動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年03月04日

人と犬の幸せのため 多頭飼いを慎重に考えるべきこと

Yahoo! JAPAN



多頭飼いをはじめる前に、人と犬が幸せになれるかを慎重に考えた上で新たな犬を迎えましょう。前もってしっかり考えておくべきことを獣医師が解説します。

人と犬の幸せのため 多頭飼いを慎重に考えるべきこと
一緒にいると犬種は違っても雰囲気が似てくる?
犬に費やすお金と時間のゆとりがあるか
口のきけない犬の健康状態を日々観察することは簡単ではありません。健康を管理するのは1頭でも大変ですが、2頭目を迎えるとさらに観察力が必要です。 歯磨きやブラッシング、シャンプーなどのお手入れも頭数が増えるだけ大変になります。  

体調の悪い犬を動物病院に連れて行く際は、2頭同時の診察になったり、それぞれ別の日に通院することもあります。食費などの生活費や医療費も多くかかるので、時間と金銭面の余裕が必要です。

人と犬の幸せのため 多頭飼いを慎重に考えるべきこと
本当の兄弟のように仲良し
飼い主が毅然とした対応が取れるか
基本的に、犬同士の関係は、犬同士が自然に決めることなので、飼い主さんは無理に介入しないで見守ってください。

犬同士が決める、ということを尊重しないで暮らしているとどちらの犬にとってもストレスとなり、心身に影響が出るケースもあります。

最初はどうしても、新入り犬のお世話におわれ、構いがちになるので、先住犬を優先することを心がけてあげるとよいでしょう。

人と犬の幸せのため 多頭飼いを慎重に考えるべきこと
犬種は違ってもシンクロしちゃう犬達
先住犬のためではなく飼い主の責任で迎えることができるか
飼い主さんが「仲良し」を理想として「先住犬が寂しそう」「兄弟姉妹を作ってあげたい」という理由で2頭目を迎えると問題を抱えることもあるのでおすすめできません。

「先住犬のために」ではなく、ご自身とご縁のあるコを、先住犬との相性も考えながらご自身の責任で迎えてください。

家族になるには数ヶ月、年単位がかかることもあります。多頭飼いは、人間が焦らず犬達を見守る余裕を持つことも大切です。

監修:いぬのきもち獣医師相談室
文/maki
※写真は「いぬのきもちアプリ」で投稿いただいたものです
※記事と写真に関連性はありませんので予めご了承ください

いぬのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 08:42 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

香港で犬から新型コロナウイルスが検出? 飼い主が取るべき心得と行動を獣医師が解説

Yahoo! JAPAN



香港で、新型コロナウイルスに感染した飼い主の犬から新型コロナウイルスの弱い陽性反応が出たという発表がありました。

愛犬家のみなさんの心には、「日本の獣医師は新型コロナウイルスは犬や猫に感染しないというけれど、本当なの?」という不安が広がっています。

新型コロナウイルスについてもう一度、明らかになっている情報をもとに冷静に考えてみましょう。もし、人の新型コロナウイルスが犬に感染するとしたら、どんなことをすべきか、仮説も設定しました(本当のことは、まだわかっていません。時間の経過と共に、解明されます)。

【瀋陽=東慶一郎】中国で、犬や猫なども新型コロナウイルスに感染するとの見方が広がり、過剰反応した飼い主らのペット忌避につながる懸念が出ている。

 香港政府は28日、新型コロナウイルスに感染した住民の飼い犬1匹を検査したところ、口と鼻の検体から弱い陽性反応が出たと発表した。症状は出ていない。

出典:「犬や猫も感染」中国の飼い主ら、殺処分や捨てる例も
犬や猫は、満員電車に乗ったり、人混みに一頭では行ったりすることがありません。飼い主が、正しい知識を持っていると、犬や猫に新型コロナウイルスに感染させることはないのです。香港の漁農自然護理局では、以下のように発表しています。

 香港のAFCD(漁農自然護理局)によれば、陽性反応は、犬の鼻と口から検出された。ただ、犬に目立った症状はなく、「ペットが新型コロナウイルスに感染したり、人への感染源になったりする証拠はまだない」としている。

出典:香港で犬から新型コロナウイルス検出、獣医師の反応は?
つまり、いまの段階では、香港で新型コロナウイルスに感染した飼い主の犬が、1頭、陽性が出たけれど、まだ、本当に新型コロナウイルスに感染しているといえるのか、よくわかっていません。飼い主の飛沫が、被毛について舐めたのがそのまま検査に引っかかった可能性もあります。再度、重要なポイントを整理しましょう。

飼い主が「新型コロナウイルス」に感染しないよう気をつける
外に出る飼い主が、新型コロナウイルスを自宅に持って帰ってくる可能性があります。とにかく、飼い主が、新型コロナウイルスにかからないことです。手洗いをしっかりして、免疫力を高めるため、栄養のあるものを食べて、睡眠を取ることです。

飼い主が「新型コロナウイルス」に感染したら
もし、飼い主が新型コロナウイルスに感染したら、犬や猫に触るときは、マスクや手袋を着用することです。そして、ペットと一緒に食事をしない。1日に数回は、被毛をアルコールで消毒する。もし新型コロナウイルスにかかったら愛犬どうする? 獣医師がQ&Aで解説にも書いています。

犬を人混みに連れていかない
新型コロナウイルスの感染経路

・飛沫感染

・接触感染

です。それを考えると、新型コロナウイルスに感染した人と濃厚接触しないことですね。

・人が多いところで散歩しない。

・いまの時期は、ドッグランなどは、避ける。

・ドックショーなどのイベントは避ける。

などをしてもらうと、感染のリスクはかなりなくなりますね。

猫の場合
完全に室内飼いにして、外に出さない。家にいれば、飼い主が新型コロナウイルスにかかっていないと、猫が感染することは、ほぼないです。

いまの時期の犬や猫の世話
・犬の散歩も最低限にする。

・いまの時期、犬や猫を連れての外出は避ける。

・犬の場合は、散歩から帰ったら、被毛をアルコールで消毒する。犬や猫は、毛づくろいをするため、被毛にウイルスがつくと舐めて、体に入るので、このようにしてくださいね。

・排泄物のすみやかな処理(以前からあるコロナウイルスは、主な症状は下痢なので)

・犬や猫の服や敷物などの洗濯は、普段より清潔にして、コロナウイルスは、熱に弱いので乾燥機をかける。

・窓を開けるなどして、部屋の換気に気をつける。

飼い主の心得
新型コロナウイルスのペットへの影響について、詳細はまだ、わかっていません。時間がたつと、詳細は解明されると思います。仮に人から新型コロナウイルスにうつるとしても、感染経路を科学的に考えると、飼い主の取るべき行動が明確になりますね。

デマやネットの情報に惑わされることなく、冷静に考えましょう。中国では、感染拡大以降、犬や猫が飼い主に捨てられたり、殺処分されたりしたケースもあるそうですが、そんなことが起きませんように。

まとめ
飼い主にしてみれば、愛犬、愛猫が、新型コロナウイルスにかかったらと不安かもしれません。以前からあるコロナウイルスの治療法を獣医師は持っていますが、新型コロナウイルスについては、よくわかっていません。感染経路さえ遮断すれば、飼い犬、飼い猫がかかる確率は、低くなります。彼らは、学校や職場に行かなくてもいいので、その点は、新型コロナウイルスの感染を防ぐことには、よい点ですね。科学的な思考を持てば、どのように行動すればいいか、明白ですね。

参考のサイト

香港でのPCR検査で、低いレベルの新型コロナウイルスが犬から検出された報道について(東京都獣医師会)
posted by しっぽ@にゅうす at 08:40 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「『噛まないから大丈夫』じゃないだろ!どんなに吠えても躾をしない、飼い犬に甘すぎる老夫婦」(東京都・40代男性)

Yahoo! JAPAN



近所に住む夫婦の飼う犬が、通行人に吠えまくる...。今回紹介するのは、東京都在住のUさん(40代男性)の投稿。ペットに罪はないだろうが、とにかく「飼い主」がトラブルメーカーだという。

いったい、どんな飼い主なのか。

それは、犬に吠えられ、飛び掛かられそうになったUさんに対し、飼い主が放った言葉にあらわれている。

「静かにしてれば吠えない」

そんな嫌味を言わず、素直に謝ればいいものを...。さっそくだが、Uさんが寄せた体験談を見ていただきたい。


「居住者や来訪者が静かにしてれば吠えない」
自分勝手で非常識な70代後半の夫婦に迷惑しています。

住んでいる地区は住宅密集地でもあり、コの字型私道になります、その中の一軒が犬を飼っています。犬は室内飼いの雑種中型です。

この犬は、郵便配達や宅配便、工事関係者の人が私道に入ると室内から吠えまくります。私も2度ほど吠えまくられ、飛び掛かられそうになりました。

しかし飼い主は薄笑いしながら

「噛みつかないから大丈夫」

と言っているだけでした。リードがついていなかったので不安でした。飼い主は、

「居住者や来訪者が静かにしてれば吠えない」

と言い出す始末です。飼い主が躾をしないので、犬は吠えるのを止めません。

110番通報も多々あります、ですが警察官が帰るまで吠えっぱなしです。

警察や保健所等に相談し、飼い主に注意を促してもらいましたが、本人は知らんぷりです...。

町内の人が直接指導しましたが、それでも聞く耳を持たないようで...。この飼い主には近所の皆さんもあきれ顔で気持ち悪がっています。

元々うす気味の悪い人で、ラジオ体操等の子供が集まると自分は体操をせず、にやにやしながら子供たちを見ています。当方も何度か目撃しました。怖いです。目を合わせないようにしています。子供達に何もないことを祈ります。

あなたの「ご近所トラブル」投稿、募集します

Jタウンネットでは、あなたや周囲の人が遭遇した「ご近所トラブル」体験談を募集しています。

メール(toko@j-town.net)もしくは

公式ツイッターのダイレクトメッセージ
で、具体的なエピソード(500文字〜)、あなたの住んでいる都道府県、年齢(20代、30代など大まかで結構です)、性別、職業を明記してお送りください。秘密は厳守いたします。

(※なお本コラムでは、プライバシー配慮などのため、いただいた体験談の一部を改変している場合があります。あらかじめご了承ください)
posted by しっぽ@にゅうす at 03:58 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

戸塚の車窓から…ヤギ?のなぜ 「命の尊さ知って」 きっかけは5年前の事件 横浜

Yahoo! JAPAN



◆ファン集い交流架け橋に

 JR戸塚駅(横浜市戸塚区)の線路脇で、2頭のヤギが暮らしているのをご存じだろうか。ともにメスで3歳の「命(めい)」と2歳の「結(ゆい)」。地元で起きた事件をきっかけに2年ほど前、駅前で喫茶店を営む片山大蔵さん(51)が「子どもたちに命の大切さを知ってほしい」と飼い始めた。そのかわいらしい姿が人々を引きつけ、今では子どもから大人まで多くの“ファン”が飼育小屋に足を運ぶ。「生き物に触れることで命の尊さを知り、あのような事件が2度と起きないでほしい」。片山さんの願いは実を結びつつある。

【動画・写真】意外に速い? ヤギ散歩

 小屋は同駅下りホームの目と鼻の先。線路を挟んで金網越しに、真っ白な毛に覆われた2頭の姿がちらちら見える。知人から譲り受け、福島からやってきた。

 片山さんには忘れられない事件がある。5年ほど前、地元の15歳の男子高校生が母親と祖母を殺害した。「まさか戸塚で」と衝撃を受けつつ、「親戚や近所との付き合いが希薄になり、子どもたちが葬儀に参列する機会は減っているはず。ペットも飼っていなければ『死』を身近に感じることがないのでは」と考え、多くの人が行き交う駅前でヤギの飼育を決断した。

 なぜヤギなのか。片山さんは「都内の団地で除草にヤギを活用しているというニュースを見て、街中でも飼えるんだと興味を持った。順応性が高く、臭くもないようなので大丈夫かなと思った」と説明する。すくすくと成長し、今では体重が飼育当初の3倍近くまで増え、約80キロに達するという。

◆「ヤギとともに笑顔も広がっていけば」

 世話は午前と夕方の1日2回。喫茶店経営の合間に小屋を掃除し、近くを流れる柏尾川沿いの土手を散歩する。「ヤギだ」「飼ってるんですか」と道行く人から声を掛けられ続け、小屋の前では餌の野菜を片手に、知らない人同士が言葉を交わすのが日常風景だ。エフエム戸塚のパーソナリティーを務め、イベントを主催するなど、地域活性化に取り組む片山さんは「コミュニケーションを生み出すヤギはすごい。一つの『まちづくり』につながっている」と胸を張る。

 近い将来の目標は「赤ちゃんヤギ」の誕生。「かわいいし、たくさん増えればほしいと言う人にあげるのもいいよね。それでヤギとともに笑顔も広がっていけば最高だ」と、自ら破顔した。

神奈川新聞社
posted by しっぽ@にゅうす at 02:00 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

余命1年のはずが4年近くに…「老いる姿、愛おしい」介護の喜びを教えてくれた16歳の元保護犬・ペピちゃん

Yahoo! JAPAN


愛犬家の松尾さんは今、「シニアのかわいさにハマっている」と言います。傍らにいるペピちゃんは推定16歳。元保護犬で、松尾さんが通っていた『大阪ペピイ動物看護専門学校』の飼育犬でした。飼育犬とはさまざまな実習のパートナーになってくれる犬のことで、採血の方法やカルテの書き方など、この飼育犬を通じて学んでいきます。ペピイでは“期”ごとに犬や猫が一緒に入学して、卒業時に引き取られることが多いのだとか。松尾さんは入学当初からペピちゃんを引き取りたいと思っていたそうです。

【写真】引き取られる前…専門学校の実習犬でした

「ひとめぼれでしたね(笑)。真っ黒な顔がかわいくて。休み時間に会いに行ったり、休日の飼育当番も積極的にやっていました。ペピも私に一番なついてくれていましたし、同級生はみんな、ペピを引き取るのは私だと思っていたと思います」(松尾さん)

 そんなペピちゃんに最初に病気が見つかったのは2016年夏。一緒に暮らし始めて10年目のことでした。病名は慢性腎不全。

「犬の場合、腎不全の症状が出てからの余命は諸説ありますが、大体1年くらいと言われています。ペピは早期発見できたからよかったんだと思います」(松尾さん)

 ペピちゃんには特に症状があったわけではなく、定期的に行っていた検査で数値の異常に気付けたのだと言います。

「若いときは1年に1回、8歳を過ぎてからは半年に1回のペースで血液検査、尿検査、レントゲン、気になることがあれば超音波検査もしています。ペピの場合、腎臓に何かありそうな数値が出たので、より早期の腎臓病を発見できる数値を調べられるSDMAという検査を、専門の検査機関に依頼して行ったんです」(松尾さん)

 さすがは元動物看護士。健康診断をマメに行っていたことが早期発見につながったわけです。ただ、慢性腎不全を治す薬はなく、悪化するスピードを緩やかにするしかありません。ペピちゃんの場合はフードを療法食に替え、水を一日1〜1.2リットルと多めに飲めるように、回数を分けて与えたり、缶詰のウェットフードを混ぜたり、オヤツを浮かべたり…さまざまな工夫をしています。

 こうして腎臓病と上手に付き合ってきたペピちゃんですが、18年夏に今度は悪性リンパ腫が見つかりました。アゴの下の腫れに気付いた松尾さんが病院へ連れて行き、リンパ節と脾臓の細胞診を行ったところ「リンパ腫の疑いあり」。次に確定診断をするため脾臓の生検を行い、全身に広がっている可能性があるリンパ腫だと分かりました。松尾さんは「抗がん剤治療をしても1年持たないかもしれない」と覚悟したそうです。

「でも、やれるだけのことはやろうと思って、抗がん剤治療を始めました。副作用で毛が抜けてスカスカになったり、強い抗がん剤を使ったときには3日くらい寝たきりになったり。あのとき、後ろ足が一気に弱った気がします。それでも少しずつ腫れが小さくなって、効果を感じられていたのですが、予定していた半年の投与が終わる前に再発してしまって…」(松尾さん)

 飼い主にとってはつらい現実です。見えかけた光が遮られたのですから。でも、ペピちゃんは頑張りました。薬の種類を替えるなどした結果、19年春の検査ではリンパ節に腫れは認められず、経過観察することに。まずはひと安心でしたが、松尾さんには新たな悩みが出てきました。

「次に再発したら治療するかどうか。病院に勤めているときは、少しでも可能性があるのならできることをやりましょうという考えでした。でも飼い主としては…。緩和治療にするかもしれません」(松尾さん)

 そして20年2月、恐れていたことが起こりました。ペピちゃんの肺に腫瘍が見つかったのです。リンパ腫が転移したのかなど、詳しいことは肺の腫瘍の細胞診をするか、外科切除するなどして調べなければ分かりません。でも、もう16歳。リスクが高いため、松尾さんは対症療法の道を選択しました。

 幸い、今回は軽度の肺炎で済んだため、今は落ち着いているそうですが、年齢的にさまざまな場面での“介護”が必要になってきています。大変なのでは?と想像しましたが、松尾さんからは意外な答えが返ってきました。

「お世話させてくれてありがとう!という気持ちです。リンパ腫が見つかって、1年持たないかもしれないと思っていたので、老いていく姿を見られるのがうれしいんです。耳が遠くなって、目もだんだん見えなくなって、オスワリもできなくなって…。そんなペピを見られると思っていなかったので。夜鳴きや徘徊がないから言えるのかもしれませんが、一日に何度かお尻を洗わなければいけないのも、お水を飲んだあとポタポタ垂らしているのを拭くのも、階段を上がるときお尻を支えてサポートしてあげるのも、全部楽しいです!」(松尾さん)

 松尾さん自身、「こんな風に思えるとは想像していなかった」と言いますが、その言葉と表情からは、ペピおばあちゃんが愛おしくてたまらないことが伝わってきました。

「最初から大好きだったけど、年々好きが止まらなくなっていて、こんなことってあるんだなと。愛しさがあふれ出しています(笑)」
posted by しっぽ@にゅうす at 01:40 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする