動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年09月16日

迷い犬「富士男」少しずつ回復 引き取りオファー相次ぐ

朝日デジタル
【国米あなんだ】富士山頂付近で7月に保護された「迷い犬」が、動物保護団体のもとで、元気を取り戻しつつある。やせ細った姿で見つかったが、保護が報道された後、引き取りたいとの問い合わせが全国から相次いでいる。

富士山頂で迷い犬保護
 犬はオスの雑種。世話をしている「RJAV被災動物ネットワーク」(東京都昭島市)から、「富士男」と命名された。代表の佐藤厚子さん(53)によると、保護直後に約16・5キロだった体重は18キロに増加。栄養失調で皮膚炎になり、今はサプリメントや薬で治療中だ。当初はおびえていたが、今では初対面の人にも怖がらずに近寄り、はねるように走っている。

 同ネットは主に東日本大震災後、仮設住宅で飼えないため預けられたり、被災地で保護されたりした犬猫の飼い主を探す活動を続ける。富士男への問い合わせは保護から1週間で約250件あり、今もメールなどで毎日10件ほど届くが、元の飼い主は見つからない。

 引き取りたいとする声も多く、皮膚炎の完治後、新たな飼い主を探す予定。「家族全員で一生大切に飼うことができる」のが条件という。被災した犬猫も含め、問い合わせは同ネット(070・6556・5611)へ。



posted by しっぽ@にゅうす at 19:24 | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする