動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年10月14日

「地域猫活動」を指南 トラブル解決へ福岡県が冊子 去勢手術の利点など紹介

Yahoo! JAPAN



野良猫にまつわるトラブルを解決しようと、福岡県は地域住民が協力して去勢手術を施し飼育・管理する「地域猫活動」のガイドラインを作成した。冊子で猫の生態や保護状況、活動の心構え、取り組み例などを紹介。県内の殺処分件数は減少傾向にある一方、野良猫についての苦情件数は横ばい状態にある。猫への憎悪が虐待を誘発する懸念もあり、県はガイドラインを周知し、活動を広げたい考えだ。

【画像】耳先を桜の花びらのようにV字型にカットされた猫 去勢・避妊手術を受けた目印

 県内(福岡、北九州、久留米、大牟田の4市除く)で、県に引き取られた所有者不明の猫の頭数は、2017年は982件で、13年の2158件より半減した。一方、県に寄せられた猫に関する苦情は、13〜16年は約2千〜2400件の間で推移。内容の半数以上は「所有者不明」が占めた。17年は1830件に減っている。

 冊子は、野良猫が餌場を拠点に半径50〜500メートルの範囲で行動することや、年に2〜4回出産でき、平均寿命は3〜5年であることを説明。去勢手術の利点として、交尾に伴う感染症のリスクが減り、性格も穏やかになる点を挙げている。

 活動の成功、失敗例も列挙。ある地域は野良猫に去勢手術を施し、餌やトイレの費用を町内会費から捻出した。活動に携わるボランティアが、野良猫を迷惑がっていた住民にも丁寧な説明を続けた結果、住民の理解を得られたという。一方、地域で面倒を見る猫の頭数の把握がおろそかになり、去勢手術が徹底されず増えてしまった失敗例も載せている。

 冊子の概略版として、猫のイラストを多用したパンフレットも作成。冊子、パンフレットともに県ホームページからダウンロードできる。問い合わせは県生活衛生課=092(643)3281。 (大坪拓也)

西日本新聞社
posted by しっぽ@にゅうす at 10:17 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風で体調を崩すペットの対処法、避難所での注意点は? 今回を教訓に次への備えを。

Yahoo! JAPAN



台風19号は、東日本を縦断しました。 猛烈な雨の影響で、多くの 河川の堤防が決壊して、住宅地など、洪水の被害が各地に出ています。被災された方、心からのお見舞いを申し上げます。

体調を崩すのは人間だけではありません。対処が必要な犬や猫も多くいると思いますので、いま何を注意すべきか。洪水などの災害時でもいかにペットを守るかを、順を追って考えてみましよう。

台風は、事前にある程度予測できるのでその対象法
地震は、予測するのが難しいですが、台風は前もってある程度わかるので、準備ができます。

・預かってくれるところがあるのでしたら、台風の進路ではないところに、その時期だけ犬や猫を預ける。

Twitter で話題になっていました。https://twitter.com/momodog22/status/1182095710914666496
・外で飼っている犬や家の中にいれましょ う。室内では、ちょっと嫌だと思う飼い主は、玄関でもいいです。洪水で水に溺れてしまうと、泳げない犬や猫もたくさんいるので、家に閉じ込めましょう。逃げてしまうと、 Twitterにあるように、戻ってくる確率はかなり低くなります。

・フードなどは、10週間以上はストックしておきましょう。

・内服薬を飲んでいる犬や猫は、10週間以上余分にもらっておきましょ う。動物病院が閉まったり、飼い主が取りにいけない場合もあるので。そのときは、薬の名前なども聞いておきましょ う。(他院でもらえるように)

・薬やフードは、水に濡れる可能性があるので、ビニールのチャック がついているものに、入れておきましょうね 。

・水は、10日分ぐらいストックしておきましょ う。(5キロの犬で、1日300mlなので、3000mlは入ります)どんなミネラルウオーターでも飲めるわけではないので、ミネラルの成分を見ておきましょ う。(猫だとマグネシウムが多いと尿石症の可能性が高くなります )

筆者撮影 マイクロチップと読む取り機械。
・マイクロチップをつける。肩甲骨の辺りに埋め込むので、水に濡れる心配はありません。(獣医師である著者の愛家・ラッキーには入れています。迷子になって保護されたときに探せるように。)

台風の通過中
・雨や風の音が強いので、抗不安剤のサプリメントから内服薬まで動物病院にはあるので、事前にもらっておきましょ う。そして、飲ませて、不安にさせないように。

・スキンシップを多くして、安心させてあげましょ う。

・窓に近づかせない。窓などが割れて、犬や猫が逃げると困るので。

避難所に行く場合
・まずは、犬や猫が一緒に避難出来 るか調べてからいきましょ う。

・普段から、ゲージに入れる訓練をしておきましょ うね。

・リードなどは目に着くところにおいておきましょ う。

・狂犬病、混合ワクチンの証明書

 避難所に、多くの犬や猫が集まるので、伝染病が発生しないように、狂犬病、混合ワクチンを打っておきましょう。

・リード

 避難所でストレスにならないように、リードをつけて散歩をしてあげましょう。

・敷物

 家族のニオイがついた敷物だとペットは安心します。

・ペットの首輪に鑑札と狂犬病予防注射済票や迷子札

 災害時に、飼い主と放れることもあるので、つけておくと、迷子になりにくいです。

・キャリーケース

 移動のときにあると便利です。

・トイレ用シーツ

 室内で排泄させるとき、それで促すことができます。

・排泄物のために、小さいビニール袋やペットシーツなどゲージの近くにおいておきましょう。

・避難所に行けない場合は、災害がひどくない知人に犬や猫だけを預かってもらえるところを普段から見つけておきましょうね。

台風が通過したら
・洪水などで、家の周りが不衛生になっているので、下痢をする子が増えます。精神的なものだと下痢止めで割合に早く治ります。

・台風の後に、難治性の下痢が続く場合は、ウイルスや細菌に感染している場合がありますので、動物病院にウンチを持って行き、下痢パネルという検査をしてもらってください。

・洪水の後に、毛が濡れて、皮膚病になる子もいるので、濡れた毛は洗える場合は、よく洗い、無理な場合は、タオルなどでよく拭き取ってあげましょう。

・洪水の様子を見に行く場合は、犬や猫と一緒に行かない。何かの拍子で、水に落ちる可能性もあるので。

・洪水があった地域を散歩させるときは、帰宅したら足を水でよく洗う。(毎回、シャンプーをすると、必要な油分を取ってしまい、皮膚病になる場合もありますので、注意が必要 )

・普段見ない風景を見たり、雨脚の強い音や風の音を聞いているので、少しデリケートになっている子もいますので、スキンシップの時間を多くしてくださいね。

まとめ
犬や猫をよく観察して、体調不良の傾向があれば、病院に連れて行きましょう。避難所に連れて行くには事前のリサーチや準備が重要になります。また、台風などの災害は、数日前から予測出来るので、飼い主は、知識を持って対処してあげましょう。ちょっとした気のゆるみで、犬や猫が濁流に飲み込まれることになるので、注意です。災害があっても、備えがあれば、心強いものです。
posted by しっぽ@にゅうす at 10:15 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫も人も幸せになれる社会を目指すために『ねことわたしスぺイクリニック』開院

Yahoo! JAPAN



年々減っているとはいえ、まだまだ行われている猫の殺処分。そんな不幸な猫たちを減らすために猫の保護活動はもちろん、猫の不妊手術を専門に行う動物病院である「スペイクリニック」を開業したNPO法人「KATZOC(カゾック)」の活動についてご紹介します。

※記事内容はすべて、2019年6月10日現在のものです。

前へ 1 / 2 次へ
猫も人も幸せになれる社会を目指すために『ねことわたしスぺイクリニック』開院
「ねことわたしスペイクリニック」の外観。ロゴである可愛い猫のイラストは道の向かい側からでもよく見えます。画像/2019年8月号「猫のために何ができるのだろうか」
猫の不妊手術専門の動物病院を開業
2019年2月22日、兵庫県神戸市に「ねことわたしスペイクリニック」が開院しました。

「スペイクリニック」とは、あまり聞き慣れない響きですが、猫の不妊手術を専門に行う動物病院のこと。日本では飼い主のいない猫が毎年万単位で殺処分になっており、不幸な猫がこれ以上増えないよう、ノラ猫に不妊手術を施す必要があるのです。

とはいえ、それを専門に行うスペイクリニックはあまり多くないのが現実。「ねことわたしスペイクリニック」を立ち上げたのは、NPO法人「KATZOC」代表の山田亜美香さん。もともと行っていた保護猫活動のために寄付や持ち出し以外の方法を模索していたとき、保護猫活動で知り合った獣医さんから提案されたのだとか。

「開院したばかりで目標にはまだ達していませんが、依頼は少しずつ増えています」と山田さん。

兵庫県や大阪府などの近隣エリアはもちろん、遠方からも相談があるのだそうです。また、そのノウハウを買われて、出張不妊手術をお願いされることも。5月に出向いた高知県での一斉手術には、自治体としては初めて県も協力してくれ、その規模は徐々に拡大しているそうです。

前へ 1 / 3 次へ
猫も人も幸せになれる社会を目指すために『ねことわたしスぺイクリニック』開院
中原さん(中央)は宮古島にあった保護猫団体「宮古島SAVE THEANIMALS」の代表にもなり、現地の仲間と活動に取り組んでいます。画像/2019年8月号「猫のために何ができるのだろうか」
繋がりを大切にさまざまな活動を展開
現在37歳の山田さんは、保護活動を担っている人の中では「若手」と呼ばれる存在。保護猫の預かりボランティアや保護猫カフェスタッフなど個人としては長く活動してきたものの、団体の運営については悩むことも。ですが、それを逆手に取り、わからないことは繋がりのある方々に相談することにしているそう。快く手を差し伸べてくれる人が多く、その繋がりを大切にしています。実際、「KATZOC」の活動は山田さんの人との繋がりから始まったものばかり。保護猫活動でお世話になった獣医師の勧めによるスペイクリニック開院のほか、宮古島の猫の保護活動もそのひとつ。

もともと大阪でともに活動をしていた現メンバーの一人、中原絵梨奈さんが移住先の宮古島でノラ猫・犬問題に直面し、相談されたのを機に協力を約束。人口が少ない宮古島内で飼い主さんを見つけるのには限界があるため、猫を大阪に迎え、積極的に譲渡会を行っています。





写真は、町内で行う一斉不妊手術について、町会長や動物愛護センターの職員などを交え、話し合いを行っている様子。地域が“家族”のように繋がり、助け合うことで猫の問題も人の問題も少しずつ解決されていく。そんな猫も人も幸せになれる社会を目指して、「KATZOC」は今日も活動を続けています。

猫も人も幸せになれる社会を目指すために『ねことわたしスぺイクリニック』開院
撮影/佐藤純子
NPO法人「KATZOC」のメンバー
おもにお話をうかがった、代表の山田亜美香(あみか)さん(左端)と、スタッフの門馬更夢(もんまさらむ)さん(右端)、猫預かりボランティアの方。「KATZOC」は2018年6月に設立した団体で、中心となっているのは現在3人ですが、まわりの力を借りながら活動しています。


参考/「ねこのきもち」2019年8月号『猫のために何ができるのだろうか』
文/浪坂一
撮影/佐藤純子
一部写真提供/NPO法人「KATZOC」
※この記事で使用している画像は2019年8月号『猫のために何ができるのだろうか』に掲載されているものです。

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 10:13 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫ブーム過熱の陰で悲しい現実…捨てられたり行き場なくなった猫たち


Yahoo! JAPAN



兵庫県三田市駅前町の路地裏に、猫と触れ合い、引き取ることのできる飲食店がある。「里親探しの猫カフェ 猫結び」。暮らすのは、子猫を大量に産ませる「繁殖場」で役割を終えて行き場がなくなったり、捨てられたりして保護された猫たちだ。過熱する猫ブームの陰で悲しい現実も生まれている。「僕たちのこと、ちょっとだけ知ってほしいにゃ〜」(山脇未菜美)

【写真】可愛い告発主たち

【通称「店長」のユウナ】(ブリティッシュショートヘアの3歳メス)今日も眠いにゃ〜。寝転んでいると分かりにくいけど、生まれつき左の後ろ足がないの。売り物にならなくて、物心が付くと「繁殖場」にいたわ。マンションの一室などに、多いときに200匹ほど。私たちは日光に12時間以上当たると発情期が来る体だから、明るい蛍光灯を当てられる。交尾すると、ほぼ100%子どもができるの。出産したら1カ月以内にまた光を浴びて…。年4回、数え切れない子を産んできたの。

【ティル】(ラグドールの7歳メス)私は繁殖場にいたけど、頭数が多いからエサも少なくて痩せちゃう。体がボロボロだにゃあ。

【オリオン】(マンチカンの9歳オス)僕も繁殖場。保護してもらえて助かったけど、役目が終わると悲しいにゃ。「引き取り屋」と呼ばれる商売もあって、高齢や不要になった仲間が数千〜数万円で売られる。良くない業者に餓死させられることもあるらしいから怖いにゃ。

【飼い主が決定したレイリー】(スコティッシュフォールドの0歳メス)私は繁殖場で産まれたにゃ。後ろ足が曲がって商品にならなくて行くところがにゃかった。親子やきょうだいで交配(近親交配)させられると、病気になる子が多いみたいにゃの。

【こなた】(スコティッシュフォールドの5歳オス)僕は奇形で耳が垂れて曲がってる。この方が「かわいい」ってお店で高く売られるから不思議だにゃあ。でも将来、全身が痛くなる骨軟骨形成不全症や、内臓疾患になりやすくて短命らしい。結局、僕は飼い主に捨てられちゃったんだ。

【ベベル】(雑種で年齢不明のオス)僕は捨て猫。河川敷でカエルなんかを食べて過ごしていると保護された。何を食べたかはウンコを見れば分かるんだって。野良には人が怖くなり、凶暴になってしまって殺処分された仲間もいる。でも、僕はいま「人懐っこい」って大切にされている。「人は優しい」って信じてるにゃあ。

     ◇

 猫カフェは1時間千円、2時間1800円(ドリンク付き)。一部の猫は譲渡可能。午前11時〜午後6時。水曜と第1、3木曜は定休日。同カフェTEL080・9281・7061
posted by しっぽ@にゅうす at 02:10 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペット飼育可能なはずのマンションが大型犬は不可! 仲介業者を訴えたら…

Yahoo! JAPAN



ホントにあった、犬にまつわる事件簿を紹介!
この連載では、過去に実際に起こった犬がらみのトラブルと、それに対して裁判所から下された判決について解説します。同じような事件が起こった場合の参考になります。今回ご紹介するのは、東京地方裁判所で平成24年11月14日に判決が出た事例です。

※この記事の解説は、ひとつの例にすぎず、まったく同一の解決・判決を保証するものではありません。個々の事件の判決については裁判所に、解決策はその当事者に委ねられます。

お話してくれたのは……渋谷 寛先生
弁護士/渋谷総合法律事務所。ペット法学会事務局次長。動物の医療過誤訴訟を担当するなど、ペットと法律の問題に力を注ぐ。共著に『Q&A ペットのトラブル110番』(民事法研究会)など。

ペット飼育可能なはずのマンションが大型犬は不可! 仲介業者を訴えたら…
イラスト/macco
入居したマンションの飼育制限で退去。仲介業者を訴えた!
仲介業者からペットの飼育が可能なマンションを紹介されたAさんの両親は、大型犬の愛犬と暮らせるかどうかを尋ねたところ、担当者から「肩下の長さが50cm以下でなければならない」と伝えられました。

両親の愛犬はこの飼育制限のサイズを超えていましたが、内覧時に愛犬の写真を見せて「飼育可能かどうか?」と尋ね、はっきりと否定されなかったこともあり、Aさんはこの物件の賃貸契約を結ぶことに。ところが、入居後にやはり大型犬とは暮らせないとわかり、退去することになりました。

Aさん側は、契約時の重要事項説明で「ペット飼育可です」とだけの説明で、飼育制限に関する規約の説明はなく「大型犬と暮らせるものと思い契約をした」などと主張し、仲介手数料や引っ越し費用などの損害賠償を求めて、仲介業者を相手どり、裁判を起こしました。

飼育可能物件であっても、必ず管理規約の確認を
裁判では、Aさんの両親は、愛犬が飼育規約の制限を超えたサイズであると認識していること、また、Aさんが署名した重要事項の書類には、「ペット飼育可」の備考欄に「建物使用細則に基づく」と記載があったことから、仲介業者は飼育制限に関する管理規約の存在と内容を説明していたと認められ、Aさんの主張は棄却されました。

ペット飼育可能なはずのマンションが大型犬は不可! 仲介業者を訴えたら…
イラスト/macco
判決は……損害賠償の請求は棄却された
このケースでは「ペット飼育可」と説明されたから少々のサイズオーバーは大丈夫だろう、という飼い主さんの思い込みがあったと推測されます。ペットの飼育が可能なマンションであっても、飼育できるペットのサイズや頭数などの規定は、物件ごとに異なります。契約時には、仲介業者任せにせず、管理規約の内容を飼い主さん自身がきちんと確認しておくことで、安心して愛犬と暮らしたいものです。

参考/『いぬのきもち』2017年10月号「ホントにあった犬の事件簿」(構成・文/豊島由美)
イラスト/macco

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 01:30 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする