動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年09月30日

命の尊さ考える/高松で動物愛護フェスティバル

香川ニュース
診療模擬体験で犬の心音を聞く児童
=香川県高松市サンポート、大型テント広場
img_news.jpg 動物と触れ合いながら命の尊さを考える「動物愛護フェスティバル」(香川県獣医師会主催)が29日、香川県高松市のサンポート高松大型テント広場で開かれた。東日本大震災の被災地から来た犬をはじめ、子犬、子猫の新しい飼い主探しや獣医師の診療模擬体験などがあり、大勢の家族連れらでにぎわった。

 同フェスティバルは、動物愛護週間(9月20〜26日)に合わせて1982年から毎年開催している。

 里親探しコーナーでは、来場者が子犬や子猫と触れ合ったり、東日本大震災の被災地・福島県と仙台市から来た犬と散歩したりして性格や相性を確認。被災犬と県内の動物病院が持ち寄った子犬や子猫計55匹が新しい家族との出会いを果たした。

 小学生を対象にした診療模擬体験では、白衣に身を包んだ児童が聴診器で犬の心音を聞いたり、体温を測ったりして健康状態をチェックしていた。付属坂出小1年の西川みさきさん(6)は「将来の夢は獣医さん。犬の心臓はドクドクと音がしていて、すごいと思った」と話していた。



posted by しっぽ@にゅうす at 19:37 | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする