動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年07月10日

犬猫10匹以上飼育で届け出、違反に過料課す市

YOMIURIONLINE
人と動物が共生できる社会の実現を目指し、新潟市は8月1日から「動物の愛護及び管理に関する条例」を施行する。
 9月1日からは政令市としては全国で初めて、犬猫を10匹以上飼っている場合に届け出を義務づけ、違反した場合は5万円の過料を課すとした。

 市動物愛護センターによると、同様の条例は県も定めているが、1度に50匹以上の飼い猫の引き取りを求められるなど、1977年に作られた県条例では想定していない事態が生じていた。このため、飼い主のモラルが人と動物の暮らしと安全を守るという発想から、一般市民、飼い主、市の3者にそれぞれの責務を規定したという。

 条例では、動物を飼っていない6割の市民向けに「動物が命ある物であることを認識」することを求めたほか、野良猫について、与えた餌が食べ残しとなって周辺の生活環境を汚したり、無制限に繁殖して近隣住民に迷惑をかけたりしないよう努力義務を定めた。

(2013年7月9日16時08分 読売新聞)



タグ:多頭 野良猫
posted by しっぽ@にゅうす at 14:04 | 法律 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする