった。16日のトークライブは自身が発起人。同郷の大久保佳代子(48)、六角精児(57)に協力を仰いだ。「保護犬、保護猫の現状を知ってほしかった。そのために動物と暮らすのは楽しいとか、ポジティブな側面から関心を持ってもらおうと思った」と理由を語った。

 チケットの金額設定、会場選びにとどまらず、協賛を募る営業活動も行う。次回は12月に開催予定。21年をメドに、動物と音楽を融合した野外フェスティバルの開催を目標に掲げる。

 「将来は1000〜2000人ぐらいでできたら。知り合いだけは多いので、人脈を駆使して頑張りたい」と青木。理想だけを語るつもりはない。本気だ。(加茂 伸太郎)

 ◆青木 さやか(あおき・さやか)1973年3月27日、愛知県出身。46歳。フリーアナウンサーを経て芸人に転身。毒舌キャラを武器に2003年日本テレビ系「エンタの神様」でブレイク。04年TBS系「奥さまは魔女」で女優デビュー。近年は舞台、ミュージカルでも活動。11月からミュージカル「50Shades!〜クリスチャン・グレイの歪んだ性癖〜」に出演。07年に3歳下のダンサーと結婚し、12年に離婚。身長165センチ。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:33 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬に原因不明の疾患、全土で急死相次ぐ ノルウェー

CNN



ノルウェー全土でこの数週間の間に、原因不明の病気のために犬が死んだという症例報告が相次ぎ、当局が原因の解明を急いでいる。

最初の症例は首都オスロで報告され、続いて犬の具合が悪くなったという報告が各地で相次いだ。これまでに18県のうち13県で症例が報告されている。

ノルウェーの食品安全管理当局や獣医師協会によれば、これまでに死んだ犬は少なくとも25匹に上る。

9日に行われた解剖では、複数の犬から「異常な量」の細菌が2種類見つかった。

しかし現時点でそれ以上の詳細は分かっていない。当局は、サルモネラやカンピロバクター、毒物などの可能性はないとの判断を示したが、これまでの調査でもまだ、確固とした結論は出ていない。

犬の具合が悪くなる症状自体は珍しくないものの、発症する犬がこれほど急増しているのは異常だと獣医師協会は指摘する。いったん症状が表れると急激に重症化するのも特徴で、先の週末には急性の症状のために安楽死させられた犬や、病院にたどりつく前に死んだ犬もいた。

調査にはノルウェー生命科学大学も協力し、飼い主を対象に調査を実施するとともに、全土の獣医師2000人とも連携して、死んだ犬のウイルス研究や検視などを行っている。

原因としては病原菌のほかに、ウイルス、菌類、寄生虫、さらには水質などの環境要因も考えられるという。発症した犬の総数は現時点で把握できていない。

飼い主に対しては、散歩中にほかの犬と接触することは避け、症状がないかどうか注意深く見守るよう促している。

ドッグフードが原因だったことをうかがわせるような兆候や、人に感染する兆候は、これまでのところ表れていない。
posted by しっぽ@にゅうす at 01:42 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする