動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年02月06日

19年度収容犬 殺処分ゼロ継続中/宮古保健所管内

宮古毎日新聞



譲渡活動が奏功/課題は多い捕獲件数



子犬と一緒に保護された母犬。すでに子犬はボランティア団体に引き取られ、この母犬も譲渡先が決まるのを待っている=5日、県宮古保健所
子犬と一緒に保護された母犬。すでに子犬はボランティア団体に引き取られ、この母犬も譲渡先が決まるのを待っている=5日、県宮古保健所

 宮古保健所がまとめた2019年度(1月末現在)における同所管内の犬の収容状況によると、終末処分件数は1件のみで、それも収容時にすでに衰弱していたことによる死亡だったことから、殺処分数については「ゼロ」となっていることが分かった。しかし、収容数は相変わらず多く、同保健所では野犬の発生を防ぐためにも放し飼いをしないなど、適正な飼育を呼び掛けている。



 同所管内おける年間の終末処分(殺処分)件数は、14年度に300匹を超え、15年度は325匹。これは東京都の1年間の処分件数を上回っていた。


 こうした状況を打開しようと、民間ボランティアが立ち上がり、収容された犬を島内外に譲渡する活動が16年度ごろから本格化。


 同保健所と連携した取り組みで、16年度の終末処分件数は、前年度の325匹から大幅に減少し141匹となった。


 さらに、活動が充実してきた17年度の処分頭数は16匹に減少。さらに、18年度は4匹と1桁台となり、19年度は1月末現在で殺処分については「ゼロ」を継続している。


 一方で、こうしたボランティアと保健所の取り組みをよそに、収容件数はいまだに高い数値で推移している。


 犬の収容数は年間200〜300匹で、14年度からはほぼ300匹台で推移してきた。


 今年度も1月末現在で230匹となっており、今年に入ってからも12匹が収容されている。


 17年度の比較では八重山保健所管内が年間92頭に対して宮古保健所管内は299頭と3倍以上となっている。 


 ボランティアによる譲渡活動で殺処分数を減らしている中で、減らない収容頭数について宮古保健所では「他に比べても宮古の収容頭数は多い。放し飼いの問題点については、若い人には浸透してきているが、年配の人たちにはまだ理解を得られていないように思う。収容数を減らすためにも適正な飼い方を心がけてほしい」と話し、避妊や去勢についても呼び掛けた。


 同所によると、沖縄本島への移送は毎週火曜日。収容期限は5日間(収容日含む)で、収容犬についての問い合わせは(電話0980・72・3501)となっている。
posted by しっぽ@にゅうす at 10:08 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現実は甘くない!? 犬との生活の「真実」を飼い主さんに調査

Yahoo! JAPAN



犬を初めて飼うとき、楽しい日々を想像するだけでもワクワクしてしまいますよね♪ でも「こんな生活がしたいな」と理想を抱いていても、うまくいかないこともあったりするかも…? 

そこで今回いぬのきもちWEB MAGAZINEでは、飼い主さん400名に「犬との生活は『楽しいだけじゃない』と思うか」どうか、アンケート調査を実施してみました。

現実は甘くない!? 犬との生活の「真実」を飼い主さんに調査
グラフ:犬との生活は「楽しいだけじゃない」と思う?
約7割の飼い主さんが「犬との生活は楽しいだけじゃない」と実感
その結果、飼い主さんの72.0%が「犬との生活は楽しいだけじゃないと思う」と回答しました。

この記事では、飼い主さんたちから集まった「犬との生活について以前はこんなふうな理想を抱いていたけど、実際はこんなことがある」というエピソードを紹介します!

現実は甘くない!? 犬との生活の「真実」を飼い主さんに調査
寝転がるミニチュア・ダックスフンド
思っていたよりも、しつけが大変!
まず、「しつけが想像以上に大変」と感じている飼い主さんがたくさんいるようでした。

「自然と成長すると思っていたけど、人間の子どものようにしつけを根気よくしなければいけないこと」
「理想は、しつけが行き届いて、家でおとなしく過ごすことを想像していたが、しつけがうまく進まない」
「どこにでも一緒に行けると思っていたが、キチンとしつけをしないと楽しくお出かけができないんだなぁと」
「ドッグランやドッグカフェを楽しめると思っていたけど、うちの犬はほかの犬を怖がるのでそういうのはできない。吠える声が大きいので、相手に申し訳ない気持ちになることがある」
「飼ってみるとやっぱり育てることも世話することも、人間と同じようで大変だなと感じています。1頭はしつけがスムーズにいきよかったのですが、もう1頭は難しくヤンチャでとにかく大変です笑」

現実は甘くない!? 犬との生活の「真実」を飼い主さんに調査
お座りをするポメラニアン
ずっと楽しい生活をしたいけれど…
理想は「犬と一緒にずっと楽しい生活」。しかし、シニア犬になったり病気になったり…日々状況が変化し、楽しいことだけでなく大変なこともあると実感している方もいるようです。

「『いつも元気で可愛い』が理想だけど、体調を悪くしたりすると、慌てる」
「ずっと楽しいことばかりだと思っていたが、病気のときや最期を看取るときなどは辛い」
「病気や老いについて、犬を迎える前はあまり考えていなかったのですが、実際に病気などをすると心配で楽しいだけじゃないなぁと。生き物を飼う責任を感じる」
「毎日一緒にいれて幸せだが、シニアになるほど心配も増えて、調子が悪そうでもケアはできても自分には治してあげられない」
「子犬のときとか犬が若い頃は元気で何でもできるけど、老犬になると介護が思ったより大変だった」
「理想との相違ではないですが、やはり生き物なのでわかっていても病気や老犬になったときは辛いので、楽しいだけでは飼えません」

お金がかかるとわかっていたけれど…
犬を飼うとなにかとお金がかかる…そうわかっていたけれど、いざ飼ってみて「やっぱりお金がかかるな…」と痛感している方も。

「飼う前はこんなにお金がかかるとは思わなかったが、愛犬の生活の質をよくしようとすると、必然的に莫大なお金がかかり、給料の半分が愛犬のために消える」
「老犬の世話は根気忍耐もちろん愛情、そして財力がいると痛感」
「楽しいことだけではなくお金もかかるし、住むところも限られる」
「病気になったり予防接種したり、病院代がかかる」

前へ 1 / 2 次へ
現実は甘くない!? 犬との生活の「真実」を飼い主さんに調査
上目遣いするトイ・プードル
飼い主のそばに寄り添ってくれ…ない?(笑)
飼い主さんを心配して寄り添ってくれたり、一緒に添い寝したり…。犬を飼う前はいろんな妄想をしていたという方もいるようですが、現実の厳しさを知ってしまった方も…(笑)

「ぎっくり腰になったときに、心配してくれて寄り添ってくれる理想を持っていましたが、ほふく前進する私の上に乗ってきて、激痛に襲われました」
「自分の時間の空いているときに犬とくつろげると妄想してましたが、そんなことは現実では難しいですよね」
「愛犬とフリスビーで遊びたかったが、全然遊べない。なかなか上手く散歩ができない」
「テレビを観ながら一緒にうたた寝できると期待していたものの、まだ若いからか、全力で『遊んで!』と周りを駆け回ってきて、うたた寝どころではありません」
「いつもそばに寄り添ってくれると思ってたけど、実際は壁紙や家具をかじりまくり、私の服もボロボロになってる」
「いろいろなところに一緒にお出かけしたいけれど、車が嫌いで、ずっと鳴き続ける」
「仕事から疲れて帰宅したら癒されると思ってたが、先に散歩をしなければいけない」

理想と現実は大きく違うことがあるようですが、現実をしっかり受け入れて、愛犬との生活を満喫している飼い主さんも多くいるようでした。


『いぬのきもちWEB MAGAZINEアンケート 愛犬との生活に関するアンケート』
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/雨宮カイ

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 10:06 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一度感染すると再発の恐れがある病気、「猫カゼ」との向き合い方

Yahoo! JAPAN


猫が発症する病気の中には、完治が難しく、再発の可能性があるものもあります。「猫カゼ」は、そんな再発する恐れがある病気の一つ。どんな症状があり、どのように病気と向き合っていけばいいのか、その予防法も含めて解説します。

一度感染すると再発の恐れがある病気、「猫カゼ」との向き合い方
体温を測る猫
猫カゼという病気と症状
「猫ウイルス性鼻気管炎」と「猫カリシウイルス感染症」を総称して、猫カゼと呼びます。猫カゼはウイルス感染することにより発症する病気で、人の風邪と同じように咳や鼻水、くしゃみなどの症状があらわれます。成猫なら数日程度で症状が回復しますが、子猫の場合は重症化することも。

猫ウイルス性鼻気管炎は一度かかると再発しやすい特徴があるため、猫カゼは長く付き合っていかなければならない病気ともいえます。

一度感染すると再発の恐れがある病気、「猫カゼ」との向き合い方
受診する猫
猫カゼとの向き合い方
猫カゼの中でも、猫ウイルス性鼻気管炎を引き起こす「猫ヘルペスウイルス」は、症状が回復した後も体内から消えずに潜んでいます。そして猫の免疫力が低下すると再び増殖し、猫カゼの症状を引き起こすのです。

そのため一度猫ヘルペスウイルスに感染した猫は、免疫力が落ちないよう普段から注意して生活する必要があります。部屋の温度を温かくしたり、ストレスがかかり過ぎたりしないように配慮して、猫の体調を気遣っていかなければなりません。

愛猫が猫ウイルス性鼻気管炎を発症したご家庭の体験談
岡山県在住のTさん宅にいる愛猫(オス・取材当時2才)は、子猫の頃に猫カゼにかかりました。「ねこのきもち」2017年4月号の特集で取材した当時、ご家族はこのように語っています。

「生後7カ月頃に迎えたとき、くしゃみと鼻水がひどい状態でした。すぐに受診し、注射と投薬で症状は改善。再び症状が出ることのないよう、家の中に自由に暖をとれる秘密基地を数カ所用意して、体を冷やさないようにしています。」

Tさん宅の愛猫は、お気に入りの秘密基地に入ってのんびりと過ごしているそうですが、体が冷えないよう、ご家族は常に気遣っています。

一度感染すると再発の恐れがある病気、「猫カゼ」との向き合い方
桜の木でくつろぐ猫
猫カゼに予防法はあるのでしょうか?
猫をウイルス感染から完全に防ぐことは難しいですが、定期的に混合ワクチンを接種することで予防(症状を軽減)させることはできます。たとえ室内で飼っている猫であっても、飼い主さんが外から持ち込んでウイルス感染する可能性もあるので、予防は必要です。
飼育環境に関わらず、どの猫も定期的にワクチン接種することをおすすめします。猫カゼは、人の風邪と似た症状がでるため軽い病気と勘違いしてしまいがちですが、ウイルスが体内に潜伏してしまうので猫にとっては厄介な病気です。
猫はつらくても自ら言葉で伝えられないので、飼い主さんが早めに気付いてあげることがとても重要になります。少しでも猫カゼのような症状があらわれたら、早めに獣医師さんへ相談しましょう。

参考/「ねこのきもち」2017年4月号『治りにくいからこそ予防と早期発見が大事です!一度かかると長いお付き合いになる病気』(監修:ACプラザ苅谷動物病院葛西橋通り病院院長 榎本拓也先生)
文/こさきはな
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 10:05 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福島県内の犬猫の殺処分は全国最多 ペットの命を考えるトークイベント

Yahoo! JAPAN


ペットの飼育などについて考えるトークイベントが開かれた。
このイベントは、震災後に避難区域で犬や猫の保護などを行ってきたNPO法人
「SORAアニマルシェルター」が開いた。

この日は、動物の保護に取り組む女優の杉本彩さんが自身の活動を紹介し「ペットは責任を持って飼育する」よう呼びかけた。

杉本彩さん:「これから自分が最期まで、お世話を全うできるのかということもね、自分の年齢と体力と合わせて考えていかなければいけないところですよね」

また、同じく動物の保護に取り組むタレントの青木さやかさんなどが加わり意見を述べた。

参加者「自分も改めて気を引き締めて飼っていかなくちゃならないなと、飼育していかなくちゃならないと思いました」

環境省によると、福島県内で殺処分される犬と猫の数は全国で最も多く、イベントを開いたNPO法人は今後も動物との接し方を考える機会を設けるとしている。

福島テレビ

最終更新:2/5(水) 12:20
福島テレビ
posted by しっぽ@にゅうす at 10:00 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ニュータウン動物愛護会の代表で、3月に被災犬猫支援活動のパネル展を行う

タウンニュース



人間と動物 お互い笑顔に

 ○…毎週日曜日、センター南駅前のすきっぷ広場で保護犬猫の譲渡会を行い27年。年間200匹以上を新しい家族のもとへ送り届けている。東日本大震災の直後から開始した被災動物の保護は今年の3月で10年目。3月8日からはこれまでの活動を記録するパネル展を伊豆で開催する。「不幸な動物が誕生しない仕組みを作ること。人間と動物がお互いに幸せになれる世の中にしたい」 

 ○…父親の仕事の影響で1年間に2回も転校をする生活を送り、友達を作るのにも一苦労。奈良県に住んでいた小4の頃、通学途中の山道で出会った野良犬が、行きも帰りも自分のことを待つようになり、可愛がるも3カ月後には緑区へ転校。寂しさ癒えぬうちに、奈良の友人からその犬が保健所に連れていかれたと連絡がきた。「寂しい時に一緒にいてくれたのに」。居た堪れない気持ちが、動物を救いたいという志に変わった。

 ○…一歩を踏み出したのは中2の時。生活指導教諭から動物愛護団体を紹介され、電車を乗り継いで、散歩などの手伝いへ。保護資金を貯めるために早く働きたいと高校を中退し17歳で自立。バイトをしながら、活動を続け、19歳の時に6人の仲間と都筑で同愛護会を結成した。「動物と人にも相性がある。どちらも幸せになれるようにしっかり寄り添う」と幸せな譲渡の秘訣をにこり。

 ○…速報で流れる被災地を見て「行かなきゃ助けなきゃ」と、発生から2年間は毎週、福島の警戒区域を訪れた。時には2人の息子を連れて行くことも。人のいなくなった静かなまちで飼い主を失った動物を保護しながら、現地では他団体と動物クリニックも開院。「体が動いてしまう。人と動物、どちらも笑顔でいられるよう問題解決に向き合い続けたい」
posted by しっぽ@にゅうす at 09:59 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする