動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年10月01日

奈良・生駒市、野良猫の避妊・去勢費用を全額補助 ふるさと納税活用

Yahoo! JAPAN



奈良県生駒市は30日、所有者不明の野良猫の避妊・去勢手術の費用を10月1日から、市がふるさと納税を活用して全額負担すると発表した。市によると、ふるさと納税の寄付を活用した全額費用負担は全国の市町村で初めてという。地域住民や動物病院の協力も得て、「猫の殺処分ゼロ」を目指す。

【写真特集】残念すぎるネコの写真の数々

 市は2008年度に補助制度を設け、18年度からは従来の2倍の避妊1万円、去勢8000円を助成してきた。今回はさらに上乗せし、市が1匹当たり避妊手術費1万6500円、去勢手術費1万1000円と全額をカバーする。市内の9指定動物病院での手術が対象で、費用はふるさと納税で18年度に設けた「殺処分ゼロを目指す 猫愛護コース」に寄せられた約1300万円(今年8月まで)を充てる。

 市に手術を申請できるのは、自治会など地域の代表や市に登録されている「地域ねこ活動サポーター」(8月末現在で32人登録)。市の決定を受け、指定動物病院に猫を持ち込んで手術を受けさせる。費用は動物病院が市に請求する。

 市環境保全課によると、野良猫による環境被害の相談は多く、全自治会を通じたアンケートでは、7月末時点で270匹以上が確認されている。一方、全て殺処分されたわけではないが、市内から県郡山保健所に持ち込まれた猫は18年度、49匹だった。【熊谷仁志】
posted by しっぽ@にゅうす at 09:27 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬目線で考えた! 犬のストレスになる飼い主さんのダメ行動3選

Yahoo! JAPAN


犬目線で考えた! 犬のストレスになる飼い主さんのダメ行動3選
生きていくうえで、ストレスはつきもの。犬が感じるストレスの中には、飼い主さんがついそれと気づかずに与えてしまいがちな悪いストレスがあります。犬目線で、飼い主さんのどんな行動が悪いストレスなのか考えていきましょう。

犬目線で考えた! 犬のストレスになる飼い主さんのダメ行動3選
【1】叱られたってわからないからストレス
【1】叱られたってわからないからストレス
たとえば犬がそそうをしたとき、厳しく叱れば次からは叱られるのが嫌でそそうをしなくなる……。
一見、筋が通っているように見えますが、これは犬に通じにくい方法です。犬には飼い主さんの怒った雰囲気しか伝わりません。
そそうの対策ならば、むしろおやつなどでトイレへ導き、上手にトイレ内に排泄できたらほめて、よい行動を教えるようにしましょう。

犬目線で考えた! 犬のストレスになる飼い主さんのダメ行動3選
【2】かまわれすぎがストレス
【2】かまわれすぎがストレス
犬とふれあうことはよいことですが、四六時中、家族の誰かしらがかまっているという状態は犬にとってかなりの苦痛。犬が単独でリラックスできる場所や時間を確保してあげることも大切です。
また、複数の来客を迎えるときは、お客さんが犬に対してどう接しているか、飼い主さんが観察しながらふれあってもらうようにしましょう。犬が警戒しているのなら、少しずつ慣らしながら相手との距離を縮めていくようにしましょう。

犬目線で考えた! 犬のストレスになる飼い主さんのダメ行動3選
【3】飼い主さんの不安もストレス
【3】飼い主さんの不安もストレス
犬は、いつもいっしょに暮らす飼い主さんの行動をよく見ています。そのために飼い主さん自身が不安を感じていたり、家族内で争いが起こったりすると、そうしたことに影響されて犬も不安を感じて、ストレス状態に陥ることがあります。
飼い主さんにとっての悪いストレスは、犬にとっても悪いストレス。くれぐれも、犬のいる前では悪い感情や不安をあらわにしないよう気をつけて。

あなたに当てはまる行動があれば今すぐストップ!
犬がかわいくて迎え入れた飼い主さんなら、まず悪いストレスを与えることはないでしょう。でも、今回紹介をしたような飼い主にとっては何気ないことが犬にとってストレスになることも。当てはまることがあれば今すぐストップしましょう!

参考/「いぬのきもち」2017年9月号『犬にいいストレス 悪いストレス』(監修:Can ! Do ! Pet Dog School代表 西川文二先生)
文/\(m.h)/

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:25 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

血の繋がらない子ネコを育てるオス猫も 遺伝子にかかわらず家族になれるペット

Yahoo! JAPAN



最近、人間の世界では、子どもの虐待や殺人などのニュースが連日、伝えられています。

「進化心理学」という学問で、アメリカなどの研究では親が義理だったケースでは両親が実親のケースに比べて、虐待数で10倍程度増加するといわれています。血が繋がっていない関係だと、自分の遺伝子が伝わらないので、そのようなことが起こる可能性が高くなるようです。もちろん、虐待などは稀で、上手くいっている家庭がほとんどです。


(筆者の知人が撮影 オス猫がオッパイを吸わせている動画)

しかし、ペットの世界では、自分の子供でなくても、触れ合いを大切にしている子たちが多く見られます。ある日、血の繋がっていない子猫がやってきて、その子猫を世話しているオス猫の例を紹介します。

筆者の知り合いが撮影 おっぱいをあげているジルちゃん♂(上)と吸っているロワちゃん♂(下)
いままでの経緯
ジルちゃんは(2013年12月7日生まれ、オス 去勢済み)ノルウェージャンフォレストキャットといノルウェーの猫で、胃腸の調子が悪く、ずっと軟便でした。他府県に住んでいるジルちゃんは、紹介で私のところにきました。ジルちゃんの病気は、小麦粉不耐性(テニスプレーヤーのジョコビッチと同じ)だったのです。つまり小麦粉が入っているフードを食べると下痢をするので、いまはグレーインフリーのフードを食べて元気にしています。(グレーインフリーのフードとは、米・小麦・大麦・ライ麦・あわ・ひえ・豆・きび・とうもろこし・モロコシなど穀物が入っていないフードのことです。猫は肉食なので、炭水化物の分解酵素であるアミラーゼが人間に比べて少ない。穀物が入っているフードを食べると軟便になる子もいます。下痢止めなどを飲んでも治らず、食事を変えて始めて完治します。)

そんなジルちゃんのところに今年になってから同じノルウェージャンフォレストキャットのロワちゃん(2019年5月13日生まれ、オス)が来ました。ロワちゃんは、生後2カ月だったので母猫から放されてもまだ温もりが欲しいので、ジルちゃんのところに行きました。ジルちゃんは、はじめはロワちゃんのことを怖がって逃げていたのですが、だんだんロワちゃんの体を舐めてあげるようになり、やがて、おっぱいもあげるようになったらしいのです。(もちろんオスなので、ミルクは出てきませんが。)仲良くしてお互いリラックスしている様子が動画からわかりますね。

新しい家族を迎えるとき
オスで血縁関係のない子を育てるのは、本当に珍しいことです。多頭飼いをしたい人は以下のことを参考に新しい家族を迎えてくださいね。

・先住猫や犬がおっとりしていて、心が広い性格だと仲良くなれるケースが多い。

・先住猫や犬がデリケートな場合は上手く一緒に暮らせない可能性もあります。

・新しい家族を迎えるときは、時間をかけてゆっくりと。

・急いで対面させると、一瞬のうちに血みどろの喧嘩をすることもあるので、注意してくださいね。(そのとき、止めに入ると、飼い主は怪我をすることもあります。冷静にさせるように、お互いを離しましょう。)

・まずは、隔離してニオイで知らせる。彼らは姿が見えなくてもニオイから誰かいることがわかります。いきなり対面はさせないでくださいね。

・相手のニオイをつけて(タオルで拭いたものでもう一頭を拭く)、怒らないようになったら、飼い主のいるところで対面させる。

・あまり狭いスペースにたくさんの犬や猫を飼うと、彼らにストレスがかかり、発育しにくい、病気になりやすいなどがありますので、注意してください。

筆者の知人が撮影 ジルちゃんとロワちゃん
まとめ
人間と犬や猫はいまや家族の一員です。犬や猫の世界では、遺伝子にかかわらず仲良く暮らしている場合はたくさんあります。犬と猫というように「種」が違っても一緒に寝ている場合も珍しくありません。子育てに疲れたら、この動画を見てまったりしてくださいね。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:19 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飼い猫をさらって虐待死させた男、有罪でも実刑なし判決。十数匹殺したと供述しているのに…

Yahoo! JAPAN



今回は2019年9月17日に富山地方裁判所で下された、動物虐待事件の判決を踏まえ、どうすれば動物の命を守っていけるのかを考えてみました。

 虐待事件が起きたのは、今年の5月19日。無職の新村健治被告(52)は他人の飼い猫を連れ去り、虐待し死なせたとして、器物損壊と動物愛護法違反の罪に問われました。17日の判決公判では、富山地裁高岡支部(梅沢利昭裁判官)は、懲役8ヶ月、執行猶予4年を言い渡します。

 公判中、「十数匹の猫を殺した」とも供述している新村被告。今回の事件では、近所の男性が飼っていた雄の猫1匹を持ち去った後、金属製の捕獲機に入れたまま5月23日まで食事を与えずに衰弱させ、最終的にはプラスチック製の棒で腹部を何度も突き、死亡させました。愛情を注いできた飼い猫を無残に殺された飼い主さんの心境を想像すると、同じ愛猫家としてやるせない思いでいっぱいです。

 動物を身勝手な理由でいたぶったり死に至らしめたりする虐待事件は、最近でこそ、メディアで大々的に取り上げられるようになってきました。

 こんなふうに動物虐待事件が報道されやすくなったのは、数十年前にインターネット上で起きた「こげんたちゃん事件(福岡猫虐待事件)」がきっかけであったように筆者には思えます。当時、中学生だった筆者はこの事件の残酷さを知り、子どもながらに動物の命の報われなさに心が痛くなりました。その頃に比べると、近年は動物愛護意識が高まり、動物虐待に厳しい目が向けられるようにはなってきています。

「動物は、飼い主にとってまぎれもなく家族の一員」
 動物愛護法上でも、動物は「命あるもの」と明記されているため、単なる「モノ」とは区別されているといえるでしょう。身勝手に殺傷すれば刑事責任を問われ、場合によっては民法でも慰謝料などの請求も認められています。しかし、世の中には動物を「命あるもの」ではなく「モノ」として扱い私欲を満たしている人がまだまだいるように思います。動物の命が軽視される原因は法律ではなく、人々の意識にあるのではないでしょうか。

 今回の裁判では、世間の動物愛護意識の高まりを考慮し、懲役6ヶ月の求刑に対して懲役8ヶ月・保護観察付き執行猶予4年という判決が下されました。執行猶予付きの判決であり、たった8ヶ月で命を奪った罪が償えてしまうのは個人的にはとても軽いように感じられましたが、求刑よりも重い判決が下されたのは動物虐待事件の裁判としては珍しいことであったのも事実です。

 法廷で裁判官は「法律上、動物は人として扱われないが、飼い主にとってはまぎれもなく家族の一員。責任の重さを忘れないようにしてください」と被告にさとしました。被害者となった飼い主さんや猫の気持ちを考慮したこの言葉は、胸に響くものがあります。


野良猫は被害にあっても軽視されやすい
 しかし、もし今回、虐待されたのが飼い猫ではなく野良猫であっても同じような判決は下されたかはわかりません。飼い猫は法律上、飼い主の所有物であるため、勝手に捕獲や殺処分・遺棄などをした場合は飼い主さんが訴えれば「窃盗罪」や「器物破損罪」「財産の侵害」にあたり、刑罰が下されやすくなります。対して、所有者のいない動物は、被害にあっても命が軽視されやすくなります。

 今年の6月には改正動物愛護法が成立し、愛護動物(※)をみだりに殺傷した場合の刑罰が、「2年以下の懲役、又は200万円以下の罰金」から「5年以下の懲役、又は500万円以下の罰金」に引き上げられました(公布から3年以内に施行)。動物を取り巻く環境は徐々に変わりつつあります。それでもまだ十分であるとは言えません。法はもちろん、人の意識も変わらないと動物の命は守っていけないでしょう。

 猫でいえば、完全室内飼いをして愛猫の身を守ったり、TNR活動(野良猫に不妊手術をした上で元の場所に戻し、一世一代の命として地域で見守る)を行ったりして猫とうまく付き合う方法を探っていくことはもちろん大切ですが、猫を苦手に思っている人ともよい距離感を保っていくことはそれ以上に大切だと言えます。

「動物が苦手な人」にはどう接していくべきか
 人はそれぞれの価値観を持っており、好みも違うもの。身近にいる「動物が苦手な人」にどう接していくのがベストなのかを考えていくと、結果的に動物が暮らしやすい環境を築いていけるのではないでしょうか。

 猫ならば、特に様々な理由から完全室内飼いができない場合は、トラブルになりやすい糞尿やゴミあさりなどの被害を自分の愛猫がもたらしていないかを気にかけていかねばなりません。猫好きの人にとっては、猫が苦手な人の気持ちは少し受け入れにくいかもしれませんが、人と猫が共生していくにはまず人同士が折り合いをつけ、猫を見守れる環境を築いていく必要があると思います。

 現状日本の動物愛護法には、動物ファーストな考えまでは盛り込まれていません。もどかしさを感じた時は、自分にできる身近な救済法を考えてみる――。それはきっと、虐待という残酷な犯罪を減らすことにも繋がっていくはずです。

※愛護動物…動物愛護法で定める愛護動物とは

1)牛、馬、豚、めん羊、山羊、犬、猫、いえうさぎ、鶏、いえばと及びあひる

2)その他、人が占有している動物で哺乳類、鳥類又は爬虫類に属するもの

<文/愛玩動物飼養管理士・古川諭香>

【古川諭香】
愛玩動物飼養管理士・キャットケアスペシャリスト。3匹の愛猫と生活中の猫バカライター。共著『バズにゃん』、Twitter:@yunc24291

女子SPA!
posted by しっぽ@にゅうす at 09:17 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子も犬も、頭ごなしに叱ってもダメ。保護犬の幸せのために奮闘するインストラクター

Yahoo! JAPAN



高知県の保護犬の幸せを願い、行政とともにさまざまな取り組みを行う、「こいぬのしつけかた教室・ふぁーむどぎぃ」主宰のしつけインストラクター・斉藤喜美子さんの活動と、高知県中央小動物管理センターの現状について紹介します。

子も犬も、頭ごなしに叱ってもダメ。保護犬の幸せのために奮闘するインストラクター
高知県初の、家庭犬しつけインストラクターに
高知県初の、家庭犬しつけインストラクターに
写真は、高知県「斉藤牧場」にて「こいぬのしつけかた教室・ふぁーむどぎぃ」を主宰する斉藤喜美子さん。高知県中央小動物管理センターの飼養管理・譲渡会講師のほか、高知県動物愛護推進協議会の副会長なども務めます。隣は愛犬のニーナちゃん。
高知市内から約30分、山道を車で上がった山頂にある「斉藤牧場」を、家族とともに経営する斉藤喜美子さん。
ここを拠点に、「こいぬのしつけかた教室・ふぁーむどぎぃ」を主宰しています。

斉藤さんは、今から約20年前、高知県内にまだ家庭犬専門のトレーナーが存在しない時代に、自ら勉強を積んで、高知県での家庭犬しつけインストラクター第1号となりました。

「当時、私はゴールデン・レトリーバーを飼っていたのですが、正しい知識もなく育てたため、噛むような犬になってしまい……。
これは自分で勉強して何とかしなきゃ! と思ったのがきっかけでした」と斉藤さん。

そして、家庭犬しつけインストラクターの草分け的存在である、アメリカのテリー・ライアンさんの日本での講習会に何度も足を運び、感銘を受け、この道に進むことを決めたそうです。

子も犬も、頭ごなしに叱ってもダメ。保護犬の幸せのために奮闘するインストラクター
「保護犬を迎えたが困っている」という声を聞くように……
「保護犬を迎えたが困っている」という声を聞くように……
写真は、県内の小学校での「動物愛護教室〜命の授業」の風景。愛犬とともにデモンストレーション。
その後、県内で問題犬を抱える飼い主さんの相談に乗っていると、「保護施設などから保護犬を迎えたものの、手に負えなくて困っている」という声を多数聞くようになったとのこと。

「相談者さんの多くは、犬の性質をよく知らずに迎え入れて、犬が言うことを聞かないと『犬が悪い』となるんですね……。
こんな状況を少しでも改善しないと! と思い、県や民間が運営する動物愛護施設の相談も受けるようになりました」


講習会では犬の生態についても解説
講習会では、写真のように犬のぬいぐるみと実際のクレートを使って、犬がクレートに入ることを嫌がらない工夫について解説することも。
現在、斉藤さんは、定期的に市と県が開催する「犬・猫の飼い方講習会」「高知県犬のしつけ方教室」「動物愛護教室〜命の授業」の講師を務めています。
「犬・猫の飼い方講習会」では、今後犬を飼いたいという人も対象に、自前で制作したスライドを用いて、「犬の基本的な生態」「犬と生活する上での注意点」などを丁寧に解説。
「同じ犬種がすべて同じ性質というわけでなく、犬は個体によって性格が異なるもの」「保護犬を迎えたら、まずは時間をかけて犬が新しい環境に慣れるよう、安心させることが大切」など、具体的な指導を行います。

子も犬も、頭ごなしに叱ってもダメ。保護犬の幸せのために奮闘するインストラクター
「育犬においても、頭ごなしに叱ってはダメ!」
「育犬においても、頭ごなしに叱ってはダメ!」
写真は、斉藤さんの愛犬、土佐のニーナちゃん。県の動物愛護教室でデモンストレーションを務めるよきパートナーです。

「犬を育てることは、育児と同じなんです。犬にも生後半年から1才くらいまでの間に人でいう思春期のような時期があり、そんな時期に頭ごなしに叱ったりしてはダメ。自発的に犬がよい行動をとるように、きっかけをつくり、できたら思いきりほめてあげる、というよい関係づくりが大切」

と語る斉藤さんは、6人のお子さんを持つ母としての顔も。
子育てと、しつけインストラクターの仕事、そして動物愛護ボランティアの活動を両立させるそのパワーは、まさに脅威的です。

そんな斉藤さんを支えるよきパートナーが、土佐のニーナちゃん6才。
ニーナちゃんは生後45日ごろ、高知県中央小動物管理センターに持ちこまれ殺処分寸前だったのを斉藤さんが引きとり、社会化のしつけを徹底的に行いました。※各情報は2019年2月6日現在の情報です。

出典/「いぬのきもち」2019年4月号『犬のために何ができるのだろうか』
取材・文/袴 もな
撮影/筒井聖子

いぬのきもちWeb編集室


posted by しっぽ@にゅうす at 09:16 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする