動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年01月22日

犬に虐待の疑い 自宅に73匹も

NHK


自宅で70匹余りの犬を飼っていた宇都宮市の73歳の男が、けがをした犬に適切な処置をせず衰弱させたとして、警察に逮捕されました。
調べに対し、容疑を否認しているということです。

逮捕されたのは、宇都宮市砥上町の安原秀行容疑者(73)で、警察によりますと去年9月、自宅で飼っていた雑種犬がほかの犬にかまれてけがをしたのに適切な処置をせずに衰弱させたとして、動物愛護法違反の疑いがもたれています。
調べに対し、「適切に飼育していた」と容疑を否認しているということです。
自宅を訪れた知人が、この犬が弱っているのを見つけて保護しましたが、まもなく死んだことから警察に通報したということです。
警察や市の保健所には、4年前から「たくさんの犬が飼われている」といった苦情などが寄せられていて、今回警察が安原容疑者の自宅を調べたところ、ほかにも73匹の犬がいたということです。
警察は飼育の実態について詳しく調べることにしています。

安原容疑者の自宅の1階部分と屋外のコンクリートの敷地にはたくさんの犬がいて、中には敷地を出て、歩道を歩く犬の姿も見られました。
近くに住む40代の女性は「20年近く前から犬を飼い始め多いときには100匹を超える犬と生活していたようだ。近くを通ると大きな鳴き声でほえられるし、夏はにおいもきつかった。周辺は交通量が多いのに敷地から出て道路に出そうになっている犬もいて、心配していた。自分も動物を飼っていたことがあるので、残された犬たちの今後が心配です」と話していました。

宇都宮市保健所によりますと、宇都宮市には4年前の平成28年に安原容疑者が多くの犬を飼っているという情報が寄せられたということです。
それ以降、動物愛護法に基づいて飼育する数を減らすことや適切な世話をすることを求める指導を、20回以上行ってきたということです。
飼っていた犬は多い時で120匹近くにのぼり、周辺の住民などから、鳴き声やにおいについての苦情が寄せられていたということです。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:48 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ペットの被災どう対応 備え急務「餌7日分備蓄、避難先想定を」

Yahoo! JAPAN



25年前の阪神・淡路大震災では、人だけでなく、多くの犬や猫も被災した。飼い主とはぐれたり、飼育が困難になったりした動物計1556匹を保護した「兵庫県南部地震動物救援本部」の活動は、官民一体で初めて取り組んだ災害時の動物救護と言われる。一方で、その後の災害でもペット救護の在り方は問題に。当時の関係者は「災害時にペットをどう守るか、飼い主が責任を持って考えておくべき」と呼び掛ける。(長谷部崇)

【写真】僕のハート撮れたら恋かなうかニャン? 腰に“良縁”模様の人見知りネコ

 県の推計によると、阪神・淡路では犬4300匹、猫5千匹が被災したとされる。震災後は、がれきの中をさまよったり、倒壊した家屋で飼い主を待ち続けたりする犬や猫の姿があちこちで見られた。長引く避難で生活再建の見通しが立たず、ペットを手放さざるを得ない被災者も多かった。

 同本部は震災から4日後、兵庫県と神戸市の獣医師会、日本動物福祉協会阪神支部が中心となって立ち上げ、神戸市北区と三田市の2カ所に動物救護センターを開設。1年4カ月にわたって被災動物の保護や診療、別の飼い主である「ペットの里親」探しに取り組んだ。延べ2万人以上のボランティアが参加し、2センターで犬や猫など計1556匹を保護・収容した。

 神戸のセンターは当初、ビニールハウスの中にケージを並べただけの簡素な施設だった。動物のストレスや受け入れ能力の問題もあり、震災翌月には別の飼い主への譲渡を開始。同本部はペットを預かる期間を原則1カ月とし「その後も引き取ることができなければ所有権を放棄する」という契約書にサインしてもらった。飼い主の元に戻れたのは全体の2割。1割は病気などで死に、7割は全国から募集した新しい飼い主に引き取られていった。

 三田のセンター運営に携わった県職員杉原未規夫さん(61)は「見知らぬ環境での保護生活はストレスが大きく、下痢などで衰弱する犬や猫もいた。つらい判断だったが、彼らの幸せを考えると、普通の家庭環境に戻してやることが最優先だった」と振り返る。

 災害時のペット救護を巡っては、東日本大震災でも多くの飼い主がペットを置いて避難し、人に危害を加えたり、繁殖して数が増えたりして、自治体がその後の対応に苦慮するケースが発生。飼い主がペットを避難所まで連れて行く「同行避難」の考え方が広まった。環境省も2018年に改訂したガイドラインで、同行避難を原則とした上で、餌とトイレ用品の備蓄や日頃のしつけなど飼い主の責任を強調している。

 杉原さんは「避難が長引いた場合の預け先を決めておくなど、決して置き去りにしないでほしい。飼い主が犬や猫の命を守るために備えなければならない。例えば避難訓練に犬や猫を連れて行くのは当たり前というように、社会の意識も変わらなくては」と話している。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:38 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

飼い猫にマイクロチップ装着の義務化?!つける必要性はあるの?

Yahoo! JAPAN



飼い猫にマイクロチップ装着の義務化

2019年6月にペットとして飼われている犬や猫に対してマイクロチップの装着を義務づけた改正動物愛護法が成立しました。この改正により猫や犬を販売しているペットショップなどの販売業者がマイクロチップ装着の義務の対象となりました。よってペットショップで猫を購入した場合には、マイクロチップが装着されています。しかし、すでに猫を飼っている場合は“任意”なため、マイクロチップ装着するかしないかは飼い主さんに委ねられます。

この改正動物愛護法によりマイクロチップの装着率は増加傾向にあります。日本獣医師会によれば昨年度新たにマイクロチップを装着・登録をした犬は17万7523件、猫では6万9059件と過去最高を記録しています。(2019年7月11日現在)

マイクロチップとは

マイクロチップとは直径約2mm、長さがおよそ8〜12mmの円筒型をしている電子標識器具です。中に入っているチップには数字15桁の個体識別番号が記録されており、その動物についての情報を知ることができます。

だいたいマイクロチップの耐久年数は30年ですので、一度猫の体内にマイクロチップを装着した場合は交換する必要がありません。またマイクロチップの外側は猫の体に害を及ぼさないように生体適合ガラスでできています。

マイクロチップで登録する情報
✔IDナンバー(数字15桁の個体識別番号)
✔マイクロチップ装着日
✔飼い主さんの情報(名前、住所、電話番号)
✔猫の情報(名前、種類、毛色、性別(去勢避妊)、生年月日
✔獣医師の情報(獣医師名など)
✔獣医施設の情報(住所、電話番号など)

猫にマイクロチップをつけるメリットとは

猫にマイクロチップを装着することで、万が一災害や脱走で行方不明になってしまっても専用の機械で数字の番号を読み取り、登録されている情報から飼い主さんや、その猫を特定することができます。

特に猫の場合は雑種が多いため、野良猫との区別が難しいですがマイクロチップがあることで飼い猫ということが証明ができ、保健所に収容し殺処分されることなく飼い主さんの元に連絡つけることができます。逆にマイクロチップを装着することで誰の猫なのかがハッキリ分かるため、飼い主としての責任が強くなるので安易に遺棄したり虐待の防止にもつながります。

動物病院にてマイクロチップを装着します

猫にマイクロチップを装着することは獣医療行為ですので、動物病院にて獣医師がおこないます。もし飼い猫にマイクロチップの装着を希望される際は、動物病院に連絡してください。猫の場合は首の付け根の後ろ側の皮下(皮膚の下)にマイクロチップを埋め込みます。

その際に注射針よりもやや太い専用のインジェクターを用いて、猫の皮下にマイクロチップを埋め込みます。生後4週間以降から装着が可能とされているため、私が勤務している動物病院では去勢手術(避妊手術)の時に一緒におこなうことが多いです。

マイクロチップ装着にかかる料金は動物病院によって異なりますがおよそ1万円程かかります。また別に登録した情報を動物ID普及推進会議に登録する際に費用が発生します。この登録は飼い主さん本人がおこなうものなため、忘れずに登録の手続きをしてください。

まとめ

改正動物愛護法により、ペットとして飼われている犬や猫に対してマイクロチップ装着を義務化となりましたが、すでに猫を飼っている場合は任意となっているためマイクロチップを装着するかしないかは飼い主さんの判断に任せられます。

マイクロチップには数字15桁の番号が振り分けられており、万が一災害や脱走ではぐれてしまっても登録されている情報から誰の飼い猫なのか特定することができます。マイクロチップは海外に猫を連れていくときに必要になることがあるため、ますますマイクロチップの需要性が高まってくるかと思います。
posted by しっぽ@にゅうす at 03:06 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫−ヒト間でコロナウイルスは伝染する? 飼い主が知っておきたい基礎知識

Yahoo! JAPAN


中国・武漢で、新型コロナウイルス感染症が発生し、この報道が連日続いています。感染経路は、まだ、不明で、多くが武漢の海鮮市場で働いていたので、市場と何らかの関わりがあることが分かっています(同市場はすでに閉鎖されています)。

この報道は、人の話ですが、動物にもコロナウイルスがあります。そこで、今回は、猫のコロナウイルスとFIP(猫伝染性腹膜炎)について、解説します。

なぜ、愛猫家、愛犬家はコロナウイルスを勉強しないといけないか
いまや猫や犬は、室内飼いなので、人と濃厚な接触をしています。そのため、コロナウイルスについて、知っておくとことは重要です。

ヒトのコロナウイルスは、

・ヒトにだけかかる風邪のウイルス

・動物から感染する重症な肺炎ウイルス

ある種類のコロナウイルスは、動物からヒトに感染するからです。過去に動物からヒトが感染したコロナウイルスがありました。以下です。

重症急性呼吸器症候群コロナウイルス(SARS-CoV)

コウモリのコロナウイルスがヒトに感染したと考えられています(ハクビシンも考えてられていましたが、2020.01.21現在はコウモリになっています)。

中東呼吸器症候群コロナウイルス(MERS-CoV)

ヒトコブラクダが種の壁を超えてヒトに感染したと考えられます。

コロナウイルスは、種をあまり超えないといわれていますが、歴史を見ると、コウモリからヒト、ヒトコブラクダからヒトということもあることを頭に置いておきましょう。

動物のコロナウイルス
コロナウイルスは犬や猫や家畜や野生動物に感染します(イヌ、ネコ、ウシ、ブタ、ニワトリ、ウマ、アルパカ、ラクダなどのペットや家畜に加え、シロイルカ、キリン、フェレット、スンクス、コウモリ、スズメなど)。

ペットでは、猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)が猫の命に関わります。いまのところ、これは猫だけで、ヒトには感染しません。

猫伝染性腹膜炎(FIP)について
(原因)

猫コロナウイルスが変異して猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)になります。

コロナウイルスは多くの猫がすでに感染しているものと考えられています(血液検査で、FIPの抗体価を調べられますが、発症しないとわかりにくい。一方、腹水や胸水の検査だとFIPの有無が明確にわかります)。

(感染経路)

・排泄物(主に糞便)

・猫同士の舐め合い。

(なぜ、猫伝染性腹膜炎ウイルス(FIPV)に変異するか)

・ストレス

・多頭飼い

・免疫力の低下

(年齢)

・生後1年以内

・老齢になるとまた発症率が上昇します。

(症状)

・腹水の貯留

腹水が溜まります。胸水の場合もあります。水が溜まるタイプは「ウェットタイプ」呼ばれ、液の貯留を認めないものは「ドライタイプ」と呼ばれます。

・高熱

・黄疸

・目に炎症

・慢性下痢

・嘔吐

・腎不全

・肝不全

・呼吸器症状

など様々な症状がでます。

(治療)

・対処療法

・ステロイド

(新薬がアメリカで出たようですが、まだ、日本は認可されていない。効果がよくわかっていない)

猫コロナウイルスから猫伝染性腹膜炎ウイルスに変異して、症状が出れば、助かる確率はかなり低い。

飼い主のできること
・密飼育を避ける(ストレスの緩和)

・下痢パネルという検査で、コロナウイルスの有無を調べる。

・室内飼いをする(コロナウイルス の感染を防ぐ)。

・排泄物を速やかに片付ける。

・トレイなどは、次亜塩素酸ナトリウムやアルコールなどで毎日、消毒する。

まとめ
猫にもコロナウイルスがありますが、人にかかることは、いま(2020.02.21)のところないです。猫にストレスをかけないなどして、猫コロナウイルスから猫伝染性腹膜炎ウイルスに変異させないことです。そして、衛生的に飼育することで、猫伝染性腹膜炎(FIP)を防ぐことができます。

猫と一緒に暮らすことで、至福の時間を送ることができます。そのためにも科学的知識をバージョンアップして、ウイルスのことも知りましょう。猫も飼い主であるあなたも健康に楽しく暮らしていきましょう。
posted by しっぽ@にゅうす at 02:37 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猟犬が置き去りにされる山で偶然保護…人を頼ることを知らなかったシニア犬、同居犬たちと穏やかな日々

Yahoo! JAPAN



 兵庫県篠山市の「coffee & Dog garden ちわわん」は自然豊かな山間にあり、庭では犬のリードを外して自由に走らせることができます(マナーを守りましょう)。「ドッグランと言うには狭いからドッグガーデンなんです」とオーナーの満丸美香さんは苦笑しますが、いえいえ、十分な広さがあります。

【写真】いっぱい遊んで、こんなに表情豊かになりました!

 自然豊かな場所ゆえ、満丸さんは何度か「猟犬」を見かけたことがあるそうです。中には置き去りにされたと思われる犬も…。

「その年最後の猟が終わると、年齢が行った犬をそのまま置いて帰る人がいるそうです」(満丸さん)

 ひどい話です。猟犬はパートナーのはず。人間のために働いてくれた犬を、山に置き去りにするなんて。猟犬だけではありません。飼っている犬を山に捨てに来る不届き者もいるようです。

「もう20年くらい前ですけど、山の中を車で走っていたら、犬が追いかけてきたんです。止まると運転席側に回ってきて、中をのぞき込んでいました。たぶん、同じような車に乗ってきたんでしょう。シェパードくらいの大きさに見えました。車に犬を5匹乗せていたので連れて帰ってあげられなかったんですけど、一度帰ってから迎えに行けばよかったと、思い出すといまだに涙が出ます」(満丸さん)

 そう話す満丸さんの家には今、元猟犬と思われる犬がいます。名前はさちちゃん。推定10歳くらいでしょうか。

 さちちゃんを最初に山の中で発見したのは、満丸さんの友人でした。首輪もせずうろついていたそうですが、呼ぶと近づいてきたことから、人間に飼われていたのは明確だったと言います。ほぼ同時に猟犬らしき犬を2頭保護して警察に届けましたが、期限を過ぎても飼い主は現れず。1頭はそのまま発見者の家族になり、もう1頭は満丸さんが引き取ることになりました。

「さちはすでにシニアでしたからね。筋肉も落ちてきていたと思います。猟をする人はどんどん若い子を使うと言いますから、たぶん捨てられたんでしょう」(満丸さん)

 満丸家に来た当初は感情を表に出すことがなく、遊ぶこともなかったというさちちゃん。そこには、猟犬として育てられた犬ならではの理由があるようです。

「去年12月に、うちの近くで1歳くらいの現役の猟犬を捕まえちゃったんです。探していた飼い主さんにお返しできたんですけど、見ていると、なでてもあげないんですよね。名前のプレートを付けていたので、捕まえたとき『〇〇ちゃん、寒かったね』って触ってあげたら、ものすごく尻尾を振って喜んだんです。でも、お父さんに会って飛びついたらジロッと見られて、シュンて…。飼い主さんは悪い方ではなかったけど、家庭犬とは育て方、接し方が違うんでしょうね。だから、さちも最初は『自分の身は自分で守ります』って感じで、頼ってくることがありませんでした。少しマシになりましたけどね」(満丸さん)

 満丸さんの家には他にも犬がいて、気候がいい時期にはそろって日向ぼっこを楽しみます。そこには、猟犬時代とは違う穏やかな時間が流れていました。

※「ちわわん」は現在、冬季休業中です。
posted by しっぽ@にゅうす at 01:20 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする