動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年10月17日

ペット同行での避難は? 禁止の自治体も…

Yahoo! JAPAN




台風19号による水害で、自宅が大きな被害を受けた方の避難生活が続いている。避難所で指摘されている問題のひとつが、ペット。ペットを連れての避難を禁止している自治体もあるなど、鳴き声や動物アレルギーなどもあって、難しい問題となっている。

   ◇

川の氾濫により、冠水した埼玉県川越市。

「大丈夫、大丈夫、大丈夫だよ」

1階部分が浸水した住宅から救出されたのは1匹の犬。隊員に抱えられたまま、救難ボートに乗り込み助け出された。

大きな爪痕を残した台風19号。多くの避難所が開設され、台風に備えた人がいた一方で、“避難所”と“ペット”を巡り、ある問題も起きていた。

◆SNS上では…

台風の上陸した今月12日。

「避難場所確認したら、全てペット同伴不可でした。避難できない」

「避難所は全てペット同伴不可なので、お家にいます」

SNS上には、“避難所にペットを連れて行けなくて、避難ができない”という内容が書かれていた。

中には、ペット同伴の部屋が設けられ、避難できた人もいたが、「避難所へ行くことを諦めた」という投稿が多く見られた。

◆“一緒に避難できないと困る”

川越市で救出された犬は避難所へ行くことができなかったわけではなかったが、ペットを飼う人にとっては重要な“避難所問題”。

以前ペットを飼っていた女性「避難所がダメなら、自分の車で生活するしかない。置いていくという選択肢はないです」

犬を飼っている女性「(避難)しないと思います。ペットを連れて行けないなら」

ペットを飼ったことがある人からは、やはり一緒に避難ができないと困るという声が上がった。

◆否定的な声

一方で、避難所にペットがいることについて、否定的な声もあった。

ペットを飼っていない女性「非常事態だから仕方ないかなと思いますけど。走り回られたりしたら気にはなるかな」

ペットを飼っていない女性「鳴き声とかそういうのが問題になるかと思います。においとか」

◆自治体の対応は…

避難所のペット受け入れについて、環境省は「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」で、「災害が起こったときに飼い主はペットと同行避難することが基本」としている。

各自治体はどのように対応しているのだろうか。

多くの避難者が利用した東京・墨田区や中野区では、リードやケージなどを持参すれば、全ての避難所でペットの受け入れが可能だという。

一方で、3か所に避難所を開設した中央区では、動物アレルギーなどに配慮し、ペットの同行を禁止していたという。

中央区・危機管理課長「(ペットを連れて行けるか)問い合わせ等、基本、何件かあったんですけど、申し訳ないですけど、ご自宅の方にペットはいさせてくださいと。ペットがお嫌いな方、それからアレルギーの方がいらっしゃる。(配慮の結果)そういう対応を我々は図らせていただいた」

他にも、葛飾区などでも、最終的には避難所の判断に任せていたものの、ペットの同行は禁止となっていた。

   ◇

自治体・避難所によっても異なるペットの受け入れ。飼い主とペットが安心して避難ができる仕組みづくりが急がれる。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:56 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットショップの子犬・子猫たち その裏にいる「販売できない子」たちの存在

Yahoo! JAPAN



某大型ショッピングモール内にあるペットショップの子犬・子猫コーナーは、連休ともなるとたくさんの人でごった返します。そこでは、係員が子犬・子猫を抱っこさせてくれます。抱っこする前には、手に消毒スプレーを噴霧することになっています。一見清潔で、ペットのことを考えているようですが、実際はどうでしょう。

【写真】こちらの猫ちゃんは、お家に来てから先天性の心臓病が発覚しました

お客さんが多かった日の夜、ペットショップ併設の動物病院には、彼らがたくさん運び込まれました。

ある子は元気食欲が無くなり、下痢が始まっていました。ストレスがかかったのでしょう。ある子は前の手が痛くて挙げていました。抱っこされるときに前の手を強く引っ張られたようです。両眼が真っ赤に腫れあがっている子もいました。消毒スプレーを浴びてしまったり、体中に付いてしまったりして粘膜がやられたのではと推測しました。ある子は、その日を境に全身状態が悪くなり、やがてお店から別のところへ連れて行かれてしまいました。

   ◇   ◇

ペットショップで無邪気に遊んでいるようにみえる子犬・子猫たちは、実はいろいろな試練の中で過ごしています。このように、ペットシショップでお客さんを待つ毎日も大変ですが、ペットショップにやってくるまでの「選抜」も過酷といえるかもしれません。

ペットショップで販売する子犬・子猫はどこから来るのでしょうか。昨今は様々な形態がありますが、市場(いちば)というものも存在します。市場では、野菜や魚と同じように、ブリーダーが持ってきた子犬・子猫がセリにかけられます。

セリに出すときは、今ではとても念入りに獣医師による健康チェックがなされます。多くは元気で外観上も問題のない子たちですが、ときどき見つかるのが『心臓に雑音がある子』です。心臓に雑音がある場合、その子は短命に終わる可能性があるので、ブリーダーに戻されてしまいます。

ここで「ちゃんとチェックしてはるんやなぁ」と感心するだけで終わらないでくださいね。そこで心雑音のあった子犬・子猫たちは、どうなるのでしょうか?…実はその後はケースバイケースです。

子犬・子猫で心雑音がある場合の多くは、生まれつき心臓に奇形や不具合がある子です(先天性心疾患といいます)。犬の先天性心疾患のなかで一番多いのは動脈管開存症(27.7%)、猫では心室中隔欠損症(15.0%、心臓の心室の左右に穴が開いていて交通する病気)だったという報告があります(1999年)。

動脈管開存症という病気は、人間や他の動物でも確認されています。これは、『動脈管』という生きていく上では必要のない血管が残っている病気です。

赤ちゃんがお母さんのお腹の中にいる頃は、赤ちゃんは空気を吸えないので肺は機能していません。ですから肺をショートカットして血液が流れるように、大動脈(全身に血液を送る血管)と肺動脈(肺に血液を送る血管)の間にバイパスを作って、肺には血液が流れないようになっています。一方で、お母さんのお腹から出てしまえば、今度は自分で空気を吸って酸素を身体に取り込まなければなりませんので、そのバイパスは必要なくなり消えてなくなります。しかしそのバイパスが消えずに残ってしまうのが動脈管開存症です。

バイパスが残ってしまうと、必要以上に肺に負担がかかってしまい、短命になる可能性が高いのです。しかし、早期にこの病気を発見してバイパスを塞ぐ手術を行えば、その後はこの疾患の無い犬猫と同様に、寿命をまっとうする事が出来るようになります。

私が大変お世話になっております某先輩獣医師は、この動脈管開存症で販売できない子犬・子猫を引き取り、自分の動物病院に勤務する若手獣医師にこの動脈管開存症の手術をさせ、誰かに飼ってもらうという試みをされていらっしゃいます。

生き物を売買することに対しては、いろいろな考え方があると思います。購入されたにしても譲渡されたにしても、あるいは拾ったにしても、ご縁があってお家にやってきた犬や猫たちです。お家にやってくるまでの辛かったことや痛かったこと、怖かったことやしんどかったことなどは、彼らは語ってくれません。ただただ、私たち人間を全面的に信用してくれて、過去の辛かったことは思い返したりせず前を向いて生きていく彼らを、私はとても尊敬しています。飼われた犬や猫たちはみんな、幸せになって欲しいなと思うばかりです。

(獣医師・小宮 みぎわ)

まいどなニュース
posted by しっぽ@にゅうす at 07:55 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生肉ペットフードに有害バクテリアが大量混入、人間にも被害の危険性

Yahoo! JAPAN



【AFP=時事】犬や猫の餌用に人気が高まっている生肉ペットフードには、さまざまな薬剤への耐性を持つバクテリアがあふれており、動物や人間に深刻なリスクをもたらしているとする研究結果が16日発表された。

【写真】韓国の養犬業者ら、犬肉食べて気勢上げる

 英国王立協会(Royal Society)のオンライン科学誌「ロイヤルソサエティー・オープンサイエンス(Royal Society Open Science)」での報告によると、スイスで購入され試験された生肉ペットフードのサンプルのうち4分の3は、胃腸感染症の原因として知られるバクテリアの数が推奨される限度値を超えていた。また半数以上に、殺菌剤の影響を受けないバクテリアが含まれていた。

 生肉ペットフードの売り上げは、犬用の製品を中心に近年大幅に増えている。犬の体力や免疫力を高めると言われているが、こうした主張を裏付ける研究は十分にされていない。

 スイス・チューリヒ大学(University of Zurich)の研究者、マグダレーナ・ノイシュインダービネン(Magdalena Nuesch-Inderbinen)氏は「生食をもとにした餌には、世界保健機関(WHO)から人間の医学にとって非常に重要と分類されているものなど、さまざまな抗生物質に耐性のあるバクテリアが含まれている可能性がある」と指摘した。

「これらの病原体は、ペットに餌をやるときだけでなく、住宅の床などの汚染や、犬や犬のふんとの密接な接触によって、人間に感染することを示す証拠が増えている」という。

 欧州連合(EU)域内で飼育されている犬と猫の数は合わせて推計14億匹で、北米でも同様かそれ以上とされる。日本の「ペットフード協会(Japan Pet Food Association)」によると、日本国内で飼育されている犬と猫の数は、昨年10月時点で計1855万匹を超えている。【翻訳編集】 AFPBB News
posted by しっぽ@にゅうす at 07:54 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

台風避難所「ペットNG」は「理解できない」 DaiGo「大切な家族」「ヒトも動物も関係ない」

Yahoo! JAPAN



メンタリストのDaiGoさんは2019年10月15日に自身のツイッターを更新し、台風19号で開設された一部の避難所が「ペット受け入れ不可」としたことついて、2つのツイートにわたって持論を展開した。

■「人間の命の方が重いなんて綺麗事だ」

 DaiGoさんは、

  「ペットが多くの避難所で断られることが理解できない。大切な家族を見捨てて避難なんてできるわけないだろう。少なくとも赤の他人の命より、動物だとしても家族の命の方を優先するのは理解できる」

と、ペットを「家族」として捉え、避難所に駆け込んだ人たちに理解を示した上で、

  「ペット受け入れ可にすれば住民の避難はもっと迅速になったはず」

と持論を展開した。

 続くツイートでは、

  「ホームレスの受け入れ拒否が批判されるなら、ペット受け入れ拒否も批判されるべきだと思う」

と、東京都台東区の避難所が路上生活者の受け入れを拒否したニュースを引き合いに出し、再び避難所の「ペット受け入れ」の必要性を指摘。最後に、

  「何度も言うが、人間の命の方が重いなんて綺麗事だ。家族の命の重さなら、ヒトも動物も関係ない」

との意見を示した。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:52 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツで犬、猫、猿などに「暴力的な」動物実験 「犬は殺されるために檻から出されても尻尾を振っていた」

Yahoo! JAPAN



ドイツ、ハンブルク郊外の動物実験施設に、動物の権利擁護団体の活動家が4か月にわたり潜入し、内部の様子が秘密裏に撮影された。動物実験廃止を求める団体は今月12日に動画を公開し、実験施設の閉鎖や動物実験に関する規制強化を訴えた。

【この記事の他の写真を見る】
動物実験廃止を求める非営利組織「Cruelty Free International、以下CFI」とドイツの動物保護活動団体「Soko Tierschutz」が協力し、2018年12月から2019年3月に秘密裏に撮影された動物実験施設内部の様子がSNSで公開された。活動家が潜入調査を行ったのはノイ・ヴルムシュトルフ、ミエンブラ(Mienenbüttel)にある実験施設「Laboratory of Pharmacology and Toxicology、以下LPT」で、ビーグル犬、猿、猫、ウサギが実験に使用されていた。

CFIによると、LPTは家族経営で、製薬会社や農工業用化学物質などを扱う世界中の会社と契約し、薬剤を人間に投与する際の安全な量や期間、毒性的作用などの情報を提供している。実験には麻酔や鎮痛剤などが使われず、実験動物は嘔吐、内出血、呼吸困難、発熱、体重減少、昏睡、皮膚疾患、臓器不全などで苦しみ、ほとんどの場合は死に至るという。

潜入調査を行った活動家は2018年の秋にLPTに雇用され、4か月をかけて施設内の動物の様子を撮影しており「LPTの実験スタッフはほとんどが素人で、動物への扱いは非常に暴力的だった」と明かしている。

動画ではビーグル犬が狭い檻の中で血を流し、じっと動かない様子が映し出されているが、その目は虚ろで怯えているようだ。活動家によると、ビーグル犬は喉からチューブを押し込まれ、そこから何らかの化合物が入ったカプセルが投入され、そのまま檻に戻されて放置されるのだという。「Soko Tierschutz」のフレドリック・ミュルン氏は「ビーグル犬は殺されるために檻から出されるのにもかかわらず、尻尾を振っている。酷い仕打ちをされてもなお、人間の愛情を求めているのだ」と溜息交じりに語っている。

猿の実験に使われるのは、比較的身体が小さいマカク属で、その首には金具がはめられ、1匹ずつ小さな檻の中に閉じ込められている。ストレスから檻の中をぐるぐる回ったりする異常行動も見られ、人間が捕獲棒を使って檻から出そうとすると、声を上げて必死に抵抗する。動画では、首を固定され、手をテープでぐるぐる巻きにされた猿や、固定具から必死にもがいて抜け出そうとする猿も映し出されている。その表情からは絶望、怒り、そして悲しみが溢れ出ていた。

また猫においては1日に13回の注射を打たれ、苦しみながら放置されるのだという。これらの実験の様子を捉えた動画は非常に衝撃的で、視聴には年齢制限があるが、動物の悲痛な叫びがひしひしと伝わってくる。

『Presseportal』は、ドイツでは1年間で少なくとも280万匹が動物実験により死んでいると明かしており、動物の権利擁護活動家らは、動物実験に関するドイツ国内の法律の改正やヨーロッパでの規制強化を訴えている。また動画を公開した2団体は、LPTが過酷な状況で動物実験を行い虐待しているとして施設の閉鎖を求めている。

このニュースへの人々の反応は様々で「人間は残酷だ」「よくこんなことができるもんだ」「動画をまともに見ることができなかった」「結局動物を殺して食べているのも人間。一番勝手なのは人間だ」「動物実験をしている化粧品は購入しないことにしている」「動物実験に反対はしないが、動物の扱いには問題があると思う」「今すぐやめさせるべき」「契約している企業の名前が知りたい」といったコメントが寄せられている。

画像は『Cruelty Free International 2019年10月12日付Facebook「Help us show the world what is happening behind closed laboratory doors. Help us make it stop for good.」(Cruelty Free International/SOKO Tierschutz)』『Metro 2019年10月15日付「Monkeys scream out in pain in secret footage recorded at ‘German lab’」(Picture: Cruelty Free International/CEN)』『Presseportal 2019年10月13日付「Undercover in Deutschlands geheimsten privaten Tierversuchslabor Erschütternde Beweise: Rechtsbrüche Gewalt gegen Tiere und sterbende blutende Hunde」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 A.C.)
posted by しっぽ@にゅうす at 07:51 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする