動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年03月07日

猫の5頭に1頭が尿石症・膀胱炎を経験。その半数は1〜3歳の若い時期に発症

petwellニュース
花王ニャンとも清潔トイレが運営する「猫の泌尿器ケア研究会」では、猫にとって宿命とも
言える「泌尿器系の病気」の中でもとりわけ多い「尿石症」「膀胱炎」について、猫の飼い主を
対象に調査を実施した。

調査の結果、尿石症や膀胱炎になったことのある猫は全体の22%と、5頭に1頭以上が経験しており、
そのうち約半数は1〜3歳のごく若い時期に発症していることがわかった。

尿石症や膀胱炎は、泌尿器系の病気の中でも高齢になるほどかかりやすくなる慢性腎不全と違い、
食事内容や生活習慣・猫自身の体質などが深く関わり、年齢とは関係なく発症する。また、再発した
経験のある猫は46%という結果から慢性化しやすい病気であることがわかるように、発症を未然に
防ぐことが重要だ。
「子猫のときから清潔なトイレ環境を整え、オシッコチェックや自宅での採尿の習慣をつけておくと、
病院での検査がしやすくなります」と苅谷動物病院の内田恵子先生も指摘するように、子猫のときから
泌尿器系の病気を意識し、家庭での尿チェックや動物病院での定期的な尿検査などの健康管理を続けて
いくことが予防につながる。

花王ニャンとも清潔トイレでは、「泌尿器ケア研究会」サイト上で猫と泌尿器系疾患の病気やトイレ
環境にまつわる情報を提供するほか、相模原市獣医師会と連携し、里親になった方に『ニャンとも
清潔トイレ 子ねこ用』を提供するなど、多くの猫たちの健康と幸せを願う活動も行っている。

現在は、子猫を飼い始めた一般オーナーを対象に、3月1日(金)〜5月21日(火)の期間中、
子猫の健康と快適な暮らしを考えた「子ねこ用トイレ(体重3.5kgまで)」の30,000名様モニターを
実施中。

「ニャンともレポートvol.4」尿石症・膀胱炎の実態
http://www.kao.co.jp/nyantomo/care/report/04.html

「ニャンとも清潔トイレ 子ねこ用」30,000名様モニター
http://www.kao.co.jp/nyantomo/cp/monitor/





posted by しっぽ@にゅうす at 11:48 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。