動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年10月30日

狂犬病予防接種せず、女性かむ 飼い主書類送検へ 警視庁

Yahoo! JAPAN



飼い犬を自治体に登録せず狂犬病の予防接種も受けさせていなかったとして、警視庁が近く狂犬病予防法違反容疑で、東京都瑞穂町の男性会社員(64)を書類送検する方針を固めたことが29日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、男性が飼育していたのは中型の四国犬。今年8月、瑞穂町の路上を男性が四国犬を連れて散歩中、通りかかった10代の女性の左太ももをかんでけがを負わせた。110番通報で駆けつけた福生署員が男性から事情を聴いたところ、同法違反が発覚した。

 女性に狂犬病の感染は確認されなかった。男性は調べに対し、容疑を認めているという。

 書類送検容疑は、飼育していた犬を町に登録せず、狂犬病の予防接種も受けさせていなかったとしている。

 厚生労働省によると、狂犬病予防法では、取得日から30日以内(生後90日以内の犬は生後120日以内)に飼育する犬を市区町村に登録した上で、年1回の予防接種を義務づけている。


posted by しっぽ@にゅうす at 08:21 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットも一緒に避難訓練 しつけ方法や車中泊準備学ぶ


Yahoo! JAPAN



京都府長岡京市内で27日、防災訓練が相次いで行われた。同市下海印寺の長岡第五小では、避難所で受け入れられにくいペットとの避難体験があり、飼い主が対策や日常の備えを考えた。
 市が10月最終日曜を「長岡京市防災の日」と定め、各地で訓練が行われる活動の一環。ペットとの避難は、ほかの利用者への配慮などで多くの避難所が受け入れていない。対応を考える機会にしようと、市社会福祉協議会の事業がきっかけで住民が立ち上げた「ペットきずなの会」が主催した。
 訓練には、住民約40人が飼い犬と参加した。実際の避難時、飼い犬に必要なおやつなどを準備して長岡第五小に集合。きずなの会のメンバーと獣医師の講師から、車中泊をして日中は車外のテントで過ごす工夫や日常的に移動用のケージに慣らしておくしつけ方法を学んだ。
 参加したアルバイト女性(47)=長岡京市泉が丘=は「どうやって避難すればいいか不安だった。車中泊の準備も検討してみたい」と参考にしていた。

posted by しっぽ@にゅうす at 08:00 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アイスピックでネコを…? 相次ぐ虐待、沖縄の公園で8件 卑劣な行為で不満解消か

Yahoo! JAPAN


沖縄本島中部にある公園で、ネコの虐待事案が8件相次いでいることが22日までに分かった。動物愛護団体「沖縄アニマルガーディアンズ」によると、今年2月ごろからアイスピックのような物で突かれたような傷のある数匹が見つかり、今月6日には胴体が刃物で切りつけられたような死骸が発見された。県警はパトロールを強化している。

【閲覧注意】誰がこんなことを… 鼻に吹き矢が刺さった猫

 同団体の新垣善広代表(56)は「沖縄は野良ネコが非常に多く、各地で虐待が起きている。飼育の在り方を見直し、行政も積極的に対策に取り組んでほしい」と話している。

 公園を管理する県中部土木事務所も事案を把握している。県動物愛護管理センターなど関係機関と情報共有し、街灯の修繕や除草などに取り組むという。

 沖縄国際大学の山入端津由名誉教授(犯罪心理学)は「日常生活で人との交流が乏しく社会に受け入れられていないと感じる人が、身近な動物を虐待して不満を解消させるケースがある」と指摘している。

posted by しっぽ@にゅうす at 07:44 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【犬の三大死因】危険な犬の腎臓病「急性腎障害」って?

Yahoo! JAPAN



“犬の三大死因”といわれる、腎臓病――。腎臓病は具体的な病名ではなく、何らかの原因で腎臓が正常に働かなくなった状態の総称です。ここでは、犬の腎臓病のひとつ「急性腎障害」の原因や症状、予防法などについて解説します。

【犬の三大死因】危険な犬の腎臓病「急性腎障害」って?
チワワ
犬が注意したい腎臓病「急性腎障害」とは?
「急性腎障害」とは、予兆もなく発症し、短時間で腎臓の働きが低下してしまう病気です。

急激に状態が悪化するため、対応が遅れると発症してから3日ともたない場合や、一命を取りとめたとしても予後は悪く、慢性の腎不全になってしまうケースもあります。

【犬の三大死因】危険な犬の腎臓病「急性腎障害」って?
ヨーキー
「急性腎障害」の原因・症状とは?
「急性腎障害」の原因は3つ
急性腎障害の原因は、以下の3つに分類されます。

血液循環のトラブル腎臓自体のダメージ尿の排出トラブル

それぞれ対処法が異なるため、飼い主さんが早く症状に気づき、適切な治療を行うことが求められます。

「急性腎障害」の症状とは?
原因は3つに分けられますが、急性腎障害になったときにほぼ共通するとされているのが、以下のような症状です。

おしっこの量が減ったおしっこが出ていない食欲がなくなった急に元気がなくなった嘔吐など

このような症状が見られるときは、すぐに獣医師に診てもらいましょう。

【犬の三大死因】危険な犬の腎臓病「急性腎障害」って?
コーギー
「急性腎障害」など犬の腎臓病を予防する方法は?
5才以降の定期的な血液検査・尿検査
シニア犬になると、犬は腎臓病にかかりやすくなるといわれています。そのため、7才以上のシニア犬はもちろん、まだ若くて元気だとしても、5才を過ぎたら年に1回は健康診断を受けるようにしましょう。
その際、血液検査だけでなく尿検査も受けるのがおすすめ。腎機能の異常を発見する手がかりになる場合があります。

常に十分な水分を取らせる
犬は脱水状態になると、糸球体がダメージを受け、腎機能が衰える原因になります。常に新鮮な飲み水を用意しておくのはもちろん、食事にも工夫をして水分摂取を心がけましょう。
ドライフードは水分の含有が少なくなりがちなので、ウェットフードを取り入れたり、犬用スープを加えたりするのもひとつの手です。

おしっこや排尿時の様子をチェック
腎臓病の発見には、日ごろから愛犬のおしっこの状態を把握することも大切です。
トイレシーツでおしっこをする場合は、その回数をチェックするようにしましょう。また、痛そうにおしっこをしていないかなど、排尿時の様子もチェックしてください。犬の腎臓病は命に関わる病気です。しっかりと対策をし、気になる症状が見られる場合は、すぐに獣医師に相談しましょう。

参考/「いぬのきもち」2018年8月号『3号連続企画 犬の死因トップ3を学ぼう! 知っておきたい 犬の「腎臓病」』(監修:日本獣医生命科学大学臨床獣医学部門治療学分野I講師 獣医師 獣医学博士 宮川優一先生)
   「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『実は犬の三大死因の1つ ひっそりと進行する怖い病気!「犬の腎臓病」』
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 07:41 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今からできる! 愛猫を「がん」から守るためにすべきこととは?

Yahoo! JAPAN


猫のがんにはさまざまな種類があり、それらすべてを完全に予防することは、現在の動物医療ではできません。しかし、愛猫をがんから守るために、飼い主さんができることはたくさんあります。今からできる猫のがんの早期発見・予防法を知って、愛猫の健康維持に役立てましょう!

今からできる! 愛猫を「がん」から守るためにすべきこととは?
アメリカンショートヘアのクッキーちゃん
ふだんの生活ぶりをチェック!
猫はがんになると、食欲不振や貧血、下痢、嘔吐など、さまざまな症状が体にあらわれます。特に食欲は、健康かどうかを判断する大きなポイントなので、食欲はあるか、食べ方が普段と違わないかなど、食事タイムは愛猫の様子をよく観察するようにしましょう。
愛猫のちょっとした変化に気付くことができるのは、一番近くで見ている飼い主さんだけ。日々のチェックを欠かさず、いつもと違うと思ったら早めに受診してください。

今からできる! 愛猫を「がん」から守るためにすべきこととは?
スコティッシュフォールドのまるくん
月に1回以上、猫の体重測定をする!
猫ががんになると、がん細胞の増殖によって代謝の変化が起き、体重が急激に減っていきます。見た目だけで体重の変化を読み取るのは難しいので、定期的に愛猫の体重を量り、普段の体重を把握しておくことが大切です。
体重チェックの目安は月1回以上。1ヶ月で体重が10%以上減少していたら、すみやかに受診しましょう。

今からできる! 愛猫を「がん」から守るためにすべきこととは?
MIXの晴くん
タバコの煙は厳禁!
タバコは人の健康によくないことで知られていますが、それは猫にとっても同様です。
欧米の研究機関の発表によると、猫がタバコの煙にさらされるとがんの発症率が大幅に上がることがわかっています。
多くの有害物質を含むタバコの副流煙を猫が吸い込んだり、毛についた副流煙に含まれる有害物質を舐めとったりすることで、がんの原因になってしまうのだそうです。
ちなみに、換気扇の下でタバコを吸ったとしても、煙は室内に広がるため、対策としては不十分です。猫を飼育しているご家庭は、室内禁煙を徹底しましょう。

今からできる! 愛猫を「がん」から守るためにすべきこととは?
MIXのモナちゃん
全身を触ってチェック!
愛猫とのスキンシップ中にしこりを発見して、がんの早期発見につながったというケースもあります。そこで、愛猫をなでる際は指先に集中して、ポチッとした感触がないかをチェックしてみましょう。
スキンシップで見つけやすいのは、人でいう乳がんにあたる乳腺腫瘍。とくにメスに多くみられるがんです。脇の下からおっぱいに沿って触ってみて、米粒のようなしこりが見つかったら、獣医師に診てもらってください。

定期健診を受けよう!
飼い主さんのチェックには限界があるので、定期的に動物病院で健康診断を受けましょう。獣医師による触診や視診をはじめ、血液検査やレントゲン、エコー検査などで、隠れていたがんを発見できる場合もあります。
定期健診は、10才までは年に1回以上、11才以上はがんになるリスクが上がるため、年に2回程度が行うとよいとされています。猫を迎え入れたら、早い段階でかかりつけ医を決めて、しっかりと健診を受けましょう。

飼い主さんの日々の観察や体調管理によって、猫のがんは初期段階での発見や予防できるものもあります。日々のチェックを怠らず、愛猫をがんから守ってあげましょうね!

参考/「ねこのきもち」2016年12月号『気になるセカンドオピニオンについても 愛猫をがんから守りたい!』(監修:池尻大橋ペットクリニック 遠藤美紀院長)
文/higarina
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 07:39 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。