動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年01月24日

手足不自由な男性8年支える…県内唯一の“介助犬”が高齢で引退 男性のペットとして余生過ごす

Yahoo! JAPAN



 石川県内で唯一の介助犬が高齢のため引退することになり、22日夜、引退式が開かれました。

 22日、金沢市内で開かれた引退式にはおよそ90人が集まりました。

 介助犬を引退することになったのはラブラドールレトリバーのタフィー。手足が不自由な平野友明さんと8年間にわたって生活を共にしてきました。

 しかし、タフィーは10歳。人間の年齢でいうと70歳以上と高齢で、引退することになりました。

 仕事中の事故で脊髄を損傷した平野さん。寝たきり生活を覚悟していた時、介助犬の存在を知りました。その後、介助犬のタフィーと生活を始めると一人で買い物にも出かけられるようになりました。

 引退後タフィーは平野さんの家でペットとして余生を過ごします。

 一方、平野さんは2月、愛知県の施設で次の介助犬との訓練を行う予定です。

石川テレビ
posted by しっぽ@にゅうす at 08:48 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年金生活のおばあさんが「困った」…自宅に居着いた野良猫、高額な避妊手術に頭を悩ませる

Yahoo! JAPAN


兵庫・宝塚市内で年金生活をしているおばあさんと、目がクリクリのかわいいメス猫の話です。自宅の庭に居着いた野良猫を健気に世話をしていたおばあさん。毎年のように出産シーズンの春先になると悩んでいたそう。そこで「地域猫活動」を提案してみました。

【写真】モモちゃんのチャームポイントはクリクリの瞳なんだニャ

 2019年のある日、知り合いを通じて野良猫の相談があった。宝塚市のある地域は野良猫が多く、毎年春先に子猫が産まれ、カラスに食べられたり、道路で車にひかれて死んでいるという。どうしたらいいのかと相談され、現場の確認へ向かった。

 到着後、現場は想像とは違い、猫が見当たらない。やっと1匹現れ、家の駐車場に入っていくところを見かけた。早速この家で聞き取り調査を実施した。

 おばあさんが出てきてくださり、猫のことを伺った。すると偶然、この家にも猫が居ついているという。庭を見ると4〜5匹の猫がいる。話を聞くと、この家には数年前から庭に野良猫が来るようになったという。

 おばあさんはもともと犬を飼っており、猫は好きではなかったが、1匹の猫が家の庭にやってきてから状況が変わっていった。次の日も現れ、ご飯をねだってくる。そこから餌を与えるようになると、気付けば毎日庭に現われた。しばらくすると「この猫が子供を産んだらどうなるんだろう?」とふと思ったそうだ。

 というのも、おばあさんもこれまで近所で子猫がカラスに襲われたり、交通事故の被害に遇う場面を見てきたからだ。そこで、このような悲劇が起こらないようにと、その猫を捕獲して不妊手術を施し、これまで通りに外猫としてご飯を与えていた。

 だが、そんな日々もつかの間、別の猫が庭へ現れるようになった。しかも子猫を4匹連れていた。今度は親猫と子猫、それに手術した猫1匹の計6匹が庭に居ついたのだ。ご飯を与えながら「こんなに増えて、今後はどうしたらいいの?」と焦りが出てきた。これ以上猫が増えないようにと考え、やっと1匹の不妊手術をしたものの、新たに加わった猫たちを手術しないとまた増える。

 「そうしないと、また子猫たちがカラスや交通事故の被害に遭ってしまう…でも」

 毎年春の出産シーズンになると悲痛な思いを抱え、憂うつになった。子猫の悲惨な結末を思うと、この産まれては死んでいく”負のサイクル”を止めるためには一層のこと「動物愛護センターへ連れて行くべきでは?」とまで思案した。殺処分があると知りながらも愛護センターが何度も頭をよぎったという。そこまで追い詰められていたのだ。

 メス猫の不妊手術は病院によって異なるが、2万円〜2万5000円ほど費用がかかる。おばあさんは1匹目の猫の避妊手術をした際に高額な費用に驚き、年金生活の身であと5匹も実費でできないと頭を悩ませていた。そこで、私はきちんと猫たちを管理して「地域猫活動をしないか」と投げかけた。

 地方公共団体には、飼い主のいない猫の不妊・去勢手術費用助成金が出る地域がある。宝塚市にもこの制度があり、この制度を使うと通常よりも安く手術を施すことができる。一般的によく言われている「地域猫活動」である。この助成金を申請し、ご飯を与えるだけではなく、トイレの設置や清掃を行い、地域の猫として管理することを勧めた。おばあさんは理解してくださり、残りの5匹も手術を完了。地域猫として管理することにした。

 「これでやっと安心して眠れる」。目に涙を溜めて語っていたのが印象的だった。

 そのとき、私たちが活動している保護シェルターに空きができていた。子猫を確認すると、すでに産まれて半年以上経過しており、1匹以外は全く懐いていなかった。懐いている子猫を保護し、それ以外は地域猫として家の庭に戻した。

 保護した猫は目がクリクリのかわいいメス猫で、おばあさんは「モモちゃん」と名付けていた。SNSで里親を募集すると、モモちゃんの動画は再生回数が1万5000回とふだんの倍以上となった。優しいご家族が里親になりたいと声をかけてくださり、モモちゃんは今も幸せに暮らしている。

 今回のおばあさんは、助成金制度はもちろん、地域猫活動を知らなかったケース。このように飼い主のいない猫(野良猫)で困っている方には、近くの地方公共団体や愛護団体に相談していただくことをお勧めします。管理することで、発情期の鳴き声や糞尿被害など人への環境面も改善され、猫も生殖器の病気や予防、喧嘩が減りストレスも軽減される。人にも猫にもメリットがあり、現代社会で人と猫が共生していくには必要な制度ではないでしょうか。

(NPO法人動物愛護 福祉協会60家代表・木村 遼)

▼地域猫とは 特定の飼い主はいないが、地域の合意の下で保護・管理されている猫。管理の根幹は「TNR活動」。TはTrap(捕獲)、NはNeuter(不妊・去勢手術)、RはReturn(元の場所に戻す)。手術済みの猫は、耳にVの字の切り込みを入れる。サクラの花びらの形にも似ているため、「さくらねこ」とも呼ばれる。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:41 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬と子どもの暮らしって最高では!? 最強コンビの日常がかわいすぎた


Yahoo! JAPAN



犬との暮らしは、子どもにさまざまな良い影響を与えてくれるーーそうした研究データも報告されているのを知っているでしょうか?  犬と暮らした子どもは社会性が豊かになったり、礼儀正しく育つことが明らかになっているのです。

実際に犬と暮らす子どもの様子をSNSで投稿している飼い主さんも多く、その微笑ましい光景を見ると「犬と子どもが一緒に生活するのっていいな」と感じる人も多いのではないでしょうか? 

犬と子どもの暮らしって最高では!? 最強コンビの日常がかわいすぎた
花子ちゃんとモモ子ちゃん
柴犬・花子ちゃんとモモ子ちゃんの日常
↑柴犬・花子ちゃん(姉)/モモ子ちゃん(妹) ぎゅーってして充電中♪そこで今回は、柴犬の花子ちゃんと一緒に暮らしているモモ子ちゃんの日常を覗いてみることに! 飼い主であるInstagramユーザーの@momohana2201さんに、ふたりのことについてお話を伺ってみました。

犬と子どもの暮らしって最高では!? 最強コンビの日常がかわいすぎた
花子ちゃんとモモ子ちゃん
柴犬・花子ちゃんとモモ子ちゃんの関係性は?
↑おやすみのご挨拶♡花子ちゃんは神経質で臆病な一面があるけれど、とても優しくて穏やかな性格のコだそう。一方のモモ子ちゃんは、花子ちゃんとは正反対なのだとか。

元気いっぱいなモモ子ちゃんのことを、花子ちゃんは「大事にしなくてはいけない存在と認識している」と、@momohana2201さんは感じているといいます。「私や夫のことはドカドカ踏みつけるくせに、どんなに興奮していても、モモ子のことはちゃんと避けます。また、モモ子のことを叱るとすぐに飛んできて邪魔をすることもあるんです」と、ふだんのふたりの様子を語ってくれました。

犬と子どもの暮らしって最高では!? 最強コンビの日常がかわいすぎた
花子ちゃんとモモ子ちゃん
初対面はドキドキの瞬間!?
↑「毛むくじゃらの人が気になるな……」byモモ子ちゃんそんなふたりの初対面のときは、ちょっとハラハラしてしまった出来事も! 初めてモモ子ちゃんのことを見たとき、花子ちゃんが「ウー!」と唸ったそうなのです。

その後も、モモ子ちゃんのニオイを嗅いだり気にしている様子を見せていた花子ちゃんだけれど、すぐに慣れてくれたそうで安心したといいます。しばらくは付かず離れずの距離を保っていたふたりは、今ではそばにピタッとくっついて寝るまで仲良しに……♡


花子ちゃんの存在がモモ子ちゃんに良い影響を与えているかも!
↑「花子ちゃんファースト」の日も意識してつくる飼い主さんまるでお姉ちゃんのように、優しくモモ子ちゃんのことを見守ってあげている花子ちゃん。花子ちゃんがいることで、モモ子ちゃんに良い影響を与えていると感じることもあるそう。

赤ちゃんによく見られる特有の行動で、引っ張ったり叩いたりすることがありますよね。モモ子ちゃんも当初、@momohana2201さんや花子ちゃんに対してそうした行動をとることがあったそうですが、「花子ねーちゃんには優しくね、ナデナデしてね」と言い続けていたら、優しく接するようになったのだとか。

@momohana2201さんは、モモ子ちゃんが「動物に優しい子になってくれるといいな」と思っているそうです。

犬と子どもの暮らしって最高では!? 最強コンビの日常がかわいすぎた
花子ちゃんとモモ子ちゃん
花子ちゃんとモモ子ちゃんを見ていて、癒される瞬間は?
↑ふたりで夢の中へ……♡@momohana2201さんのInstagramには、花子ちゃんとモモ子ちゃんの仲睦まじい姿がたくさん投稿されています。かわいい投稿ばかりなのですが、そのなかでも@momohana2201さんが癒される瞬間は、一緒にお昼寝をしている姿だそう。

花子ちゃんはモモ子ちゃんと添い寝しているとき、自分の足がモモ子ちゃんに当たらないように気遣うこともあるようで、さすがお姉ちゃん♪

モモ子ちゃんもそんなお姉ちゃんのことが大好きで、おもちゃを持って花子ちゃんに「遊んでー」と近寄っていくことも。そんなふたりの光景も、愛おしく感じる瞬間だといいます。

犬と子どもの暮らしって最高では!? 最強コンビの日常がかわいすぎた
花子ちゃんとモモ子ちゃん
日々成長していく毎日
↑しゃもじをゴミ箱にポイポイした容疑でモモ子容疑者を確保! ふたり揃ってコチョコチョの刑だっ!日々成長していくモモ子ちゃんと一緒との毎日は、花子ちゃんにとってもきっと楽しいことが多いはず。@momohana2201さんのInstagramには、ふたりの素敵な投稿がたくさんあります。ぜひ、見て癒されてくださいね♪


参照/Instagram(@momohana2201)
取材・文/Honoka

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 08:34 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドッグトレーナーの見立てた愛犬の性格が意外だった

Yahoo! JAPAN



自宅から少し離れた大きな公園でマロたんとお散歩をしていると、同じくお散歩中のゴールデンレトリバーさんに会いました。大きくてモフモフなわんこ好きなわたしは、思わず「可愛いですね!さわらせてもらっていいですか?」と声を掛け、撫でさせてもらいました。初対面でも体を預けてくるほどの懐っこさ、ああゴルさん可愛い。

ドッグトレーナーの見立てた愛犬の性格が意外だった
はじめましての挨拶が丁寧なマロたん
はじめましての挨拶が丁寧なマロたん
マロたんはマロたんで、わたしにはめったに振らない尻尾を振って、あげくお腹を出してゴルの飼い主の女性にご挨拶していました。「わたしには、こんなに愛想よくないのに(笑)」と、嘆くと、ゴルの飼い主さんは「それは、この子がママを信頼しているからですよ」と、おっしゃいました。そして、「今日はこんなに大歓迎してくれているように見えるけど、次に会った時はもうお腹見せませんよね?」と。そう!そのとおり!

ドッグトレーナーの見立てた愛犬の性格が意外だった
一瞬でマロたんの性格を見抜いたトレーナーさん
一瞬でマロたんの性格を見抜いたトレーナーさん
よくよく話を聞いてみると、彼女はドッグトレーナーをされている方でした。
マロたんみたいに初対面の人間に自分から寄っていくタイプのわんこは「自分にとって信頼できるか否か」を確かめるのだそうです。逆に、飼い主や何度も会ってる人に対しては「この人は信頼してるから愛想を振り向かなくても大丈夫」と判断し、愛想よくしないと言うか、素っ気ない態度に見えるのだそうです。日本犬に多いそうです。勉強になるなあ。

ドッグトレーナーの見立てた愛犬の性格が意外だった
マロたんは飼い主のことどう思ってるんだろう
マロたんは飼い主のことどう思ってるんだろう
せっかくなので、もう一つ質問しても良いですかと聞いたところ、快諾してくださったので、図々しくもお願いしました。
それは、久しぶりに顔を合わせた近所の大型犬が、わたしに飛びついた時、マロたんがわたしと大型犬の間に入り歯をむき出しにして怒ったのです。自分より3倍大きい犬に、ケンカになっても絶対勝てないのに。なので、わたしのことを守ってくれたのかな? と思っているのだけど、本当はどうなんだろうと。

ドッグトレーナーの見立てた愛犬の性格が意外だった
「うちのママに何するの!」だったらいいなと
「うちのママに何するの!」だったらいいなと
「現場を見ていないから、確実なことは言えないけれど」と言う前置きの後「ママを守ったのかもしれないし、自分のママに触るな!と怒ったのかもしれませんが、どちらにしても家族だと思っているからの行動だと思います」と、言う返事を聞き、うれしくなりました。

ドッグトレーナーの見立てた愛犬の性格が意外だった
まっすぐな眼差しに襟元を正し
まっすぐな眼差しに襟元を正し
家族だと思ってくれてる、わたしのことを危害を加えない人間、と思ってくれてるだけで充分です。これからもマロたんのその気持ちを裏切らない飼い主であろうと思います。

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 08:25 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫がトイレやお風呂についてくる理由4つ

Yahoo! JAPAN



1.飼い主は大好きな親だニャ〜

飼い主を親と思っている猫は、飼い主が動けばどこにでもついていきます。トイレの出待ち?いえいえ出待ちどころかドアを開けっ放しにしていないと大変です。猫がドアの外で鳴き続けたりドアにガリガリと爪とぎをしてきたりします。何とかドアを開けようとする猫もいるでしょう。

お風呂場の水が苦手な猫は多いのですが、親と思っている飼い主の入る場所なら疑わずについてきて、リラックスしてしまう猫もいます。本当に嬉しいのですが飼い主が長風呂で、のぼせてしまわないようにしてくださいね。

2.飼い主と一緒にいたいニャ〜

普段は甘えん坊でなくても、飼い主が好きで一緒にいたい場合は、トイレやお風呂に嬉しそうにやってくるでしょう。トイレが終われば便器のフタに乗って、出てくる水に顔をうずめたり飲んだりします。

好奇心が高まって遊びたい気分も強いので、苦手なお風呂場に入ってくる猫もいるかもしれませんよ。

3.飼い主に甘えたいニャ〜

猫がついてきて頭突きやスリスリを行ってきたときは、飼い主に甘えたいのでしょう。トイレ中や入浴中は大変ですが、猫の頭や全身など猫の気に入っている所を全て撫でて、たっぷりと構ってあげましょう。突然に猫が納得して側から離れていくかもしれませんが。。。

4.お腹が空いたニャ〜

一番分かりやすい理由でしょう。猫のご飯タイムが近づいているのに、飼い主がお風呂に入ったりトイレに入ると、ご飯の催促をしに猫も妙に存在感を示しストーカー行為をしてきます。

完全にお腹が空いているので「おっ、ご飯なのかニャ?」とばかりにしつこく付け回すでしょう。ストーカー度は一番高いかもしれません。

しかしご飯を食べてしまえばあっけなく、側からいなくなります。本当に現金でマイペースな猫達です!

まとめ

猫がトイレやお風呂についてくる理由4つについてお伝え致しました。

わが家の愛猫も、トイレは毎回、お風呂場へは毎晩数回来てフタの上で寝ています。長風呂から冷え性であった飼い主も健康に、そして長く愛猫にもスキンシップが行えるので、一石二鳥の愛猫の行動に感謝している今日この頃です!
posted by しっぽ@にゅうす at 08:24 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする