動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年03月11日

弱肉強食 残酷な自然界。カラスに頭を食べられた子猫が病院に運び込まれて…

Yahoo! JAPAN



カラスは、田畑などに子猫がいるとその嗅いからわかります。そして、襲いかかることもあるのです。

愛猫家からすれば、なんともかわいそうで怖い話ですね。

3月からは子猫が生まれるシーズンです。自然界は、弱肉強食なのでカラスも生きるためにやっているのですが…。野良猫を作ったのは人間ですし、こういう悲劇が起きないように、実話を元に解説をします。

カラスは子猫を襲う
一般の方には、ちょっと引かれてしまう話かもしれません。

ただ、本当に、診察室で起こっています。

「何か、目がおかしいです。閉じているし」と言って不安気に子猫が運び込まれました。

筆者が、目を覗き込むと眼球のひとつが、摘出されていました「目、ひとつないです」と私がさらりと答えると飼い主は、びっくりされました。跡形もなくひとつ眼球だけなくなっていました。こういう場合は、カラスに目を食べられていることが多いです。

カラスは、猫の以下の部分を食べます。

・眼球

・舌

・脳

などです。

臨床現場で多い例は、眼球だけを食べられて、人間に保護されて病院にやってくるケースです。治療方法としては、化膿しないように処置しますが、眼球そのものを入れることができないので、その後は一生涯、目ヤニの多い状態になります。ただ、室内飼いにしてもらうと、みなさんが思われているより元気で、長生きします。

脳を食べられた天使ちゃん 実話
今回、紹介するのは、脳を食べられた天使ちゃんです。

生後2カ月ぐらいの409gの子猫で、頭に包帯をグルグル巻きにした状態で、私たちの動物病院にやってきました。5月の末のできごとでした。

天使ちゃんは、田んぼに1頭でいて、カラスに狙われたそうです。天使ちゃんの発見者は、やけに田んぼにカラスが多いので、おかしいなと思って探したら、衰弱した子猫がいました。ぐったりしていて、頭の骨がおかしかったそうです。

発見者が、近くの動物病院に運んで処置をしてもらったところ、一命はとりとめたのですが、毎日、しっかり天使ちゃんを世話できませんでした。ということで、自宅にいることが多い松本さん(仮名)のところに預けられ、そこで私たちの病院にやってきました。

私は長いこと臨床をしていますが、脳を食べられて、命を取り止めたのは、この子だけです。

始めは、下痢だけだったのですが、数日したら、ケイレンを起こしました。

頭蓋骨の部分の化膿は、抗生剤や栄養剤などの治療が効いて止まり、頭蓋骨の陥没もふさがりました。なんとか見ためは、痛々しくない子猫になりました。

脳を食べられた天使ちゃん脳専門病院へ
6月になっても、ケイレンが起こるので、脳を専門に診ている動物病院に連れて行き、これからの治療方針を検討することになりました。天使ちゃんは、数日入院して画像診断なども受けるので、多額の治療費が必要になりました。

松本さんは、SNSで天使ちゃんの様子をアップしていたので、そこから寄付が集まりました。結果、この高額の治療費を払うことができました(SNSの善意でこのようなことが、広がるとうのはいい時代ですね)。

診断の結果

・頭頂骨の骨と脳実質も一部欠損

・脳実質と頚部頸髄にも炎症

・液体貯蔵が認められて、圧迫している。

脳の専門の動物病院では、脳圧を下げる治療をやってもらいましたが、いつ何かがあってもおかしくないと、いわれて帰ってきました。

現在の天使ちゃん
体に麻痺が残っているので、歩くことはできません。

食事は、飼い主が口に持っていけば、食べられます。排泄は、自分できます。もちろん、ケイレンを止める薬やステロイド剤などは服用しています。あれから2年半の歳月が流れています。体重も4キロになり、私たちの来た当時の10倍になりました。松本家のみなさんの愛情に支えられて、生きています。

カラスに襲われないために
もちろん、野良猫がいなくなると、このようなカラスに狙われる子猫はいなくなるのでしょう。

現実問題として、野良猫はいるわけで、外で子猫を産む落とすこともあります。天使ちゃんの場合は、田んぼに異様に多くのカラスがいたので、発見されたそうです。

・いつもカラスがいない公園に複数のカラスがいる。

・田畑に複数のカラスがいる。

以上の場合は、子猫がいてカラスに襲われているかもしれません。そのときは、カラスを追っ払って、子猫を保護してあげてくださいね。

まとめ
自然界は、弱肉強食でまだすばやく逃げることのできない子猫は、カラスやイタチに狙われます。

カラスやイタチは、生きるために命がけでやっています。そのことは、理解していますが、やはり愛猫家にとっては、子猫を守りたいですよね。目玉のない猫や舌を噛みちぎられた猫を見ると、心が痛みます。人間が作った野良猫がいなくなれば、この悲劇もなくなると思っています。猫の避妊・去勢手術をして、完全室内飼いにしてほしいものです。子猫が生まれるシーズンが来ました。カラスと猫の関係を理解してもらえるとありがたいです。


posted by しっぽ@にゅうす at 05:39 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

目鼻がつらい季節…「花粉症」は犬や猫もかかる? 診察目安は予防策は?

Yahoo! JAPAN



「花粉症」の人にとってはつらい季節になりましたが、私たちの身近なペット、犬や猫も花粉症になるのでしょうか。なるとしたら、人間との違いはあるのでしょうか。獣医師の増田国充さんに聞きました。

皮膚や目のかゆみ、くしゃみも
Q.犬も花粉症になるのでしょうか。

増田さん「人間の花粉症はスギ、ヒノキが原因で生じる、くしゃみや鼻水を主症状とするアレルギー疾患です。これらの花粉が飛散する2月中旬ごろから症状が現れます。

犬も春先になると、スギ、ヒノキといった花粉に対するアレルギー症状が出る場合があります。症状は主に皮膚のかゆみですが、それ以外に、目のかゆみやくしゃみといったいわゆる人間の花粉症と似た症状が出る場合があります。

症状の発現は、アレルゲンとなる花粉に接触することで生じます。そのため、散歩で外出した際や花粉を屋内に持ち込んだときに花粉に触れ、アレルギー症状が出る可能性があります」

Q.獣医師の診療を受けた方がよい目安は。

増田さん「何か症状が現れているようであれば、まず獣医師の診察を受けましょう。花粉の飛散は季節によって異なります。春に皮膚のかゆみや目の症状が生じる場合、スギ花粉による影響を選択肢の一つとして考慮しますが、他の原因が関係しているかもしれません。原因を細かく探るために、アレルギー検査をはじめ、患部を細かくチェックします。

治療はアレルギー症状に対し、かゆみを抑える治療、ヒスタミンを抑える薬や、症状が重い場合はステロイドを使用することがあります。一般に、目鼻よりも皮膚のかゆみが強く出る傾向にありますので、シャンプーや保湿といったスキンケアも治療の一環として行います」

Q.予防策を教えてください。

増田さん「花粉に対するアレルギーがあれば、その原因に触れないことが予防となります。散歩などで花粉が皮膚や毛に付着するので、帰宅した際にブラッシングをしたり、ウエットタオルなどを使ったりして、花粉をしっかり取り除くようにするとよいでしょう。

花粉によるアレルギーで目や鼻、皮膚にかゆみを伴っているときは、症状の改善を行うために飲み薬や目薬などを使用します。また、花粉に対するアレルギー以外にアレルギーを持っている場合もあるので、食事療法も並行して行うことがあります」

Q.花粉症の時期、散歩は避けた方がよいのでしょうか。

増田さん「花粉に対し明らかにアレルギーがある場合は、散歩で何らかの対策を検討した方がよいかもしれません。難しいのは、犬は散歩すること自体が日課でもあり、運動でもあり、ストレス発散の場としても重要な役割を果たしているという点です。そのため、完全に散歩をやめてしまうことがベストとは限りません。

症状の程度や生活環境などを考慮して、主治医の先生に相談してみましょう」

猫も花粉症になる?
Q.次に、猫についてお聞きします。猫も花粉症になるのでしょうか。

増田さん「結論から申し上げると、花粉症になることがあります。人間のように、スギやヒノキといった原因を特定することは難しいのですが、2月後半から、皮膚をかゆがる様子が見られたり、人間の症状と似た、くしゃみや鼻水が増える様子が見られたりしたら、スギやヒノキの花粉によるアレルギーの可能性を考えます。原因の花粉は必ずしもこれらだけとは限りません」

Q.獣医師の診療を受けた方がよい目安は。

増田さん「皮膚をかゆがる様子や、くしゃみや鼻水が増える症状がみられた場合、獣医師の診察を受けましょう。最近では、猫のアレルギーを検査できるようになったため、原因を絞り込みやすくなりました。症状や病変の部位、発症時期などを含めて全般的に診断していきます。

アレルギーと診断された場合は、症状の緩和を目的として薬を使用します。抗ヒスタミン剤やステロイド剤を用いることが多いです」

Q.予防策を教えてください。

増田さん「人間の花粉症対策と同様と考えてよいです。できるだけ花粉を家庭内に持ち込まないことが予防となります」

Q.犬と猫それぞれについて、花粉症になりやすい体質、あるいは種類があれば教えてください。

増田さん「犬の場合、皮膚トラブルが出やすい犬種で花粉によるアレルギーが発生する傾向が高い印象があります。例えば、柴犬やシーズー、ウエストハイランド・ホワイトテリアなどです。犬アトピー性皮膚炎をはじめとするアレルギーがある場合は、より注意が必要です。

猫の花粉症に関しては、解明されていない部分が多いのが現状です。従って、特定の品種で発症しやすいとか、他のアレルギーとの相関について、はっきりと断定できていない部分があります」

Q.犬や猫の花粉症は、よくあるものなのでしょうか。

増田さん「日本人の3人に1人は花粉症といわれますが、犬や猫はこの割合ほど高くないと推察されます。とはいえ決して珍しいものではなく、あくまで個人的な感覚ですが、増加傾向にあるように感じます。悩みの種は尽きませんが、すでに花粉に対しアレルギーがある犬や猫にとっては、上手に付き合って症状を悪化させないよう工夫しながら、乗り切りましょう」

オトナンサー編集部

posted by しっぽ@にゅうす at 04:28 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

猫の尻に長さ30センチの「ボーガンの矢」 切断死骸事件も3件、滋賀県警が関連捜査 

Yahoo! JAPAN


9日正午ごろ、滋賀県甲賀市水口町の民家の敷地内にボーガンの矢とみられるものが刺さった猫がいるのを、この家に住む無職の女性(47)が発見し、県警甲賀署に届け出た。猫は女性に保護された後、動物病院に運ばれ、命に別条はないとみられる。同署は何者かが狙って矢を撃ったとみて、動物愛護法違反容疑で捜査を進める。

【イケメン過ぎるゴリラ】シャバーニを写真特集で

 同署によると、矢のようなものは猫の尻の部分に1本刺さっており、長さは30センチ程度。猫の鳴き声に気付いた女性が、民家の玄関付近で見付けた。猫は大人とみられ、女性の飼い猫ではなかった。

 県内では2、3月に彦根市や甲良町で切断された猫の死骸が見つかる事件が3件あり、同署は関連を調べる。【菅健吾】
posted by しっぽ@にゅうす at 03:46 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬が『飼い主と一緒にいたくない時』にする仕草や行動4つ

Yahoo! JAPAN



普段は甘えんぼうな犬や、飼い主さんが大好きな犬でも、時々「1人きりでのんびりしたいなぁ〜」「静かに休みたいなぁ〜」と思うことはあります。

また、飼い主に叱られてしまったとき、あるいは拗ねているときなどは、「今は飼い主さんと一緒にいたくない」と感じていることもあります。

このようなときは、飼い主が愛犬の気持ちを察し、そっと遠くから様子を見てあげることが大切です。このタイミングで無理にかまったり、追いかけ回したりしてしまうと、ストレスになるからです。

犬が『飼い主と一緒にいたくないとき』にする仕草や行動

では、犬が様々な理由で「今は飼い主と一緒にいたくない」「1人になりたい」と思っているとき、どのような仕草や行動を見せるのでしょうか。下記で取り上げている行動や仕草が見られたら、愛犬が自ら近寄ってくるまで、そっとしておいてあげましょう。

1.自ら離れた場所に移動

いつもは自ら近寄ってくる愛犬が、わざわざ自分で飼い主から離れた場所に移動しているときは、「今は1人になりたい気分」という心理が働いています。飼い主さんと同じ空間にいたい気持ちはあるけれど、少し離れてゆっくり静かに休みたいと思っているのでしょう。

また、叱られた後であれば、「今は飼い主さんから離れて、気持ちを落ち着かせよう」「ちょっと怖いかも…」などと感じていることもあります。愛犬の気が済むまで、そっとしておいてあげてください。

2.呼びかけても寄ってこない
いつもならば「○○」と名前を呼べば、パット振り返ってこちらに近付いてくる愛犬が、今日は近寄ってこない、あるいはノロノロと気乗りしない様子で近付いてくる…ということはありませんか?

これも「今は飼い主さんと一緒にいたくないんだよなぁ」「しょうがないから行こう」という気持ちの表れです。何となく寂しい気もしますが、犬も生き物ですので、このように感じることはあるのです。普段は名前を呼べば近寄ってくる場合、信頼関係はしっかり築けていますので、問題はありません。愛犬の気持ちを察し、しばらく遠くから様子を見ていてあげましょう。

3.ケージやハウスの中から出てこない

ケージやハウスの扉を開けても、なかなか出てきてくれないということはありませんか?散歩が嫌いな犬であれば、「散歩に行きたくない」という意思表示かもしれませんが、そうでなければ、単純にそこでゆっくりしていたいのでしょう。

「今はわざわざ飼い主さんの所へ行く気分じゃない」「ここでのんびりしている方が良い」と思っているのであれば、そっとしておいてあげましょう。扉を開けておけば、構ってほしいときに自分から近寄ってきてくれますよ。

4.目を反らす
「○○、一緒に遊ぼう?」と近付いて声をかけても、ふいっと顔を背けて拒否するようなしぐさを見せることはありませんか?これも「今は1人でいたいの」「放っておいて」というサインです。

また、叱られたり、構ってアピールを散々無視されたりしたときは、拗ねていることもあります。このようなときは、やはりしばらくそっとしておくのが正解です。しばらく経つと、自分から近寄ってきたり、飼い主が声をかけると何事もなかったかのように近付いてきたりすることがありますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。甘えんぼうで、いつもは喜んで近寄ってくる愛犬でも、時にはのんびり静かに過ごしたいと思う時間があります。そんなときはその気持ちを察し、しばらくゆっくり休ませてあげてくださいね。
posted by しっぽ@にゅうす at 02:07 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

犬が人に対して『好き嫌い』をする理由4つ

Yahoo! JAPAN



犬は“自分の気持ちを理解してくれる人が好き♡”

よくある例をあげてみましょう。ほとんどのお世話を担当しているお母さん。たまに遊んでくれるだけのお父さん。犬が好きなのは、どっち?
なぜか、たまに遊んでくれるだけのお父さんの方が好き、というワンちゃんがいますよね。

撫でてと言われればお腹を撫で、抱っこしてと言われれば抱っこをし、背中をかいてと言われれば背中をかき、こんなに愛情を持ってお世話をしているのに…私が呼んでも来てくれない…と嘆くお母さん。

なぜ、この犬は、お母さんとお父さんとで好き嫌いをするのでしょう。それは、お母さんよりもお父さんの方が自分の気持ちを理解してくれているからです。

1.犬の気持ちを尊重できる人が好かれる
犬は生き物です。飼い主さんの思い通りになんてなりません。飼い主さんがひどく疲れているときに、構って!としつこく甘えてくることもあります。体調が悪くて寝込んでいるとき、お散歩に行こう!と吠えて騒ぐこともあります。愛犬からあまり好かれない人は、愛犬が自分の思い通りにならないとき、感情的に叱ってしまったり、イライラして追い払ってしまったり、心のどこかで“思い通りにしたい”と考えている人です。

一方で、愛犬から好かれる人は、愛犬の気持ちをよく理解しようとし、尊重できる人です。ひどく疲れていても、体調が悪くて寝込んでいても、遊んでとせがまれれば遊び、お散歩に行こうとせがまれれば行きます。愛犬を格下の者として扱うのではなく、“対等な関係でいよう”と考えている人です。

2.甘やかしとは全く違うということ
犬のワガママを何でもかんでも聞いてあげることは過剰な甘やかしですが、犬の気持ちを理解し、尊重し行動することは、甘やかしとは全く違います。「思いやり」という言葉がぴったり当てはまるのではないでしょうか。

3.お世話を義務化しない人が好かれる

愛犬のお世話をどんな気持ちで行っているでしょうか。冒頭でよくある例をご紹介しましたね。ほとんどのお世話を行っているお母さんは、部屋が抜け毛で汚れてしまわないよう、こまめにブラッシングをしています。ブラッシングだけではなく、お散歩の後の手足を洗ってあげたり、排泄の後のお尻周りを洗ってあげたりすることもします。

犬が汚れてしまうと部屋も汚れてしまいますし、ニオイも気になりますし、シャンプーの回数も増やさなければならないかもしれません。

一方、愛犬に好かれているお父さんはどうでしょう。ブラッシングを愛犬とのスキンシップやコミュニケーションだと考えています。どのようにブラッシングしてあげると愛犬が喜んでくれるのか、よく理解しています。部屋が汚れないように、犬臭くならないようになど、お母さんのように愛犬のお世話を義務化していないんです。

お世話が義務化するかしないかも、犬の好き嫌いに関係してきます。義務化してしまうと、どうしても“面倒だな…”と心のどこかで感じてしまうときがありますよね。

4.「従わせる」と「信頼される」の違い
自分に従わせようとする人を犬は嫌います。おやつを使って従わせようとする人もいますが、それは、おやつが欲しいだけです。一時的に従ったように感じられるだけです。犬は信頼できる人には自然と従います。おやつがなくたって、従います。その人のことが大好きだからです。

「私の方が良くしてあげているのに!」と、犬を上手くコントロールすることができないことに腹を立ててしまうような人が、犬と良い関係性を築けるはずがない、ということは理解できますよね?従わせようとすると、どうしても犬に不安や恐怖や緊張を与えてしまうからです。従わせようとする人にも従いますが、それは、不安や恐怖から逃れるためでしかありません。

まとめ

犬が人に対して『好き嫌い』をする理由について、

✔犬の気持ちを尊重できる人が好かれる
✔甘やかしとは全く違うということ
✔お世話を義務化しない人が好かれる
✔「従わせる」と「信頼される」の違い

この4つをテーマに解説しましたが、ご理解いただけたでしょうか。

犬は人間が思うほど、上下関係を重んじていません。むしろ、理解していないかもしれません。自分より上だとか下だとか、そんな概念もないかもしれません。ただ、「自分の気持ちを理解してくれる人が好き」という気持ちは、犬にも人間にも共通している感情なのではないでしょうか。
posted by しっぽ@にゅうす at 01:14 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。