動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年07月11日

野良犬、野良猫の幸せに人間はどこまで責任を負えるのか『ツヅキくんと犬部のこと』

エキレビ
E1373389948872_1_s.jpg 犬なんて、大嫌いだ。
ちょっとかわいがったらすぐなつくし。そそうをして叱ったらすぐしゅんってするし。散歩ひも取り出したら大喜びで走り回るし。エサを出すとびちゃびちゃさせながら美味しそうに食べるし。なでると嬉しそうにお腹出すし。
でも、人間より寿命短くて。すぐ死んじゃうし。
犬なんて。だいきらいだ。

衿沢世衣子の『ツヅキくんと犬部のこと』は、大学で行き場を失った動物を育てるサークル「犬部」を描いたマンガ。上下巻で発売されました。
原作は片野ゆかの『犬部!』ですが、大幅にアレンジされています。

多くの野良犬・捨て犬を集め、世話をする大学のサークル。
青森の田舎の大学の獣医学部です。
まあ、かなりムチャですよ。どう考えてもムチャでしょう?
野生化した犬はまずしつけるのが大変。野良犬の数は尋常じゃなく多い。引越しなどの都合で引き取ってくれという人も後を絶たない。対策をしないとじゃんじゃか子供が増える。数が多いと散歩も重労働。一日も休みがない。
そしてなにより、一匹ずつに気を配り、育て続けるお金を準備し、管理する技術が大事です必要。
どう考えても、相当にすごいことなんですよ。

犬部の子達は、この部分に対し、本当に愛を持って向き合います。
犬が好きというのもありますが、実際問題自分達が引き取らなければ、その犬はのたれ死ぬ。または保健所行きなのです。
義務感と、命を救いたいという思いと、雑種の犬達を愛してやまない感覚は、とても強いです。
ただし、犬かわいいよね、という話ではないんですよこのマンガは。
人間はどこまで責任を負えるのか。
この軸が作品を貫いているので、ただの動物感動話じゃないのが、いいんです。
動物感動モノは苦手(だって動物出てくるだけで泣くからずるいじゃん!)なのですが、人間の責任に焦点が定まっていたので、一気に読めました。

上巻は、犬を愛しながら、学業もこなし、管理もきっちりできるという、とんでもない部長ミヤイチさんを中心に物語は描かれます。
散歩していたら出会ってしまう野良犬を保護しきってしまう。引き取り手をきちんと探す。不妊手術についてもきっちり行う。
アパートで飼っていた犬の数は実に20匹! 
それでいてきちんと卒業して獣医の道を歩む……常人離れしたカリスマなんです。

そんなミヤイチさんに惹かれ、犬に惹かれ、主人公のツヅキくんは犬部に入部します。
しかしミヤイチさんはずっといるわけじゃない。
カリスマは卒業し、次の世代の学生達があとを継がなければいけません。…

続きはコチラからご覧ください。
http://www.excite.co.jp/News/reviewbook/20130710/E1373389948872.html



posted by しっぽ@にゅうす at 14:14 | ペット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする