動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年01月07日

子猫殺処分減らしたい/青森県動物愛護センターが育成ボランティア制度

Yahoo! JAPAN


殺処分される子猫を減らすため、県動物愛護センター(青森市)が始めた「育成ボランティア制度」が実を結びつつある。センターが引き取った子猫を、一番手間がかかる時期に家庭で預かってもらい、譲渡可能な大きさになるまで育ててもらうもの。スタートした2018年度以降、新たな飼い主につなぎ、救えた命は少なくない。ボランティアに参加し、最終的に1匹の子猫を引き取った女性は「助かる命が少しでも増えてほしい」と願う。

 青森市の福士友子さん(65)は昨年11月、手のひらに乗るほど小さな雄猫を預かった。すぐにシャンシャンと名付けた。最初は下痢が続き、何度か獣医師と電話でやりとりすることがあったが、その後は体重も増え順調に成長。一緒に暮らす雄猫のミロ(6歳)とも相性が良く、そのまま飼うことを決めた。

 ボランティアの役割は、生後40日前後の子猫を里親に出せる大きさ(約650グラム)になるまで育てること。想定する10〜30日間の飼育期間で、食事の世話やトイレのしつけ、体重や体調の管理などをこまめに行う。福士さんのように、ボランティア期間終了後に引き取ることもできる。家庭で大事に育ててもらうことで、子猫に社会性が身に付き、もらわれやすくなるメリットもあるという。

 センターには毎年、飼い主の都合で飼えなくなったり、捨てられたりした猫や犬が持ち込まれる。18年度は猫888匹のうち765匹が殺処分され、この7割が子猫だった。子猫は体調が急変することもあって常に目が離せないが、限られた職員で膨大な数を育てることは難しい。引き取った時点で病気の子猫も多く、大半を殺処分せざるを得ない状況にある。

 18年度はボランティアに預けた13匹のうち11匹が、19年度は13匹すべてが無事に譲渡された。現在、ボランティア登録者は県内に39人おり、何度でも預かり可という協力的な人もいる。センターは当面、新たな募集はせず、登録者を中心に育成していく方針だ。

 吉田繁成総括主幹は「職員が24時間常駐しているわけではないので、(夜間などは)ボランティアの方の知識に頼ることも多い。徐々に経験を積んでもらいながら、安心して子猫を預けられる体制をつくりたい」と話した。

 福士さんは「すべての飼い主が最後まで責任を持って育て、必要以上に増やさなければ、捨てられる猫が減って殺処分を防げる。ボランティアの輪が広がり、新たな飼い主が見つかってほしい」と切に願った。

▼子猫持ち込み後絶たず センター 正しい飼育呼び掛け

 県動物愛護センターに引き取られた猫のうち殺処分された数は、2016年度が764匹、17年度936匹、18年度765匹。23年度までの低減目標は、犬は既に達成しているが、猫の場合は目標の701匹に届いておらず、「殺処分ゼロ」にはまだ遠い。

 猫は1年に最大4回出産でき、犬より繁殖力が強い。しかし、飼い主が去勢・避妊手術や室内飼育を徹底しないために、意図せず子猫を増やしてしまい、センターに持ち込まれるケースが後を絶たない。センターは昨年12月から、こたつで猫と直接触れ合える冬季限定の「あったかふれあいねこルーム」を設けるなどして、生態の理解や正しい飼い方を呼び掛けている。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:10 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「狭くて犬がかわいそう」は誤解! クレートはメリットがいっぱい

Yahoo! JAPAN



クレートやケージ、サークルの使用は、飼い主さんのしつけの方針によっては犬がかわいそうと思う方もいるかもしれません。でも、ケガや病気で動物病院に入院するときや、万が一災害が起こったときでも、狭いクレートに入れることが、愛犬を守ることに繋がることを知ってください。この記事では、クレートを使用するメリットをご紹介します。

「狭くて犬がかわいそう」は誤解! クレートはメリットがいっぱい
クレートの中が安心
クレートは家でもお出かけでも使える便利なアイテム
クレートは、持ち運びができる箱型のハウスのことで、サイズの規定をクリアすれば電車などの公共機関を使ったり、愛犬と一緒に旅行やレジャーに持って行ける便利なアイテムです。

クレートは、愛犬が家の中で落ち着ける居場所として使用するだけでなく、車や電車での移動中や宿泊先などで、愛犬の身を守る大切な役目もあります。

「狭くて犬がかわいそう」は誤解! クレートはメリットがいっぱい
お利口だね〜。
犬をクレートに入れるのは狭いからかわいそう?
普段「お部屋の中で、犬の行動を制限することなく広々と自由にさせてあげたい」という方は、クレートを使用することに不安を感じることもあるでしょう。

しかし、愛犬の一生の出来事を考えたとき、もし動物病院に入院することになった場合やペットホテルにどうしても預けなければならなくなった場合、車などの移動時、万が一災害が起こった際に「クレートに入れること」「狭いスペース入っても落ち着いていられること」ができていると、愛犬自身にかかるストレスを最小限に抑えることができます。

今までクレートを見たことも入ったことがない犬が、緊急事態のときに急にクレートやケージに入れられたとしたら、犬は不安を感じてしまうかもしれません。

普段クレートで生活をさせなくても、「自分からクレートの中に入れる」「クレートが安心できる場所である」と犬が学習していることが大切です。

「狭くて犬がかわいそう」は誤解! クレートはメリットがいっぱい
ハウスしてます。
クレートトレーニングは楽しく、叱らないこと
クレートが安心できる場所であることを学習させるには、叱らず楽しくトレーニングすることが大事です。先を急がず、クレートの中でごはんを与えてみる、扉やフタを外して練習するなど、長い時間をかけて徐々に慣らしていきましょう。

万が一に備えて、犬がクレートに自然に入れること、安心して過ごせるようにしておくことをおすすめします。

監修:いぬのきもち獣医師相談室

文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:09 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

発熱が長引く「ブルセラ症」に注意 犬や家畜から感染

Yahoo! JAPAN


岩田健太郎 Dr.イワケンの「感染症のリアル」
 「ブルセラ」でネット検索すると、あまりオススメできないサイトがたくさん出てくるのですが、それは今回の話とは関係ありません。

 ブルセラ症は Brucella という細菌が起こす感染症です。Brucella というのは、発見者の軍医、デビッド・ブルース(David Bruce)さんの名前を冠しているのです。この病気はむかーしからあって、発生していた地域に応じて「地中海熱」とか、「マルタ熱」とか、「クリミア熱」とか呼ばれていましたが、20世紀になって「ブルセラ症」で統一されることとなりました。

 ブルセラ属にはいろんな種類がありますが、人間に病気を起こすのは主に四つ、B. melitensis、B. abortus、B. suis、B. canis です。覚えられない? B. abortus は牛の流産、つまり abortion を起こす菌なので、この名前が付きました。主に牛からの感染になります。B. melitensis は羊やヤギからの感染、B. suis は豚、B. canis は犬からの感染がメインです。suis は豚って意味で、canis は犬って意味なので、これもそのまんまですね。melitensis だけ語源が分かりませんでした。だれか教えてくだされ。

発熱が長引く「ブルセラ症」に注意 犬や家畜から感染
イメージ
ほとんどは海外からの輸入例
 頻度としても多いのが B. melitensis、次いで B. abortus、それから B. suis となります。B. canis は比較的珍しい。とにかく、ブルセラ症は動物から感染する病気だということです。ここが肝心。患者さんと話をするときは、動物との接触歴が重要になります。

 ただし、日本国内にいるブルセラ菌はB. canis のみと考えられますので、ほとんどが海外からの輸入例になります。特に多いのは、地中海沿岸から中東、中南米です。日本のような先進国では、おおむねブルセラは駆逐されているので、途上国が主な流行地域ですね。日本では年に数例程度の報告ですが、ほとんどが飼い犬からのB. canis 感染で、あとは海外からの持ち込み症例です。
https://www.niid.go.jp/niid/images/iasr/33/389/graph/t3892j.gif

 臨床症状はぱっとせず、とにかく長く続く熱が特徴になります。一般的な培養検査では見つからないことも多いので、海外渡航歴や動物接触歴で、「ブルセラかな」と当たりをつけて、抗体検査をしないと診断ができません。ルーチンの検査で場当たり的に診断するタイプの医者では診断できないってことで、医者の技量が問われるところです。他にもいろんな症状を起こすのですが、骨の合併症が多いのが特徴で、特に仙腸関節炎、つまり腰骨のお尻のあたりが痛くなるのがブルセラに特徴的です。

報告義務ある4類感染症 抗体検査は難しく
 というわけで、基本的には抗体検査で診断することが多いブルセラ症ですが、これがちょっとやっかい。ブルセラ症は感染症法における4類感染症に属していて、全例報告義務があるのですが、そのくせ抗体検査がやりづらいのです。
https://www.niid.go.jp/niid/ja/kansennohanashi/513-brucella.html

 一般に病院でオーダーできる抗体検査はB. abortus とB. canis のみ。B. melitensis とsuis は検査できません。羊、ヤギ、豚と接触がある患者の不明熱の場合は、保健所とかに相談する必要があります。報告義務のある感染症は検査体制が完備されていないと困るんですけどね。

 血液や骨髄の培養検査で菌を発育させることも可能です。ただし、事前に抗生物質が入っていないことが肝心です。抗生物質が入ってしまうと培養検査で菌を見つけるのはとても難しくなるからです。熱のある患者に診断無しで「とりあえず」抗生物質を使っちゃうケースは枚挙に暇(いとま)がないのですが、やはりきちんと正しい診断をしてこそ、正しく治療ができるのです。

 ま、とはいえ、ぼくもこのあいだ娘が熱を出したときはとても心配になり、「やっぱ抗生物質を飲ませようか」とかついつい思っちゃいました。身内の病気は客観的に判断しにくくて、迷いが生じてしまうのです。というわけで、「熱が出たら抗生物質」の気持ちもよく分かるのですが、ここはじっと我慢。みだりに「とりあえず」の抗生剤はご法度です。

抗生物質を6週間投与
 治療については諸説あるのですが、現在多いのはテトラサイクリン系の抗生物質と、注射薬のアミノグリコシド系の抗生物質を併用します。具体的には、ドキシサイクリンとストレプトマイシン(ストマイ)を使うことが多いです。だいたい、6週間くらい治療します。6週間も抗生物質を使う感染症は比較的少数派に属するのですが、ちゃんと治すためにはこれが大事です。

 海外に行ったときは、あまり動物には触らないでほしいなー。ラクダから感染する中東呼吸器症候群(MERS)とか、猿から感染するBウイルスとか、いろいろあるのです。Bウイルス感染は最近日本でも発生したので、ぼくもこの連載で取り上げようと思っていましたが、国立国際の忽那先生に先を越されたぜ。
https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20191128-00151462/

参照
John E.Bennett, Raphael Dolin, Martin J.Blaser, Mandell, Douglas, and Bennett’s Principles and Practice of Infectious Diseases E-Book. Elsevier Health Sciences.



岩田健太郎(いわた・けんたろう)
 神戸大学教授
 1971年島根県生まれ。島根医科大学卒業。内科、感染症、漢方など国内外の専門医資格を持つ。ロンドン大学修士(感染症学)、博士(医学)。沖縄県立中部病院、ニューヨーク市セントルークス・ルーズベルト病院、同市ベスイスラエル・メディカルセンター、北京インターナショナルSOSクリニック、亀田総合病院(千葉県)を経て、2008年から現職。一般向け著書に「医学部に行きたいあなた、医学生のあなた、そしてその親が読むべき勉強の方法」(中外医学社)「感染症医が教える性の話」(ちくまプリマー新書)「ワクチンは怖くない」(光文社)「99.9%が誤用の抗生物質」(光文社新書)「食べ物のことはからだに訊け!」(ちくま新書)など。日本ソムリエ協会認定シニアワインエキスパートでもある。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:08 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【リフォーム会社ガイド付き】ペットとの住まいを“整え直す“ときに大切なこと

Yahoo! JAPAN


「ペットは家族」なんて使い古された表現で語るつもりはありませんが、これからの人生を考えるうえで、ペットは一昔前に比べても、より欠かせない存在になっています。

では、そんなペットと暮らしていく時に、私たちには何ができるのでしょうか。

ただ可愛がるだけではない、共に生きていくパートナーに対する住まいの“整えなおし”方があります。

今回はリフォーム会社の方に、ペットと共生するためのリフォームについてお伺いした内容を、1月号本誌より一部抜粋してご紹介します。

【リフォーム会社ガイド付き】ペットとの住まいを“整え直す“ときに大切なこと
引用元:HERS
猫にも飼い主さんにも人気の強化ガラスのキャットウォーク。

■ペット共生住宅が得意なリフォーム会社に聞く「個性に応じたフレキシブルな住まい作り」とは
猫が大好きでご自身も4匹の猫を飼っているという愛猫家、「ネコアイ」代表の清水さんは、猫と楽しく暮らせる住宅の設計、製品企画に長年取り組んできました。

猫との住まいを整えなおす際に一番大切なのは、ハード面ではないとおっしゃいます。

「立派な生き物ですから、1匹ずつ性格も違います。当然、猫種によっても行動や気性も違ってきますから、設計の前には細かくヒアリングを行い、ご自宅に伺って実際に猫を見せていただいて、寝る場所やトイレ、遊び方も含めて、よう観察して様々な情報を得るようにしています」

イメージだけでリフォームをしても、せっかく作った仕掛けが、猫に使ってもらえなかったり、事故の原因になったりすることもあるのだそう。

「まず最初に着手すべきは、“脱走防止”です。玄関だけでなく、ベランダからの転落防止も工夫します。その上で用意したいのが、猫が活発に活動したくなる仕掛けです。上下運動ができるようにキャットステップやキャットウォークなどを作り、ボックスなどの狭い空間を作って安心できる場所を確保してあげることも大切です」

愛情と知識をたっぷりと注ぎ込み、猫と飼い主さん両方に優しく楽しい住まいを提案しています。

【リフォーム会社ガイド付き】ペットとの住まいを“整え直す“ときに大切なこと
引用元:HERS
回遊行動ができるように、キャットウォークは双方向に入口を作って。

脱走防止のための玄関前ドア。ベビーゲートでも応用できますが、猫はジャンプ力があるので、天井まであるものだと安心です。

■ペットのために整えなおせること。お得意なリフォーム会社GUIDE
通常のリフォームと大幅に変わることはないとはいえ、施主さんの想いの汲み取り方、スタッフの方の動物愛など、やっぱりひと味違うものです。

各業者さん自慢の事例をピックアップしました。

【リフォーム会社ガイド付き】ペットとの住まいを“整え直す“ときに大切なこと
引用元:HERS
ミサワリフォーム
<写真>ダイニングスペースの一角に、収納を兼ね備えた犬用の個室をビルトインしました。見た目にも美しく、ペットも家族のそばで安心してくつろぐことができます。

安心の圧倒的なリフォーム実績数
信頼のリフォーム実績数を持つミサワリフォーム。首都圏に65店舗を展開しており、地域密着のサポートが充実しています。犬種や猫のそれぞれの性質に合わせ、躾のしやすい「ゾーニング」に配慮したプランを提供し、人とペットが安全で健康に暮らすためのアイデアを提案してくれます。

SHOP DATE
青山サロン/
東京都港区北青山3-3-13 共和五番館1階
営業時間/11:00〜19:00
定休日/月曜日

【リフォーム会社ガイド付き】ペットとの住まいを“整え直す“ときに大切なこと
引用元:HERS
■スタイル工房
<写真>中古住宅を、大人3人と猫5匹が暮らせる、シェアハウスのようね2世帯住宅にリノベーション。収納を兼ねたキャットステップや、キッチン上のキャットウォークなどに加え上下階の防音も重視。人も猫も心地よい住まいに。

生活時間の違う住人が猫と気兼ねなく暮らせる家
ペットと暮らす住まいを多数手がけるスタイル工房。犬や猫たちと、どんな暮らし方をしたいかを丁寧にヒアリングし、リフォームやリノベーションのプランニングをしてくれます。耐震や断熱などの性能向上に加え、費用についても気軽にご相談を。

SHOP DATE
スタイル工房 浜田山/
東京都杉並区成田西3-2-4 K&3ビル1階
営業時間/10:00〜18:00
定休日/火曜・水曜

【リフォーム会社ガイド付き】ペットとの住まいを“整え直す“ときに大切なこと
引用元:HERS
無二建築設計事務所
<写真>リビングの床をワックスなしのバンブー素材に変更し、玄関につながるリビングの階段の床下を犬専用のスペースに。夏は涼しく冬は暖かい快適な空間。人とコミュニケーションをとりやすい場所に個室を作り、落ち着ける場所を確保。

愛犬家の建築家が設計する犬に優しい住まい
お互いがストレスフリーに過ごせるよう、滑る、傷、臭いを想定したメンテナンスしやすい建材を選ぶことが大切です。また、ペットの運動不足解消やストレス発散に配慮し、犬が自由に動き回れる工夫も必要。愛犬家の立場から親身に相談に乗ってくれます。

SHOP DATE
大阪府大阪市城東区天王田4番3号
営業時間/10:00〜18:00
定休日/日曜


今回ご紹介しきれなかったお宅やリフォーム会社GUIDEは、1月号本誌にてお届けしております。

ぜひ一度手に取ってご覧ください!


取材・文/加藤登紀子
posted by しっぽ@にゅうす at 09:06 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

絶対に治らない『猫の病気』3選

Yahoo! JAPAN



完治しない猫の病気

猫も病気になることがあります。そして、中には治療法が見つかっておらず、思うように治療できないものがあります。

これから紹介する3つの病気は、治療をしても病気自体は完治せず、命を落とす可能性の高いものばかりです。しかし、日頃から気をつけて生活することで、ある程度予防することができます。

大切な愛猫を守るために知ってほしい病気を、できるだけ分かりやすく説明させていただきます。

1.猫伝染性腹膜炎(FIP)

FIPは一度発症してしまうと、命を落としてしまう可能性が極めて高い恐ろしい病です。

原因は「コロナウイルスの突然変異」。猫コロナウイルスは、多くの猫が保有しているウイルスです。本来であれば大人しく、時々下痢を引き起こす程度の弱いウイルスですが、稀にコロナウイルスが突然変異することがあり、これがFIPの正体です。突然変異の要因にはストレスが関わっていると言われています。

現在の医学では、FIPの治療方法はないと言われています。よってFIPの治療は、病気を治すというよりも愛猫の苦痛を和らげる緩和ケアが中心になります。

かかりやすい猫種などがなく、どの猫も発症する可能性のあるFIPは、治すことのできない病気です。予防が大切になってきますので、猫のストレスをできるだけ減らすよう日ごろから注意しましょう。

2.多発性嚢胞腎

多発性嚢胞腎とは腎臓に大小様々な大きさの「嚢胞(のうほう)」ができ、腎臓の機能を徐々に低下させていく病です。原因は「遺伝」で、両親のどちらかから受け継いで発症します。

多発性嚢胞腎がある場合、3〜10歳までの間に腎不全の症状が現れます。多発性嚢胞腎自体を治すことは現代の医学では不可能とされているため、腎臓病の症状が出た場合に対症療法を行います。

発症するのは主にペルシャ猫やペルシャ猫が交配に含まれている猫種に多い傾向があります。また、アメリカンショートヘアやスコティッシュフォールドにおいても見られることが分かっています。

予防法もわかっていない病気なので、多発性嚢胞腎を持っている猫を交配させないことがとても重要です。

3.肥大型心筋症

心臓の筋肉(いわば壁のような部分)が厚くなり、十分な血液が送り出せなくなる病です。肥大型心筋症は断定できるような原因は明らかになっていませんが、遺伝子変異やバセドウ病による心拍数の上昇が関連していると言われています。

初期段階では目立った症状はありませんが、進行すると口を開けて呼吸したり何度も意識を失うなどの症状が出てきます。また、血栓ができたことによって後ろ足がマヒする場合もありますので、歩き方がおかしいときにはすぐに受診しましょう。

予防策として
肥大型心筋症をはじめとする心筋症そのものを治療する方法はありません。ここでできることは心臓にかかる負担を減らすこと、血栓ができにくい状態を維持することが基本になります。

リスクのある猫種
基本的にはどの猫でも発症する可能性がありますが、特にリスクのある猫種は以下の4つです。

✔メインクーン
✔ラグドール
✔ラガマフィン
✔アメリカンショートヘア

まとめ

今回紹介した病気は、人間にも馴染みのある病気が中心でした。(FIPを除く)そして、治療法においても人間が服用する薬を使用することがあります。

しかし、人間と猫では明らかに体の大きさが異なります。偶然、ご家族のどなたかが服用しているものと同一であったとしても、猫には絶対に服用させないでください。

完全に治らない病気であっても予防したり、定期的に健診を受けるなどの意識を持つことで、健康な猫と変わらずに元気に過ごせる可能性はあります。

まずは病気について正しく知ること、そして愛猫をストレスから守ること、皆で協力し合うことが鍵を握ります。信頼できる医療機関を探してより良い状態を維持できるようにしていきましょう。


(獣医師監修:平松育子)


posted by しっぽ@にゅうす at 08:58 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする