動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年10月12日

犬も猫も高齢化…ペットが最期まで健やかに生きるため、飼い主に求められること

Yahoo! JAPAN



高齢化社会といわれて久しいですが、人間だけでなくペットの高齢化も進んでいます。筆者も日常の診療の中で、高齢動物を診察する機会が非常に増えたと感じています。一般社団法人ペットフード協会の調査によると、2018年の犬の平均寿命は14.29歳、猫は15.32歳でした。2010年の犬13.9歳、猫14.4歳に比べ確実に延びています。寿命が延びた要因としては、動物医療の高度化やペットに対する健康意識が向上したことなどが考えられます。

 ペットが最期まで健やかな生活を送るために、飼い主はどのように対応すればよいのか、お伝えします。

健康寿命を意識する
 ペットの平均寿命が延びたことは、いいことだと思うかもしれません。しかし、例えば人間の場合、医療に頼らない自立した生活が可能な生存期間、すなわち「健康寿命」と平均寿命との差、つまり、病気などで日常的に制限のある「健康ではない期間」は男性で約9年、女性で約13年といわれています。

 死ぬ前の9年間、あるいは13年間が何かしら不健康な状態だと想像するのは恐ろしいことですが、それはペットにも当てはまります。ペットが最期まで健やかに自立した生活を送るためには、健康寿命を延ばすことが重要になってきます。

 そもそも、犬や猫の老化するスピードは人間の約4倍です。1年で人の4〜5年分生きることになります。ペットの年齢に関して明確な定義はありませんが、大型犬は7〜8歳、小型犬や猫は8〜9歳で人間のシニア(50歳以上)に相当すると考えてください。人間の高齢者(65歳以上)に当たるのは大型犬で9〜10歳、小型犬や猫で11〜12歳です。筆者も先日、還暦を迎えましたが、10歳以上の犬や猫を診るとき、「君も大変だよね、分かる、分かる」と思いながら診察しています。

 健康寿命を延ばすために、飼い主は、まずはペットの老化を理解し、早い段階でかかりつけの獣医師に相談することが非常に大切です。老化による変化で、まず分かりやすいのは体重の減少です。消化機能が衰え、食事を取る量が減るためです。次に、筋肉量の減少にも気をつけましょう。筋肉量が減少するとエネルギーの要求量が減り、結果的に基礎代謝が低下していきます。肥満体形の場合は動くことが少なく、さらに基礎代謝が低下するので注意が必要です。

 筋肉は免疫をつかさどっているといわれ、筋肉量が減ると免疫力の低下にもつながります。そのため、筋肉量はぜひ維持したいところです。運動はもちろんのこと、高タンパクの食事を摂取させる必要があります。特に、猫は老化とともにタンパク質の消化力が低下しますから、できるだけ良質なタンパク質を摂取させることが必要です。

 ここまでは老化によるものですが、ここからは既に病気に陥っているケースについて紹介します。例えば、診察の際に「物にぶつかるようになった」「私が帰宅しても全然気が付いてくれない」「食のより好みが多くなった」などの相談が寄せられることが多々あります。

 物にぶつかる犬や猫は、視力が低下している可能性があります。「帰宅しても気付かない」というのは、耳が聞こえない、目が見えないなど五感が鈍くなっていることが考えられます。食事のより好みは味覚や嗅覚が鈍った可能性があります。さらに「食べるスピードが遅い」「食事の際に口の中に入れたものをこぼす」という相談もありますが、これは口の開け閉めに問題があったり、歯科的な疾患が存在したりする可能性があり、注意が必要です。

「毛が薄くなった」というペットは、内分泌系の病気が考えられ、「よく眠る」は具合が悪くて病的に眠っている可能性もありますし、聴覚や視覚などの衰えで「起きる必要がない」と判断して眠っている場合もあります。

「高いところに登れなくなった」「転びやすくなった」「散歩をしたがらなくなった」という相談も多いです。いずれも運動感覚の機能、筋力の低下、関節疾患などの整形外科的な原因が考えられます。「年だから仕方がない」と放置すると健康寿命の短縮につながります。そうならないためにも、かかりつけの動物病院に連れていくなど飼い主がサポートする必要があります。

 動物は自分の意志では動物病院に行けません。病気を見逃さないためには、日々の観察のほかに定期的な健康診断が欠かせません。ある一定の年齢になったら、血液検査だけでなく、尿検査、レントゲンや超音波検査などが最低限必要になってきます。


相談できる環境を持つことが大事
 ペットの高齢化に伴う諸問題により、飼い主の生活が圧迫されるケースもあります。特に高齢者は、自身の病気や入院が原因でペットを飼えなくなるケースもありますから、家族や近所の人、かかりつけの動物病院など、常に相談できる環境を整えておくことが大切です。そのためには、飼い主本人の社会性が重要になってきます。人付き合いが苦手な人もいるとは思いますが、自身のペットを守るために日頃から周囲との関係性は大切にしたいものです。

 例えば、高齢の人はペットを飼えなくなったときに備えて、譲渡先を決めておくことも選択肢の一つとして大切です。確かに、最後まで責任を持って飼うという意識も重要ですが、できないことを無理に頑張るより、動物福祉の観点からも、むしろ、ペットが健やかに暮らしていけるための環境を整えることの方が重要です。

「飼えなくなったら保健所」ではなく、家族、友人、見ず知らずの人でも大切に飼ってくれる人、または、そのような活動をしている団体と日頃からコミュニケーションを取って準備することをお勧めします。そのためには、社会全体がペットを取り囲むさまざまな環境、考え方を受け入れる寛容な社会であることが求められます。

 また、動物病院は病気を治すためだけの施設だと思っている人も多いかもしれませんが、私たち獣医師は治療以外にも、飼育方法や日常の困りごとのアドバイスなど、多種多様なことに対応してきています。実際に、私の病院にはさまざまな人が相談をしにやって来ます。その人たちの質問、相談に答えていくことも大事な仕事だと考えていて、特に高齢で1人暮らしの人には「何かあったら連絡してくださいね」と伝えています。

 実際に先日、午前3時ごろに80代の高齢のご婦人から「私、転んで骨折しちゃったみたい。病院に行くにも猫ちゃんの方が心配だから先生迎えにきて」と電話がかかってきたので、夜中に猫を迎えに行きました。この女性とは長年のお付き合いで、お人柄、生活環境など、さまざまな事情を把握していたのでそういう行動を取ることができました。ときに獣医師は、動物だけではなく飼い主をサポートしなければならない局面もあるのです。

「自分や周囲に何かあったら、先生は何をしてくれるのか」「どこまでやってくれるのか」など、踏み込んだ話を日頃からかかりつけの動物病院の先生としてみてはいかかでしょうか。人も動物も高齢化する社会の中、病気を治すためだけではなく、ペットとの生活のさまざまな問題に対応できる能力を動物病院も求められているのかもしれません。

成城こばやし動物病院院長・東京都獣医師会副会長 小林元郎
posted by しっぽ@にゅうす at 08:17 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【特集】ペットの遺骨はどこに!?手を合わせていた場所に納められておらず...困惑する飼い主たち


Yahoo! JAPAN



ペットブームを背景に、飼っていた動物の遺骨をめぐって“ある問題”が浮上している。飼い主たちは可愛がっていたペットを火葬した後、市営の斎場の慰霊碑に手を合わせていたのだが、なんとそこに遺骨が納められていなかったことを知った。一体どういうことなのだろうか。

【特集】ペットの遺骨はどこに!?手を合わせていた場所に納められておらず...困惑する飼い主たち
愛犬の納骨法要に訪れた夫婦と住職(泰聖寺:大阪・天王寺区)
ペットの火葬・納骨の申し込みは近年増加
今年10月、大阪市天王寺区の泰聖寺に愛犬の納骨法要を行う夫婦の姿があった。

「どこへ行くのにも一緒な感じ。自分の分身のような感じで、24時間一緒にいた。孫みたいな感じ。」(愛犬の納骨法要を行った夫婦)

【特集】ペットの遺骨はどこに!?手を合わせていた場所に納められておらず...困惑する飼い主たち
夫婦が可愛がっていた愛犬・ネロ
この夫婦が11年間可愛がっていた愛犬・ネロはこの1週間前に老衰で息を引き取り、夫婦は境内にある動物供養塔に遺骨を埋葬した。この寺ではペットの火葬や納骨の申し込みが年間300件以上あり、ここ4、5年で約10倍に急増したという。

「火葬された時、もしくは埋葬された時の証明書を発行しています。自分のところの家族のペットがどこに納まったのか、どこにお墓参りをしたらいいのかということは皆さん心配されること。」(柳谷観音 大阪別院 泰聖寺 純空壮宏住職)

しかし、自分のペットが埋葬されていると思って手を合わせていた場所に、実は遺骨が納められていなかったという問題が大阪の別の場所で起きている。

【特集】ペットの遺骨はどこに!?手を合わせていた場所に納められておらず...困惑する飼い主たち
河内長野市営斎場にある動物たちの合同慰霊碑
愛犬の遺骨がいつの間にか見ず知らずの場所に!?
大阪府河内長野市に住む主婦のAさん(60代)は、これまでに4匹の愛犬を看取り、市が運営する斎場で火葬を行ったという。

「近いということもあるし、近くの道を通ってもあそこにいるねって手を振ったりとか。近いっていうのも選んだ理由の1つ。」(Aさん)

Aさんが火葬を行った河内長野市営斎場には動物たちの合同慰霊碑が建てられている。慰霊碑の背後には遺骨を保管するための箱が置かれていて、当然、この中に遺骨が納められているものと信じて手を合わせてきた。ところが…

「びっくりしました。頭真っ白になりました。」(Aさん)

今年7月、愛犬の遺骨がこの場所に納められていなかったことを知ったのだ。


Aさんが市に問い合わせると、次のような回答が返ってきた。

【河内長野市からの回答】
「市営斎場において火葬を行いました動物の遺骨につきましては、従前より専門業者に委託の上、一定量が貯まり次第回収し、最終的に宗教法人施設への埋葬を行っております。」

河内長野市によると、市営斎場では少なくとも20年前からペットの火葬後、一定の遺骨が貯まると委託業者を介して静岡や千葉などの寺に骨を移して埋葬していたというのだ。愛犬の遺骨が見ず知らずの千葉県の寺に埋葬されていたことを知ったAさんは…

「ずっとそこに埋葬されていると思っていた私たち飼い主の気持ちをどういうふうに思っているのか聞きたい。本当に(千葉に)運んでいるのか、もし運んでいたとしてもきちんと供養をしていただいているのかっていうのは私たちは全然見えないので、わからないままです。」(Aさん)

斎場に遺骨がないことを知ったのはAさんだけではない。

「あそこ(動物慰霊碑)に入っているものだと思っていたので、まさかという感じでびっくりしました。一切説明もなかったし、そうであるなら書面で今こういう形になってますというのと、きちんとした説明がほしかったです。」(7年前に犬を火葬した飼い主)

【特集】ペットの遺骨はどこに!?手を合わせていた場所に納められておらず...困惑する飼い主たち
河内長野市・環境経済部環境政策課 上田浩史課長
飼い主の疑問に市は…
多くの利用者が遺骨の扱いに疑問を抱いていることについて市は…

「過去のことについてはわからない部分があるが、そういう思いを持っている方については申し訳ない。我々も(遺骨の埋葬先を)皆さんに言ったか言っていないかということを言われると不明確な答えしかできない。申し訳なく、今後そこについては取り組んでいきたい。」(河内長野市・環境経済部環境政策課 上田浩史課長)

市は今年9月末から、火葬を受け入れる際に納骨場所がこの斎場ではないことなどを記した紙の配布を始めている。

「人間の家族が亡くなった時と同じようにペットに対しても思いを抱いているというのはすごく感じた。ペットだからということではなく、人間と同じように丁寧な対応をしていきたいと考えている。」(河内長野市・環境経済部環境政策課 上田浩史課長)

【特集】ペットの遺骨はどこに!?手を合わせていた場所に納められておらず...困惑する飼い主たち
東大阪市の大阪稲荷山動物霊園
行き場を失う?ペットの遺骨
去年10月から河内長野市営斎場からの遺骨の受け入れを始めた東大阪市の大阪稲荷山動物霊園では、新たに供養塚を建て動物たちの遺骨を埋葬している。

「行き場を失っている遺骨を納める施設を作りたいと思ったところにちょうど河内長野市の話をいただいた。ペットブームになっていろんな形態の動物霊園ができて、骨は行き場を失っているということが起きているということだと思う。」(大阪稲荷山動物霊園 山川幸男理事長)

ペットブームのなかで新たに浮かびあがった遺骨の問題は、ペットとの向き合い方について改めて問いかけているのかもしれない。


(10月10日放送 MBSテレビ「Newsミント!」内『特集』より)
posted by しっぽ@にゅうす at 08:15 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「すべての犬を家の中へしまえ」 台風への対策を呼びかけるツイートが多くの人の共感を呼ぶ

Yahoo! JAPAN



大型で非常に強い台風19号の接近を前に「すべての犬をしまえ すべての犬を家の中へしまえ」というツイートが話題になっています。

【犬をしまえと呼びかける投稿】

 9月8日に投稿されたツイートは多くの人に共感され、4万件以上のリツイートと6万件以上の「いいね」を集める結果に(9月11日15時現在)。「犬小屋もしまえ」「猫もしまえ」といったバリエーションも誕生しています。

 中には「台風が来るぞ、犬をしまえ、猫をしまえ、とは見かけるのに、なぜ人だけがしまわれないのか」という、ごもっともな意見も。

 「美容室などのサービス業の人は予約が入っている限りお店を開けないといけない」という悲痛な声も聞かれました。

 台風19号は強い勢力を保ったままの上陸が予想されており、関東地方にとって最悪なコースをたどってしまう可能性も。出来うる限りの対策をとって、自分や身の回りの人、動物たちの安全を守りたいものです。

ねとらぼ
posted by しっぽ@にゅうす at 08:13 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「動物感謝デー」のさらなる進化に期待

Yahoo! JAPAN


【人とペットの赤い糸】

 2000年、世界獣医師会は全世界の獣医師の大切な役割の理解を広めるため、「World Veterinary Day」(世界獣医師デー)を創設した。

 獣医師が果たすべき社会的使命や多くの職域で貢献していることを広く社会に認知していただくことを目的としている。と同時に、飼い主に動物のケアの重要性と動物看護師がいかに動物のケアでサポートしているかを理解していただく日と位置付けている。

 毎年4月最終の土曜日に開催されるが、今年のテーマは「ワクチンの価値」とした。この日は動物の健康を守り、診療していただいている獣医師の先生方に感謝の意を示す日でもある。海外では、飼い主は、かかりつけの先生へプレゼントまたは感謝の気持ちを示すメッセージカードを渡したりしている。動物病院によっては、地域住民に病院を開放して食事を提供したり、イベントや啓発活動を実施している。

 日本では、今月5日に日本獣医師会主催で「2019動物感謝デー in JAPAN」と題して、第13回目のイベントが東京都駒沢オリンピック公園で開催された。

 開会式では蔵内勇夫日本獣医師会会長や政治家の先生方がご挨拶された後、「楽しみながら獣医師を知り、動物と仲良くなろう!」という趣旨で、今年の開催テーマである「動物と人の健康は一つ。そして、それは地球の願い」の下、「ワクチンの価値」に関するセミナーやイベントが実施された。獣医師の仕事や動物の役割も分かりやすく紹介されていた。

 メーンステージでは「感染症対策と狂犬病予防の大切さを知ろう」「知っていますか?獣医師の仕事」「動物病院をもっと知ろう!〜動物看護師の仕事」などの講演やシンポジウムが開催された。

 体験コーナーでは、「一日獣医師体験コーナー」「ミニホース馬車体験コーナー」「動物ふれあいコーナー」が注目を浴びた。デモンストレーションコーナーでは、「警察犬・災害救助犬」「アジリティ教室」「ドッグダンスを楽しもう」などが行われ、多くの観客をひきつけた。

 ホースアトラクションコーナーでは、「乗馬体験」「馬とのふれあい・写真撮影」や、子供向けの「動物のお絵かきコーナー」「馬のぬり絵・工作コーナー」が人気だった。

 素晴らしい企画・イベント・啓発活動であるが、当日の気温が真夏並みに高かったせいか、例年と比較して、人と動物の来場が少なかったのは残念だった。天候が理由で中止になったことは過去にもあったが、温暖化で亜熱帯に近づきつつある日本では、開催の時期を今後検討することも必要だろう。

 海外の動物病院のように、多くの獣医師の先生方はもちろんのこと、飼い主を含めてイベントを盛り上げることにしてはいかがだろうか? 天候に影響されず、全国の動物病院でも「動物・獣医師感謝デー」として、楽しいミニイベントや啓発セミナーが開催され、定着する日が来ることを望みたい。

 ■越村義雄(こしむら・よしお) 一般社団法人「人とペットの幸せ創造協会」会長。同ペットフード協会名誉会長。一般財団法人日本ヘルスケア協会理事、「ペットとの共生によるヘルスケア普及推進部会」部会長など。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:11 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

単なる猟犬ではなかった伝説のマタギイヌ|人と犬の固い絆

Yahoo! JAPAN



取材・文/柿川鮎子 写真/木村圭司


マタギは東北地方の山間部で、クマやカモシカなど、野生動物の狩りを専門に生活していた人々です。各地でマタギ集落を形成して、さまざまな掟を守って暮らしていました。秋田マタギは秋田犬を使った狩猟が得意で、地元の人々は秋田犬をマタギイヌと呼んで大切に飼育していました。

マタギイヌは現在の秋田犬に比べると、やや小型で、目が細く吊り上がり、精悍な顔つきをしていました。狩猟系秋田犬と呼ばれる犬種で、地元の人々は「地犬(じいぬ)」と呼んで可愛がっていました。動きが俊敏で、強い気質をもち、大きなクマにも果敢に挑み、いったん喉に食いついたら離れず、主人が仕留めるまでは絶対に放しません。

単なる猟犬ではなかった伝説のマタギイヌ|人と犬の固い絆
秋田犬
アナグマなどの小型の野生動物は、主が鉄砲で仕留めなくても、マタギイヌが獲ってきてくれたため、優秀な犬は特に大切にされていました。マタギの村のひとつである葛原集落は、川を渡った深い山中にありました。集落へ行く途中の渡し船では、犬の毛皮を着た人や、犬をいじめたことのある人、犬の肉を食べたことのある人は、決して乗せなかったぐらい、徹底していました。

■マタギイヌのアカがやった狩りの成果の合図
ここで伝説のマタギイヌ・アカが登場します。アカは主人と猟に行き、たくさんの獲物を獲得すると、主人より先に家に帰って、尾を振りながら土間に上がり、薪が燃えている囲炉裏端の温かい場所に座りました。家にいた家族が「アカ、獲ってえがったな」と声をかけると、前脚をトントンと交互に踏んだそうです。何と可愛い合図でしょうか。しばらくすると、主人がたくさんの獲物を担いで帰ってくるのです。

逆に猟が不作で、主人が獲物を獲れなかった時、先に帰ったアカは土間に上がらず、隅に置かれた箱の中にうずくまって、隠れてしまいます。後から帰ってきた主人が食事に誘ったり、水を飲ませようとしても、決して顔をあげずにじっとしていたというから、健気です。

ほかにもアカの伝説はたくさん残されています。アカというのは、犬のポチやシロぐらいマタギイヌとして一般的な名前で、狩人によっては数頭のアカを飼育していました。したがって、アカの伝説は、一頭の犬のことではなく、いろいろな犬のエピソードがまざって伝わったようです。

その中でも有名なのが雪崩により、主人を亡くしたアカが、主人の遺体に寄り添って救助が来るまで動かなかったというエピソードです。アカは救助隊に助けられ、別のマタギに売られましたが、その際、「人を喰ったから売られた」と嘘の噂をたてられました。主人とアカの関係を知っていた村人は、アカの無実を証明するために、徹底的に調査をして、助けた救助隊が犬を売るために嘘を言った事実を突き止めました。別の救助隊員によると、アカは亡くなった主人の傍を離れず、体温で主人を温めていたそうです。

こうしたマタギイヌを取り巻く村人たちの関係を調べていると、人々がいかに犬を信じ、犬を大切にしてきたのかが伝わってきます。マタギとマタギイヌは猟師と猟犬以上の、深い愛情と絆で結ばれていました。犬は単なる狩りの道具ではなく、一緒に戦う同じ仲間でした。そして神様として祀られたマタギイヌもいました。

■大館市で人に祀られたマタギイヌのシロ
大館市には老犬神社があり、マタギイヌのシロを祀っています。マタギの佐多(定)六は、シロというマタギイヌを可愛がり、いつも一緒に狩りをしていました。ある日、獲物を追っているうちに三戸城の領内に迷い込んでしまい、佐多六は城に向かって発砲した重罪で、捕らえられてしまいます。

佐多六は身の潔白を表す狩猟免状を携帯していませんでした。シロはそれを取りに自宅に戻ります。しかし家にいた佐多六の妻はなぜシロが戻ってきたのかわりません。シロは仏壇の下の狩猟免状に向かって猛烈に吠え、気づいた妻はそれをシロの首に結びつけました。全力で城に戻ったシロを待ち受けていたのは、大好きな主人の無残な姿でした。シロは処刑された主人の亡骸を来満峠まで移動させ、悲しみのあまり大きな遠吠えで鳴きました。その声は三戸城まで響き渡ったそうです。

夜になると悲しい犬の声が響き渡るこの森は、やがて「犬吠えの森」と恐ろしがられ、しばらくして大きな地震により、辺り一帯が山崩れに遭い、城も大きな被害を受けました。シロの祟りと恐れた人々は、シロと佐多六を手厚く葬って、老犬神社を建立しました。

飼い主に忠実なマタギイヌの血は、現在も受け継がれ、アキタという犬種として、世界中にその名を知られています。米国では戦後、アメリカン・アキタという新しい犬種まで作り出してしまいました。アメリカン・アキタは別名グレート・ジャパニーズ・ドッグ、ジャパニーズ・グレート・ドッグとも呼ばれ、その名の通り、日本を代表する犬種のひとつとなっています。

文/柿川鮎子
明治大学政経学部卒、新聞社を経てフリー。東京都動物愛護推進委員、東京都動物園ボランティア、愛玩動物飼養管理士1級。著書に『動物病院119番』(文春新書)、『犬の名医さん100人』(小学館ムック)、『極楽お不妊物語』(河出書房新社)ほか。

写真/木村圭司
posted by しっぽ@にゅうす at 08:10 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする