動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年02月23日

ふん放置場所にGメンが「イエローカード」 犬税検討の泉佐野市

産経ニュース
犬の放置ふん対策として犬税の導入を検討している大阪府泉佐野市は22日、
改善が見られないとして、専従員が週3日間、放置箇所に「イエローカード」を置く
作戦を始めた。ふん放置を禁じた市条例には過料千円を徴収できる規定があるが適用はなく、
市は「これで減らなければ今夏にも徴収を考えたい。それでも変化がない場合、
平成26年度をめどに犬税導入もありうる」としている。

 犬のふん放置を巡るイエローカードは大阪府枚方市や同府茨木市、兵庫県高砂市などでも
導入されているが、自治会などがボランティアで取り組んでおり、
泉佐野市のように専従員が組織的に取り組むのは異例。

 イエローカードは高さ約9センチで、コンクリート片を重しにして固定し、
「フンの放置は条例違反です!」とある。市の調査では、1日あたり数十から200カ所を
超える放置現場が確認されており、原則このすべてに置く。市は市シルバー人材センターに委託し、
これまで4人が「放置フンGメン」として週3日間朝、夕それぞれ2時間、啓発とふん回収を
してきたが、22日からは回収をやめ放置現場へのカード設置のみに変更。飼い主の回収に期待し、
約1カ月後それでも残るふんを回収する。初日午前のイエローカード設置は34カ所だった。

Gメンによる啓発とふん回収は昨年9月からスタート。10月19日から放置箇所数の調査を
始めたが、10月は19日以降で628カ所、11月と12月は1400カ所を超え、1月は
1737カ所にはねあがっていた。

 犬税は犬の飼い主に課す税金で、昭和30年度には2686自治体が取り入れていたが
現在実施しているところはない。しかし、泉佐野市の千代松大耕(ひろやす)市長が昨年6月、
清掃や見回りにあてる財源として、平成26年度にも犬税導入を検討していると表明していた。

 市は平成18年に犬のふんの放置を禁じる「環境美化推進条例」を施行。昨年1月からは
違反者に過料千円を徴収することができるようにしたが、徴収はしていなかった。
市環境衛生課では「道路上に黄色いカードが至るところに並ぶことになるが、
飼い主がマナー違反を気づいてくれれば。それでだめなら、過料徴収や犬税導入を検討せざるを
えない」としている。



posted by しっぽ@にゅうす at 08:07 | 行政 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする