動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年02月17日

どうなる猫30匹…多頭飼育崩壊で新たな飼い主見つからず

NHK



動物が増えすぎて適正に飼育できなくなってしまう多頭飼育崩壊が起きた部屋から救出された30匹以上の猫が、飼い主や保護する場所が見つからないため、東京 江戸川区のボランティアが自宅などで受け入れて飼い主を探す事態が続いています。

この猫は東京 江戸川区のアパートの1室で飼われていましたが、昨年11月、飼い主が家賃の滞納で強制執行を受けアパートを出ることになり、ボランティアが救出しました。

多頭飼育をめぐっては、昨年度、全国の自治体に寄せられた苦情が少なくともおよそ2000件にのぼっています。

しかし、自治体は環境を改善するよう飼い主に勧告できても、飼い主が動物の所有権を放棄しないかぎり、強制的に保護することは難しいのが現状で、さらに今回のようなケースでは、飼っている動物が裁判所の差し押さえの対象から外れてしまうことが多いということです。
救出された30匹以上の猫は地域のボランティアが倉庫を借りて世話をしながら、インターネットなどを通じて新しい飼い主を探していましたが、引き取り手が見つかったのは4匹で、倉庫の契約期限が過ぎたため、現在、ボランティアの3人が自宅で受け入れ飼い主を探す事態になっています。

20匹以上を保護している佐藤亜紀子さんは「多頭飼育崩壊で、飼い主が所有権を放棄しなかったり、強制執行が起きてしまったりした場合、誰が保護したり、そのあとの支援をしたりするのか制度が整っていない。民間だけではマンパワーも費用の面でも限界があり、行政には具体的な支援策を考えてもらいたい」と話しています。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:10 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

保護犬の殺処分問題解決のカギを握る「フォスター」とは

Yahoo! JAPAN



保護犬、保護猫の、アニマル・ウェルフェアに則った殺処分数ゼロを目指して、広く社会に働きかけているクリステル・ヴィ・アンサンブルの活動を紹介します。

保護犬の殺処分問題解決のカギを握る「フォスター」とは
フォスターの心得を学べる、ベーシックプログラム
フォスターの心得を学べる、ベーシックプログラム
写真は、フォスターを増やす活動「フォスターアカデミー」の、ベーシックプログラム(フォスター認定講座)の様子。このように保護犬とともに座学が進められることもあります。
活動スタート時、「フォスターアカデミー」の中のベーシックプログラム(フォスター認定講座)受講者は、1クラス5名ほどしかいないときもあったそうですが、今では認知度が上がり、20名ほどに増加。
プログラムの内容も、当初の内容から随時更新しているとのこと。

「フォスターはあくまで一時預かり。
新しい飼い主さんが見つかるまでの存在です。
つまりいつかは、預かっている犬と離れるときがくるんですね。
そのあたりの心得を含め、自宅で保護犬を預かるために必要な知識と最新情報を、全6回の講座で学んでもらいます」
と松原さん。

保護犬の殺処分問題解決のカギを握る「フォスター」とは
プログラムを通じて仲間と犬のことを語り合える
プログラムを通じて仲間と犬のことを語り合える
「フォスターアカデミー」のベーシックプログラムでは、現場体験も実施。写真はそのワンシーン。体験を通じ、受講者には各動物保護団体がそれぞれ異なった方針で活動していることも知ってもらうそうです。
全6回の講座中、最初2回の座学では、獣医師やしつけトレーナー、フォスターの先輩など、経験豊富な講師陣が体験を交えながらレクチャー。
これだけでも充分な内容ですが、さらに実際、動物保護団体へ出向いてボランティア活動を体験してもらう講座も設けているそうです。


「このプログラムに参加すれば、学べるだけでなく、同じ志をもった仲間ができます。
犬について、思っていることをあれこれと話せる仲間ができることは、受講された方にとって大きな糧となっているようです」
と堀江さん、松原さんは言います。

保護犬の殺処分問題解決のカギを握る「フォスター」とは
犬のことをもっと知るために、公開講座へ参加する方法も
犬のことをもっと知るために、公開講座へ参加する方法も
ベーシックプログラムで行われる現場体験では、写真のように保護犬のお世話を体験したり、団体運営の手伝いなども経験したりします。

さらに「フォスターアカデミー」では、セミナー(公開講座)も定期的に行っています。
すぐには先述のベーシックプログラムを受けられなかったり、一時預かりのボランティアができなかったりしても、何かしら活動に参加したい、サポートしたい、学びたいと思っている人たちが受講しているとのこと。

これまで35回開催し、のべ1500人もの人が受講したそうです。

保護犬の置かれている現状を広めることも“フォスター“
写真は「フォスターアカデミー」のベーシックプログラムを受講・修了した須田千津子さん。現在は、動物保護団体にて、譲渡会の手伝いや保護犬のお世話をしているとのこと。

そもそも財団では、犬を預かることだけがフォスターだとはとらえておらず、たとえばチャリティーグッズを作るボランティアも、保護犬の置かれている現状を広めることも、広義にフォスターとしてとらえています。
そのため、「フォスターアカデミー」内の一活動として、セミナーが開催されているのです。

もちろん、ベーシックプログラムやセミナーを受けなくても、動物保護団体などから保護犬を一時的に預かるボランティアはできるでしょう。
しかし犬を取り巻く環境を知り必要な知識を身につけてからフォスターを始めたほうが、よりアニマル・ウェルフェアに則ったボランティアができるに違いありません。

※各情報は2019年10月9日現在の情報です

出典/「いぬのきもち」2019年12月号『犬のために何ができるのだろうか』

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 07:09 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「添い寝犬」最高! 飼い主さんに寄り添いたいときの犬のホンネ

Yahoo! JAPAN



愛犬が添い寝してくれると、信頼されているような感じがして嬉しくなりますよね。でも、犬は添い寝してくれるとき、どのような気持ちなのでしょうか? 

そこで今回は、「飼い主さんに添い寝するときの犬の気持ち」について解説します。まずは、スマホアプリ「いぬ・ねこのきもち」に投稿されているキュートな「添い寝犬」たちのお写真をご覧ください♪

「添い寝犬」最高! 飼い主さんに寄り添いたいときの犬のホンネ
飼い主さんと添い寝する犬
大好きなパパさんと添い寝!
こちらのワンコは、大好きなパパさんにピタッと寄り添って添い寝しています。とっても幸せそうで、うっとりとした表情がたまらなく可愛いですね♪

「添い寝犬」最高! 飼い主さんに寄り添いたいときの犬のホンネ
飼い主さんと添い寝するポメラニアン
体調が優れない日に添い寝してくれる
普段は旦那さんとしか寝ないというこちらのワンコ。この日は、飼い主さんの体調が優れなかったようで、気遣って添い寝してくれたのだそう。ワンコの優しさにキュンとしてしまいますね♡

「添い寝犬」最高! 飼い主さんに寄り添いたいときの犬のホンネ
子どもと添い寝する犬
お子さんと添い寝♡
こちらのワンコは、お子さんにお尻をピタッとくっつけて添い寝♪ 飼い主さんは「添い寝のつもり!!」とコメントしていますが、これも立派な添い寝ですよね! 微笑ましい光景に、ほっこりしてしまいます。

「添い寝犬」最高! 飼い主さんに寄り添いたいときの犬のホンネ
ぬいぐるみと添い寝するカニーンヘン・ダックスフンド
飼い主さんに添い寝するときの犬の気持ちとは
どのワンコたちの添い寝もとっても可愛かったですよね! でも、犬はどうして飼い主さんに添い寝するのでしょうか? 

その理由として考えられるのは、「大好き」「そばにいたい」「暖かい」「ニオイを感じたい」「安心したい」など、犬が飼い主さんに親愛の気持ちをもっているからなのだそう。また、「飼い主さんに守ってもらいたい」という気持ちもあるみたいですね。

家族で飼っている場合は、1番懐いている人のところに行きたがるよう。もし見当たらないときは、2番目の人のところに行くことも。誰も見当たらないときには、大好きな人のニオイのする布団の上などで寝ることもあるようです。

犬同士で添い寝するときの気持ちは?
多頭飼いをしていると、犬同士で添い寝している光景を目にしたことがある方もいるでしょう。これは、犬はもともと群れで生活していたので、その名残で添い寝すると考えられています。

現代と違い、昔は野外で生活することが普通だったので、お互いに暖をとるため、また、外敵から身を守るために寄り添って休んでいたのです。


添い寝しやすい犬種はある?
添い寝しやすい犬種はあるのかどうか、気になる方もいると思いますが、特に犬種の違いは関係ないと考えられているそう。子犬でも成犬でも、いつでも飼い主さんに甘えたいという気持ちは同じなようです。

「添い寝犬」最高! 飼い主さんに寄り添いたいときの犬のホンネ
添い寝する柴犬
添い寝するときに注意すべきこと
愛犬が添い寝してくれると嬉しいですが、ベッドや布団などから、愛犬が落下しないように気をつける必要があります。また、飼い主さんの寝返りなどで、踏んでしまう…なんてことも起こり得ます。少しスペースを取ってあげていると、愛犬も自然に安全なほうに移動できるので安心です。

また子犬のうちは、完全に無防備に寝ていることもあるので、様子を見ながら少しずつ添い寝してみてくださいね!


参照/いぬのきもちWEB MAGAZINE『飼い主さんに寄り添って、犬同士くっついて。犬はなぜ添い寝するの? 』
※写真は「いぬ・ねこのきもちアプリ」で投稿されたものです。
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください。
文/雨宮カイ

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 07:07 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫が人の寝室に入りたがる理由3つ

Yahoo! JAPAN



1.飼い主さんを母猫のように思っているから

猫にとって飼い主さんは、母猫のような存在となっていることが多いです。ごはんを用意してくれる、トイレをきれいにしてくれる、甘えさせてくれるなど、いつも近くにいてほしいと思っています。

なので、飼い主さんが寝室に入ってしまうのは猫にとって寂しいことなんです。さらに飼い主さんがそばにいることで、敵に襲われることなく安心して眠ることができるというメリットもあります。

独立心の強い猫など、猫によっては飼い主さんとベタベタするのは好まない場合もあります。また、多頭飼育などでは飼い主さんを独り占めしたいという思いから、寝室に入って飼い主さんに甘えようとする猫もいます。

2.布団の寝心地が良いから

猫はやわらかい毛布や布団が好きですよね。寝室にある布団が猫にとって寝心地が良いと知ってしまった場合、寝室に入ろうとすることがあります。特に冬は飼い主さんの布団に潜り込んでくっついて寝た方があたたかいので、寝室に入ろうとするでしょう。

我が家の猫も、普段猫が出入りできない家族の部屋に侵入してベッドで寝ていたことがあります。自分の好みの布団に一人で寝られたのが気持ち良かったのか、その後も侵入しようとしていました。また、布団は飼い主さんのニオイがするため、猫が安心できるのも寝室に入ろうとする理由として挙げられます。

3.寝室への興味

寝室に猫を入れないようにしている場合、猫にとっては何がある部屋なのかとても気になります。夜になると飼い主さんが入り、朝になると出てくる、不思議な場所ですよね。猫は好奇心旺盛な生き物なので「入ってはいけないけど入りたい!」と、すきを狙って入ろうとすることもあるでしょう。

寝室の窓から見る景色が好きという理由で、寝室に入りたがる猫もいます。決まった時間に寝室の窓から外を見るというルーティーンがある猫もいるんですよ。

まとめ

今日のねこちゃんより:ごましお♀ / 黒ブチ / 3kg

飼い主さんの寝室に猫が入ろうとする姿、想像するととてもかわいらしいですよね。ですが、飼い主さんが猫アレルギーだったり、布団の上で猫がおしっこをしてしまったり、困ったこともあります。

なぜ猫が寝室に入ろうとするのか。それは、猫にとって飼い主さんは母猫のような存在で、いつもそばにいたいという思いから、一緒に寝室で寝たいと考えているようです。

また、寝室にある毛布や布団が好き、寝室が不思議な場所だから入ってみたいという理由も挙げられます。猫が寝室に入ろうとする理由から、甘えん坊な性格、好奇心旺盛な性格などが見えてきそうですね。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:05 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

子犬を殺害した男を逮捕、「暇つぶし」で木につるす 米

Yahoo! JAPAN



(CNN) 米テキサス州ヒダルゴ郡の警察は16日までに、子犬を樹木につるして殺したとして21歳の男を逮捕したと発表した。犯行を認め、「退屈しのぎ」にやったと供述した。

同州で重罪に当たる、家畜以外の動物への残虐行為の罪に問われている。容疑者はこの子犬を飼育してはいなかった。

ヒダルゴ郡の保安官事務所によると、犯行の模様をとらえたビデオ映像がフェイスブック上に流れたことから容疑者の住所を割り出し、逮捕した。

ビデオの存在は、不安を覚えた住民からの情報提供で知ったという。
posted by しっぽ@にゅうす at 07:02 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする