動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年08月31日

なぜ、猫は猫嫌いの人に近づくのか?

産経ニュース
猫のいる家庭を数人で訪問した際、なぜか猫は、猫が苦手な人に近寄っていくことがあります。その人にしてみれば迷惑かもしれませんが、足元にすり寄ったり、膝の上に乗ろうとしたりすることもあります。

 猫があまのじゃくだからこのようなことをするのでしょうか? そうではありません。家の玄関を開けた場面から想像してみてください。猫好きの人は猫をじっと見つめ、人によっては「かわいい!」と叫びながら抱っこしようとしたり、写真を撮ったりしようとするでしょう。

 猫は人見知りで、慎重な動物です。じっと見つめられると威嚇されているように感じ、知らない人に声を掛けられたり、なでられたりするのが苦手です。むしろ、自分を無視して知らんぷりをしている人に安心して近づき、敵でないことを十分調べた後で挨拶してみるのです。猫が苦手な人も訪問先の家族の前で、あからさまに追い払うわけにもいかず、我慢しているうちにますます猫が近寄ってくるというわけです。

 ですから、猫に近づいてほしくないなら、自ら猫に近寄っていけば逃げていくかもしれません。逆に仲良くなるためには猫のことは気づかないふりをしてみましょう。好奇心旺盛な猫であれば、家族とリラックスして過ごしている来客がどのような人か調べに来るはずです。怖い人でないと分かったら猫の方から挨拶するでしょう。

 ちなみに、男性が苦手な猫が多いといわれています。これは、猫にとって、男性の太く低い声より女性の声の方が心地よく感じるためです。猫派の男性は高めの声でやさしく話し掛ければ、初めての猫でも仲良くなれるかもしれません。(アニコム損保 獣医師 井上舞)





posted by しっぽ@にゅうす at 22:01 | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。