動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年02月11日

環境団体が大手ブランドを格付け 1位はあの企業

チャリティニュース
きらびやかな世界の裏に醜い現実

シャネルが、プラダが、エルメスが、最低レベルの評価を受けた。
これは、国際的な環境保護団体グリーン・ピースが行った、
大手ファッションブランドの環境意識調査を受けたもの。

ほかの産業とおなじく、きらびやかなファッション業界の裏でも、
生産活動がさまざまな環境破壊を起こしている。

靴、バッグ、ベルトなどの革製品の製造は、アマゾンの動物の命を奪うと同時に、
森林を破壊している。テキスタイル産業で使われている化学薬品は、水資源を汚染している。
また、過剰な包装は、アジア地域の森林破壊につながっているという。

これを懸念したグリーン・ピースのイタリア事務局は、
昨年11月初め、大手ファッションブランド15社に対し、
各社の環境方針について25の質問を送った。

権威失墜のシャネル、プラダ
その回答の結果を公開しているのが、下記サイトthefashionduel.comだ。
調査の対象となったファッションブランドの名前があげられ、
環境対策への積極度が高い順に、緑、黄色、赤、黒で格付けされている。

これによると、シャネル、プラダ、エルメスなどからは、無回答の部分が多く、
説明責任を果たしていないことから、最低ランクに格付けされた。

唯一、最高評価を受けたのは、バレンティーノ。同社は、今月6日、2020年までに、
製造工程からすべての化学薬品を削減する方針を示すなど、
思い切った環境対策を行うことを宣言した。

グリーン・ピースは、同社への期待をこめ、ホームページで
「もし、バレンティーノができるのだとしたら、ほかのブランドはなぜできないのか? 
美しいファッションは、地球を犠牲にするものではないはずだ」と訴えている。





posted by しっぽ@にゅうす at 10:20 | 動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。