動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年02月08日

「殺処分ゼロ」はまやかし、日本でペットの「闇処分」が横行する理由

Yahoo! JAPAN


近年、ペットの殺処分が社会問題になっている。各自治体や省庁は「殺処分ゼロ」に向けたスローガンを標榜しており、そのかいあってか、統計上は殺処分の減少に成功している自治体も増えてきているのだが、実は「闇処分」が急増しているにすぎないという。闇処分が横行する理由をペットジャーナリストの阪根美果氏に聞いた。(清談社 岡田光雄)

● 殺処分は減っているが 実態はボランティア頼り

 相変わらずペットブームは陰りを見せず、犬や猫はSNS上などでも集客の見込めるドル箱コンテンツとなっている。矢野経済研究所の調査によれば、2017年度のペット関連総市場規模(小売金額ベース)は1兆5193億円で、19年度は1兆5629億円になる見込みだ。

 その一方、ペットショップで売れ残ったり、飼い主に捨てられたりして次の里親や保護先が見つからなかった動物には、保健所での殺処分という残酷な運命が待っている。

 そこで近年は、行政などで殺処分をなくす取り組みが実施されている。環境省の発表では、08年度に27万6000匹だった殺処分の数は、17年度は4万3000匹に激減している。

 「統計上は犬や猫の殺処分が減っている自治体は多いのですが、その多くは動物愛護団体や個人のボランティアが引き取り、里親を探しています。そうした方々が必死に保護しても、営利目的の悪徳ブリーダーが過剰繁殖を繰り返すので供給が止まらず、安易に飼い始めた飼い主が身勝手な理由で自治体に持ち込んだり、捨てたりするため保護が追い付かない状態です」

● 売れ残った動物は 「引き取り屋」に流れる

 さらに、動物愛護団体やボランティアに行き着くまでの段階では、多くの犬や猫が「闇処分」されている現実もあるのだ。

 ペット業界では、まずブリーダーのもとで産まれた子犬・子猫がオークションで取引され、ペットショップを経て飼い主に渡ることが多い。しかしその過程で、“商品にならない”“大きくなって価値がない”“繁殖できないなら不必要”という烙印(らくいん)を押された犬や猫を引き取る闇の業者が存在する。

 「ブリーダーやペットショップなどで売れ残った動物たちは、一昔前までは自治体が引き取っていたケースもありましたが、2012年に動物愛護法が改正されて以降それが難しくなったため、より『引き取り屋』の動きが活発になってきました。引き取り屋は、一応表向きは『1匹につき数千円〜数万円の飼育費をもらえれば、あとはこっちで一生面倒見ますよ』というタテマエで引き取ります。しかし実際には、積み上げた狭いケージに犬や猫を閉じ込め、餌もろくに与えず、病気になっても治療をせず、結局は死なせてしまう業者も少なくないのです」

 しばしばメディアで報じられるように、引き取り屋の中には事実上殺処分を代行しているところも多い。引き取り屋自体は違法ではないが、飼育放棄や虐待などが疑われるケースも少なくないのだ。

 「最近は動物愛護団体や個人のボランティアも目を光らせており、ペットショップなどに電話して『そちらのお店では引き取り屋に犬や猫を流したりしていないですよね?』と聞いて回っているところもあるようです。そのため、ペットショップによる闇処分の数は減っているとは思いますが、それでも中には里親募集をかけるのが面倒だ、飼育代がかさむといった理由から流しているところもあるようです」

● ブリーダーの殺処分が バレない理由

 犬や猫の販売は、生き物だけにトラブルもつきもの。最近、業界のネガティブなイメージを払拭するため、大手ペットショップでは子犬や子猫の遺伝子検査を始めるようになった。遺伝子疾患を発症しやすい遺伝子を持っていることを知らずに販売してしまい、後々ペットに症状が出てきて飼い主とトラブルになるケースも多いため、子犬や子猫の健康を担保するのが目的だ。しかし、その検査の中身は不十分である上に、検査自体が新たな問題の温床となっている。

 「遺伝子検査といえば聞こえは良いものの、実際には重篤な遺伝子疾患の検査しか行われていません。日本はまだその分野は遅れていて、検査ができる項目がかなり少ない上に、その必要性に対する意識が低すぎるのです。遺伝子検査を始めたこと自体はペット業界の進歩といえますが、一部しか行わないのであれば健康を担保したとはいえません。

 『健康な子犬・子猫』とうたっているペットショップがありますが、飼い主が望むような健全なレベルとはいえないのです。さらに気になるのが、検査で引っ掛かった遺伝子疾患の遺伝子を持つ子犬や子猫、その親犬や親猫(子にその遺伝子があれば親も持っている可能性がある)は最終的にどこに連れていかれているのか…ということです」

 需要があるため、引き取り屋という商売も存在し続けるのだ。

 そもそもブリーダーが過剰に犬や猫を供給し、遺伝子疾患のリスクに十分配慮しないため、引き取り屋のような商売が成り立つわけで、この“元栓”を締めない限り解決は難しい。

 「闇処分の一部はブリーダーの段階でも行われています。悪徳ブリーダーの中には、引き取り屋に払うお金も惜しいため、商品にならない子犬や子猫を遺棄したり、自分で殺処分したりしている人もいるようです。

 19年6月に改正された動物愛護法では、繁殖犬や繁殖猫、販売される子犬や子猫にはマイクロチップを装着し、登録することが義務づけられましたが(公布から3年以内に施行)、ブリーダーの段階では子犬や子猫は装着前なので遺棄・殺処分をしても明るみに出ることはありません。また、現行の法律では飼育施設や繁殖回数などに具体的な数値規制もないため(環境省令として検討中)、事実上、犬や猫の過剰繁殖と闇の殺処分が、し放題なのです」


● 過剰繁殖で遺伝子疾患や 奇形の動物が生まれやすい理由

 ブリーダーにとってはペットショップに買いたたかれるため、動物を量産せざるを得ないという事情もあるのかもしれない。さらに、最も問題視すべきは、一部のブリーダーが、専門性の知識が乏しいために問題のある繁殖をしてしまっているという事実だ。

 「たとえば折れ耳のスコティッシュ・フォールドはかわいいと人気ですが、あの折れ耳は軟骨の形成異常(骨軟骨異形成症)によって生まれたものです。特に折れ耳同士の繁殖で産まれた子猫は、『骨瘤』という関節の病気が重症化しやすいため、絶対にしてはならない繁殖です。

 犬の場合でも、ペットショップなどで販売されているレトリーバー系の子犬の多くは、股関節の形成異常(股関節形成不全)があるといわれています。それを防ぐためには親犬の股関節のレントゲンを撮り、専門機関で見てもらい、問題のない犬同士の繁殖をする必要があります。本来、繁殖は注意深く行う必要がありますが、日本では専門性に乏しいブリーダーが多く、過剰繁殖や間違った繁殖を繰り返しています。当然、不幸な子犬や子猫がたくさん生まれてくることになります」

 例えるならこれは、薬学の知識を持たない薬剤師がでたらめに薬を配合しているようなもの。その結果、商品に“なれなかった”子犬や子猫たちが量産されては闇処分されてしまうのだ。

 問題の根底には、ブリーダーになるハードルの低さも関係している。

 「ブリーダーは、一昔前なら自己申告さえすればできる仕事でした。現在は必ず事業所ごとに動物取扱責任者(ブリーダーと兼ねている場合が多い)を置かなければならないのですが、その者はいくつかの要件をクリアする必要があります。そのひとつは、現場で半年間以上の実務経験が必要なのですが、実際には半年の勤務期間で月に1〜2日の出勤でも要件がクリアできたと聞いたことがあります。

 また、2カ月ぐらいの通信教育を受けて、認定資格を取得すれば簡単になれてしまいます。『命』を扱う職業である以上、しっかりとした知識と技術を兼ね備え、学ぶ中でその責任を心に刻まなくてはいけません。本来ならブリーダーを国家資格にすべきだと思います」

● 海外から見た日本は 「動物愛護の三流国」

 お上がその気になれば、ブリーダーを免許制の職業にする、あるいは飼育施設や繁殖回数に厳しい規制を設けるなどいくらでも対処法はあるように思えるが…。

 「動物愛護部会に参加している有識者の中には、ペット業界で影響力のある企業や団体の方々もいますので、時に何らかの圧力などが働いているのではないかと聞くこともあります。ブリーダーに厳しい規制がかかれば、業界全体が打撃を受けることになりますから、なかなか一筋縄ではいかないというところでしょう。

 残念ながら、動物愛護という観点では、日本は海外から“三流国”といわれています。実際に私も欧米のブリーダーから猫を譲ってもらおうと問い合わせをしたことがあるのですが、『意識が低い日本になんて絶対に譲りません』と断られました」

 いまこの瞬間も、新たな命が生まれては大量廃棄されている。そこに生命の尊厳はなく、ただ“物”として命が間引かれているのだ。

岡田光雄
posted by しっぽ@にゅうす at 09:20 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「盲導犬代わりのスーツケース」日本IBMなど5社が共同開発、22年めどに実用化目指す


Yahoo! JAPAN



日本IBMと清水建設など5社は6日、徒歩で移動する視覚障害者を先導するスーツケース型装置を共同開発していると発表した。6月には試作機による実証実験を予定する。白杖(はくじょう)や盲導犬に代わる存在として、2022年をめどに実用化を目指す。

 航空機内に持ち込める大きさで、対話型人工知能(AI)やカメラ、センサーを搭載する。利用者は持ち手をつかみ、声で行き先を告げると地図情報を基に最適なルートを検索し、人や障害物を避けながら利用者の速度に合わせて自動で進む仕組み。現在は試作機を製作している。

 自身も視覚障害者の、浅川智恵子IBMフェローが発案した。日本IBMがAIや制御システム、清水建設がロボット技術を提供。オムロンやアルプスアルパイン、三菱自動車も協力する。当面は商業施設や空港、美術館など屋内の利用を想定している。東京都内で記者会見した浅川氏は「より自由で安全な移動を実現したい」と述べた。

 将来的には、顔認証で前方から近づく知人を音声で知らせたり、行列があれば何の店かインターネットで調べて教えてくれたり多様な機能を持たせる。【石田宗久】
posted by しっぽ@にゅうす at 09:14 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

武漢に取り残されたペットたちを救え、移動制限で飼い主戻れず


Yahoo! JAPAN



新型コロナウイルスの感染が拡大する中国・武漢。
移動制限で飼い主が戻ってこれず、取り残されているペットたちがいる。

家に10日間閉じ込められ、お腹のすいたネコたちを救うため、動物愛護家の「老猫(ラオマオ)」さん(43)はアパートのさびたパイプをよじ登り、3階までたどり着いた。
ネコたちはなんとか生きていて、ソファの下などに隠れていた。
老猫さんが飼い主にビデオ通話をすると、飼い主らはネコたちを見て泣き崩れた。

飼い主らは当初、3日間の予定で北部へ旅行にでかけたが、感染拡大による移動制限で自宅に戻れなくなってしまった。
老猫さんがペットの救護活動をしているとソーシャルメディアで知り、ネコたちを助けてくれるようメッセージを送ったのだった。
posted by しっぽ@にゅうす at 03:27 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3年前に失踪した愛犬、「ビール缶」きっかけに再会

Yahoo! JAPAN



米アイオワ州のモニカ・マディスさんは長い間、失踪した愛犬を探していた。この話をハッピーエンドにしたのは、あるビールの缶だった。

マディスさんの愛犬ヘーゼルは2017年5月、自宅の庭から姿を消してしまった。

しかし最近になってマディスさんは、ソーシャルメディア上に見慣れた犬の顔を発見した。

それは、マディスさんの自宅から1600キロ以上離れたフロリダ州のあるブリュワリー(ビール醸造所)の写真だった。

「モーターワークス・ブリューイング」は地元の動物保護シェルターを助けるため、ビール缶に里親を探している犬の写真を掲載。これがインターネットで話題となっていた。

ヘーゼルはこのシェルターでデイデイと名付けられ、助けを必要としている犬として、缶に登場していたのだった。

ヘーゼルがどうやってアメリカを縦断したのかは明らかになっていないが、ヘーゼルは今月、無事にマディスさんと自宅に戻った。

■2100キロ離れた場所で発見

ゴールデン・レトリバーとテリア犬種を親に持つヘーゼルは、アイオワ州(IOWA)の自宅の庭にリードでつながれている間に逃げ出してしまい、マディスさんの必死の捜索にもかかわらず見つからなかった。マディスさんはその後ミネソタ州(MINNESOTA)セントポール(St.Paul)に引っ越さなくてはならず、ヘーゼルとの再会を諦めていた。

しかしヘーゼルはどういうことか、2100キロ南方のフロリダ州(FLORIDA)マナティー郡ブレイデントン(Bradenton)の町にたどり着いた。

地元紙タンパ・ベイ・タイムズによると、ヘーゼルを保護したシェルターはマイクロチップから飼い主を探し出そうとしたが、連絡先の情報が古く、連絡は取れなかったという。

■「私の犬です」

地元でビールを醸造している「モーターワークス・ブリューイング」はこの時、シェルターの保護犬に新しい飼い主を見つけるため、ビールの缶に犬の写真を掲載していた。

この缶はインターネットなどで話題となり、昼の人気テレビ番組「エレン・ディジェネレス・ショー」でも取り上げられた。

そうするうち、何千キロも先のミネソタ州にいるマディスさんのフェイスブックに突然、「ビール犬」の記事と写真が出てきたのだった。

マディスさんは1月24日に、ブリュワリーの投稿に「これは私の犬です」とメールを送った。

WWSBニュースの取材に対しマディスさんは、「誰かがヘーゼルをもらってしまわないかと心配で、すこし神経質になっていた。またヘーゼルを失うのが怖かった」と話している。

シェルターはマディスさんに、動物病院での記録や写真といった証拠を提出するように要請。そして全てがそろった数日後、シェルターはヘーゼルが家に戻ると発表した。

https://www.facebook.com/sheltermanatee/posts/800893750378696

モーターワークス・ブリューイングのマーケティング・ディレクターを務めるバリー・エルウォンガーさんは、「こんなに素敵な話は作れるものではない」と話した。また、ソーシャルメディアでこの話が広まっていくのを見るのは「すごいことだった」と述べた。

モーターワークス・ブリューイングはこれまでにも動物関係の慈善団体と協力してきたが、ビール缶がこれほどの影響力を持ち、家族の再会に寄与できたのは初めてだという。

(英語記事 How a beer can helped reunite a woman with her dog)

(c) BBC News

最終更新:2/6(木) 17:12
BBC News
posted by しっぽ@にゅうす at 02:19 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

当てはまるかも?犬に嫌われやすい人の特徴5つ

Yahoo! JAPAN



当てはまるかも?犬に嫌われやすい人の特徴

犬が大好きで触れ合いたいと思って近寄るのに、なぜか犬の方が逃げていってしまう…そんな経験はありませんか?「こんなに好きなのに…」何だか寂しくなってしまいますよね。もしかすると、犬に嫌われやすい人の特徴を持ってしまっているのが原因かもしれません。ここでは、犬に嫌われやすい人の特徴をご紹介します。

1.声のトーンが低い

まずは、声のトーンや声質が低い人を苦手とする傾向があります。よく「犬は男性よりも女性を好みやすい」という話がありますが、これは声の質や雰囲気が関係していることが多いです。

犬を叱る際、怒鳴ったりせずにいつもより低い声で「ダメ」と指示をする方が効果があると言われています。これは低い声を出すことで、警告などのネガティブな意味を伝えやすくなるからです。

そのため、声質が低かったり、声のトーンが低い状態で犬に声をかけたりしてしまうと、「怒ってる?」と警戒されることがあります。犬とふれあう際は、いつもより高めのトーンで声をかけてあげてくださいね。

2.動作に落ち着きがない

犬は突然の動きにびっくりしてしまい、警戒しやすい動物です。そのため、動作に落ち着きがない人も苦手意識を持たれやすいです。

犬の中には子供を苦手とする犬も多いですよね。子供だけに吠えるという犬の話も珍しくありません。これは子供が突然走り出したり、走りながら向かってきたりすることで、警戒心を強めてしまっていることも大きな要因です。

そのため、犬とふれあいたい場合は、なるべく落ち着いた動作を心掛けることが大切です。落ち着いた状態でゆっくり近づくことで、犬も安心してくれますよ。

3.大きな声を出す
突然の動きが苦手な犬は、大きな音も苦手です。なぜならば、犬の聴力は人間の聴力と比較できないほど優れていて、近くで大きな音を出されると人間以上に不快な思いをするからです。

犬が好きな人は、どうしても「可愛い〜!」と大きな声を出して近づきやすいですが、犬にとってはこの行為も不快であり、恐怖心を煽ってしまうのです。

先ほどもお話ししたように、犬とふれあう際は落ち着いた行動を心掛けることが大切です。ゆっくり近寄り、声量は抑えて話しかけるようにしてくださいね。

4.自分の上から触ろうとしてくる

犬を触る際、どうしても上から頭を撫でがちです。しかし、犬にとって知らない人に触られるだけでも少し緊張感のある状況。なお且つ、自分より大きな人間に頭の上から触られるというのは、高圧的に感じてしまうのです。

犬目線で考えてみると、自分よりも大きく知らない人が、頭を上から触ろうとしてくるのです。「もしかしたら、いじめられるのでは」「怖い思いをしたらどうしよう」と怖い気持ちが増幅してしまっても仕方がありません。

なるべく目線を同じ高さに合わせるようにしゃがみこみ、触る際はまず手の匂いを嗅がせて安心させてから、体の側面や顎の下などを撫でてあげてくださいね。

5.目をジッと見つめてくる
可愛い犬をよく見ようと近くに行き、正面からジッと犬を見つめてしまう人がいますが、これも犬にとってはNG行為です。

犬社会で相手の目をジッと見つめるという行為には、威嚇や警戒の意味があります。そのため、無意識の内に「それ以上こっちに来たら攻撃するぞ」「近寄るな」というメッセージを送っていることになってしまうのです。

初対面の犬には目を合わせようとせず、「こちらには敵意がありませんよ」という意味を込めて、目をそらしたり、犬の正面に向かって自分の体の側面を見せたりするような立ち位置をとるなど、犬の習性を理解した行動を試してみるのも効果的です。

まとめ

いかがでしたでしょうか。こちらが好意を持って行っていたことでも、実は犬にとって警戒心を強めるNG行為であることがよくあります。犬の習性をある程度理解しておくと、犬とふれあう際に嫌な思いをさせずに済むので、それらを踏まえてコミュニケーションをとってみてくださいね!
posted by しっぽ@にゅうす at 01:20 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする