動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年05月19日

犬の血統証明:人気テリア233匹取り消し 虚偽発覚で

毎日新聞
ノーリッチ・テリアとしての血統登録が取り消された犬
=熊本市西区で、松田栄二郎撮影
20130519k0000m040142000p.jpg 米国から日本に「ノーリッチ・テリア」として輸入された犬3匹の血統登録手続きに問題があったとして、日本で血統証明書を発行する社団法人「ジャパンケネルクラブ」(JKC、東京都)が4月、子孫犬を含む合計233匹の血統登録を取り消したことが分かった。JKCによると、これほど大量に登録抹消され、犬種不明となるのは異例。過去のドッグショー(品評会)の成績も無効になるといい、購入者はショックを受けている。

 JKCによると、ノーリッチ・テリアはイギリス原産の小型犬。足が短く、頑丈な体格が特徴。業界関係者によると、15万〜20万円前後で取引され、優秀な血統の犬は30万円を超すという。

 JKCによると、3匹は雄1匹と雌2匹で、米国の愛犬家団体「アメリカンケネルクラブ」(AKC)が血統登録したが、元々はハンガリーから米国に輸入されており、その際の血統証明書が虚偽だったという。

 日本には2006年に輸入され、AKC発行の証明書に基づき10年4月〜11年5月、JKCが血統登録をした。

 JKCは「証明書は本来、交配の基礎資料になるもので犬の評価を表すものではない」と理解を求めている。【松田栄二郎】



posted by しっぽ@にゅうす at 11:35 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする