動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年01月30日

オーストラリアの森林火災で火傷のコアラに胸が痛む… 犬猫の火傷ケアを獣医師が解説

Yahoo! JAPAN



オーストラリアで発生した森林火災は野生動物やその生息地に大きな打撃を与え、シドニーから390キロほど北にあるコアラ病院は、負傷したコアラであふれ返っていた。

 猛威を振るった火災は840万ヘクタールの草原地帯を焼いた。焼失面積はスコットランドの国土より大きい。また、絶滅が危惧されるコアラ8万匹のうち、約40%が死んだという。

出典:豪森林火災、最前線のコアラ病院の現状 ベッドは常にほぼ満床
ネットでニュースを見ていますと、コアラが保護されて治療をされている風景を目にします。日本での報道は減ってきたように思いますが、まだ火災は止まっておらず、被害は続けているそうです。

[https://www.afpbb.com/articles/-/3263481?pid=22016318 豪サウスオーストラリア州カンガルー島の仮設病院で治療を受けたコアラ](2020年1月14日撮影)。(c)PETER PARKS / AFP
包帯を外さない

火傷で手足に包帯を施されています。一方、犬や猫は、自分たちで器用に包帯をすぐ外すので、首のところにエリザベスカラーというものを装着して、口が届かないようにしています。もちろん、火事の影響で、肺などに疾患を負っいるてので、全身症例が悪いのでしょう。コアラは、比較的おだやかで、包帯をされたらそのままのようです。

[https://www.afpbb.com/articles/-/3263481?pid=22016331 豪サウスオーストラリア州カンガルー島の仮設病院で治療を受け、かごの中で眠るコアラ](2020年1月14日撮影)。(c)PETER PARKS / AFP
逃げない
コアラは、森林火災のために衰弱していることもあるのですが、逃げることもなく、かごの中で眠っています。1日20時間、たっぷりの睡眠時間が必要なので、ゆっくりした動きが多いです。猫や犬は、ほとんどの場合は、だれかが保定をしていないと逃げるので、毎日、臨床をしている私には、コアラの生体がわかって興味深い写真でした。

犬や猫は、どんなときに火傷するのか
火傷などは、事前にわかる疾患ではありません。事故なので、突然にやってくるものです。以下のようなことがあります。

・ストーブの前に座り続けて、低温火傷する。

・飼い主が、家事をしていて、火の傍らにきて、ヒゲが焼ける。

・猫が誤ってコンロに着地して、四肢を火傷する。

・家が火事になり火傷する。

などがあります。特に、寒い時期は、このような事故が多いことを飼い主さんは、頭に入れておきましょう。温活をしているつもりが、火傷してしまう場合もありますから。

犬や猫の火傷の症状
・犬や猫は、全身が毛で覆われているので、患部がわかりにくいのですが、毛が固まる。

・化膿などすると、場合はそこから濡れて、分泌物が出て、ニオイを伴う。

・火傷の部分が多いと、食欲不振、動きが緩慢。命にかかわることもあります。

病院での治療
・すぐであれば、患部を冷やす。

・周りの毛を刈り、清潔な水で患部を洗浄。

・抗生剤の塗布や内服

最近の患部のケア
・消毒はしない。

消毒液が、正常な組織に傷をつけて、かえって治るのを遅くするので。

・患部を乾燥させない。

ゲンタシン軟膏やアズノール軟膏を塗って、濡れた状態にします。

・患部は、毎日、石鹸をつけ清潔な水で洗う。

飼い主ができること
・火傷直前なら、患部を冷やして、病院に連れて行く。

・寒がりの子で、ストーブの晩をしている子は、低温火傷をしている可能性があるので、全身の毛をよく観察。

寄付
日本にいて、コアラなどの火災で、何か行動を起こそうと思えば、以下のサイトで寄付をすることもできます。

オーストラリアの火災で被害を受けた野生動物と自然環境のために

火災で焼けた木に登るコアラ (C)Julie Fletcher / WWF-Australia
【拡散希望】ヒカキンと一緒にオーストラリア森林火災の被災地に募金しませんか?【コアラを助けたい】【寄付の方法】


まとめ
人間だけでなく、動物の火傷などの疾患は、急に起こるものです。常日頃から、ペットの飼い主として火傷が起こったときの初動処置をして知っておくとことは、大切です。もし、愛犬、愛猫が火傷を負っても、すぐに適切な処置が出来るからです。ネットで調べているうちに、火傷がひどくなる可能性もあるからです。室内飼いををしている犬や猫が増えたので、火傷をするリスクがあります。コアラのマーチ(代金の一部がコアラの保護に使われています)を食べながら、勉強はいかがですか。
posted by しっぽ@にゅうす at 09:21 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫への避妊・去勢手術実施率81% そのメリットとデメリット

Yahoo! JAPAN



健康な愛猫の体にメスを入れるのはかわいそう…そういった理由で、避妊・去勢手術に抵抗を示す飼い主が多いのだとか。しかし、猫のストレスを軽減したり、病気の予防になるなどの利点も。今回は避妊・去勢手術のメリットとデメリットを解説する。

 メスの場合、最大のメリットは“乳腺腫瘍”の発症リスクを低減できることだ。猫の乳腺腫瘍の場合、約9割は悪性のがんとなる。避妊手術は、この予防につながるのだ。さらに子宮や卵巣の生殖器疾患の予防や、発情期に大きな声で鳴くこともなくなり、近所とのトラブルも未然に防げる。

 オスの場合も、肛門周囲腺腫などの腫瘍の予防になることが明らかになっている。ほかにも、発情期に見られる、においの強いおしっこをあちこちにかける“スプレー行為”が減ったり、メスを求めて家から逃げ出すなどの行為がなくなり、猫自身も発情期のストレスを感じず穏やかに過ごせる。

「デメリットは、後で子猫がほしくなっても産めないこと、麻酔のリスク、肥満になりやすいことなどがあげられます。特に肥満は、糖尿病や心臓病のリスクを高めるので、日常的に一緒に遊んで運動をさせたり、食事内容に気をつけるなどして管理が必要です」

 手術は、全身麻酔をかけて行う。避妊手術の場合、開腹手術が一般的で、手術時間は30〜60分。麻酔の覚め具合などにより、日帰りまたは入院のケースがある。費用の目安は3万〜8万円。

 去勢手術の場合、手術時間は5〜10分。基本的には日帰りで、費用は1万5000〜5万円が目安となる。

 自治体や獣医師会の中には、条件付きで飼い猫の避妊・去勢手術に補助金を出すところもある。住んでいる地区が対象か、確認してみよう。

 避妊・去勢手術をするかしないかや、どこの病院で行うかを決めるのは飼い主だ。メリットとデメリットを理解した上で、判断しよう。

※女性セブン2020年2月6日号
posted by しっぽ@にゅうす at 09:17 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『フェリシモ猫部(TM)』ブログの人気連載コミック「猫のおふくちゃん」第1巻が2020年1月29日発売

産経ニュース



株式会社フェリシモ

 和菓子屋の看板猫「おふくちゃん」にほっこり癒される人気連載漫画

 株式会社フェリシモが展開する『フェリシモ猫部(TM)』は、ブログから生まれた、和菓子屋で働く猫のおふくちゃんとおばあちゃんの心あたたまるストリーを描いた漫画「猫のおふくちゃん」を書籍化した、コミック『猫のおふくちゃん』第1巻を、フェリシモ出版から発刊します。書籍化を望むお声におこたえして、豪華フルカラー本として2019年1月29日から全国書店、Amazonなどで発売されます。こちらにあわせて「猫のおふくちゃん 等身大もっちりぬいぐるみ」と「猫のおふくちゃん おふくちゃんといつもいっしょなトートバッグ」が、「肉球印のおはぎハンカチ」「ミニ和風ニャシュマロ〈猫ほうずい〉」に続く新しいグッズとしてウェブ販売を1月24日より開始しています。ほっこり癒される和菓子屋の看板猫おふくちゃんを、人気のWEB連載とあわせて毎日の生活でもお楽しみください。販売価格の一部は飼い主のいない動物の保護と里親探し活動、野良猫の過剰繁殖防止活動、災害時の動物保護活動などに活用されます。


◆ 猫のおふくちゃんスペシャルサイトをチェック

 >> https://feli.jp/s/pr200129nk/12/
posted by しっぽ@にゅうす at 08:58 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛犬のことが「好きすぎて辛い」瞬間3選

Yahoo! JAPAN



1.愛犬の温もりを感じる朝

1日が犬で始まる喜び
愛犬と一緒に眠る飼い主さんも多いですよね。犬と一緒に眠る幸せの1つは、1日の最初に愛犬の温もりを感じる瞬間ではないでしょうか?

✔呼吸でお腹が上下する動き
✔穏やかな寝息
✔香ばしい犬の匂い
✔あったかい体温

これらを感じながら目覚める朝はとっても幸せな気持ちになり、1日がすでにハッピーです。目が覚めてからもしばらくの間は、愛犬の温もりを感じてまどろんでいたくなってしまいます。

犬の体温は人間より高い
犬の体温は37.5〜39.2℃と、人間に比べるとやや高めです。犬と一緒に眠ると温かく感じるので、特に寒い冬は湯たんぽのようにホッとしますよね。

香ばしい匂いがするのはなぜ?
犬は独特の香ばしい体臭がします。特に、肉球部分からは強く犬の香ばしい匂いを感じます。この香ばしい匂いの正体は「汗のにおい」です。犬は人間と比べると汗腺が少ないのですが、肉球には汗腺があるので汗をかきます。犬が排出した汗や分泌物、皮膚に住む菌などのあらゆる匂いが混ざり合って、あの独特な香ばしい匂いになっています。

2.出勤前の玄関で

その健気さに切なくなる…
1日中愛犬とまったりしていたいけれど、今日もお仕事に行かねばなりません。犬は飼い主さんが出かけることを理解しますので「行っちゃうの?」という瞳で見つめてきたりします。健気に飼い主さんを玄関で見送る子もいますね。そんな姿を見ると胸がキュンとして切なくなってしまいます。頑張って働いて、おいしいカリカリ代を稼いでくるからね!

「お出かけ前の儀式」はほどほどに
しばしの別れは寂しいですが、お出かけ前に過剰に犬と接すると犬は甘えん坊モードになって余計に寂しくなってしまうことがあります。「じゃあね、行ってくるね、お留守番よろしくね」などとたくさん声をかけてしまうと、犬の不安や寂しさを湧き立たせてしまいます。特に甘えん坊の子や分離不安気味の子の場合は、出かける前の儀式を過剰にしない方が良いでしょう。出かける前におやつを与えると「飼い主さんが出かけること」に「おやつをもらえる楽しさ」が結びついて不安感が軽減しやすくなります。

3.嬉しそうに走って来る時

思わず抱きしめたくなる瞬間!
愛犬の名前を呼ぶと、どこにいても嬉しそうに走って来る瞬間はたまらなくキュンとしますよね!

✔一生懸命走って来る姿
✔笑顔のような表情
✔「なぁに?」とキラキラさせる瞳

こんな姿に、愛犬への愛があふれます。思い切りヨシヨシしたり、抱きしめたくなる瞬間ではないでしょうか。

「呼び戻し」ができない場合は?
愛犬の名前を呼んで近くに来させる「呼び戻し」はとても重要なしつけの1つです。もしも散歩中に首輪やリードが外れてしまったり家の外に脱走してしまった際に、呼び戻しができると愛犬を捕獲しやすく事故や迷子を防ぐことができて大変安心です。

呼び戻しは「呼ばれて行くと良いことがある」と認識してもらう必要があるため、おやつを使用してトレーニングを行いましょう。逆に「嫌なことがある」と認識してしまうと名前を呼んでも来なくなってしまいます。そのため、呼び戻しをした後に叱ったり爪切りをしたりするのはやめた方が良いでしょう。

まとめ

犬と共に生活をしていると、日々の中にこんなにも愛犬からもらう幸せがあふれているのだと実感します。特に、犬の健気な姿を見ると胸が苦しいほどにキュンとしてしまいますよね。一生懸命に飼い主に応えようとしてくれる犬たちは、飼い主さんにとってかけがえのない存在ですね。
posted by しっぽ@にゅうす at 04:16 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫に好かれる人が無意識に習慣化していること3つ

Yahoo! JAPAN


猫に好かれたい

目がクリクリしていて、ふわふわな毛をもつ猫ちゃんに、好かれたいと思っている人は多いのではないでしょうか。猫ちゃんに好かれる人にはいくつかの共通点があります。基本的には猫ちゃんの嫌われる行動を控えて、好かれる行動を多くするということが大切です。

猫ちゃんに好かれる人は無意識に好かれる習慣をしているのです。今回は猫ちゃんに好かれたくて悩まれている方向けに、知識として取り入れていただければと思います。

1. 規則正しい生活を送る

猫ちゃんには体内時計があり、それは恐ろしく正確です。決まった時間に飼い主さんの事を起こして、ご飯を食べて毛づくろいをして決まった場所をパトロールしに行きます。猫ちゃんに好かれる習慣とはそんな生活にしっかりと合わせてあげられる飼い主さんの行動だと思われます。

「毎朝早く起こされて困る」といったトラブルの話もありますが、そういった部分にあわせてあげることも大切です。猫ちゃんはいつだって「昨日のような今日」を好む性質があるのです。考え方を変えてみれば、飼い主さんも早起きで健康的な生活を送られるようになるかもしれません。

2. 音と匂いに気を付ける

猫ちゃんは聴覚と嗅覚が敏感です。大きな音を出すような飼い主さんは、猫ちゃんにも避けられてしまうでしょう。静かな生活を心がけることが大切です。例えば、猫ちゃんがうとうとと寝ているようであれば邪魔をせずに静かに寝かせてあげることも、猫ちゃんにとっては嬉しいのです。

猫ちゃんの聴覚が優れているために、本当に熟睡しているのは一日の内にたった4時間といわれています。その他の時間は常に何かの音が入り、うとうととうたた寝しているような状態なのです。

匂いについても同様です。人間にとっては微香でも猫ちゃんにとっては悪臭の領域に入っている可能性があります。こういった部分にも飼い主さんは気遣ってあげましょう。

3. 猫ちゃんと遊ぶ

一日10分でかまいませんので遊んであげましょう。スキンシップは大切です。一人で平気なイメージがありますが、基本的に猫ちゃんはとても遊び好きです。遊んでくれる飼い主さんはやはり好かれやすくなるのです。

まとめ

今日のねこちゃんより:べガ / ♂ / キジトラ / 2.3kg

猫ちゃんの目線から考えると、好かれる習慣というのはどれも当たり前なことばかりです。飼い主さんとして気遣ってあげると猫ちゃんにとっても快適な生活につながりますので、できることからはじめていきましょう。猫ちゃんも必ず喜んでくれると思われます。
posted by しっぽ@にゅうす at 01:58 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする