動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年01月17日

岡山市議会が動物愛護条例改正案 避難所設置など市の責務を明記

山陽新聞



岡山市議会は15日、ペットの虐待や近所への迷惑防止を目的とした動物愛護管理条例について、議員発議の改正案をまとめた。市の責務を初めて明記し、ペットを同伴できる避難所設置や適切な飼育指導を盛り込んだ。飼い主には所有者が分かるマイクロチップの装着などを促す。2月定例市議会に提出する方針。

 現行条例はほ乳類や鳥類、は虫類の飼い主に適正な飼育やふんの除去を順守するよう求めている。改正案では、市に対し「動物共生社会の実現を図る施策を策定し、実施する責務がある」とし、市民への啓発、ペットを連れて行ける避難所設置などを新たに求めた。

 具体策としては、しつけ教室の開催▽市民やボランティアとの情報交換会▽えさやり禁止といった野犬対策▽住民で世話をする地域猫活動の支援―などを想定しているという。

 飼い主の順守事項としては、捨て犬や捨て猫の防止につながるマイクロチップ装着を促すほか、自動車で移動する際にペットの健康と安全を確保するよう明記した。ペット業者らの責務については、購入・譲渡先に動物の習性を説明し、死ぬまで飼うことを促して販売・譲渡するよう努めることとした。

 条例改正案は、繁殖業者らに犬や猫へのマイクロチップ装着を義務付けた改正動物愛護法が昨年6月に成立したことを踏まえた。市議会が同10月、各会派の議員10人でプロジェクトチームをつくり、先進地の視察や会議を重ねてまとめた。

 内容は16日から市議会ホームページなどで公開する。2月6日まで意見を募り、最終案に反映させる。問い合わせは市議会事務局調査課(086―803―1535)。
(2020年01月15日 19時01分 更新)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:12 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プロが実践!今すぐマネしたい「犬の健康のためのお手入れ習慣」


Yahoo! JAPAN



犬のお手入れは、毎日少しずつ行って慣れさせるのが、“上達のコツ”。また、お手入れを習慣化させることは、犬の健康維持などにも役立つため、メリットがたくさんあるのです。
今回は、トリマーの二村先生が犬に行っている、「健康のためのお手入れ習慣」を教えてもらいました。

プロが実践!今すぐマネしたい「犬の健康のためのお手入れ習慣」
チワワ
炭酸入りの足湯に入れる
犬は足やしっぽの先、耳などが血行不良になりがち。

そこで二村先生は、たらいに5cmほどのお湯を張り、炭酸入りの犬用入浴剤を入れて、足湯をしてあげているそうです。炭酸のお湯は血流がよくなるといわれているので、低温でも体を温める効果が期待できるのだとか。

ちなみに、炭酸入りのお湯を全身にかけてあげれば、炭酸の力で皮脂汚れやニオイもスッキリするそうですよ。

プロが実践!今すぐマネしたい「犬の健康のためのお手入れ習慣」
プードル
オーラルケアはできることを毎日行う
二村先生が預かっている犬のハラミちゃんは、歯磨きが苦手。年齢も12才と高齢で、あまり無理をさせたくないため、マウスクリーナーでニオイや菌を抑えるケアをしているといいます。

また、歯磨き嫌いな若い犬を預かっていたときには、歯磨きシートや味つきの歯磨きペーストを使って、毎日少しずつケアしていたのだとか。

二村先生はあきらめずにそれを続け、最終的にはオーラルケアに慣れてくれたそうです。

プロが実践!今すぐマネしたい「犬の健康のためのお手入れ習慣」
ミックス犬
ドライヤーで乾かすときは、温風と冷風を交互に当てる
犬の皮膚は薄く、人の皮膚の3分の1程度しかないので、人用のドライヤーの温風で乾かすと、乾燥して皮膚トラブルにつながることがあります。

そんな犬の皮膚へのダメージを最小限に抑え、かつ効率的に乾かすために、二村先生は3〜5秒ごとに温風と冷風を切り替えて使っているのだとか。

最近のドライヤーには、低温のスカルプモードが搭載されているものもあるので、犬を乾かす際に利用してみるのもよいそうです。

プロが実践!今すぐマネしたい「犬の健康のためのお手入れ習慣」
なでられるミックス犬
毎晩スキンシップがてら、お手入れ状況をチェックする
人がリラックスできる寝る前の時間は、犬もリラックスしやすい時間。

二村先生はその時間を利用し、ハラミちゃんにふれたり、毛をかき分けたりして、皮膚や毛の状態をチェックしているといいます。

「おなかが乾燥しやすいから、保湿をしっかりしよう」など、お手入れの計画を立てるのにも役立つそうですよ。


肉球を洗ったあとは、専用クリームで保湿する
アスファルトの上を歩く機会が多い犬は、肉球が傷つきやすく乾燥しがち。

二村先生はハラミちゃんの肉球のうるおいを保ち、ひび割れなどを予防するために、散歩から戻って足を洗ったあと、肉球用のクリームを塗ってあげているそうです。

足拭きのついでなので、ハラミちゃんが嫌がることもないのだとか。今回は、トリマーの二村先生が実践している、犬の健康維持に役立つお手入れ法を、5つピックアップしてご紹介してきました。

「いいな」と思ったものは今すぐマネして、愛犬の健康長寿に役立ててくださいね!

参考/「いぬのきもち」2019年10月号『プロが行っている“生活習慣”をとりいれて、愛犬の健康寿命を延ばそう マネしたい!健康のためのルーティン36』(監修:トリマー トリミングサロン「HONDEHOK」運営 二村陽子先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室

posted by しっぽ@にゅうす at 09:09 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

亡き「アイドル猫」が生んだ絆 今も続く住民の交換日記


Yahoo! JAPAN



地域住民の絆を生んだのは、天国の「アイドル猫」だった−。福岡市博多区のJR竹下駅周辺の住民に愛されていた雄猫が昨秋、交通事故に遭いこの世を去った。この小さな命を悼む心からか、猫が寝床にしていたほこらには写真アルバムや交換日記が置かれ、やがて関わった住民たちの間に交流の輪が広がった。

【写真】ほこらで「お昼寝」をする生前のトラ吉

 「皆さまに愛されてきました猫のトラ吉が9月19日の夕刻、車にはねられて他界いたしました」

 竹下駅から北東約200メートルのほこらに張り紙が現れたのは昨年9月下旬。近くに住む吉田幸彦さん(65)は、いつものようにトラ吉と遊ぼうと中をのぞき込み、張り紙に気付いた。

亡き「アイドル猫」が生んだ絆 今も続く住民の交換日記
トラ吉が寝床にしていたほこらで手を合わせる住民
「えっ、あんなにかわいかったのに…」
 「えっ、あんなにかわいかったのに…」。翌朝に再びほこらを訪れると、きつね色とトラ模様がトレードマークの生前の写真が何枚も並べてあった。数日後にはトラ吉を思い浮かばせるようなオレンジ色の交換日記が登場。「いつもなごませてくれてありがとう」「心に穴が開いた感じです」…。さまざまな筆跡がページを埋めていった。

 「トラ吉の集いをしませんか」。日記に参加した吉田さんが呼び掛けた。応じた5人が10月のある日、ほこらの前に集まった。

 「6年半前、段ボール箱に子猫が5匹捨てられていてね。トラは私が預かったのよ」と切り出したのは、当時ほこらの裏手に住んでいた大山和子さん(79)。牛乳を飲ませるなどして育て、地区外へ引っ越した後にも、様子を見に週に一度はほこらへ通った。

 「さい銭箱の上で眠る姿が愛らしかった」と懐かしむのは、毎日ウオーキングで付近を歩く南区大橋の石岡通孝さん(71)。5年ほど前から水をあげるようになったという。「地域のみんなで見守っていた」と目を細める。

 トラ吉の「最期」を知るのは博多区那珂の会社員岡元浩さん(42)、真理子さん(44)夫妻。付近を自転車で走っていた浩さんが、見覚えのある猫が血を流し道ばたに横たわっているのを見つけたという。自宅へ連れて帰り、バスタオルで大切にくるんだ。

「トラ吉がつないでくれた縁」
 張り紙は、岡元夫妻から連絡を受けて亡きがらを引き取った石岡さんの心遣いだった。「突然いなくなると地域の皆さんが心配するから」

 一緒に手を合わせた5人は「トラ吉がつないでくれた縁」だからと連絡先を交換。今も、交換日記での交流を続ける。「新入り猫がほこらを訪れている」という情報も入った。吉田さんは「みんなが寂しがっているので、トラ吉が呼んでくれたかな?」。

 隣近所が疎遠な時勢に、思いがけず生まれた住民の交流。地域に愛された猫の「恩返し」だったのかもしれない。 (横田理美)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:08 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫のツボは361か所以上、押すと血行良くなり健康維持に


Yahoo! JAPAN



 猫の体にも人間同様“ツボ”がある。愛猫をなでる際、ツボを意識して触るだけで、気持ちよくしてあげられるだけでなく、体調管理にもなるという。そこで、飼い主が知っておきたい猫のツボとマッサージ法を紹介する。

ネコの頭部にあるツボを図解!

「猫も人と同様、ツボがあります。その数はわかっているだけで361か所以上。なでる際は、これらのツボを意識しましょう」

 とは、東小金井ペット・クリニック院長の青沼陽子さんだ。

「ツボは“経絡”という気やエネルギーの通り道の上にあります。ツボを刺激することで血行がよくなり、免疫力が高まるなどの効果が期待できるため、健康維持におすすめです」(青沼さん・以下同)

 ツボを意識しながらスキンシップを取れば、愛猫の病気予防もできるというわけだ。

「不調があると、それに関連するツボの周辺は凝ったようにかたくなります。こういった場合、凝りをほぐそうとグリグリと強く押すのではなく、円を描くようにやさしくなでてあげましょう。それだけでツボは充分刺激されます」

 マッサージは1日5〜10分と短時間でよい。食後は避け、猫がリラックスしている時に行おう。さらに飼い主の手が冷たいと猫がびっくりしてしまうので、マッサージの際は手を温めてから始めるのがおすすめだという。

 具体的にツボを意識したマッサージの方法を紹介する。大前提として、猫が体を触られるのを嫌がっている場合は、無理強いしないこと。

 いきなり体をマッサージするのではなく、顔まわりから触れ始めると猫もマッサージをさせてくれやすくなる。

「体を触られるのは嫌だけど、顔は平気という猫は多いんです。さらに顔まわりにはツボも多く、特に耳周辺にはツボが集中しているので、耳を軽くつまんでもんであげるだけでも効果的です」

 顔のマッサージをする際は、猫の顔を両手ではさみ、顔の中心から外側へ向かって、皮膚をゆっくりと動かすようになでるとよい。その時、頭頂部の中央(左右の耳の間)にある「百会」のツボと、鼻の左右横にある「迎香」のツボ、左右の耳の後ろにある「風池」のツボを意識してなでると、リラックスするという。

posted by しっぽ@にゅうす at 02:58 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一体誰が…? ネコに“毒物”2匹死ぬ 不安広がる沖縄市の公園 獣医「誤飲は考えられない」


Yahoo! JAPAN




沖縄市の県総合運動公園の比屋根口付近で12日夕、近所の女性(43)が極度に弱っているネコ2匹を見つけた。女性は11日夕にも比屋根口付近で弱ったネコ1匹を見つけており、相談を受けた一般社団法人「琉球わんにゃんゆいまーる」は13日、沖縄署に通報した。

【閲覧注意】誰がこんなことを… 鼻に吹き矢が刺さった猫

 女性は計3匹のネコを動物病院「ペットメディカルセンター・エイル」(沖縄市)に搬送した。法人や病院によると、3匹のうち2匹は死亡し、1匹は入院中。

 池原秀壱院長によると、3匹とも搬送時は昏睡(こんすい)状態で、外傷はなかった。血液検査の結果、農薬などを誤飲した場合に見られる肝臓の異常や嘔吐(おうと)などの中毒症状は見られず、急性腎不全の症状があったという。

 池原院長は「毒物を摂取したことは確か。通常では誤飲が考えられない種類の毒物とみられる」と話す。

 公園を運営する管理事務所担当者は「子どもたちをはじめ、たくさんの人が利用する公園なので不安。早く原因がはっきりしてほしい」と話している。
posted by しっぽ@にゅうす at 01:56 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする