動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年02月18日

ペットのノミ、ダニ対策は? 甲府で説明会、感染症で関心高まる

山梨日日新聞
ペットのノミ予防やダニ対策について正しい知識を持ってもらおうと、
ノア動物病院は16日、甲府市城東3丁目の城東センター病院で製薬会社の
スタッフを招いた説明会を開いた。

 昨年に続き2回目。動物用医薬品の製造・販売を手掛ける日本全薬工業
(本社・福島県)の担当者二人が院内にブースを開設。ノミやマダニを駆除する薬剤の
使用法やペットのマダニが付きやすい部位を説明する資料を配ったり、ブースを訪れた
来院者に「マダニがペットに寄生していても素手で簡単に取れるので問題はない?」などの
○×クイズを出題したりした。

 同社の担当者は「動物用医薬品などを使って予防や対策をしっかりしてほしい。
もしペットにマダニがいるのを見つけても、化膿かのうしてしまう場合があるので無理に
取ろうとはせず、動物病院を受診してほしい」と説明した。

 国内では、ダニが媒介するウイルス感染症「重症熱性血小板減少症候群」(SFTS)で、
成人男女の死亡が確認されている。担当者によると、ペットのダニ対策などについても関心が
高まり、問い合わせもあるという。

 愛犬と来院した山梨市の50歳代の女性は「マダニのペットへの寄生が人にどんなふうに
影響するか不安。ペットのケアはしっかりしたい」と話していた。〈橘田俊也〉



posted by しっぽ@にゅうす at 11:21 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする