動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年03月01日

聖マリ医大病院 常勤犬(ファシリティドッグ)で心のケア

タウンニュース宮前区版
区内菅生の聖マリアンナ医科大学病院(幕内晴朗病院長・以下、聖マリ)が患者やその家族の
心のケアを担うファシリティドッグの導入を検討している。国内では静岡、神奈川県の2つの
小児病院で導入実績がある。聖マリでは小児科に限らず、様々な病棟での活躍を期待している。

 ファシリティドッグとは、心のケアを行う動物介在療法のひとつ。複数の施設を慰問する
セラピー犬と違い、専門のトレーニングを1年以上受けた後、1つの施設に常勤することが特徴。
国内では2010年に静岡県立こども病院が初めて導入した。昨年には県立こども医療センター
(横浜市)でも導入され、緩和ケアチームの一員として「勤務」している。聖マリが導入すると、
総合病院として国内初となる。

 同病院では今年1月にファシリティドッグ導入検討委員会を設置。2月15日には患者やその
家族、職員らに導入効果について講演会を開いた。検討委員会の委員長で同病院小児外科医の
北川博昭教授は「小児病棟や緩和ケア病棟の患者、手術前の患者など、痛みや不安、ストレス
を抱えた人に安らぎを与えられるのでは」と期待する。

 育成を担当するNPO法人「シャイン・オン!キッズ」の小寺真理子さんは「入院すると心細く
て笑顔が減ってしまう子どもも、犬と接することで笑顔を見せるようになったり治療に前向きに
取り組むようになる」と効果を話す。

 検討委員会では今後、資金面や、ハンドラーと呼ばれる飼育・教育係の人選、衛生・安全面での
配慮などを検討していくという。委員会は「講演会などを開き、患者とその家族、市民に導入効果
を伝え理解を深めていければ」と話した。





posted by しっぽ@にゅうす at 09:53 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。