動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年02月20日

安楽死処分の犬猫を供養(山口県)

日テレNEWS24
保健所などに引き取られ最終的に安楽死処分となった犬や猫を供養する慰霊祭が
19日山口市で開かれた。山口市陶の県動物愛護センターで開かれた慰霊祭には
関係者約90人が出席した。慰霊祭では県動物保護管理協会の稲原輝昭会長が
「人と動物が共生できる社会の形成のため動物愛護精神の高揚を進めていく」と挨拶した。

去年1年間に県内の保健所で殺処分された犬や猫は3980匹だ。年々、減少傾向にあるが
行き場を失った犬や猫が山に生息し他の野生動物との調和を乱す例も増えているという。
県動物保護管理協会の稲原会長は「飼う以上は終生飼ってやると、心の癒し、豊かさそういう
ものを求めてよりよい関係で動物と共に過ごしていただきたい」と呼びかける。

動物愛護センターではホームページ上で里親を募集する犬や猫の写真を公開しているほか、
しつけ方教室を開くなどしている。
〆[ 2/19 19:24 山口放送]



posted by しっぽ@にゅうす at 12:31 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする