動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年02月17日

切断された猫の死骸 去年3月から20件

日テレNEWS24
広島・呉市で14日、去年3月から20件目となる、切断された猫の死骸が見つかった。
犯人につながる有力な手掛かりはない。

 猫の死骸が見つかったのは呉市上畑町で、14日午後2時頃、付近の住民が畑の中に
群がる犬やカラスを見つけ、近づいたところ、切断された猫の死骸を発見した。
死骸は頭部から左前脚の部分だけが残されており、刃物のようなもので切断されたとみられ
ている。警察は現場付近に血の跡がないことから、何者かが別の場所で切断し、
運んだとみて調べている。

 呉市内で切断された猫の死骸が最初に見つかったのは去年3月。その後、半径4キロの
範囲内で相次いで見つかり、今回で20件目になった。警察はパトロールを強化し、
情報提供を呼びかけているが、有力な手掛かりはなく、住民にも不安が広がっている。

 猫を刃物で切断するという猟奇的な事件。警察はいずれも犯行の手口が似ていることから、
同一犯の可能性もあるとみて調べている。



posted by しっぽ@にゅうす at 09:38 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする