動物 しっぽニュース
認定NPO法人HOKKAIDOしっぽの会

2013年10月09日

犬の車酔い克服法「酔わなかった体験」積み重ねる事が重要

NEWSポストセブン
 西川文二氏は、1957年生まれ。主宰するCan! Do! Pet Dog Schoolで科学的な理論に基づく犬のしつけを指導している。その西川氏が、イヌの車酔い克服法について解説する。

 * * *
 秋ですな。秋って〜と、子供の頃は、遠足なるもんが楽しみでしたな。一方で悩ましくもあった。

 あの貸し切りバスってのに乗ると私め、一時期軽く酔うことがあったんですわ。

 バスの中では歌いまくって、しゃべりまくって、酔うかもっていう気持ちを、右に左に蹴散らかしてた。その作戦はバッチシでしてね、結果、「酔わなかったぞ体験」を積み重ねることができ、貸し切りバスでの車酔いを克服できた。

 さてと、読者諸兄の中には、自身の犬が車酔いするって方もおるのではなかろうか。ってなことで、今回は犬の車酔い克服法をば……。

 犬もですな、この「酔わなかったぞ体験」ってのが重要。

 もちろん私めが自ら実践した方法はとれない。なんてったって、犬は気を紛らわせるために歌いまくったり、しゃべりまくったりしませんからね。んで、以下の方法で「酔わなかったぞ体験」を積み重ねさせる。

【1】キャリーバッグを安心できる寝床とし日頃使う
 ↓
【2】エンジンをかけずに犬をキャリーごと車に乗せ、ガムなどを与え「車に乗るといいことが起きる」という体験をさせる
 ↓
【3】エンジンをかける
 ↓
【4】数十メーター走って車を一旦止め犬の様子を見る
 ↓
【5】犬の様子が通常と変わりなければ、再度車を走らせ距離を少し延ばす。様子が少しでも変かなと感じたら、一旦休憩。リフレッシュさせてから、今度は距離を短めにして同じことを。

 初日は全体で5分程度に。後は、日ごとに車を走らせる距離、全体の時間を延ばしていく。酔い止めの薬やサプリを使用しながらであれば、さらによろしい。

 目安は休憩なしで30分の走行。なぜなら、30分酔わない犬は、経験上それ以上走っても酔わない。逆に、酔う犬は30分以内に吐く。

 さぁ、これでもう安心、ご貴兄の犬はもう、よワン。

※週刊ポスト2013年10月18日号



タグ: 車酔い
posted by しっぽ@にゅうす at 20:58 | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする