動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年02月07日

岩手大がペット病院棟を新設 4月オープン

岩手日報

盛岡市上田の岩手大(藤井克己学長)は、老朽化した同大農学部付属動物病院の対象を
猫や犬などの伴侶動物(ペット)と、牛や馬などの産業動物(家畜)に分け、
伴侶動物専門の病院を新築し4月にオープンする。
同病院は2012年度に開設した東京農工大との共同獣医学科の教育機能も併せ持つ。
産業動物を対象とする病院の建物は現在の動物病院を改修し、
東日本の産業動物診療の拠点としてより高度な医療を目指す。


 伴侶動物の病院施設は動物病院の北側に新設し、2階建て、延べ床面積1923平方メートル。
現在内科、外科それぞれ1室しかなかった診療室が5部屋に増設。
手術しながらエックス線撮影できるCアームなどの最新機器を導入するとともに、
従来の機器も一新する。将来的に動物用の磁気共鳴画像装置(MRI)も導入する。

 2階の一部(約600平方メートル)は、本年度新たに設置された共同獣医学科で
必要な臨床実習や実践教育、東京農工大の授業を遠隔受講できる設備を設ける。
建設費は約4億円。3月中旬に完成し、4月8日にオープンする。



posted by しっぽ@にゅうす at 08:43 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする