動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年01月29日

どうする災害時のペット避難 事前に飼い主や地域で検討を

山陽新聞


2018年の西日本豪雨をはじめ、全国各地で大規模な災害が頻発する中、ペットを連れた避難のあり方がクローズアップされている。ペットの避難については環境省や岡山県がガイドラインを定め、自治体に対応を求めている。だが、人優先で手が回っていないのが実情だ。県内の現状を取材した。

 昨年11月、災害時に被災者がペットと一緒に避難することを想定した図上訓練が岡山市内で行われた。西日本豪雨の事例を踏まえ、県が初めて企画。市町村の担当者らが、犬や猫を収容するスペースを確保したり、ペットフードなどの必要物資を整理したり。「猫嫌いの人が避難してきた」「ペットと避難した人とほかの避難者がけんかを始めた」といったトラブルへの対応も検討した。中国地方の他県の職員も参加し、関心の強さを印象づけた。

 「災害時にはペット専用の避難所を開設します」−。西日本豪雨を体験した総社市では昨年6月に策定した「避難所開設・運営マニュアル」にペットの避難についての項目を初めて盛り込んだ。同市は西日本豪雨発生時、自治体主導としては「全国初」(環境省)のペット避難所を設置。ピーク時には20世帯の犬17匹と猫6匹が身を寄せた。同市危機管理室は「誰でもためらわずに避難できる環境づくりの一環。ペットとの避難は市民の関心が高く、周知していきたい」とアピールする。

人命優先

 ペットとの避難に注目が集まったきっかけは、11年の東日本大震災だ。災害の発生で置き去りにされた多くのペットが犠牲になったり、野生化したりすることが問題化した。その後、環境省はペットを連れて避難する方針を打ち出した。県も熊本地震の被災地対応を受けて18年3月に策定した「災害時動物対応マニュアル」で、市町村には避難所でのペット受け入れ方法の検討を求めている。

 あれから約2年たつが、県内では検討があまり進んでいない。14市町村がまだペットの受け入れについてのマニュアルができていない。防災担当者からは「人の避難のマニュアルづくりが最優先」「これまでの災害でペットとの避難実績がない」などといった声が聞かれた。重要性は認識しているものの、「人命優先」のためペットとの避難方法の検討まで手が回っていないのが実情だ。

 県生活衛生課は「動物の専門知識を持った職員がいる自治体は少なく、担当者が1人で手が回っていない場合が多い。災害に備えて県としてもサポートしていきたい」と話す。

マニュアルがあっても…

 一方、マニュアルがあっても災害の混乱でうまく運用できないケースもある。その一つが、西日本豪雨で地域の約3割が水没する被害を受けた倉敷市真備町地区だ。

 同市が西日本豪雨の前年に策定した避難所運営マニュアルでは、ペットの受け入れ場所を確保する▽ペットの台帳を作成する▽利用者が生活する場所とは別の場所で飼い、交わらないようにする−などを事前に決めていた。しかし、被災当初は避難所によって対応が分かれていたという。同町に住んでいた会社員男性(62)は「犬を連れて避難できなかった知人もいた。犬は家に取り残されたため、脱水で衰弱。見ていて気の毒だった」と振り返る。

 飼い主の悲痛な叫びは倉敷市保健所にも届いた。「ペットはどこに避難できるのか」「家に犬を残しているので何とかしてほしい」。電話が鳴りやまなかった。同保健所生活衛生課の石部涼子係長は「避難所を回ったが、ペットの支援物資を管理する人がおらず、ニーズが把握できなかった」と語る。

 同市防災危機管理室は「どの避難所もパンク状態で、トラブルを避けるため判断した結果だったと思われる。運営主体は地域になるため、災害に備えてどのような受け入れをするかを決めておくように啓発していきたい」としている。

対応分かれた台風19号

 全国各地に甚大な被害を与えた昨年10月の台風19号でも、地域で対応が分かれた。

 東日本大震災を受けて、防災マニュアルにペットの同行避難を明記していた福島県。しかし、ペットの受け入れは2市にとどまったという。県食品生活衛生課は「受け付けを拒まれ、ペットを車や家に残したケースもあったと聞く。全市町村に当時の状況をアンケート調査している最中で、受け入れの協力が得られるように努めたい」と話す。

 一方、長野市では8カ所の避難所で、ペット連れの避難者を屋内に受け入れた。マニュアルでは「ペットは屋外」としていたが、市動物愛護センターは「風雨が強く寒かったため、現場の判断で行った」と明かす。避難所の一つである屋内運動場では、スペースの一角をペット同伴の家族に開放。3週間後には、ペットを収容する3畳ほどのコンテナハウスを用意し、他の避難者にも配慮した。

飼い主が備えを

 では、災害にどう備えればいいのか。倉敷市真備町地区の巡回診療を行った県獣医師会の甲斐みちの緊急災害時対策委員長は「人に比べて飼い主の責任で対応する自助の期間が長くなるため、飼い主が事前に準備しないといけない」と指摘する。

 中でも「えさや水などは3日以上を用意。日頃からケージ(檻)に入れて、狭い環境に慣れさせる訓練をすることや病気のまん延を防ぐため狂犬病ワクチンを必ず接種しておくこと」を挙げ、「避難する際には何を持っていくか、どこに逃げるかなどを事前に家族で話し合ってほしい」とアドバイスした。

 一方、行政側には「ペットの受け入れができる、できない場所を事前に知らせれば、スムーズな避難が期待できる。ペットと一緒にする避難訓練も実施し、飼い主と一緒に考える機会を作ってほしい」と注文した。

<環境省のガイドライン>

 ペットと一緒に避難する「同行避難」を原則とした上で、餌とトイレ用品の備蓄や日頃のしつけなどは飼い主の責任と明記した。一方、自治体や関係団体には、受け入れ態勢の検討や必要な物資の備蓄、訓練の実施などを求めている。東日本大震災後の2013年に作成され、18年に熊本地震を受けて改訂された。
(2020年01月27日 12時20分 更新)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:07 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

長くなりがちな愛犬の留守番時間。共働き家庭はどうしたらいい?


Yahoo! JAPAN



共働きの場合、どうしても愛犬の留守番時間が長くなってしまいがち。短時間の留守番であれば、犬は寝て過ごすことが多いようですが、長時間の留守番となると、そうはいかないようです。
そこで大切なのは、留守番中に愛犬が起きている時間を、少しでも快適に過ごせるよう工夫してあげること。では具体的に、どうしたらよいのでしょうか? 

長くなりがちな愛犬の留守番時間。共働き家庭はどうしたらいい?
マルチーズ
広めのスペースを用意してあげよう!
8時間以上愛犬を留守番させるときは、広めのスペースを用意してあげましょう。

ただし、危険なものがあるところや、イタズラしそうな場所には柵をするのがポイント。柵が不安定な場合は、家具などを使ってしっかりと固定するようにしてください。

また、地震を想定してクレートを用意し、数回の排泄に備えてトイレは広めにするか、複数置いておくと、粗相も予防できるので安心です。

長くなりがちな愛犬の留守番時間。共働き家庭はどうしたらいい?
ミックス
イタズラしがちな犬の場合は……
柵つきとはいえ、イタズラが心配という場合は、クレートとトイレシーツを敷き詰めたサークルをひもなどで固定して、その中で留守番させるとよいでしょう。

この方がトイレもわかりやすく、また広いスペースでの留守番に比べると警戒心があおられないため、落ち着いて過ごせる犬もいます。

とはいえ、クレートのない狭いサークルの中で、長時間犬を留守番させるのはNGです。犬には寝床とトイレを分ける習性があるので、トイレとベッドが近いとストレスを感じたり、排泄を我慢したりすることも。
また、壁に囲まれたクレートがないと落ち着かなくなり、問題行動を起こす心配もあります。

長くなりがちな愛犬の留守番時間。共働き家庭はどうしたらいい?
ミックス犬
「預ける」という選択肢も
最近では、共働きなどで飼い主さんが長時間家を空ける家庭向けに、託児所のように愛犬を預けられる、「幼稚園」や「保育園」などのサービスも増えてきています。

長時間愛犬をひとりで留守番させるのが心配な場合は、利用してみるのもひとつの方法かもしれません。

長くなりがちな愛犬の留守番時間。共働き家庭はどうしたらいい?

愛犬に安全で快適な留守番タイムを
ちなみに、共働きの飼い主さんの中には、留守番中に愛犬のお腹が空かないか心配……という方も多いようです。

その場合は、自動でゴハンを与えてくれる「自動給餌器」を使う手もあります。「自動給餌器」とは、いつものフードを中に入れておき、設定した時間になるとフタが開くというもの。
毎日は使わなくても、帰りが遅くなりそうなときなどに備えて、持っておくのもよいかもしれません。

愛犬の留守番タイムが少しでも快適なものになるよう、ぜひ参考にしてみてくださいね。

参考/「いぬのきもち」2017年5月号『愛犬は快適、飼い主さんは安心 時間別 おすすめ留守番スタイル』(監修:しつけスクール「Can!Do!Pet Dog School」代表 日本動物福祉協会認定家庭犬インストラクター 西川文二先生)
文/ハセベサチコ
※写真はスマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:05 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界で最も厳しい動物保護法を課すスイス

SWI swissinfo.ch


スイスは世界で最も厳しい動物保護法を設けている国の一つだ。動物の福祉を守るためさらに規制を強化する案が、繰り返し国民投票にかけられている。専門家はそれでもまだ欠陥があると話す。

法律に貫かれている基本理念は、農家や肉屋、飼い主、科学者を含め誰であっても「動物を不適切に痛みや苦痛、危害、恐怖にさらす」ことは許されないということだ。またスイスの動物保護法他のサイトへは「動物を扱うときは、動物の尊厳、つまり生来の価値を尊重しなければならない」と定める。

スイスの動物愛護団体「Tier im Recht(権利ある動物)他のサイトへ」のカテリーナ・ストイコヴァさんは「憲法レベルで動物の尊厳を定めているのは世界でもスイスだけ。リヒテンシュタインや韓国など一部の国では、法律レベルで動物の尊厳を守っている」と話す。

この規定により、スイスの動物は虐待や外見・能力の改造から守られている。つまりアルコールを飲ませたり、毛皮や羽毛を染めたり、クローンを作ったり、毛のないスフィンクスに品種改良したりすることはできない。犬の断尾や断耳も禁止されている。去勢や除角には麻酔を使わなければならない。ちなみにスイスでは2018年、牛の除角が動物の福祉に反するとして、除角しない農家に補助金を支給する案が国民投票にかけられたが、反対票54.7%で否決された。

国際NGOが算出する世界動物保護指数他のサイトへでみると、スイスは確かに「先進国」の一つだ。

Mapworld map

スイスを動物保護先進国に押し上げている政策は他に何があるのか?欠陥はないのか?

家畜
スイスの畜産ガイドラインは、種ごとに詳かい規定がある。たとえば家畜小屋は、牛1頭当たり最低2平方メートルのスペースを確保しなければならない。家畜数にも上限があり、子牛は最大300頭、豚は1500頭、雌鶏は1万8千羽と決まっている。EU諸国にはそうした制限はない。

動物愛護団体の統括組織「スイス動物保護(Swiss Animal Protection他のサイトへ)」のユリカ・フィッツィさんは「EUの動物福祉法の主な欠点の1つは、採卵鶏、豚、子牛、鶏の飼育についてしか拘束力のある規則がないこと。馬や牛、七面鳥、ヤギ、羊は全く保護されず、飼育に関する詳しく具体的なルールはない」と説明する。

食肉処理場への輸送にも規制がある。EU内では動物を最大24時間輸送できるが、スイスは車中8時間、路上6時間が上限だ。

a row of cows eating in a barn
(Keystone / Peter Schneider)
動物のと殺についても非常に細かい指針が定められている。だがスイス食品安全獣医局が最近発表した報告書で、一部の食肉処理場が輸送ルール遵守していないことが判明した。哺乳類を意識があるまま殺すことは違法なため、スイスでイスラム教のハラールに従って血抜きをする肉屋は、喉を切る前に動物を気絶させる。だがユダヤ教のコーシャに従って血抜きした肉が輸入された事件をきっかけに、フォアグラやカエルの足など残酷な方法で生産された動物製品をスイスで販売するのを禁止するべきかどうか、議論が起こっている。

スイスは2018年、動物保護法を改正してロブスターとカニなど甲殻類の輸送方法と殺害方法を規定した。意識のあるロブスターを熱湯に投げ込むのは違法、との風変りなルールは国外にも広く報じられた。19年には、卵産業では価値がないとみなされている雄のヒヨコを生きたまま裁断することを禁止する改正案が連邦議会で可決された。

フィッツィさんは「スイスの農場にいる動物は他の国に比べたらずっと良い」と語る。厳しい規制や、有機農場が多く存在することが背景にある。「自主的に法律の定めよりを上回るスペースで家畜を放牧している農家がスイスよりも多い国はほかにない。それでも広告のように飼育されていない家畜小屋はある。多くの人は、スイスでは1平方メートル未満の面積で寝床なしに豚を肥育することが合法であることにも気づいていない。

スイスでは近い将来、工場式農業を禁止する案が国民投票にかけられる見通しだ。

猫、犬、その他のペット
スイスは、すべての犬にマイクロチップを埋め込み中央データベースへの登録が義務付けられている欧州唯一の国だ。飼い主に課される説明責任は、犬の販売を規制する法律に定められている。

「犬の違法取引を抑制するには、犬の販売や関するすべての紙媒体・インターネット広告で、販売者の名前と住所、動物の出身国および血統の詳細を明記させる必要がある」(フィッツィさん)

モルモットやウサギ、インコのような社会性のある動物は、2匹・羽以上で飼うことがスイスの法律で義務付けられている。1匹で飼われる猫は「毎日人と接したり他の猫が目に入るようにしなければならない」。猫を飼う人の多くは、猫が家を自由に出入りできるように猫用窓をつけている。アパートの外には「猫はしご」もスイスのあちこちでみられる。

Cats climbing the cat ladders erected on the façade of a house in Bern
ニャンという自由
愛する猫にはしごを
スイス世帯の3軒に1軒は猫を飼っている。となれば、猫が暮らしやすくするために飼い主がどれだけ情熱を注いでいるかも想像がつく。ある写真家は、猫が家を出入りするための工夫に注目した。猫はしごだ。

Helen James(本文)、Brigitte Schuster(写真)
実験動物
スイスの法律では、動物実験は代替手段がない場合にのみ許可される。

動物保護法は「関心が高く実験が許容できると証明された場合にのみ、州当局は動物実験を許可できる」と定める。@代替手段がないかA使う動物の数を減らせないかBより人道的な実験方法にできないか――を確認することも必要だ。

rats in a c
(Keystone / Gaetan Bally)
スイスで18年に実験に使われた動物は50万匹以上。前年から約5%減った。実験動物の9割はマウスで、ラットやウサギ、魚、犬、猫、霊長類も使われる。22年にも動物・人体実験の禁止を問う国民投票が行われる見込みだ。

「できるだけ良く早い手段で代替し、実験動物を減らすために行動を起こす必要がある。実験動物は飼育環境もよくない」(フィッツィさん)

野生動物に関しては、オオカミやクマ、アイベックスの狩猟規制を緩和する狩猟法改正を求め、複数の動物福祉団体と自然保護団体が国民発議を提起。必要な署名数が集まり、いずれ国民投票にかけられる。

動物福祉ルールが「国際比較で非常に進歩的」であっても、スイスにはまだやるべきことがたくさんあるとストイコヴァさんは主張する。「多くのルールは動物虐待に当たらないギリギリの線で禁止しており、最低限の保護しか保証していない。多くの場合、それぞれの動物に適した飼い方を保証するには程遠い。今の動物福祉ルールを執行するための機関が大幅に不足している。我々は法執行機関に働きかけてこの点に対する問題意識を高めている」

動物愛護団体Tier im Rechtは昨年、2018年の動物虐待事件は1760件と、前年より56件増えたと発表した。


(英語からの翻訳・ムートゥ朋子)
posted by しっぽ@にゅうす at 08:56 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

捨てネコが沖縄の希少動物を捕食、種絶滅の危機 オキナワトゲネズミ、ヤンバルクイナなど

毎日新聞


世界自然遺産候補地の沖縄本島北部(やんばる地域)で、この地域にしか生息しない貴重な動物が野生化したネコに脅かされている。琉球大などの調査で、一時は絶滅したとも考えられていた国の天然記念物、オキナワトゲネズミなどの希少種が捕食されている実態が明らかになった。

 オキナワトゲネズミは体長十数センチの夜行性のネズミで、一般的な体毛の他に2センチほどのトゲ状の毛が生えているのが特徴。沖縄本島北端に位置する国頭村(くにがみそん)の中でも西銘岳(にしめだけ)(標高420メートル)周辺のみに生息するとされ、環境省の絶滅危惧IA類(ごく近い将来に絶滅の危険性が極めて高いもの)に指定されている。森林伐採などで絶滅したと考えられていたが、2008年に30年ぶりに生きた個体が捕獲され話題になった。

 国頭村を含むやんばる地域(一般に名護市以北)には従来、肉食動物はいなかったが近年は野生化したネコが増えている。元々人が飼っていたネコが捨てられて繁殖し増えたとみられており、琉球大、国立環境研究所、NPO法人「どうぶつたちの病院沖縄」の研究チームは、ネコによる希少動物への影響
posted by しっぽ@にゅうす at 08:54 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛護活動にも力 愛犬とのんびりできるカフェ

山陰中央新報



犬と一緒に訪れることができる松江市南田町の「cafe Wagging tail(カフェ・ワギング・テイル)」が人気だ。ケーキを楽しみながら犬とくつろげるだけでなく、身元を記した迷子札を犬や猫に付ける重要性を伝えるカードを配布するなど、愛護活動にも心を砕く。保健所にいる犬猫の情報を載せた看板も設置し、動物をめぐる問題に気付く場になっている。
 2018年に東京から松江市に帰郷した峯谷紀巳子さん(58)が、19年6月に開いた。徳島県の保護団体の下で暮らしていた子犬「空(くう)」を7年前に譲り受けたのが開店のきっかけ。「一緒に入れるカフェが少ない」と感じ、同伴で過ごせる場をつくろうと準備を進め、犬が喜びで尻尾を振る様を意味する言葉を店名に冠した。

 木の温かみが感じられる中で味わうモーニングやガトーショコラ、選び抜かれた豆を焙煎したコーヒーが評判となり、空も時折店に出て客を迎える。

 空の境遇から、愛護にも思いが深い。飼い主の名前や連絡先を記した迷子札の普及に励む松江市の愛護ボランティア・御堂幸子さんが手掛けた啓発カードを店に置く。

 飼い主が手放すなどしたために保健所に収容された犬猫を、写真で紹介する看板も設置。御堂さんらが愛護イベントで看板を使って発信しているのを見て「店でもできないか」と考えた。御堂さんの協力を得て、随時、収容動物の情報を更新。新たな飼い主を待つ犬猫がいる現実を知ってもらう。

 峯谷さんは「保護犬などの存在はなかなか分からない。カフェで気軽な感じで知ってもらい、家族に迎えられる犬や猫が出てきてほしい」と願う。

 犬との入店には、のみだに予防を終えていることなどが必要。詳細は店舗まで、電話0852(67)2960。

2020年1月22日 無断転載禁止
posted by しっぽ@にゅうす at 08:47 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする