動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年01月27日

「奴隷」になった犬、そして猫 太田匡彦(まさひこ)著

東京新聞


◆命の消費に異議唱える
[評]宮晶子(ジャーナリスト)
 二十年ほど前、いくつかの犬種がブームとなり、数年後には多くが捨てられた。そして今“空前の猫ブーム”となり、メディアはこぞって猫の話題を娯楽的に取り上げる。さらにSNS(会員制交流サイト)がブームに拍車をかける。多くの人は見た目の愛らしさだけに夢中になり、その裏側を見ようとしない。こうした風潮に対して本書は、かわいさだけの一方的な消費に異議を唱える。タイトルにある「奴隷」になった犬、猫とは「命の大量生産、大量販売を前提とする生体販売現場」にいる犬、猫のことだ。

 著者は長くペット業界の闇を取材してきた。本書にある調査では、猫ブームによって猫は増産態勢となり、二〇一四年度からの三年間で年間流通量は三割以上も増えている。猫の入手方法も、三十歳代では「ペットショップで購入」するのが「野良猫を拾う」のと同じくらい多い。しかし繁殖から流通、小売りまでの過程で毎年、少なくとも四千〜五千匹の猫が死んでいるという。原因として、発情を促すため長時間照明を当てるなど自然に反した繁殖、ずさんな健康管理を指摘する。

 遺伝性疾患も多い。例えば人気ユーチューバーが飼い始めて話題になったスコティッシュフォールド種は、特徴の折れ耳が骨軟骨形成不全症という遺伝性疾患によるもので、発症した猫は鈍痛に苦しむこともある。だが、これらの問題を訴える研究者や動物愛護団体の意見は、圧倒的なブームにかき消されてきた。

 こうした流れの歯止めになると期待されたのが、昨年の動物愛護法改正だ。子犬・子猫は幼いほど売りやすいため幼齢販売される傾向にあったが、健全な発育を重視して、ようやく販売は八週齢以降と定められた。しかし日本犬六種は適用を逃れた。著者はこの改正の過程で多くの業界関係者にインタビューを行い、政治家を巻き込んだ動きを生々しく伝えている。

 今後は売る側にも少しずつ変化が起きるだろう。買う側もそろそろブームに流されるのはやめ、真に共生する相手として動物を考えたい。

(朝日新聞出版・1650円)

1976年生まれ。朝日新聞記者。著書『犬を殺すのは誰か−ペット流通の闇』。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:45 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

衝動的に犬を飼うと不幸に…飼い主さんに必要な「10の条件」守れてる?

Yahoo! JAPAN



犬を飼うとき、「かわいいから」という気持ちだけで飼い始める人がいるようです。しかし、犬を飼うというのは、命を扱うということ。飼い主さんにはいろいろな責任が伴います。

今回は、犬を衝動的に飼ってはいけない理由について、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説。飼い主さんは、犬を飼うときに「10の条件」をクリアしている必要があるそうです。

衝動的に犬を飼うと不幸に…飼い主さんに必要な「10の条件」守れてる?
おもちゃで遊ぶトイ・プードル
犬の飼い主さんに必要な「10の条件」
ーー犬を衝動的に飼ってしまう飼い主さんもいると聞きます。飼い主さんは犬を飼うとき、どんなことを念頭に置いておく必要がありますか? 

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「『これだけは理解しおきたい』という点でいうと、日本動物愛護協会の『飼い主に必要な10の条件』を参考にするといいと思いますね。同協会の公式サイトには、以下のような条件が書かれています。

1.住宅がペットを飼える状況にあること
2.動物を迎えることに家族全員の合意があること
3.動物アレルギーの心配がないこと
4.その動物の寿命まで(終生飼養)飼育する覚悟があること
5.世話をする体力があり、その時間をさけること
6.高齢になった動物の介護をする心構えがあること
7.経済的負担を考慮すること
8.必要なしつけと周囲への配慮ができること
9.引っ越しや転勤の際にも継続飼養する覚悟があること
10.飼えなくなった場合の受け皿を考えておくこと

これらをチェックしてクリアしないと、後々問題が出てくるでしょう」

ーー条件がこんなにあるの?  と思う人もいるかもしれませんが、どれも重要なことですよね。犬を飼い始めてみると、この10の条件の必要性を実感できる人も多いのではないでしょうか。

衝動的に犬を飼うと不幸に…飼い主さんに必要な「10の条件」守れてる?
見上げる犬
あとで問題が出てくることとは?
ーー10の条件をクリアしていない場合、あとでどんな問題が出てくる可能性がありますか? 

獣医師:
「たとえば、大型犬なのか、小型犬なのかでもそれぞれ配慮すべきことがありますよね。また、犬種によっては気をつけなければいけない病気があるので、それを飼い主さんが把握できた上で飼育できているのかどうかも重要です。

子犬のときにかわいいという気持ちだけで飼ってしまうと、その先に待っている問題に直面したときに『こんなに大変だとは思わなかった』『こんなにお金がかかるとは思わなかった』『こんなに時間がとられるとは思わなかった』ということになるかもしれません」

ーー犬が病気になると医療費はもちろん、介護の時間なども必要になってきますもんね…。病気になったときのことだけで考えても、先述の10の条件の「4.その動物の寿命まで(終生飼養)飼育する覚悟があること」「5.世話をする体力があり、その時間をさけること」「6.高齢になった動物の介護をする心構えがあること」「7.経済的負担を考慮すること」をクリアしていない人は、犬を飼うのは難しいといえますよね。

獣医師:
「そうですね。犬を飼ってしまっては、もう返せません。飼い主さんも犬もお互いに不幸になってしまいます。先ほどの10か条を念頭に、先を見通して冷静に飼うかどうかを判断したいものです」

衝動的に犬を飼うと不幸に…飼い主さんに必要な「10の条件」守れてる?
抱っこされる秋田犬
あらゆることを想定して
あとで「こんなはずでは…」とならないように、犬を飼う前にはあらゆることを想定しておきたいですね。犬も飼い主さんも幸せになるために、それはとても大切なことです。

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
参考/日本動物愛護協会公式サイトより「飼い主に必要な10の条件」
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
取材・文/sorami

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 08:44 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【調査結果】実際に犬の介護で役立ったグッズ 〜排泄・移動編〜

Yahoo! JAPAN



犬の介護は、体格や状態によってケアの仕方が違います。犬の介護経験のある方を対象にいぬのきもちが行った「犬の介護に役立ったグッズについて」のアンケート結果から、排泄と移動で実際に役立ったというグッズをご紹介します。

【調査結果】実際に犬の介護で役立ったグッズ 〜排泄・移動編〜
【調査結果】実際に犬の介護で役立ったグッズ〜排泄・移動編〜
役立つ犬の介護グッズ@オムツ
一番回答の多かったグッズは「オムツ」でした。オムツは、筋力の低下による尿もれや足腰が立たない、寝たきりなどで上手に排泄ができなくなった際に役立ちます。
回答の中には、人間用のオムツや尿パッドを活用しているという声もあり、飼い主さんが色々な工夫をしていることがわかります。

「おむつ。脚が悪くなりトイレに行けなくなったので」
「オムツをしていた時、寝転がるとズレてしまうのでサスペンダーが役に立ちました」
「大人用オムツ(小さい方用)を使っていました。犬用は高額で買い続けられない…」
「赤ちゃんのオムツを使いました。犬のオムツよりも安価だし、12時間連続使用でも大丈夫です」
「人間の介護用の尿パッド:犬用は高いので、適当な大きさに切っておむつカバーを当てて使いました」

【調査結果】実際に犬の介護で役立ったグッズ 〜排泄・移動編〜
【調査結果】実際に犬の介護で役立ったグッズ〜排泄・移動編〜
役立つ犬の介護グッズAハーネス・スロープ
少しでも歩けるようにと介護用品を自作したという方もいました。

「目が見えなくなったので段差が危険になり、緩いスロープを置くことで負担が軽減したと思う」
「Tシャツを切ってハーネスの様な介護グッズを作った。後ろ足がフラフラになってしまっていたので、介助するときにとても役に立った」
「ヨガマット。踏ん張りがきかなくなった時もヨガマットの上では立ったり歩いたり出来た」

【調査結果】実際に犬の介護で役立ったグッズ 〜排泄・移動編〜
【調査結果】実際に犬の介護で役立ったグッズ〜排泄・移動編〜
役立つ犬の介護グッズB身近なものを活用
ペット用の高価なグッズでなくても身近なものを活用して通院などの移動時に使用していたという方もいました。

「最期に近い頃、私達にも身体を触らせてくれなくなり、全く動けない愛犬を病院へ連れて行くにも一苦労でした。痩せた身体にも痛くない何か…と考えたのが、人間用のガーゼ生地のシーツや布団カバーを担架のように使って運ぶことでした。そのまま診察台へも上げられましたし、帰宅後もそっと寝かせてあげられたので重宝しました。」

現在介護をされている方は、愛犬に合った介護グッズを探してみてはいかがでしょうか? 

いぬのきもちアンケートvol.158:犬の介護で実際に役立ったグッズについて

文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 08:39 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

地面に犬たたきつける動画、警察に「助けてほしい」通報数十件…飼い主を書類送検

読売新聞



犬に暴行を加える様子の動画がネット上で拡散していた問題で、福岡県警早良署は24日、犬を虐待したとして、福岡市城南区の無職の男(70)を動物愛護法違反容疑で福岡地検に書類送検した。男は「犬をたたくなど虐待したことは間違いない」と容疑を認めているという。


 発表では、男は14日午後、同区の路上でペットの小型犬をリードでつり上げ、地面にたたきつけるなどした疑い。犬は約10年前に知人から譲り受けたという。犬は県警が保護した。

 動画は17日にツイッターに投稿された。動画を見た人たちから、県警に「犬を助けてほしい」との通報などが数十件寄せられていた。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:36 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「野良猫」管理 地域で推進 県が動物愛護条例改正へ

日本海新聞



鳴き声やふん尿被害など飼い主のいない「野良猫」によるトラブルを改善するため、鳥取県は動物の愛護と管理に関する条例を一部改正し、地域で野良猫を管理する「地域猫活動」の推進を盛り込む。
posted by しっぽ@にゅうす at 08:32 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする