動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2019年12月31日

犬を飼う前に知っておこう! 愛犬にかかる生涯コストの目安まとめ


Yahoo! JAPAN



犬を飼う上で、絶対に必要となるのが「お金」です。ここでは小型犬を例に、「初期費用」「生活費」「医療費」といった、犬と健全に暮らすために必要な費用についてまとめてみました。
これから犬を飼う予定の人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

犬を飼う前に知っておこう! 愛犬にかかる生涯コストの目安まとめ
ミニチュアダックスフンド
初期費用【6万円程度】
まずは、最初に必要となる「初期費用」から見ていきましょう。なお、今回ご紹介する費用は、動物病院やお住いの地域などによって異なりますので、あくまで“目安”として考えるようにしてください。

初期費用の目安
保健所の登録料……3,000円前後
狂犬病予防注費用……3,500円前後
健康診断……4,000円前後
(検査内容によって異なる)
混合ワクチン接種……16,000円前後
(8種混合接種×2回)
その他生活用品……30,000円前後
(ハウス、首輪、ハーネス、食器、トイレなど)


年間でかかる費用は約23万! しかしこれはあくまで目安……
上記の費用を合計すると、年間約23万円かかることがわかりました。犬の一生を15年と仮定すると、生涯コストは単純計算で345万円――。ほかにも、しつけ教室やペットホテルを利用したり、病気になって通院したりということになれば、犬にかかる費用はもっと上がります。今回は、小型犬で生涯コストを算出しましたが、大型犬となれば、食費や消耗品代はもちろん、医療費も上がると考えてよいでしょう。「思っていたよりもお金がかかって、もう飼えない……」という事態にならないよう、しっかりとプランを立てておくことが大切です。

参考/「いぬのきもち」WEB MAGAZINE『初めて犬を飼う人必見!知っておきたい一生にかかる「値段」基礎知識』(監修:いぬのきもち相談室獣医師)
文/hasebe
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。 
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室


犬を飼う前に知っておこう! 愛犬にかかる生涯コストの目安まとめ
黒柴
年間生活費【19万円程度】
実際に犬と生活すると、年間で以下のような「生活費」がかかります。

生活費の目安
食費……48,000円前後
(ドッグフード、おやつなど)
ペットシーツ代……12,000円前後
(使い捨ての場合)
おもちゃ・犬用グッズ代……18,000円前後
(リード、首輪、犬用おもちゃなど)
シャンプー・トリミング代……60,000円前後
(月1回、サロンを利用した場合)
その他消耗品費……18,000円前後
(歯みがき、シャンプー、洋服など)
光熱費等……36,000円前後
(留守番時や就寝時のエアコン代など、毎月の加算分を3,000円とした場合)

犬を飼う前に知っておこう! 愛犬にかかる生涯コストの目安まとめ
チワワ
年間医療費【4万円程度】
健康な犬に必要な「医療費」は、下記の通りです。

医療費の目安
ノミ・ダニ予防薬代……12,000円前後
フィラリア症予防薬代……12,000円前後
狂犬病予防接種代……3,500円前後
混合ワクチン接種代……8,000円前後
健康診断代……4,000円前後
(検査項目により異なる)ほかにも、病気やケガをした場合に備えて、年間6万円程度の余裕を持っておくと安心です。犬の医療費は飼い主さんの10割負担となるので、手術や入院が必要となったときに、かなり高額になることも。
万一に備えて、ペット保険の加入も検討してみるとよいでしょう。
posted by しっぽ@にゅうす at 05:51 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

もし愛犬が要介護になったら…知っておきたい犬の介護用品

Yahoo! JAPAN



犬の介護を楽にしよう。老化や闘病で愛犬の生活にサポートが必要になったとき、飼い主さんの負担を軽くできる犬用の介護用品や福祉用具をご紹介します。

もし愛犬が要介護になったら…知っておきたい犬の介護用品
犬の介護用品・福祉用具
床ずれ防止マット
寝たきりの犬は、体重で皮膚を圧迫して血行が悪くなると、皮膚表面の組織が壊れて炎症を起こす褥瘡(床ずれ)を起こしやすくなります。

床ずれの予防には、頬や肩、腰、前足、後ろ足などの体の圧迫を減らすことがポイントです。低反発のマットや床ずれ防止クッションなどを使用して、2〜3時間おきに寝返りさせてあげましょう。介護用担架として使用できるものも便利です。

もし愛犬が要介護になったら…知っておきたい犬の介護用品
犬の介護用品・福祉用具
犬用紙おむつ/防水シート
老化が進むと、肛門の筋肉や消化機能の衰えから排泄の失敗が多くなったり下痢をしやすいです。寝たきりや排泄のお世話ができないときは、犬用紙おむつを使用すると体や寝床の汚れを防げます。

おむつの交換の際は、優しく声をかけながらおむつに排泄したことが悪いことだと思わせないようにするケアも大切です。

排泄物で体やマットなどが汚れないように防水シートを敷いておくと体のケアやお掃除がしやすくなります。

食器類
ごはんが食べにくくなった犬に柔らかいフードを与える際は、形を曲げられるシリコン製の食器が便利です。ペースト状のごはんをスプーンやシリンジから少しずつ与えるのもよいでしょう。

エリザベスカラー
エリザベスカラーは、目や耳の保護、舐め防止からぶつかり防止まで幅広く使えて便利です。やわらかい素材やコルセットタイプなどがあります。

ナックリング対策
感覚異常によって足を擦って歩くナックリングは、靴下やブーツ、装具の着用で歩きやすくなることがあります。

歩行補助ハーネス
足が不自由であったり、ふらつきのある犬には、犬の足腰にかかる負担を軽くする歩行補助ハーネスが役立ちます。

犬にとって歩くことは、筋力の維持やストレス解消など重要な役割があるので、歩行に痛みがないのであれば獣医師に相談するとよいでしょう。

もし愛犬が要介護になったら…知っておきたい犬の介護用品
犬の介護用品・福祉用具
犬用車いす
ヘルニアや関節の病気、老化による歩行困難をサポートする犬用車いすは、歩けなくなった犬だけでなく、犬用車いすを支えに自力で歩くことで、筋力を維持するリハビリ効果も期待できます。

犬用の介護グッズを使うと毎日のお世話が少し楽になり、犬も暮らしやすくなりますよ。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 04:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫にとっての『最高に嬉しいこと』5つ


Yahoo! JAPAN



1.美味しいものを食べること

食べることは生きるための最低条件の1つです。しかし、ギリギリの生活で、何でも食べると思われている野良猫ですら、実は嫌いなものは残します。まして飼い猫なら、茹でたササミだったり、極上のマグロのお刺身だったり、様々なイチオシがあることでしょう。

ただ、最近、そんな伝統的なご馳走を尻目に、絶大なる支持を集めているおやつがあります。そう。あの液体タイプのおやつです。CMを見ているだけでも、猫たちの熱狂ぶりが伝わってきますから、猫にとってはよほど素晴らしい味がするものなのでしょう。

その顔を見ていると、猫も人間も変わらないとつくづく思います。やはり美味しいものを堪能することこそが、最高に気分を上げてくれる、最高に嬉しいことなのだ、と。

美味しいものはほどほどに
ただし、美味しいものには欠点があります。嬉しさのピークは食べた瞬間で、食べ終わると食べる前より切望感が増してしまうという欠点が。そして、期待値の上がったおかわりは、最初の時ほど美味しくはない。

おやつを追加して結局残されるのは、しばしば見られる光景です。執拗なおかわり攻撃をかわすのは大変ですが、「美味しいものは、物足りないくらいが1番いいのよ」と、猫にも自分にも言い聞かせた方がいいのかもしれませんね。

2.人間と楽しく遊ぶこと

実は、猫にとって美味しいおやつより嬉しいのが、誰かと一緒に遊ぶことです。猫は遊びが大好きですが、そのベースになっているのが狩猟本能であることはご存じの通り。つまり、猫にとっての遊びとは、「狩りごっこ」に他なりません。

しかし、もし、その時の動く遊び相手が「猫」だった場合、良い結果も期待できますが、悪い結果をもたらすこともしばしばです。出会いが上手くいかないと、「戦争ごっこ」に発展してしまうからです。また、極端な性格の差がある場合、一方的な「キツネ狩りごっこ」、つまりイジメに発展してしまう可能性もあり得ます。ですから、完全なネズミを演じてくれる飼い主さんとの遊びは、猫にとってはこの上もなく安心で、嬉しいことなのです。

おもちゃを使って
とにかくおもちゃを準備して、一緒にたくさん遊びましょう。遊ぶ時にはネズミや鳥になりきって自分も動き、長距離をダッシュさせたり、タンスの上に登らせるのがポイントです。もし思い切り運動させることができるなら(つまり「ちょっと待って。くたびれたから」と猫にいわせることができるなら)、遊ぶ時間は1日20〜30分で十分です。

そうやって日常的に遊んでいれば、身体にも心にもいい効果が得られます。たまったストレスがあれば発散できて、もちろん飼い主としての株も大いに上がること間違いなしです。

3.グルーミングをされること

猫同士のグルーミングは、コミュニケーションの1つです。これは、相手を舐めてきれいにするというよりは、相手の気持ちをなだめ、争いを避けるためのツールです。しかも、「大好きだよ」という気持ちの表明でもありますので、舐めてもらう方は最高に嬉しい気分を味わっています。

ただし、人間が猫にグルーミングを行う場合、舐めてあげるわけにいきません。猫のようなザラザラの舌も持っていませんので、くしかブラシで代用するしかありません。そして、大抵の場合、ここで問題が発生するのです。

人間の下心が仇に
飼い主のもくろみとしては、せっかくブラシを使うのだから、ブラッシングをして毛並みを整えたいというのが本音でしょう。しかし、猫がしてもらいたいのはグルーミングであって、抜け毛取りではありません。そこをつい勘違いしてしまうので、ブラッシング大嫌いな猫になってしまうのです。

グルーミングのコツ
かくいう私も、ブラッシングは下手な方です。しかし、グルーミングなら自信があります。ブラシではなく、歯ブラシを使うのです。これなら抜け毛を取ろうとする野心が働かず、気持ちよさだけを提供できます。おかげで、仲良し猫を失って元気がなかった猫が、最高にご機嫌な顔をするようになりました。

この方法は、自分でグルーミングをするしかないひとりっ子には特にオススメです。ブラッシングの入門編としてもいいかもしれませんね。

4.誰かのそばでリラックスすること

猫の生涯のうち、本当に安心して眠れるのは、授乳中の母猫に抱かれている時だけかもしれません。ですから、もし母猫と同じくらい安心できる人ができたなら、猫は遠慮なくそばに行きます。野良猫ですら、ベンチで並んで座ったり、膝の上に乗ったりして居眠りをし始めることがあるくらいです。そんなに安心して大丈夫なのか心配になるほどですが、猫は目を閉じてとても幸せそうです。

一方で、「うちの飼い猫はベッドで一緒に寝てくれない。信頼されていないのかしら?」という方もいらっしゃるでしょう。しかし、これに関しては、YESかもしれないしNOかもしれない、という答えしかありません。なぜなら、添い寝してくれない理由が「飼い主さんの寝相が悪いから」という物理的な問題である場合が多いからです。

猫のルールでリラックス
しかし、もし添い寝をしてくれない猫だとしても、飼い主さんのいる部屋で寝ていることが多いはずです。同じ空間で過ごすのは、猫なりの信頼の表現ですから、彼らはご機嫌な時間を過ごしているのです。仲間意識の強い人間にはちょっと分かりにくい猫ルールですが、是非その意図を感じ取ってあげてください。

5.大好きなお友だちに会えること

猫は、飼い主さんのことを「母親」だとして慕っていますが、特定の人や動物を「お友だち」として大切にしていることがあります。それは本当に特別な存在で、「お友だち」がやって来ると猫たちは遠くからでも目ざとく見つけ、走って行って出迎えます。そして、熱い歓迎セレモニーの後、しばらくそばを離れません。その姿は、「こんなこと私にはしてくれないのに」と飼い主家族がヤキモチを焼くほどです。

心から大好き
面白いのは、これが決しておやつで釣っているからではないところでしょう。とにかく「大好き」で「会えて嬉しい」のが、端から見ていてよく分かります。そして、そのお相手は、しばしばお散歩中の犬に向けられることもあるようです。

私は「犬と一緒に散歩に出ると、いつも野良猫が寄って来て大歓迎される」という経験をした飼い主さんを、少なくとも3人知っています。そして、それを実際に目にした時には、本当に驚きました。猫たちが遠くから鳴きながら寄って来て、犬に体当たりして挨拶するのです。

犬の方は少し困った風でしたが、それでもおとなしくされるがまま。飼い主さんもおやつをあげるでもなく、ただゆっくり歩いたり、時々立ち止まったりしているだけです。そして、しばらく一緒に歩いた後、猫たちは名残惜しそうに別れて行きました。

相手が人間にせよ犬にせよ、お友だちに会えた猫は本当に嬉しそうです。人間同士ですら、友人との縁は作ろうと思ってもなかなか作れるものではありません。もしあなたの猫に大好きなお友だちができた時には、是非その友情を大切にしてあげてくださいね。

まとめ

今日のねこちゃんより:かんぱち / ♂ / 雑種 / 1kg

猫にとって嬉しいことは、割とたくさんあるものです。どれが最高に嬉しいのかは、その時々で違うので敢えて順位はつけませんでした。ただ、意外なことに、おやつ以外は全部人間とコミュニケーションを取ることばかりです。

おそらくそれは、猫同士のような利害関係のない人間相手なら、リラックスした関係を築くことができるからでしょう。それほど猫は人間にフレンドリーな生き物なのです。これからももっとたくさん触れ合って、嬉しい時間を猫と分かち合っていきたいものですね。
posted by しっぽ@にゅうす at 03:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「ペットサプリ」市場拡大


Yahoo! JAPAN


ペットのQOL向上を目的としたぺットサプリ市場が拡大している。主に動物病院での取り扱いが増えており、市場規模は、末端ベースで約60億円と見られる。ペットフード協会によれば、犬猫の平均寿命は延びており、1匹にかける支出金額も年々増加しているという。ペットサプリメーカーは、高齢化したペットの健康維持を目的に、免疫賦活、骨・関節の維持、アイケア、口腔ケア、整腸などを訴求したサプリの製品化を進め、機能性、嗜好性の研究に注力している。一方でペットサプリの受託製造企業はまだまだ少なく、関連企業は設備投資に慎重な姿勢を見せている。

■犬猫も高齢化、サプリのニーズ高まる

 現代日本では、犬猫をはじめとするペットは家族の一員として、単なる愛玩動物としてだけでなく、伴侶動物、コンパニオンアニマルとして飼い主の心に寄り添う存在となっている。介護施設や病院では、認知症や鬱症状を発症した患者への治療の一環として、犬猫との触れ合いが用いられることも多い。

 ペットフード協会による最新の「全国犬猫飼育実態調査」によると、全国の犬の飼育頭数は約8903千頭(前年比99.8%)、猫の飼育頭数は約9649千頭(同101.2%)とほぼ横ばい。平均寿命は犬14.29歳、猫15.32歳、1頭あたりへの平均支出金額は犬1万1480円(前年1万818円)、猫7521円(同7475円)となり、いずれも増加傾向にある。飼育頭数は横ばいだが、高齢化が進んだことで、健康食品、サプリメントの需要は拡大している。

■獣医師ルートが堅調、獣医師専売品が増加

 富士経済によると、2018年の国内のペット関連商品市場規模は4640億円。カテゴリー別の市場規模では、犬猫特有の疾患に合わせて栄養バランスを調整する療養食が325億円(前年比4.5%増)、食事では補完できない栄養素の摂取を目的としたサプリメントが63億円(同6.8%増)と堅調に推移した。

 現在、ペットサプリは、動物病院をはじめ、DgS、ホームセンター、ペット専門店、WEB通販などで流通する。最近では、動物病院ルートのシェアが拡大しており、獣医師専売品が数多く上市されている。

 動物病院は、全国に約1万1000軒あり、治療補助や疾患の再発防止を目的にサプリを積極的に活用する獣医師が増えているようだ。獣医師は、臨床試験データなどサプリに求めるハードルが高く、飼い主からの信頼も厚い。メーカーにとっては、参入障壁が高い分、自社製品の安全性、信頼性を保証できるメリットがあり、安定した販促が見込めるチャネルとなっている。

■機能性、嗜好性の研究が進展

 配合素材としては、乳酸菌、ナットウキナーゼ、酵素、緑イ貝エキス、サーモンオイル、冬虫夏草、プロポリス、グルコサミン塩酸塩、コンドロイチン硫酸、アスタキサンチン、有機ゲルマニウム、アミノ酸類などが利用されている。バイヤーの話では、飼い主の多くが自身の体感を基準に商品を選択する傾向にあり、乳酸菌や酵素など人向けで需要の高い素材がペット向けにも伸長する傾向があるという。また継続して使用させるための嗜好性を重視し、ペースト、リキッド、オイルなどの与えやすい剤形が好まれている。

 カテゴリー別では、高齢化したペットを対象に、免疫賦活、骨・関節の維持、アイケア、口腔ケア、整腸といった訴求が多く見受けられる。

 室内で飼育されるチワワやヨークシャテリアなどの小型犬や高齢化した犬は、脱臼、膝蓋骨脱臼になりやすく、人と同様に、骨・関節サポート分野は伸長している。

 また口腔ケア分野では、「KT−11」「L8020」「ロイテリ菌」など乳酸菌を配合したサプリの開発が活発だ。歯周病や口臭のみならず、歯周病菌を中和することで、口腔内フローラの菌バランスを調整し、全身の免疫賦活を促すという研究成果も報告されている。

 機能性素材を活かした商品開発が活発化する一方で、ペットサプリの受託製造企業はまだまだ少ない。ペットフード安全法に基づく農林水産省への製造許可手続きや既存工場ラインへのコンタミリスクなどが障壁となり、ペットサプリ製造ラインへの設備投資には慎重な企業が多いようだ。

■動物薬事法違反も

 ペットサプリの販売においては、農水省の定める動物薬事制度のもと、効能効果の表示、広告宣伝を行う必要がある。10月には、HP上で「犬のがんに効く」と効能効果を宣伝したとして、逮捕された販売メーカーも。ペットは自分から言葉が発せないだけに、販売者には法制度の順守が求められている。

最終更新:12/30(月) 13:20
健康産業新聞
posted by しっぽ@にゅうす at 02:03 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬は『飼い主の死』を理解できるのか?

Yahoo! JAPAN



犬は『飼い主の死』を理解できるの?

今回は、犬が『飼い主の死』を理解できるのかという疑問について考えていきます。犬は自分の目の前で飼い主が亡くなってしまった場合、「飼い主が死んでしまったから、もう二度と目を覚ますことはないし、遊ぶことはできない」というように、具体的に『死』を理解できるのでしょうか。

結論から言ってしまうと、現段階では犬が『飼い主の死』を理解できない可能性の方が圧倒的に高いと考えられています。「飼い主が死んでしまったから、もう会えない」「飼い主が死んでしまったから、もう一緒に遊ぶことはできない」という考えまでは至らないのです。「また起きたら遊んでもらおう」程度に捉えている犬が多いという説が最も濃厚です。

しかし、飼い主が死んでから、飼い主が家にいない状況や他の家族が悲しんでいる様子を見て、徐々にその環境の変化に気付き、心身を病んでしまう犬は多いです。

しかし、これも「飼い主が死んだから」というよりは、「飼い主になかなか会えないから」「他の家族の様子が変だから、自分も不安になる」という感覚です。

そもそも犬には『死』の概念がない?

そもそも犬には『死』という概念がないのではないか、という考えや、『死』に対して人間とは異なる感覚を持っているという考えを持つ研究家も多いです。

「もうすぐ死ぬから怖い」「死んでしまったらもう会えない」といった考えはなく、死はごく自然な物であり、怖いことではない、あるいは死という状況自体を重要視していないと考えられます。

「犬は『死』を予期すると、人目に付かない場所へ行こうとする」という説もありますが、これはあくまで「自分が弱っているうちに敵に見つかると大変だから、安全な場所で回復しよう」という考えからくる行動です。

飼い主の死から15分後に亡くなった犬

基本的に、現段階の世界的な考えとしては、犬に『飼い主の死』を理解することは難しいという説が濃厚です。しかし、世界には様々な犬に関する不思議なニュースが多くあります。その1つが飼い主の死から15分後に亡くなった犬の話です。

2019年8月、スコットランドでがんを患っていた男性が亡くなった15分後に、彼が飼っていた愛犬が亡くなったというニュースが話題を呼んでいます。

今まで元気だった犬のネロは、男性が亡くなった後すぐに異変を生じ、他の家族が動物病院へ連れて行きましたが、動物病院で治療をしてもらうまで待つことなく亡くなってしまったと言います。

実際は脊椎に異常が見つかったことが原因であると診断結果が出ていますが、タイミングが15分後とあまりにも合致していたため、偶然かもしれないが不思議な話だとしてニュースになったのです。たしかに犬は『死』を理解することは難しいかもしれませんが、このように飼い主との絆を表してくれるような不思議な話があることも事実です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。現段階では、犬は『飼い主の死』を理解することは難しいと考えられています。しかし、それでも「これは飼い主の死を理解していたのでは」と思うような行動を起こす犬も多いです。今後、より研究が進むと、新たな真実が解明されるかもしれませんね。
posted by しっぽ@にゅうす at 01:24 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

環境の変化がストレスに?ペットの「吐き・下痢」心配なものとOKなもの

片川 優子



「猫が毛玉を吐いていた」「うちの犬が下痢しちゃって」そんな話を聞くことは多い。「うちのこは吐きやすいから」と思う人もいるだろう。人間と同じように、未消化の状態で戻してしまったり、食べすぎて腸が弱った故に下痢になったりすることもあるという。

しかし中には迅速に病院に連れて行かなければならない時もある。年末年始で休診の動物病院も増える中、家でどのように判断すればいいのだろうか。獣医師で作家の片川優子さんに伝えてもらおう。

片川さんの今までの連載はこちら

「吐く」という症状は2種類ある
これから年末年始の休みに入ってしまう動物病院がほとんどだろう。その間に愛犬・愛猫にもしものことがあったら……と不安に思う飼い主は少なくないはずだ。

そこで今回は、環境が変わると起こりやすい吐き・下痢などの消化器症状について、病院受診のタイミング、そして見逃してはいけない緊急疾患について特集したい。

一般的には「吐く」とひとくくりにされることが多いが、厳密には「吐く」行為は「吐出(としゅつ)」と「嘔吐」の2種類に分けられる。

「吐出」は食べたものや飲んだものを、胃の中に入る前に吐き出すことをさす。通常なんの前触れもなく、お腹にも力が入らずに、未消化物を吐き出す。産まれたばかりの赤ちゃんが突然ミルクを吐くのも、この吐出に分類される。

一方「嘔吐」は、胃や腸から食べたものや飲んだものを吐き出す行為で、吐く前にそわそわしたり、よだれが増えたり、「オエオエ」と苦しそうにしたりと、前動作がある。また、犬の場合、横から見ていると、お腹に力が入りぎゅっとへこんでいる様子が確認できる。


カーペットでも毛玉を吐くことは多い。直接触れずに処理をして、消毒をこころがけよう Photo by iStock
この吐出か嘔吐かで、飼い主の対応が大きく変わるわけではない。しかしその後病院にかかった場合、獣医師にとってこの違いはペットの病気を特定する上で重要なヒントになる。

愛するペットが急に吐いてしまったら、慌ててしまうのも無理はないが、上記のようなポイントを頭の片隅に置きながら様子を見てあげてほしい。自分では判断できない場合は、吐いている様子を動画に撮ったり、吐物の写真を撮ったりして、獣医師に見せるのも有効だ。

ちなみに猫の場合は、毛づくろいのときに飲み込んだ毛玉を吐くことがある。我が家にも中長毛の猫が2匹いるが、1〜2ヵ月に一度、思い出したように毛玉を吐く。たまに吐く程度なら生理的なもので、特に心配する必要はないが、例えば毎日吐いている、といった場合には、他に病気が隠れている可能性もあるので、一度病院に相談してみるとよいだろう。

注意したいのは、犬で吐きたくても吐けなかったり、なんども嘔吐するが泡しかでない、などといった症状があり、お腹が普段と比べて張っている場合だ。食後などに胃が急速に拡張し、さらにねじれてしまう胃拡張・胃捻転症候群(GDV)という病気が隠れている可能性がある。

一般的にはジャーマンシェパードドッグやラブラドールレトリーバーなどの大型犬に多く発症するとされているが、ミニチュアダックスフンドやウェルッシュコーギーなどの胴が長い犬種でも起こることがある。

GDVの死亡率は約2割と、亡くなることの多い病気であり、治療開始までの時間が長いと死亡率が上がる、という報告もある(文献1、文献2)。夕食後発症した場合、朝まで待つと死亡率が上がってしまうので、もしかしたら、と不安に思ったら、まずは夜間でも診察している病院に電話してみると良いかもしれない。


下痢について
下痢は、症状から「小腸性」と「大腸性」の大きく2つに分けられる。

小腸に原因がある場合、1回にする便の量は多く、あまりしぶることはない。つまり、便を出したくても出せない、ということはなく、排便の頻度もそう多くない。しぶりがないので、本人に便意もないままトイレ以外で大量に下痢をしてしまうこともあるので、粗相をしても怒らないであげてほしい。なお、顕著な下痢がなくても、小腸に異常があると栄養が摂取できず、気がつくと体重が減っている、ということもあるので、定期的に体重を測ることも大事だ。

大腸性の下痢の場合は、何度も排便姿勢をとるわりに便が出なかったり、少しずつ何回も下痢をする。ゼリーのような粘液混じりの便であることも多い。

下痢の場合も、この小腸性か大腸性かでその後の治療方針が変わってくるが、上記の特徴は参考までに見ておいてもらえばいいだろう。獣医師は診断のためにいろいろ質問するので、出来るだけ症状を覚えておいて、病院ではそれを話してもらえればよい。

また、下痢がどんな色だったか、血は混じっていなかったか、なども貴重な情報になるので、すぐに処理をしてしまわず、写真を撮るか、場合によっては病院に持参しても良いだろう。寄生虫が原因の場合は、下痢便から寄生虫やその卵が見つかる場合もある。

特に犬はストレスで消化器症状が現れやすく、トリミングや花火大会のあとに吐きや下痢といった消化器症状が出て病院に連れてこられることも多い。


トリミングなどの環境の変化で下痢をすることもある Photo by iStock
実際我が家の犬も、普段はストレスなんて無縁なひょうきん者なのだが、トリミングの翌日、ひどい下痢になったことがある。下痢以外は、普段と特に様子も変わらず、元気もあったので、その日1日食事を抜いて様子を見ていたら、翌日から便が固まり始めた。

いつ病院に行くべきかは後述するが、原因に心当たりがあり、症状が一過性でだんだん良くなっているのなら、すぐに救急病院に駆け込む必要性は低いと言えるだろう。

獣医にかかるポイントは?
もしも1回か2回吐いたり下痢をしただけで、元気もあり、食欲もあって水も飲むことができる場合は、すぐに動物病院に駆け込む必要性は低い。胃腸を休ませるために、12〜24時間の絶食が有効な場合もある(文献3)。

広告

inRead invented by Teads
しかし、異物や中毒の原因となるものの誤食に心当たりがある場合、まだ子犬・子猫の場合、もともと基礎疾患がある場合、嘔吐や下痢が1日に何度も続いたり、吐物や下痢に血が混じったり、元気や食欲がない場合は、病院受診をお勧めする。特に、水を飲んでも吐いてしまうときは、何らかの原因で物理的に消化管が詰まっている可能性が高いので、なるべく早く病院で診てもらった方が良いと言える。

また、1日数回の嘔吐や軽度の下痢でも、1〜2週間続く場合は、原因を特定するために一度病院にかかるとよいだろう。

吐きや下痢で心配になることのひとつに脱水がある。ペットが脱水しているかを調べる方法として、皮膚つまみ試験というものがある。ペットの背中の皮膚を指でつまみ、つまんだ皮膚が2秒以上かかる場合は脱水している可能性が高い。ただし、皮下脂肪がある場合などは正確な評価ができないこともあるため、一度健康なときにつまんでみて正常状態を知っておき、それよりも皮膚の戻りが遅いと感じたら病院の受診を検討してみても良いかもしれない。

年末年始、病院に行く、行かない?
最後に、動物病院に連絡する際に、伝えるべきポイントについてお伝えしておく。かかりつけの病院であれば、診察券番号や名前を伝えればカルテ情報が出てくるだろうが、年末年始に普段とは違う病院に行く必要が出てくることもあるだろう。その場合は下記を参考にしていただきたい。

・ペットの種類・品種・年齢・性別

・現状の問題点(1日に◯回吐いている、食欲や元気がない、など)

・呼吸状況(いつもより回数が多い、口を開けて呼吸をしているなど)、粘膜の色(歯茎、耳の内側、肉球などが普段と比べて白くないか)、意識レベル(呼びかけに反応するかなど)、嘔吐や下痢の有無、発作やけいれんの有無など

・飼育環境について(屋外飼育かなど)

片川家の愛犬オグトくん。できそうなら、歯茎の色も普段から見ておこう 写真提供/片川優子
広告

inRead invented by Teads
冒頭でも述べたように、年末年始などは、なんとなく皆浮き足立ち、例えば孫が来たり、実家に帰省するなどで、普段とは違う生活環境になることも多く、ペットはストレスを感じやすい。そして、吐いたり、下痢をしたりと、そのストレスが消化器症状となって飼い主にもわかる形で出てくることがある。

また、「ちょっとくらい分けてあげよう」という気持ちから、クリスマスからお正月にかけて、普段食べつけていない食べ物をペットに与えてはいないだろうか。高脂肪食や無分別な食事は、急性膵炎などといった重篤な消化器疾患を引き起こす原因となる。


「食べたそうな目をしているから…」と食べなれないものをあげてしまうと、身体を壊す原因にもなる Photo by iStock
ついつい慌ただしくなりがちな年末年始だが、加えてペットが急病になってしまっては大変だ。食生活を含め、ペットにはなるべく普段通りの生活をさせることが、全員ゆっくりと年始を迎えるコツかもしれない。

文献1
A retrospective study of factors influencing survival following surgery for gastric dilatation-volvulus syndrome in 306 dogs.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20194364
文献2
Evaluation of lidocaine treatment and risk factors for death associated with gastric dilatation and volvulus in dogs: 112 cases (1997-2005).
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17472559

文献3
Textbook of Veterinary Internal Medicine 8th edition, 2017, Elsevier
https://www.amazon.co.jp/gp/product/032331211X/ref=ppx_yo_dt_b_asin_title_o06_s00?ie=UTF8&psc=1
posted by しっぽ@にゅうす at 09:14 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑種の保護犬 難関の「災害救助犬」試験に一発合格 徳島

NHK



野良犬として保護された雑種の犬が、災害時にがれきの中などに閉じ込められた人を見つけ出す、「災害救助犬」の試験に合格し26日、徳島県神山町で合格書が授与されました。

災害救助犬に合格したのはオスの雑種で、推定3歳の「風雅」くんです。

風雅くんはおととし、徳島県美馬市で野良犬として保護され、一時は殺処分される可能性もありましたが、阿波市の近藤三菜子さんに引き取られ、去年から災害救助犬になるための訓練が始まりました。

そして今月、JKC=ジャパンケネルクラブが主催する、合格率およそ3割という難関の、「災害救助犬」の試験に見事合格しました。

26日徳島県動物愛護管理センターで合格書の授与が行われ、坂東英明所長が「雑種の保護犬で一発合格したのは西日本ではいないと思う」と話し、合格書が手渡されました。

また、災害救助のデモンストレーションも行われ、風雅くんは箱の中に隠れた人を見つけると、大きな声でほえて知らせていました。

近藤さんは「これから災害の現場などで活躍できればと思っています」と話していました。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:11 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする