動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2020年03月19日

野良猫はなぜ子捨て・育児放棄をするのか… ついに「おかぁさん」は家猫になった

Yahoo! JAPAN



春先になると、カルガモの親子が引っ越しをするシーンがニュースなどで流れます。親鳥のうしろを何匹もの雛鳥がヨチヨチと歩く可愛らしい姿です。自然界では、このように子育ては子どもに対して平等に行われていると思いたいですね。しかし、残念ながら野良の母猫は子捨てをするのです。

なぜ、野良の母猫は子捨て・育児放棄をするのか?
外で暮らす野良猫の環境

野良猫は、人が作りだしたものですが、現実に多くの猫が、自然界で生活しています。そして、外で暮らすということはとても過酷なのです。

・いくら春になったからといっても朝晩、寒暖の差があります。

・夏は暑いし、冬は寒い。

・雨が降ることもある。

・室内飼いの猫のように、フカフカの敷物など用意されていない。

・食事も食べたいときにありつけるとは限りません。空腹のときももちろんあります。

そんな中で妊娠して出産するのです。子育てはもっと過酷になります。何匹も産みますから。

なぜ、一度の出産で数匹産むのか?
犬や猫は、一度の出産で数匹産みますが、それには訳があります。

・産んだ子猫が均等に大きくなればいいのですが、やはりお乳の吸いの悪い子も出てきます。

・寒さに弱い子もいる。

・雨に弱い子もいる。

・生まれつき免疫力の弱い子もいる。

そのため、多産でないと、種を残せないという理由で、環境に適応するためです(魚なども上手く育たたないので、多くの卵を産みます)。

猫は、発情期に数匹のオスと交配する場合もあります。つまり同腹でお父さんが違うわけです。そうなると自然環境の違いで、自分の産んだ子でも違いが出てくるのです。

弱った子は、子捨て・育児放棄の対象に
母猫は、弱った子猫を育児放棄します。

元気な子猫を中心に育てていくのです。「そんなかわいそう」と思われるかもしれませんが。自然界は厳しいところで、自分のエネルギーを注いで、その子が亡くなってしまうことは母猫にとっては、大損失です。子供を産むということは自分の遺伝子を残すことに意味があります。

人のように弱い子に手厚く面倒を見るということは、行わないのです。

人の場合は、子どもがいれば、病気がちな子ほど、親は気を配りますが、野良猫は、そのようなことはできないのです。自分自身で食べていくのも過酷な環境下にいるのですから。

たとえば、鳥の場合、雛に餌をとってきてあげるのですが、一番大きな口を開けている子にしかあげないのです。雛全部に均等にはあげないのです。確かこの子は、あまり食べてないからといって、無理に口にねじ込むことはしません。そのような自然界の厳しい現実があるのです。

「おかぁさん」と呼ばれていたメス猫の実話
飼い主の平田さん(仮名)は、ひとりで自宅の近所の野良猫を保護しています。

空き家があり、そこに「おかぁさん」と呼ばれているメス猫が住みついていました。「おかぁさん」は、毎年、2回は出産するのでその辺りは野良猫が急に増えました。

「おかぁさん」を捕獲して避妊手術をすればいいのですが、とても気性の激しい猫で捕獲できません。それでも平田さんは世話をしていました。何度も捕獲を試みましたが、その度に、平田さんは、「おかぁさん」に引っ掻かれて流血騒ぎを起こしていました。猫は1回の出産の度に3匹から5匹子猫を生みます。

平田さんは、私たちの動物病院に来て「また、「おかぁさん」、お腹が大きいみたい。あの空き家で産むのかな」とこぼしていました。数日間、姿を見せなくなるとお腹周りがすっとしているそうです。それを見て平田さんは、出産が終わったことを知ります。出産の後は、おかぁさんは食欲旺盛になります。

「おかぁさん」は弱った子猫を捨てにくる
平田さんの近所では、「おかぁさん」は、子猫を連れて移動しています。生後間もなくは、子猫の首をつかんで移動させていました。何匹生んでいるかわからないのですが、セッセとどこかに運んでいます。平田さんは引っ越しが終わったのかな、と思っていると家の前にあまり動かない子猫を見つけました。

「あの「おかぁさん」の子どもです。まだ、いると思うのですが、こうやってうちの家の前に置いていくのです」と言って平田さんは、子猫を何度も動物病院に連れてきました。平田さんは、離乳が終われば里親を探していました。そんなことを何回か繰り返して、同腹の子猫を全て捕獲することに成功しました。

「おかぁさん」を避妊手術しないと、またこれの繰り返しです。

「おかぁさん」、ついに掴まる
「おかぁさん」は、平田さんの家の中に入ってくるようになりました。でも、子猫の世話をしようとはせず、眺めている感じです。子猫が近づくとシャーと言って怒っていました。「おかぁさん」も平田さんがよくしてくれるので、だんだんと心を許してくれるようになり、キャットフードを食べているところを通っても怒らなくなりました。そうこうしているうちに、平田さんは「おかぁさん」の隙を見て捕獲に成功しました。「ついに捕まえました!避妊手術お願いします」と平田さんは、嬉しそうに来院。私は平田さんの「おかぁさん」に対するひるみない行動力と愛情に、心の中でガッツポーズをとりました。このようにして、あまり懐かないけれど、「おかぁさ」んは家猫になり平田さんちの周辺は、野良猫がいなくなりました。

まとめ
室内飼いの猫は、「今日はこのフードを食べないから」というように飼い主の判断によって 他のものを食べさせてもらったりしています。「3日同じフードが続くともうダメなの」と言われる飼い主は、たくさん動物病院に来られます。

一方、野良猫は今日、食べ物にありつけるかどうかさえわからない。食べられるものなら何でも食べる子が多いですね。野良生活が長い子が、トイレのある種類の砂を食べてたいへんな症状になったこともありました(その子は、砂を新聞に替えてもらいことなきを得ました)。そんな中、何匹も出産して子育てをするのだから、「もう無理」と思って、子捨て・育児放棄をするのは仕方のないことかもしれませんね 。それがわかっているので、平田さんは、苦労されながら「おかぁさん」の気持ちを動かし、いまでは家猫になりました。野良猫は、人のエゴが作りだしたもの です。この世から、1匹でもいなくなることを願っています。


posted by しっぽ@にゅうす at 09:13 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

危険な病気「猫伝染性腹膜炎(FIP)」を発症しやすい猫の傾向は? 獣医師が解説します!


Yahoo! JAPAN



猫がかかりやすい病気のことは、飼い主さんならよく知っておきたいもの。この記事ではそんな病気の解説のほか、実際に体験した飼い主さんの「気になりながら聞けずにいた疑問」について重本先生が回答! 
今回は愛猫が「猫伝染性腹膜炎(FIP)」にかかる猫種やタイプについてご紹介します。

発症するとほぼ死に至る、不明な点が多い病気
「猫伝染性腹膜炎(FIP)」とは、感染によって猫が保有するコロナウイルスが、強い病原性のあるものに突然変異することによって発症する病気をいいます。病状には、2つのタイプが。異常行動やけいれんなどの神経症状が見られるドライタイプと、お腹や胸に水がたまる症状のウエットタイプに分かれます。また、どちらも共通して発熱が見られることがあります。

この病気は今のところ、発症原因や治療法が解明されていません。健康診断などで早期に発見できれば、出ている症状に合わせた治療をして延命できることもありますが、抗生物質や抗炎症薬などを投与しても、ほとんどの場合死に至る恐ろしい病気です。また、不明な点が多いため、効果的な予防法もはっきりわかっていません。せめて猫が極力ストレスを感じないよう、トイレや食事環境を整えたり、適度に運動をさせたりすることは、最低限の予防として行っておきましょう。

危険な病気「猫伝染性腹膜炎(FIP)」を発症しやすい猫の傾向は? 獣医師が解説します!
画像/ねこのきもち2020年2月号『猫の病気、そこが知りたい!』
FIPでこんな体験をしました――埼玉県 H・Nさん ムギちゃん(メス・享年6カ月/シンガプーラ)
ペットショップから迎えた愛猫。生後5カ月頃、目に見えて痩せてきたのが心配で受診すると、FIPのウエットタイプと診断されました。毎日頑張って薬を飲ませていましたが、診断から1カ月で亡くなりました。
ムギはもともと食が細い猫だったので最初は気にしていませんでしたが、フードを残すことが増え、痩せてきたため受診。結果FIPのウエットタイプだったのですが、レントゲン写真を見るまで、腹水には気付けませんでした。診断後は、1週間ほど投薬が続きました。しかし、ただでさえ食欲がなくなってきていたので、薬を飲み込ませるのが大変だったのを今でも覚えています。

FIPを発症して、やせ細ってしまったムギちゃん。下半身は一見健康体に見えますが、皮膚の下には腹水がたまっていたそうです


飼い主さんからの疑問「そこが知りたい」
愛猫は純血種の子猫でしたが、FIPを発症しやすい猫の種類や生活環境など、傾向はあるのでしょうか? 

→猫種との関係は不明ですが、子猫はウエットタイプを発症しやすいです
FIP発症のカギとなるコロナウイルスは、感染した猫の排泄物などからうつるウイルスです。そのため、少しでもほかの猫と接する環境にいる(いた)若い猫なら、とくに感染・発症のリスクがあるといえます。また、遺伝で発症するかは今のところはっきりわかっていません。しかし症例を見ると、猫種ではベンガルに比較的多いようです。ちなみにFIPを発症した場合、その病状には年齢で傾向が。子猫にはウエットタイプが、成猫にはドライタイプが比較的多く見られるという説があります。

感染力が強いコロナウイルス。飼い主さんがウイルス混じりの猫のウンチを踏んで帰宅すると、その靴に愛猫が触れて感染する可能性も先生、ご回答いただきありがとうございました。
ご紹介した飼い主さんのエピソードは、あなたの愛猫に起こる可能性もあります。いざというときに思い出し、役立ててくださいね。


監修/重本 仁先生(王子ペットクリニック院長)
参考/2020年2月号『猫の病気、そこが知りたい!』
文/Monika
イラスト/上垣厚子
※この記事で使用している画像は2020年2月号『猫の病気、そこが知りたい!』に掲載されているものです。

ねこのきもちWeb編集室
posted by しっぽ@にゅうす at 09:03 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『犬用療法食』をネットで買うのがNGな理由

Yahoo! JAPAN



犬用療法食とは?

健康な犬には「総合栄養食」のドッグフード、または栄養バランスの取れた手作り食などを与えることが基本です。総合栄養食は健康を維持するために必要な栄養素を摂取できるように栄養バランスが整えられたドッグフードで、年齢やライフステージごとの栄養基準に合わせてつくられています。

一方、「療法食」とは特定の病気や健康状態に対応するために栄養バランスが調整されているドッグフードのことで、原則として獣医師の指導のもとで与えられるものです。その種類は多岐にわたり消化器系疾患や腎疾患、心臓疾患、尿路結石、アレルギーなど、様々な症状に細かく対応できるようになっています。

病気の治療には医薬品の投与だけでなく日頃の栄養管理=食事も非常に重要な役割を果たします。特定の栄養素を増やしたり減らしたりすることで病気や健康状態のコントロールが可能になるため、症状別の療法食が開発されたのです。

犬用療法食がネット購入NGの理由

犬用療法食は基本的には診療行為の一環として使用することが想定されていますが、法的規制がないことから近年ではインターネットなどでも販売されるようになっています。価格競争が起き動物病院よりも安く購入できるとして注目されていますが、誤使用による健康リスクがあるとして問題視され、日本獣医師会などでも課題として考えられています。

インターネットで犬用療法食を購入することで問題となるのが、医師の診察を受けずに飼い主の自己判断で与えることができてしまうということです。犬用療法食は確かに食事のひとつであり医薬品のような即効性はないため危険はないと考えられがちですが、種類によっては短期間の治療に用いるために極端なバランスでつくられている療法食もあります。

また、長期にわたって特定の栄養素が不足したり過多になったりすることで健康に害を及ぼすことも。犬用療法食は与える期間や量などを、症状や状況に合わせて適宜変える必要があるため、定期的に獣医師の診察・診療を受けなければなりません。犬用療法食を適切に使用するためには自己判断で購入するのではなく、必ず獣医師の指導のもとで与えることが大切です。

犬の療法食によるトラブル事例

犬用療法食が適正使用されていないという問題は、日本獣医師会でも課題として挙げられており、誤使用に起因する家庭動物の健康被害に関して調査が行われました。

肥満解消のため、エネルギー摂取量を制限することを目的に「体重管理用療法食」を与えることが推奨された犬に、獣医師の指導を受けずに長期間継続的に与え続けたことで重度の削痩や低タンパク血症を引き起こしてしまったケースもあります。医師に勧められたものと同じものでも、与え方や与える期間を誤ると適切な食事管理ができず、健康被害を生んでしまうのです。

また、 尿石再発防止用の療法食を長期間にわたって給与しつづけた結果、腎臓に負担がかかり腎不全の所見が見られた犬もいます。このケースでは尿石再発防止用の療法食を減量して米食でエネルギー補充、その後慢性腎不全管理用の療法食に切り替えるなどして症状が改善しました。尿石用のフードは高タンパクであることが多く、腎臓に負担がかかることがあります。一般的にこのようなことは起こりにくいのですが、何らかの条件が重なると起こる可能性があります。 定期的に獣医師の診察を受けていれば何らかの異常がおこったときに早期に発見することが可能です。犬用療法食を与えていれば問題ないというわけではなく、定期的に診察を受けながら症状・状態に合わせて変化させることも必要になります。

まとめ

インターネットで気軽にドッグフードが購入できるのは確かにとても便利なことですが、犬用療法食に関しては犬の健康リスクを高める可能性があるため、ネット購入はおすすめできません。

中には病気の診断を受けていないにもかかわらず「お腹の調子が悪いから、前にも同じものをあげたことがあるから」と自己判断で犬用療法食を与えてしまう人も多いようですが、犬用療法食はその時の体の状態に合わせた与え方をしなければ病気を悪化させてしまったり、他の健康被害を引き起こしたりする可能性もあるということを忘れないようにしましょう。

療法食はドッグフードの形状をとった薬に近いものです。 犬用療法食は必ず獣医師の指導に従って与えるようにし、大切な愛犬の健康を守ってあげてくださいね。


(獣医師監修:平松育子)
posted by しっぽ@にゅうす at 09:00 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新型コロナ「ペットにも感染」の真偽 香港で犬に陽性反応


Yahoo! JAPAN



 香港政府は、新型コロナウイルスに感染した女性の飼うイヌが弱い陽性反応を示したことから、さる4日に「感染が確認された」と発表した。が、当のポメラニアンは発症しておらず、同政府も、

〈現時点でペットがウイルス感染を広げるとするデータはない〉

 などと説明した。家畜の感染症に詳しい専門家は、

「新型コロナウイルスはコウモリが感染源であるとほぼ明らかになっており、そこからいくつかの動物を経てヒトに感染したと考えられています。ですから、ヒトとペットとの間での感染は否定できません」

 としながらも、

「ただし、その可能性は限りなく低いでしょう。そもそも、中国であれほど爆発的に感染が広がったのに、イヌやネコのケースは全く報告されていないのです」

 2002年秋から広まった「SARS」騒動では、イヌから感染するという噂が広まったこともあった。

「当時、中国では大量のイヌが捨てられる事態となった。野良犬が増えれば別の病気を誘発しかねませんし、現時点ではペットの飼い主さんは何も注意しなくていいと思います」(同)

 医学博士でもある元小樽市保健所長の外岡立人氏も、こう言うのだ。

「コロナは哺乳動物に感染するため、イヌに感染しても不思議ではありません。ですが、今回はイヌから少量のウイルスが検出されただけの話。ノロウイルスのように強力であれば別ですが、通常は数十万から数百万のウイルスが入らない限り発病はないので、過剰に恐れることはありません」

 イヌの散歩やネコとの添い寝、そして動物園での触れ合い――いずれも、まったく自粛は不要というのだ。

「週刊新潮」2020年3月19日号 掲載

新潮社
posted by しっぽ@にゅうす at 08:55 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『しつけが上手くできていない犬』の特徴4つ


Yahoo! JAPAN



愛犬のしつけ…中途半端で終わっていない?

犬を迎えたら、少しずつ始める『しつけ』。「待て」などの基本動作から、トイレトレーニング、無駄吠え防止トレーニングなど、さまざまなしつけをしなければいけません。

ある程度できたら、「しつけ完了!」と終わらせてしまう飼い主さんもいますが、中途半端で終わらせてしまうと、中途半端なまま成犬となってしまい、きちんとしつけが上手くできていない犬になりかねません。

『しつけが上手くできていない犬』の特徴

しつけが中途半端で終わっている場合、愛犬も『しつけが上手くできていない犬』に当てはまっているかもしれません。以下にいくつか具体例を挙げているので、愛犬に当てはまっていないかチェックしてみましょう。

1.時々トイレを失敗する

基本的には、おしっこやうんちをしっかりトイレでしてくれるけれど、たまに床やカーペットの上など、トイレ以外のところでおしっこを漏らしてしまっている…ということはありませんか?

これはトイレトレーニングが完了したと飼い主が勘違いし、完璧に覚える前にしつけを終えてしまっている可能性があります。

そのため、中途半端な状態で成犬になっても「ここかな?」というだいたいの場所でおしっこをするため、時々トイレでない場所でしてしまっているのです。もう一度、しっかり「おしっこはここ」と教える必要があります。

2.指示をしても吠えることをやめない
来客が来た時、散歩中に前から他の犬がやってきた時、警戒から吠えてしまう犬は少なくありません。しかし、上手くしつけができている犬の場合、飼い主さんが「ダメ」と一言言うと、ピタッと吠えることをやめるのです。

しかし、しつけが上手くできていない犬の場合、飼い主さんがいくら「ダメ」と言っても、自分が安心したり、満足したりするまでは吠え続けてしまいます。

これも子犬の時に中途半端な状態で無駄吠えトレーニングを辞めてしまったり、あるいはそもそもトレーニングをしなかったことで起こる現象です。まずはしっかり飼い主の指示を聞けるような状態に持っていかなければいけません。

1人でトレーニングが難しいようであれば、犬のトレーニングスクールを利用するのも1つの手段ですよ。

3.基本的なコマンドを覚えていない

皆さんは愛犬に基本的なコマンドを教えましたか?基本的なコマンドには「待て」や「おすわり」などが挙げられます。これは日常生活していく中で、愛犬の感情を飼い主がコントロールしてあげる時にも役立ちますよね。

しかし、人間の言葉の通り、指示を遂行させることは難しいため、途中で諦めてしまったり、面倒だからとトレーニングをしない飼い主さんもいます。

すると、いざという時に「待て」という指示を聞くことができず、愛犬が暴走してしまったり、ドッグカフェなどにもなかなか入りづらい…という弊害が生まれやすいです。最初は難しいかもしれませんが、覚えていない場合は「待て」だけでもトレーニングした方が良いでしょう。

4.散歩中に飼い主を引っ張ってしまう
散歩している際、強い力で愛犬に引っ張られてしまうということはありませんか?これも最初に散歩トレーニングとして取り入れることで、飼い主の横をしっかり歩く犬へと成長させることができます。

散歩トレーニングをすることで、他の人や犬への飛びかかりも防ぐことができるだけでなく、愛犬の飛び出しを防ぐこともできるため、愛犬の身を守ることにも繋がります。

散歩トレーニングは、成犬になってからでも行えるトレーニングなので、今日の散歩から少しずつ取り入れてみてはいかがでしょう。愛犬が引っ張るようであれば、一度立ち止まり、愛犬も立ち止まったら歩くという形で散歩を進めましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。意外と「うちの子に当てはまっている…」という飼い主さんも多かったのではないでしょうか。しつけは人間と犬の共存をより快適にするために重要な過程です。成犬になってからでも始められるので、ぜひトレーニングに挑戦してみてくださいね!
posted by しっぽ@にゅうす at 08:46 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。